Google
    
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(65)
遊動空間 [ サブ ] ●メイン記事 (300) / ○サブ記事(65)


切替: メイン記事 (300) / サブ記事(65) ページ: 1 2

 
 
↑前のページ (15件) | 最新ページ

★iPhone=OSsSOoP6vS

「大学卒で使えない人って多いんだよね」
言ってるとおり、ただの印象。統計とったわけじゃないんだから。統計とりゃいいってもんでもないが。
そんなの、「君の常識は日本の常識じゃないんだよ」程度の帰納的な話で終わる。はなから相対的にならざるをえない。「やっぱ大卒だな」って言う人もいるだろう。そう言う人は少ない? そんなのわからん。
また、そもそも高等教育がヤバいってのがある。

「高卒とか、中卒の人、つまりは、社会経験者の方がよっぽど使える。ってのが印象」
これも同じ。高卒や中卒でも使えない奴はいる。「いや、大卒のほうが使えない奴の割合が高い」。だからそんなのは印象の域を出ないってry こうなるに決まってる。
あえてテキトーこけば、むしろ大卒の子は「使う側」が適してる、なんてのもある。要は、「使える使えない」は狭いってこと。
そして「社会経験」は受験込み。部活も私は重要視してる。
レスしてきた特典として補足を書くなら、部活や勉強を重視するのは、それが学校(ここではとくに公立を重視する)に関わるもんだから。
家がどうだこうだを出すなら、家の在り様によって決まってることになる。そんなのは在りえない。現にそうなっていない。天皇家とかでもないかぎりね。
つまり、私は学歴主義的だとか言われるかもだが、誤解を恐れつつ言えばその通りだってこと。勉強や学歴によって幅は広がる。
「蛙の子は蛙」みたいな話は、蛙と人間の違いにちゃんと目を向ければ通用しない。人間は赤子から幼児になるまでにすら文化がその生育に関わる。蛙、オタマジャクシはそうではない。産まれたときから「自立」して動いている。個体差もほとんどない。人間はそうではない。その違いは、人間がオタマジャクシや蛙よりずっと「自然」から自由であることに由来する。

で、「使える」ってのはどういうこと? 外国人労働者も「使える」。「使える」どうこうなら。給料のために頑張るからね。
高卒のほうが使えるったって、大卒と高卒で書類選考から篩い分けされる。「高卒のほうが使える」ってのは、自分の経験からすりゃ「現実的」なのかもしらんが、大卒と高卒で篩い分けされるのは「現実的」ではないなんてことはない。だから何だかんだで進学率は右肩上がりなんだろう。

さておき、そういう人らの大半は大学卒より場慣れしてるにすぎない。経験主義的に。働きに出る時期が大卒より早いってことなんだからそら場数は多い。

「中学、高校では、教えられたことを「はい、わかりました」と暗記するだけ」
表現はともかく、中等教育ではどの教科でも暗記が物を言うのはそのとおり。
でもそれはそれでよい。逆に、暗記さえしとけば生まれがどうあれセンター試験でけっこうな大学に入れるし、そんだけ幅が広がる。大学で暗記じゃ通用しない学問に触れる機会もできる。
塾やなんやと言ったって、学費の支援もある。かりに塾に行くか行かないかで決定的な違いがあるとしよう(学校教育が致命的にあかんたれであるとか)。それでも学校教育を受けてたら大学に行ける。そして、大学のランクすなわち教授の質である、なんてこたぁないともう書いてる。

「せっかく大学行ったのならさ、社会や人生に役立てて欲しいとは思うけど、どうもなぁ」
何を?
先に答えておくと、大学に行くってのは些細なことに、つまり高等教育では暗記さえしとけばよかったことに、深みを見る体験ができるところ。中等教育までの自分が通用しないところ。
些細なことに深みを見ることはルーティンワークとか作業になりがちな仕事に、刷新を与える能力の条件でもある。
そういう教育が高等教育。

「内定決まったからといって、それがゴールだとは思わないで欲しいよなぁ」
大学入学時点から目的を強くもってる奴なんてそうそういない。しかし就職までの息抜き程度に考えてる奴らに、「は」と「が」みたいな些細なことでも深みがあることを教えこんだら、ルーティンになりがちな仕事への目の向け方を変える素養がつく。

3年前 No.16

ねこにバス @nekoneko10 ★Android=bTRFkWhWb4

阿さんが学歴主義っていうか、学歴に関してそれを重要視しているのは解ったつもりではいる。
他のところでも何度かそういったことを書いているのは見ているから。

んだ、高卒だろうが中卒だろうが使えない人は使えない。

いくら教えても覚えない、覚えられない、そもそもにやる気を感じない。
指示をしなければなにをしていいかも解らない、考えない。
それをクリアできても、今度はその場その場に応じた適切な対応ができない。
そこを越えても、今度は応用ができない。
発展がない、自分で考えたくないのか、責任を取りたくないのか知らんけど、駄目なの多すぎなんだよなぁ。
ほんと、日本語喋れるなら、外国人の方が企業利益の観点からしてみればよっぽどいい。
自分が今まで得てきたもの、自分ができる最大限とまではいかなくても、それなりの労働力と言えばいいのかな?

やる気から始まり、記憶力や、それの応用力やら、機転やらね。

活かして欲しいね。

3年前 No.17

★iPhone=3a2Q6h2qmm

「阿さんが学歴主義っていうか」
勉強や学校ね。学歴主義ってのは反家庭主義なんだから、むしろ自由主義的。こう書くと恐ろしげだが、近代的な自由主義は、女であることや男であることや肌の色といった「自然」に関する在り様や、貴族と商人といった「身分」「家柄」に関する在り様と、相反する。この「家柄」に決定されるような社会とは異なるものとして、学歴主義ってのがある。「家族主義」のほうがよっぽど差別的。善し悪しはさておきね。学歴主義という字面に反応して、「内面を見ていない」なんて言う人からすると私が薄情にしか見えないかもだが。

言うて、私は教育ママみたく私学を賛美はしない。お受験なんて両親の面接があるっしょ。あれは「家柄」を、「家庭の水準」を、受験の合否に持ち込んでいる。その水準を満たしたもんが集まる学校の生徒は、その時分の生徒は家や地域を色濃く反映しているのだから、似たり寄ったりになる。不良もいればガリ勉もいておちゃらけた奴がいればオタク道真っしぐらな奴もいる、それが公立。だから私は公立重点。教育パパにはなれん。
つーか、かりに家族をもったら教育にはなるべく関わらない。パパもママも教育熱心なんていったい子どもはどこで一息ついたらいいのか。
「価値観」の相違なんて言うが、相違があるからいい。父母の意見が一致していないから、母から逃げるときには父へ、父から逃げるときには母へ、子どもは拠り所を求めることができる。そういう相違(「価値観」なりなんなりの)があっても互いを大事にできるのを相性がいいと言う。そうとしか言えない。
しかし私立が好まれる地域と公立が好まれる地域ってのもある。私の中学生んときの地域ではだいたいの私学がガラの悪い奴のいくとこだったけれど、たしか関東では逆だったはずだ。このあたりを語るには知らないことや調べていないことが多すぎる。が、そこまでやるこたない。

「いくら教えても覚えない、覚えられない、そもそもにやる気を感じない。指示をしなければなにをしていいかも解らない、考えない」
帰ってから反芻してない。予習復習レベルのことができてない。予習復習レベルのことをしないってことは、帰ってから仕事について考えたりしないってこと。「使える」レベルにまでは経験で行けるが、「使う」側には到底なれない。
ほら。勉強をできるってのは仕事と無縁なわけがない。仕事してる真っ最中に考えるなんて無理なんだから、考えるのは仕事してないとき。
会議でアイディアは産まれないなんて言うが、議論板や哲学板を見てたらよくわかる。会議みたいに賛否の決議を取ろうとしてる。思考しないで検索とかでエヴィデンス集めに奔走してる。思考は遮断ありきなのに。
だから、議論の後が大事。ここまで繋がってる。「長い」とか言ってろくに読まない奴や、繋がってるのにレスの部分を切り取って短文化しないと読めない奴に言ったって、通じるわけない。んで結論だけ書いたって「わからない」っつって尋ねてくるんだからどうせ書かなきゃならなくなるw

「今度はその場その場に応じた適切な対応ができない。そこを越えても、今度は応用ができない」
大卒なら大学ですら叩き潰して貰えなかったんだろう。

「日本語喋れるなら、外国人の方が」
喋れる奴を2、3人ほど取って班長にでもすりゃ、日本語を喋れないが働きもんの外国人を数十人雇える。ほとんど喋れない奴でも、やって見せて真似させて上手くできたらオッケーグッドブリリアント言ってたら、「単純作業」で「使える」ぐらいにはすぐなるだろう。ライン作業ならそれで十分だし、私がそういうとこの経営者ならそうする。

「やる気から始まり、記憶力や、それの応用力やら、機転やらね」
やる気はそれまでに与えられたもん次第。記憶っつーより、強いて言えばイメージ。言われたことの一言一句を覚えなくたっていい。物覚えと記憶力は同じではない。

「活かして欲しいね」
活かすも役立てるもなにも、そうなるのが勉強であり、勉強は〈自己形成〉ということの意味。自己が知識やなんやを役立てるのではない。
なんだけどなぁ、児童や学生を端から一丁前扱いしてるような仕組みになってるし。

3年前 No.18

ねこにバス @nekoneko10 ★Android=bTRFkWhWb4

家柄で人は決まらないからねぇ。
あるところの社長の息子、2代目は胡座掻いてダメダメだったし(笑)
そういう話はよく聞くし、実感もすることもある。
勉強にしろ、部活にしろ、根気やそれ相応の努力みたいなものがないと結果は出せないしね。
逆に言えば、結果からどれ程のことをしてきたかの証明にはなり得るからね。
あくまでも「なり得る」。
生まれた家の経済力や親の資質といった運とか、学校行く前からの頭の良さ、要領の良さってのもあるから。

阿さんを薄情とは思わないよ。
これはオイラが言っていいのか知らんけど、少なくとも阿さんは誰よりも良い意味で人間らしくは見えるのだから。
そりがあわんことが多いけど、水と油みたいだけど、どこか惹かれる
、それは根底に、心底、他者のことを思ってものを言ってる姿勢があるように見えるから。

なんだかんだと理由つけて公立重視だと結論付けしてる時点で教育パパな気がしないでもないw
父母の役割は違っているのがいいのもそうだとは思う。
母は甘々な人だったし、父は食卓の横に木刀置いとく人だったし(爆)
だからといって父が子どもを愛してなかったってわけでもない。
それはここでは割愛するけど。
家柄重視なのは生徒を知るためではなく、学校の名誉(?)のためじゃないかな。
「いい家柄の子達が揃ってますよー」ってのは一つの売りになるからね。
高校行ってないから、私立と公立の違いなんては知らないけれど、私立っていわば民間なわけだから、そこには企業利益もからんでくるでしょ。
この場合は法人利益か(笑)


予習復習は重要。
研修の終わりには必ず、

家に帰ってからも教えられたことを思い出しながら考えて下さい、湯船に入ってゆっくりしている時や寝る前にイメージトレーニングして下さいね。

とは言うものの、してくれる人って少ない。
次の日に聞くんだけど、しどろもどろで「少しやりました」と、言う人、「絶対やってないだろ」って思うw
そこまで助言しててそれだよ。
もうこれは愚痴だけどw
化物語で羽川さんが、「勉強はやろうと思えば誰にでもやれる、私はそれしかできない」みたいなこと言ってたけど、予習復習イメトレ、やろうと思えばいつでもできることをしないのは当人の責なんだよな。
ゆくゆくは自分も含めて「使う側」になってもらいたいんだよね。

ん、イメージでもいい。
要領を覚えてくれればそれでいい。
物覚えと記憶力は違うか。
考えたこともなかったわ。

> なんだけどなぁ、児童や学生を端から一丁前扱いしてるような仕組みになってるし。

それは人権なんちゃらのせいでしょ。
教師にPTAから馘を求められることを覚悟してでも、子どもを教育せよなんてのは言えないし(笑)
求めるのは酷だとも思う。

3年前 No.19

★iPhone=D6Cf1KOEua

「家柄で人は決まらないからねぇ。あるところの社長の息子、2代目は胡座掻いてダメダメだったし(笑)」
そういう人間的な話はどうでもいい。

「勉強にしろ、部活にしろ、根気やそれ相応の努力みたいなものがないと結果は出せないしね」
そうやって「個人」の問題にするのを私はずっと批判してきている。ましてや「努力する」ってのは「頑張る」ってことなんだから、私が批判するものでしかない。

「逆に言えば、結果からどれ程のことをしてきたかの証明にはなり得るからね」
さぁ。

「生まれた家の経済力や親の資質といった運とか、学校行く前からの頭の良さ、要領の良さってのもあるから」
そんなもん、ない。学校でどうにでもなる。そういう「生まれ」か「育ち」かみたいな話を批判してる。

「なんだかんだと理由つけて公立重視だと結論付けしてる時点で教育パパな気がしないでもないw」
理由も結論も後から出来たもの。
中等であれ高等であれ、教育に無関心なわけがないのは見てのとおり。ただ、学校教育と子どもへの親の態度は別。

「父母の役割は違っているのがいいのもそうだとは思う。母は甘々な人だったし、父は食卓の横に木刀置いとく人だったし(爆)」
「だったし(だったから)」、と言ってるが、そこに書いてるのは自分本位。やはり「納得」や「同意」は当てにならない。

「家柄重視なのは生徒を知るためではなく、学校の名誉(?)のためじゃないかな」
ないことはないが、中学生や小学生なんて親の影響がまだまだ強い。知るためではない、とは言えない。

「家に帰ってからも教えられたことを思い出しながら考えて下さい、湯船に入ってゆっくりしている時や寝る前にイメージトレーニングして下さいね」
そんなん助言ではない。むしろ命令しなきゃ。20代、ましてや新入社員ならヒヨッコもいいとこなんだから。「今日やったことを把握している前提で次回の研修は行う。今回の内容を次回では繰り返さないからそのつもりで」ぐらいの軽い脅しはしておくべき。つって一度に教えることには限度があるし、研修プログラムの細目までは言及しないが。
社会人になったら責任をもって何たらかんたら社会人としての自覚なんたらかんたら、こんなん言うより、まさにそれを体現する状況へ新米を放り込まなきゃ。まずは社内で、または上司や先輩引率の研修で。
で、新米研修は研修する側(幹部候補なりなんなり)の仕事でもあるんだから、右も左も分からん新米に責任を帰してどうする。責任を自覚させるための発言を言うにしても、研修する側のその研修に対する責任がなくなるわけではない。

「もうこれは愚痴だけどw」
ちょっと前からすでに愚痴w

「化物語で羽川さんが、「勉強はやろうと思えば誰にでもやれる、私はそれしかできない」みたいなこと言ってた」
やろうと思うことは誰にでもできるの?
監獄に似た校舎みたいにやらざるをえない空間を作ったり、「勉強は何の役に立つの?」みたく動物じみた反応すら起こさせないほどの講義や授業をしなきゃ。
私はそうやって「当人の責」とすることを批判している。そして「当人の責」なんて児童や学生を一丁前に扱ってることに他ならない。「大学を卒業して〜」とか「成人をすぎて〜」とか言っても、その大学の制度がヌルかったらそうなってなんもおかしくない。
「成人を過ぎて〜」なんて、そもそも20代がペーペーもいいとこなんだから。

「ゆくゆくは自分も含めて「使う側」になってもらいたいんだよね」
みんながみんなは無理。


「ん、イメージでもいい」
でもいい、ではなく、イメージを作ることこそが大事。もちろん数量とかはメモをとるべき。

「それは人権なんちゃらのせいでしょ。教師にPTAから馘を求められることを覚悟してでも、子どもを教育せよなんてのは言えないし(笑)」
「人権」を軽視することは他人を軽視すること、ではないのだから、「人権」を批判するとき何をムキになる人は何をムキになって反対してるのかと。
学校と家庭ってのは反するものなのに親の顧客的な要望の対応に追われてるからなぁ。学校まで顧客満足度みたいなもんを求めるようになったら終わり。
学校で英語の何たるかなどを教えたから非難されるなんてありえない。

3年前 No.20

ねこにバス @nekoneko10 ★Android=bTRFkWhWb4

いや、結局は個人の問題だよ。
いくら命令したところで、しない人間はしない。
それは命令する側の責になることはない。
自衛隊でもそうでしょ。
命令された側が命令を反故にしたらどうなるの?

まぁ、相手は学生だけども、言われたこと、命令されたことに従わないのは当人や、
その保護者の責でしかない。
これが薄情なのはその通り。
ここで教師にできることと言えば、せいぜい授業を面白ろくすることぐらい。
興味を持ってもらえるようにすることぐらい。

いくら「しとけよ」って言ってもしない生徒はしないのだし、だからといってその一人とマンツーマンで教えていける環境でもないんだから、そこは生徒の自発性に頼るしかないよね。

生まれ、育ちってのは学校でどうにかなるものもあれば、そうでないものもあるよ。
三つ子の魂百までって言葉もあるっしょ。
幼子ってのは真似から入っていくもんだし、学校に入るまでの六年間でどれだけの差がでるかですでにスタートから不公平な部分があるんだよね。

例えば、絵本を読んでくれる親元に生まれた子と、そういったことに無関心な親元に生まれた子とでは、スタートから言葉に対しての理解力が違うし、そういったことから授業内容に対しての理解力も変わってくるからね。
親が教育に熱心な方が、学校からすれば楽になる部分ってのもあるだろうしね。


んー、父は厳しくて、母は甘いってか優しかったから、飴と鞭みたいなそんな状況があったってこと。
それは父母ともに厳しい家庭やその逆の家庭よりも、子どもの発育を考えれば、バランスがとれていいとか、そんなニュアンスで言ったんだわ。


んで、更に愚痴を続けるならば、厳しくしたらすぐ辞めるってのがあるwww
最近の人達って酷い。
根気がない。
そもそも、覚えてこようとしない人なら、厳しくされても仕方ないじゃん。
そうすると、今度は人間関係がーとか言い出してすぐ辞める。
全部が全部そうとは言わないよ。
主体的に質問してくる人もいるし、覚えていこうとしてくれる人もいるから、そういうのはすっごく助かる。
教えかたが悪いのかな?と反省して、言葉を変えたり、例え話をしたりもするんだけど、どうも違う。
覚えてくれる人は覚えてくれるし、そうでない人はそうじゃない。
そりゃ、研修する側に責があるのは当然なのだが、どうもにも腑に落ちない。
教えかたが大体一緒で覚えてくれる人とそうでない人が出るのはなんでか、その人、その人にあわせたりもするんだけど、どうやったら覚えてくれるかな?と考えたりもするんだけど、その前に辞めたり、来なくなったりするんだよなぁ。
児童はともかく、学生となればその責を負わせるのはむしろ当たり前な気がする。
15から働く人もいるわけだし、その人は仕事に対して責を持つわけだからね。
金をもらう以上は研修だろうが、ベテランだろうが、十代だろうが、五十代であろうが、プロであるわけだし。
学生は金をもらわないが、そのかわり、食わせてもらってるわけだ。
食費に水道光熱費、小遣いに果ては携帯まで与えてもらえるわけだ。
そういうことをしてくれる親に対しての責なんては十二分に考えられると思うけど、できないのかなぁ?



3年前 No.21

@private11 ★iPhone=Z4KQGJNFEX

「結局は個人の問題だよ」
「個人」なんて概念もアヤフヤなもんだ。前から言ってるが。

「いくら命令したところで、しない人間はしない」
そうなの? それを「自分の経験」を越えて言えるのか?
ねこバスが挙げた生温い「助言」と、私が挙げた実質的な命令とで、まったく効果は違う。

「それは命令する側の責になることはない」
助言する側たる「自分」にも責任はない、みたいな? なんだ。責任を法律的にしか捉えられない賢いだけの子と一緒じゃん。

「自衛隊でもそうでしょ。命令された側が命令を反故にしたらどうなるの?」
たとえば教育課程中。夜中に携帯を触ってたら、私んとこでは翌日の途中でそいつ以外がみんな腕立て。そいつはみんなの前で立って見てるだけ。壮観だったろうな。数にしておよそ60の同期が、地面に這いつくばりながらもなんとか身体を起こそうとしてたり、「あぁ!」と苦悶の声を上げたりしてたんだから。特に回数制限なし。100回はしたな。もちろん「インターバル」はあった。腕を伸ばしたままで姿勢を維持だったり、身体を伏せた姿勢で維持だったり。
こういう場所なわけ。オフィスやバックヤードや売り場じゃないんだよあそこは。
命令したってしない奴はしない、を等閑にして、自衛隊と学生バイトを同列に語るな。舐めてる?
で、監督責任ってのもあって、いくら普段から口を酸っぱくしてあれはやるなこれをやるなと言っても、被監督者たる児童や学生や部下が、そうやって禁止した行為をやったってのはあるわけだ。
その責任をとるのは上司、監督。親が悪い? 甘ったれんなw 遠征先などで児童が不祥事を起こしたとき、真っ先に責任をとるのは監督だろうが。謝るのは監督だろうが。
そうやって、自分の知らぬところで起きた部下や子どもの不祥事を、〈遠い〉責任を引き受けるのが、〈大人〉と〈子ども〉の違い。
「やるなって言いました。遠征前に口を酸っぱくして言いました。だから責任は僕にありません。あの子やあの子の親に責任があります」、通るかんなもん。

「相手は学生だけども、言われたこと、命令されたことに従わないのは当人や、その保護者の責でしかない」
なんだバイト相手の話か。
バイトへの研修で金貰ってて、研修やその内容やその成果について、自分はまったく責任がない? 馬鹿を言いなさんなw

「ここで教師にできることと言えば、せいぜい授業を面白ろくすることぐらい。興味を持ってもらえるようにすることぐらい」
面白くなんてしなくていい。Nice to meet youは初めまして、ではない。べつに面白くしようとなんかしてない。でも興味を示す。

「いくら「しとけよ」って言ってもしない生徒はしないのだし」
しない生徒をする生徒に変えろよ。なんだその形式的な発言は。
「しとけよ」なんて、私が挙げた実質的な強制とまったく異なる、等閑なものだ。

「だからといってその一人とマンツーマンで教えていける環境でもないんだから、そこは生徒の自発性に頼るしかないよね」
すでにそんなしょうもない話は批判してある。その「自発性」ってのは「(内在的な)意欲」だの「自主性」だのとまったく変わりない。ありえない前提。

「三つ子の魂百までって言葉もあるっしょ」
あるから何?

「幼子ってのは真似から入っていくもんだし、学校に入るまでの六年間でどれだけの差がでるかですでにスタートから不公平な部分があるんだよね」
「真似から入っていく」と、後がまったく繋がってない。
六年間ありゃ逆転可能。六年間って書くとき、その長さをちゃんと意識してたか?
で。
「生まれ、育ちってのは学校でどうにかなるものもあれば、そうでないものもあるよ」
具体的に語れよ本当。


「例えば、絵本を読んでくれる親元に生まれた子と、そういったことに無関心な親元に生まれた子とでは、スタートから言葉に対しての理解力が違うし」
違うのか、それだけで。
だから、家庭での教育と学校教育は違うっつってんだろ。んな話なら、幼稚園のときから親がどうあろうが本は読ませる。親が読み聞かせない家庭の子なら、親が読み聞かせる家庭での子より、興味もって絵本を読むかもしらんでしょ。
まさかそれが「どうにもならんこと」の一例?
親がどうあれ学校では変わりなく教えるわけ。家庭と学校は違う。
漫画『エマ』で、幼少期の貧しいエマを見た家庭教師のケリーは、「教育がどれほどのものか」への情熱から、エマを引きとった。そうしてエマは、成人してドイツの屋敷で働くときも一目置かれる者となり、少なくともメイド長にはなれると高評価されるほどの者になっていた。生まれは貧困ではあるが、教育により、それだけの出世が見込まれるほどの者となったわけだ。教育の本質はここにある。それは大げさに言えば超階級的であること、つまり人間を階級に固定化された者ではなくすことだ。それが、非選択的である家柄や地域から人を自由にする教育の、すごいとこだ。そしてそれは青少年であるときにこそ意義がある。学校であるからこそ意義がある。エマの場合はそうではないが、自習とは異なり、ケリーの指導のもとに否応なく置かれるという強制性があった。エマはそれを選ばないこともできたが、選んだ。そのさいのエマの知性ある趣には齢15にしてそれほどまでに早熟しなければならなかった彼女の境遇が滲み出ていてなんかもう森薫パネぇなわけだがそれはさておき。
前に書いた文章から引用。
わかる? (学校)教育は、家庭という選択できないことからの自由を可能にするってこと。学校でもどうにもならないことがあるなんて言って挙げた例は、的外れ。
君、結局、「家庭で決まる」って言ってる。「言ってない! 部分もあると言っただけ!」、なら、そういう部分とそうでない部分を詳らかに
書き、論証してみ。テキトーこいてるわけじゃないんでしょ?

「そういったことから授業内容に対しての理解力も変わってくるからね」
たかだか一年生の授業で理解力も糞もあるか。だいたい、暗記が大事だとか言っておいて、いまさら「理解力」とか持ち出すんだからついていけない。
抽象的すぎ。

「親が教育に熱心な方が、学校からすれば楽になる部分ってのもある」
また「熱心」とかそういう人間的な話にする。

「父は厳しくて、母は甘いってか優しかったから、飴と鞭みたいなそんな状況があったってこと」
食卓のそばに木刀とか、厳しい甘い以前に、下品。

「それは父母ともに厳しい家庭やその逆の家庭よりも、子どもの発育を考えれば、バランスがとれていいとか、そんなニュアンスで言った」
言えてない。自分の父母の在り様が、私が「よい」といった父母の在り様と同じだと思ったから、迎合したにすぎない。
ちゃんと書け。
で、バランスなんて言ったって、子どもが非行をしていたら両親ともに叱って当たり前。てっきりこのあたりを指摘されると思ったが(もちろん想定済み)、それ以前。

「更に愚痴を続けるならば、厳しくしたらすぐ辞めるってのがある」
「しとけよ」「なんでしなかったの? しとけよって言ったよね?」
どうせこんなもんだろ。なんだよ「しとけよ」って。

「最近の人達って酷い。根気がない」
自分は「最近の人」ではないみたいに言うな。

「そもそも、覚えてこようとしない人なら、厳しくされても仕方ないじゃん」
「しない人はしない」とか、「覚えてこようとしない人なら(覚えてこようとしない)」とか、形式的すぎ。
「根気」がないも糞も、ねこバスんとこやめたら明日からおまんま食い上げだってんじゃないんだから、そもそも「根気」の話ですらない。んなことで「根気」を出してる場合か学生が。

「すぐ辞める」
辞めりゃいい。学生相手とか言ってんだからバイトでしょ。新入社員かと思ったが。バイトなんだから他所でうまくやりゃいい。学生は勉強が本分。

「覚えてくれる人は覚えてくれるし、そうでない人はそうじゃない」
まただ。なんだこれ。

「研修する側に責があるのは当然なのだが、どうもにも腑に落ちない」
なんだそれ。じゃあそのレスの最初の方の話は何だったのか。グダグダ。書いてる途中で思い直した、ぐらいのもんだろうが、送信する前にまとめとけよ。

「教えかたが大体一緒で覚えてくれる人とそうでない人が出るのはなんでか」
なにが、何でか、だよ。「方法は同じ。対象は違う。だから対象たるバイトくんらに責任がある。根気がない」、はじめから結論つけてんでしょ。

「児童はともかく、学生となればその責を負わせるのはむしろ当たり前な気がする」
だから、そういう状況を作れと言ってる。つって、バイト相手の話で何をそんな。くだらない。

「15から働く人もいるわけだし、その人は仕事に対して責を持つわけだからね」
そういう人らは働かざるをえなかっただけ。学生とは違う。学生は勉強が本分。違う話をごたまぜすんなよ。

「金をもらう以上は研修だろうが、ベテランだろうが、十代だろうが、五十代であろうが、プロであるわけだし」
学生バイトと社員が同じなわけないだろうが。
で、「学生ばかりがそうなわけじゃない」と言って、結局は「学生なんだから」「学生には」とか、そんな話ばっかりだ。

「学生は金をもらわないが、そのかわり、食わせてもらってるわけだ。
食費に水道光熱費、小遣いに果ては携帯まで与えてもらえるわけだ。そういうことをしてくれる親に対しての責なんては十二分に考えられると思うけど、できないのかなぁ?」
そもそもその考えが馬鹿げてる。学生は勉強が本分。勉強することが親孝行。はなから学生が悪いと言ったりする奴の下で根気強く働くことなんざ、ない。

この程度の話で、一レスのうち、最初と中盤でコロっと変わるぐらいの基準しか自分にないことを、知れ。

3年前 No.22

ねこにバス @nekoneko10 ★Android=bTRFkWhWb4

責任を一つだけとしか考えてないわけではないでしょう。

教える側の指導不足、能力の不足は教える側の責任。
教わる側の「しといて」と言われたことをしないのは教わる側の責任。

なるほどね。
同期になんらかの罰的ものを与え、自分のせいだと認識させるわけね。
それはそれでプレッシャーだろ。
それが無責任なことをしたことに対しての罰だろ。
結局のところ、「するな」と言われたことをした者に罰を与えていることになるね。

やれと言われたことをしなかった、やるなと言われたことをやったことに責がないなんてのは言わせない。

監督責任は監督責任。
遠征先で不祥事を行ったのは生徒の責任。
混同しなさんな。
遠征先で不祥事があった。
真っ先に監督が責任をとった。
なら、生徒の責任はなくなるのかい?

教える側にまったく責任がないとも言ってないなぁ。
あくまでここで言及してるのは教わる側の態度。

違うねぇ。
幼少ってのはもっとも脳が発達していく時期でもある。
その間で読み書きをマスターさせた子と、そうでない子とでは授業に対しての理解力は全然違う。
かたや先生が読んでることがすらすらと頭に入っていく子、かたや、ノートをとっても解らない子。
理解してからの記憶。
そこからの応用であるとか、そういったことにも繋がってくるわけ。
理解が早ければ、それだけ次のステップに行くのも早いし、遅ければそれだけ遅れるわけ。
しかしながら、小学六年のうちで挽回は可能でしょう。
但し、本人が勉強に励めば、の話。

エマ。
ならエマが「私はいきません」なんて言ってたらどうなってたの?
先生についていくことを決めたのは他ならぬエマだ。
勉強するか、それともゲームをするか、それとも学友と遊ぶか。

決めるのは親でも教師でもない。
本人だろ。
親や教師は命令できる。
勉強が終わるまでは遊ばせない。
という手段もとれる。
だが、当の本人に覚える気がなければみにつくものんでもない。

エマが「えーそんなの知らなーい、うち覚える気ないしぃー」なんて言ってたらどうなってたの?

学生に限った話でもないんだがな。
中年の人なんかも来るしね。

学生は勉強することが本分。
んな当たり前だろ。
んじゃ、勉強しない学生ってのはなんだ?
勉強しないなんてのはそれこそ学生の責だろう。
違うの?






3年前 No.23

★iPhone=Z4KQGJNFEX

「教わる側の「しといて」と言われたことをしないのは教わる側の責任」
またブレた。親はどうした親は。自分がついさっき書いたことだろ。

「結局のところ、「するな」と言われたことをした者に罰を与えていることになるね」
当たり前じゃん。何を言ってんの?
「当人(児童・学生etc.)の責」とか言って、教育する側が責任転嫁することを批判してる。「(内在的な)意欲」なんて在りえないものを想定し、それによって「不真面目な」学生をはなから切り捨てる態度を批判してる。英語で何を教えるか、その何かによって、教えられることによって、英語やその何かによって、はじめて〈英語を学ぶ意欲〉なりが生じる。
教えられた何か、何かを教わるということ、そこから〈何かへの意欲〉が生じるのであって、「(内面的な)意欲」なんてのは存在しない。

「やれと言われたことをしなかった、やるなと言われたことをやったことに責がないなんてのは言わせない」
何の話をしてんだよ。

「遠征先で不祥事を行ったのは生徒の責任。混同しなさんな。遠征先で不祥事があった。真っ先に監督が責任をとった」
とるんだろ。混同してないじゃん。
「それは命令する側の責になることはない」? 監督責任なんだろ。「命令する側に責はない」?
〈遠い〉責任を引き受けるのが〈大人〉。やるなと言ったことを児童がやったことに関して、監督は謝り、その児童を指導する。あえてその児童に何も言わないか、叱るか、シバくか、様々だが、やるなと言ったことをやった児童に対して責任があるんだよ。

「生徒の責任はなくなるのかい?」
ガキなんだから賠償は親などがする。ガキが責任をとれるわけない。ガキを一丁前扱いすんなって。

「教える側にまったく責任がないとも言ってないなぁ」
「いくら命令したところで、しない人間はしない。それは命令する側の責になることはない」
命令と教育は違う? またまた付け焼き刃な。教育は強制的なもの。上から目線で当然。
で、「しない人間はしない」って、どうやって知ったの? ネコばすんとこではしなかった学生は他んとこでしてるかもじゃん。

「あくまでここで言及してるのは」
親はどうした親は。仕方ない。なかったことにしよう。

「幼少ってのはもっとも脳が発達していく時期でもある。その間で読み書きをマスターさせた子と、そうでない子とでは授業に対しての理解力は全然違う」
読み書きをマスターw 馬鹿を言うな。そんな者は存在しない。
自分でそれは六年間の教育で変わるって言ってんじゃん、理由は馬鹿げてるけど。なにが「違うねぇ」だ。

無理すんなって。ろくに考えてなかったっしょ。
これ皮肉じゃないよ。前のエッセイでも最後には反論できず自分語り始めちゃったでしょ。同じことになるよ。忠告。本当、やめとけ。

「かたや先生が読んでることがすらすらと頭に入っていく子、かたや、ノートをとっても解らない子」
また抽象的な。ノートをとるって、別に勉強じゃないよ。「ノートをとってもわからない」の「とっても」って、「とったらわかる」ことが前提。「とったらたいがいわかる」ことが前提。んなわけないじゃん。

「理解が早ければ、それだけ次のステップに行くのも早いし、遅ければそれだけ遅れるわけ」
何を言ってんの。それこそ教師がフォローするところ。
バイト研修と学校教育を混同すんな。「混同してない!」、

「但し、本人が勉強に励めば、の話」
同じことを何度も言わせるな。それは教育しだい。

「ならエマが「私はいきません」なんて言ってたらどうなってたの?」
エマは返事をしたのであって、それはケリーの発言ありき。インプットなきアウトプットは存在しない。
読んでないだろ。その場面に至る経緯を。

「決めるのは親でも教師でもない。本人だろ」
ガキを一丁前扱いしてるなぁ。そこまで考えてもいないし、ろくに選択なんかしてないよ。

「当の本人に覚える気がなければみにつくものんでもない」
命令しなくても何を教えるかで変わるとさんざん書いてるだろ。

「エマが「えーそんなの知らなーい、うち覚える気ないしぃー」なんて言ってたらどうなってたの?」
読んでないならテキトー抜かすな。

「学生は勉強することが本分。んな当たり前だろ」
いまさら遅い。「親への責」とかもちだして不真面目なバイトを批判しておいて。

「勉強しない学生ってのはなんだ」
勉強しない学生だよ。

「勉強しないなんてのはそれこそ学生の責だろう。違うの?」
ぜんぜん違う。

「理解力」がないよネコばす。聞く、読む、それがろくにできてない。「自分の意見」をポンポン書いてる。「お前だって〜」とか? すでに〈読み〉、〈思考〉したことを、書いてる。

3年前 No.24

★iPhone=1BD1WPyagX

ネコばすは、小学校入学以前に子どもはすでに何かしらの教育を受けてる、そしてその程度には相対的な差異がある、そう言ってるだけ。それもすでに私が書いたことじゃん。それも批判したうえで話してるってのに。
で、小学校で平仮名や漢字も習うでしょ。「理解力」なんていう茫洋としたもんの話ではない。
さらに言えば、安易に「個人の問題」「やる気の問題」だとすることは、「障害」によって特定の科目が苦手であるような場合を無視してる。「当人」ですらどうしようもない、つまりそれがあること前提で物事に取り組むということを、それを知らないからできない。そんなときでも「やる気」だの「当人の責」だのの問題にしかねないわけだ。しかねないってか、そうならざるをえない。
ADHDの子が親戚にいる。それがわかるまで、その子の素行について夫婦の親戚の躾を問題視されることもあった。そういうのも込み。メイン記事では脚色してるけどね。
ネコばすみたいに形式的で、「やる気」だの「根気」だの人間的でドートク的な問題になんでもかんでも還元しようとすることが、そもそも間違い。

「親への責」とか気にするこたない。んなもんいちいち意識せんで勉強している事柄に集中すりゃいい。

3年前 No.25

★iPhone=1BD1WPyagX

夫婦の親戚からは、夫婦の親戚に、とかだな。

おおヒューマニズム!

3年前 No.26

ねこにバス @nekoneko10 ★Android=bTRFkWhWb4

そりゃおかしい。
なにも学んでいない児童や学生なんてのはいないだろう。
興味を持たせるってのは確かにいいけど、それが持続するかは不明だし、端から興味を持たれなかったら意味はなし。
そも、ある教師が教えていたとして、高い点が取れる生徒と、そうでない生徒がいるなら、教え方に問題があるとは言えないでしょ。
実際その教え方で高い点が取れてる生徒がいるんだからね。
対象(の能力等)が違うって言うけれど、勉強なんてのは誰でもできるもんだろ。
それこそ、ノートに書けば、大概はわかるもんなんだろ?
わかることすらわかろうとしないのは教師の責ではないよ。

監督責任は監督責任だろう。
文字通り。
監督しなかった、あるいは不届きだった責任だろう。
不祥事そのものの責任ではない。
例えば生徒が恐喝をしたとしようか、その場合、生徒には恐喝をした責がある。
監督にはそれをしないように監督、監視しとく義務があったわけだ。
この二つは違うだろ。

んで、教師がフォローするところって言うけれど、それは教師が「生徒が解らないところ」を解っていなければならない。
質問がなければ、それは解っていると見なされる。
質問にしろ、職員室に行くにしろ、それはやはり自発的行為ってのが要る。
勉強ってなに?
ただ授業を受けるだけじゃないだろ。
貪欲に、能動的に解らないことに対して理解を進めていくことではないの?
興味を持てないから勉強しませんなんてのは単なるいいわけでしかないよ。


> 「親への責」とか気にするこたない。んなもんいちいち意識せんで勉強している事柄に集中すりゃいい。

集中も生徒がすることだろう。
勉強に集中しないから勉強にならんのだろうに。

障がい持ちの子は視野には入れてないよ。
それはまた別問題だろうし。
それともなにか?
なにも障がいを持ってないのに勉強できない、しない人は障がい者と一緒。
と、暗に言いたいの?


3年前 No.27

★iPhone=nMAHLQn8s5

「そりゃおかしい。なにも学んでいない児童や学生なんてのはいないだろう」
何の話をしてんだよ。

「興味を持たせるってのは確かにいいけど、それが持続するかは不明だし、端から興味を持たれなかったら意味はなし」
だから無償の配慮をするわけ。
だからこそ教師には考える責任があり、教師こそ勉強しなければならない。
君さ、教育の話をしたいの? 「自分の意見」を押し通して、自分はこのままでいいと、いつか私が言ってくれるのを期待してるの?
してないと言うならなぜそんな無意味なレスをする。

「ある教師が教えていたとして、高い点が取れる生徒と、そうでない生徒がいるなら、教え方に問題があるとは言えないでしょ」
ほら言ったとおり。研修での自分にも問題はないって話だ。「このままの僕でいいんだ」、で済む。

「実際その教え方で高い点が取れてる生徒がいるんだからね」
君の言ったことから反論できるってこと、わからない?
入学以前の家庭の在り様によって「理解力」は違うと言う。スタートが違うと。
或る教師の授業をクラス全員が聞く。テストに差が出る。でも高い点を取ってる奴(塾ですでにやったりしてて)が少数いるからオッケー、なわけないじゃん。ルーティンワーク万歳か。
これさ、大学の勉強の意義と絡んでんだよ。「活かしてほしいね」、とか言ってたな。教師ってのはたいがい大卒だな。
大卒たる教師が日常的な自分の仕事を改めていく、そういう話とも繋がってることを、「活かしてほしいね」なんて言ってた君は、なんもわかってない。「教師には責任がない」、そればっか。「教え方に」、「教える内容に」、問題はない。そればっか。
家庭がどうあれ「落ちこぼれ」が出ないようにするのは教師の責務。「勉強しない子どもが悪い」なんて言わないのが教師。
教師は、その内容の是非はともかく、勉強会や会議で授業について勉強してる。「このままでいい」だの「教師たる自分に責任はない」だの、そんな甘い考えで全うできる仕事ではない。そもそも仕事ってのなそういうもんではない。

「対象(の能力等)が違うって言うけれど」
はぁ? 教育は、〈自己形成〉。

「それこそ、ノートに書けば、大概はわかるもんなんだろ?」
んなわけないって書いてんのになんだよその質問はw
一日ほど間を空けたら「ポンポンとレスしてる」ことにはならない、とか思ってないよな。

「監督しなかった、あるいは不届きだった責任だろう。不祥事そのものの責任ではない」
君はね。恐喝した奴が年少なり刑務所なりに行くんだから、監督や保護者の責任はそれとは違う、そう言ってるだけだよ。

「生徒が恐喝をしたとしようか、その場合、生徒には恐喝をした責がある」
責任と責の違いは何なんだろね。つって、大した意味ないのはわかりきってるからどうでもいい。

「監督にはそれをしないように監督、監視しとく義務があったわけだ。この二つは違うだろ」
そんな低レベルな話、どうでもいい。
君は〈大人〉ではない。年は食ってるとしても。
上司、親、コーチ、とくに幼児や児童を教える者はね。教え子が何か悪さしたらそりゃ教え子を叱ったりするが、自分がしたわけではないその悪さの責任を負う者だ。そういう奴じゃなきゃつとまらん。上司なり親なりコーチなり、教える側に立つってことは、そういうところに立つってことだよ。
議論板程度の話に私を付き合わせようとするな。

「質問がなければ、それは解っていると見なされる」
んなわけないじゃん。テストを意識するだけでんなこたわかる。とことん私のレスを読んでいないw
あぁ無理すんな。いまさら君はどうにもならん。じゃあなんでレスしてるかって? これを見てる人らには、なんらかの意義があるだろうな、ありうるな、そう思ってるからだよ。これこそ失礼というものだが、君、読んでないんだから。言うだけ無駄なんだよ。
つづき。大学生のバイトの家庭教師でもんなわけないのは知ってる。そういう大学生以下だよ、ネコばすの言ってること。質問してもね、とりあえず「うん」とか「わかった」って言っちゃう子はいる。わからないと言うのが恥ずかしいとか、「わからない」と言って怒られたことがあるのかはしらん。要は、子どもの、相手の「反応」を見て、それに甘えちゃならんってことだよ。教える側ってのは。

質問がなければ解っているなんて見なす教師がいるなら、その教師に勉強が足りない。
学校の教師であれ家庭教師であれ、生徒の多くがつまづきやすいところは経験的にすら知りうる。そこをどう教えるか、考えるもんだ。
私が大学生んときは、その子が好きなことに関する英単語を和訳問題での英文に入れてみたり、洋書からこれならこの子にもできるって文を引いてきたりした。前者はむしろ勉強中の息抜きみたいなんが目的。読んでるうちに気づいたときの様子は笑ったw 後者は「本物の英語を読めたやん」みたいなこと言って、自分がしてる勉強は英語なんだということを、ハッキリと意識させることが目的。
教科書や問題集をテクストに教えて、わかる子はいるだろう。しかし、そもそも英語に苦手意識をもってる子がいるわけで、そんな子に「やろうと思えばできる」みたいな形式的なこと言っても無駄に決まってんだよ。試すまでもないわ。そもそもやろうと思えないから困ってんだろうがその子は。親とかからそういうお説教は十分に聞かされてんだよ。
やり方を変えなきゃならんわけ。「教科書や問題集で教えてできる奴もいるんだから阿に問題はない」? こんな考えこそが問題。

「貪欲に、能動的に解らないことに対して理解を進めていくことではないの?」
そんな勉強が誰でもできる、なわけないだろ。羽川ちゃんはガキなんだよ。せいぜい謙遜して、自分は大したことしてないって言ってるだけ。
そんなもんにすぎないセリフを教育の話に持ち込むな。舐めるな。自分が「そのままでいい」と指示してくれるセリフにすぎないだろ。

「興味を持てないから勉強しませんなんてのは単なるいいわけでしかないよ」
何の話をしてんだか。興味をもたせるのは教師の仕事なのに。

「集中も生徒がすることだろう。勉強に集中しないから勉強にならんのだろうに」
「親への責」なんて気にするこたないって話をしてんのに話を逸らすなw なんでもかんでも「自分の意見」を言う踏み台にするなよ。
そんな「コミュニケーション能力」でも働いて食ってけるんだから、なおさら学校で「コミュニケーション能力」をとやかくするのはおかしいわ。企業は「コミュニケーション能力」を求めてる? いやいやいやw

「障がい持ちの子は視野には入れてないよ。それはまた別問題だろうし」
それが教室でも家庭でも問題なわけ。その一例が私の親戚の子。母親が賢くなけりゃもっと長く辛い目にあってた。
別問題なわけないだろ。

「それともなにか? なにも障がいを持ってないのに勉強できない、しない人は障がい者と一緒。と、暗に言いたいの?」
今日はわりかし涼しいなぁ。

3年前 No.28

★iPhone=nMAHLQn8s5

「お前だって漫画を引いてきてたじゃん」、とインスタントに反応したくなるだろうな。

3年前 No.29

ねこにバス @nekoneko10 ★Android=bTRFkWhWb4

わかった、わかった。
つまりは教えを受ける方は甘んじてそのままでいいですよー。
ってことですか?

興味を持てないのは教師が悪い。
そこから、勉強しないのも教師が悪い。
生徒はなに一つ悪くないと。

だから言ってるだろうに。
教える側には教える側としての勉強不足はあるって。
んで、それは教える側の責任だとは言ってるでしょ。

それとは別に、教わる側の姿勢もどうかと指摘してるんだけど。


> 「貪欲に、能動的に解らないことに対して理解を進めていくことではないの?」
そんな勉強が誰でもできる、なわけないだろ。羽川ちゃんはガキなんだよ。せいぜい謙遜して、自分は大したことしてないって言ってるだけ。

できない言い訳を並べて成功した者はいない。

って言葉があるけれど、図書館行くのは誰でもできることだぞ。
先生に質問することは誰でもできることだぞ。
考えることだって誰でもできること。
むしろできない理由が解らない。

恥ずかしい、真面目と思われたくない、勉強しているところを見られたくない。

はい、こういうのが理由だとするなら、馬鹿だと思います。
テストで解らないところが解る?
それは事後です。
テストで良い点を取れるようにするのが授業です。
テストとはいわば結果ですね。
結果が出た後にしか解らないというのは致命的。
教師としては、授業は更に進めていかなければならないんですから。
それとも、自衛隊みたいに、赤点とった人がいるからって、同じ授業を二度三度と繰り返すのがいいんですかね?
ああ、興味を持たせる授業をすればいいんでしたね。
んで、興味を持たない生徒がいれば、別な方法で興味を持たせようとして、なおもいなければ更に別な方法を。

で、授業の本筋はいつするですか?

3年前 No.30

★iPhone=OVTcGPnRgO

「つまりは教えを受ける方は甘んじてそのままでいいですよー。ってこと」
なにが「わかったわかった」だ。なにが「つまり」だ。「勉強になりました」と同様、当てにならん。
児童や学生を変えるのが教育ってのをね。大学生なら叩き潰すとか、勉強は〈自己形成〉だとか、暗記で通用しない勉強とか、興味をもたせるとか、さんざんそれに反することを書いてきてる。
「誰でも考えることはできる」? だったら早く考えてみなよ。

「興味を持てないのは教師が悪い」
明日は晴れかなー、雨かなー。

「教わる側の姿勢もどうかと指摘してるんだけど」
だから、ガキを、〈自己〉扱いするな。馬鹿な指摘だと言ってるのがわからないのか。

「できない言い訳を並べて成功した者はいない」
またテキトーなことを。

学生や児童にとって勉強は、とくに学生にとっては、勉強は受動的でなんぼ。「自分の意見」を言わないという意味で。インスタントな反応をしない、という意味で。

「図書館行くのは誰でもできることだぞ」
もちろん。

「先生に質問することは誰でもできることだぞ」
できるね。どんな馬鹿な質問でもね。

「考えることだって誰でもできること」
間違い。

「こういうのが理由だとするなら、馬鹿だと思います」
思ったこと言うだけなら幼児でもできる。

「テストで解らないところが解る?
それは事後です」
ちゃんと書きなよ。テストの後に教師が生徒らの達成度をハッキリと把握することになる。で、それのなにが問題だっての。
経験的にすら、子どもらがつまづくことの多いところは把握できる。
授業で教師から質問したり特定の児童を指名したり出席番号順に当てたりもするわけで、そんときの児童の返答も教師は把握してる。私がテストにしか言及しなかったからテストに囚われたか? そういうのがくだらないんだよ。
小テストは初等教育や中等教育にもあるが、これで児童らのそのときの達成度を把握することの、何が致命的なの? 何も致命的じゃないよ。初等・中等なら期末考査だけでなく中間考査もある。なにが致命的なの? 致命的って言いたかっただけちゃうんかとw

「テストで良い点を取れるようにするのが授業です」
それもあるが、それだけではない。

「結果が出た後にしか解らない」
なわけないでしょ。

「教師としては、授業は更に進めていかなければならない」
当たり前。

「自衛隊みたいに、赤点とった人がいるからって、同じ授業を二度三度と繰り返すのがいいんですかね?」お? 自衛官を拝命して勤務してたことあんの?
挑発のつもり? こちらとしては「こいつまたテキトーこいたな」ぐらいのもんだよ。
しかしもちろん挑発ではないよな?
その前提から、君。もちろん教育課程で訓練や座学を受けたことがあって、その訓練や座学では君が言うようなことが行われてたから、そういうときの経験から質問してるんだよね?
そうじゃないなら、君の言う「自衛隊みたいに赤点とった人がいるからって同じ授業を二度三度と繰り返す」は、なに?
自衛隊での「赤点」ってなに? 自衛隊では「赤点」をとったら同じ「授業」を繰り返すの? 私はその「自衛隊」ってのを知らんわ。駐屯地が違えばそういうのもあるのかな。どこの駐屯地だった?

「興味を持たない生徒がいれば、別な方法で興味を持たせようとして、なおもいなければ更に別な方法を」
方法より、「どう」より、「何を」が大事だと言ってる。「どう」は「何を」がありき。

「授業の本筋はいつするですか?」
授業中だよw もうw

反論ぽいものすらなくなってきたなぁ。もともと反論未満のものばかりだったが。だって読んでないんだから。読めないんだから。〈長文〉を。

3年前 No.31

ねこにバス @nekoneko10 ★Android=bTRFkWhWb4

www
生徒に責任を求めるなって散々言っといてそんなんかよ。
自己形成はない。
これが、自己変革だとか、自己再構築ならわかるが、自己形成はない。
自己形成なんてのは学校行く前から行われているわい。
「自己を持たない」という自論を強弁したいがために使ってる自己形成なのだろうが、あいにく勉強によって行えるのは自己変革といったすでにある自己を変えれるってだけ。

自己がない者に勉強ができるかよ。
自己があるから勉強できるんだろうが。

> 学生や児童にとって勉強は、とくに学生にとっては、勉強は受動的でなんぼ。「自分の意見」を言わないという意味で。インスタントな反応をしない、という意味で。

なに言ってんの?
これって考えることを要求することだけど?


>「図書館行くのは誰でもできることだぞ」
もちろん。
「先生に質問することは誰でもできることだぞ」
できるね。どんな馬鹿な質問でもね。
「考えることだって誰でもできること」
間違い。

上二つは考えなければ(考えなくてもできるが、それは行動をする意味がない)できないことだけど?
でも、考えることは誰でもできるわけではないって?

考えることができない生徒を考えられるようにするのが勉強だとでも言いたいのかな?
なにが言いたいのかようわからん。

ん?
授業した後でテストや先生からの質問によって解らないところがあった生徒がいたらどうするの?
興味持たせるの?
興味持つの?
よしんぼ持ったとして、他の解らない生徒は持つの?
そのまま授業を続けることは解らない生徒を置いてきぼりにすることだけど?
んで、解らない生徒のためにもう一度説明するの?
そんな時間あると思ってんの?

俺もそんな自衛隊知らんね。
まぁ、いつから「○○みたいな」という表現が「○○と同じで」という表現と同じ意味になったのかも知らないんだけど。
いつからそうなってんの?
で、ここで言う「自衛隊」ってのは >>22 で出てくる自衛隊であって、あたかもそのよう連帯責任的処置をとらせるって意味で使ってるんだが。

ん、こんな長文は苦手だね。
特にこんな、一節、一節は頷けても、纏めるとぐちゃぐちゃになるような長文は苦手だね。

家柄は関係ないとか言いつつ、貧しい家から勉強ができる程の裕福な家に引っ越したエマのことを持ち出されたり、生徒の自己は認めないわりには、生徒に興味を持たせる授業を!とか言ったりされると、あたまが混乱してきますね。





3年前 No.32

削除済み ★iPhone=DJhAhwpQ7q

【この投稿は”ポンデリング”削除されました】 削除者: あうら☆マスター ( 2014/06/26 14:45 )  削除理由: マナー違反・リアクション違反

3年前 No.33

ねこにバス @nekoneko10 ★Android=bTRFkWhWb4

なんで消すんだ。
単に忙しかっただけなのに。
ログはとってあるけど(笑)

>4、5歳の幼児はその家庭を反映しているに過ぎない。

これは兄弟なんかでも性格の違いが出るし、それぞれにおいても考えが違うことから家庭を反映しているとは言えない。
4、5歳であっても社会を知る機会は多々あるし、社会に対して疑問を持つことだって有り得るからね。
そも、子どもの「なんで?なんで?」「どうして?どうして?」といった疑問は考え、思考した末に疑問に思うことだろう。
あることに対して「なんで?」と思うこと。
これ自体がすでに思考だろ。
仮に自己がないとしても、それでは「自己」とやらはいつになったら形成されるのかい?
小学校卒業したら?中学校卒業したら?高校卒業したら?大学卒業したら?大学院卒業したら?社会に出たら?
ん?
いつになれば自己は形成されるの?


>自己がなくても勉強はできる。
>暗記に<思考>は要らない
>問題を解くことに<思考>は要らない、作業的に解くことができる。


それは意味のない勉強だな。
てか、それは勉強ではないだろう。
作業的に解くことができるのであるなら、その知識はすでに身に付いているのだからね。
あえて言うなら復習みたいなものだけど、そういった単純作業を勉強と言うのなら、息をするだけでも勉強になりそうた。

とりま、ここまで。
続きはまた後で。

3年前 No.34

★iPhone=43xGiOpReK

「兄弟なんかでも性格の違いが出るし、それぞれにおいても考えが違うことから」
兄と弟では親の子に対する態度が違うでしょ。

「そも、子どもの「なんで?なんで?」「どうして?どうして?」といった疑問は考え、思考した末に疑問に思うことだろう」
なわけない。そんぐらいの子に接したことあるならわかる。そもそも幼児に〈思考〉はできない。

「あることに対して「なんで?」と思うこと。これ自体がすでに思考だろ」
んなこた言えない。単なる反応で「なんで?」とも言うんだから。或ることへの疑問は、それ自体で、或ることに対する疑問者の態度なり先入観なりなんなりの発現であることはありうるが、「それ自体で思考」なんて言えない。

「それでは「自己」とやらはいつになったら形成されるのか?」
君が挙げてる区切りでもって、「この時期に〈自己〉が形成される」なんてことはない。

「それは意味のない勉強だな」
んなこたない。対面的な関係を越える契機なんだから。偏差値ってのはそゆこと。

「作業的に解くことができるのであるなら、その知識はすでに身に付いている」
問題を解ける「ようになる」のは別。

3年前 No.35

削除済み @nekoneko10 ★Android=bTRFkWhWb4

【この投稿は”ポンデリング”削除されました】 削除者: あうら☆マスター ( 2014/07/27 05:04 )  削除理由: マナー違反・リアクション違反

3年前 No.36

★iPhone=P9EJGlOSlT

「それは意味がないって書いてあるじゃんw」
意味がないことはないと書いてるでしょ。

「「解らない」と考えるからこそ質問であり、行動といった自発的行為」
解らないと考える、なんてことはない。解らないと思うだけ。

「「自分がここが解っていない」と解ってないのに、質問やら行動やらしてなんになるのよ」
今このサブ記事で起きてるみたいなことになる。

「授業についていけなかった子はそこから取り残されるだけそこから這い上がるにはやはり「自発的行動」というものが必要」
ぜんぜん。進級もするし、塾や家庭教師でも補える。そして通塾や家庭教師は親がそれをするように言うのであるから、「自発性」なんざいらない。
これは教師側の問題がないという話ではないのは散々これまで書いてきたから繰り返さない。

「教師に対しての質問なんかもそうだよな」
質問はそもそも受動的。
それこそ、どこがわからないのかわからないなんて子はいるわけで、そんな子が質問したところで、君の言う無意味な質問でしかない。

「そんな自衛隊は俺も知らんと言っている」
そもそも、ないから。
で、それなら比喩を書く意味ない。

「授業、テストやらで、赤点とった生徒がいればそのクラス全員やり直しでもするか?、と、そういう意味だよ」
なんでんなことしなきゃならんのよ。無意味な比喩とかうっちゃって、その質問の前提を書いてみ。意味不明すぎる。

「民間起業には自衛隊みたいに、資金や時間に余裕があるわけではない」
自衛隊に資金や時間に余裕なんてあるの? 私は民間も経験してるから半端なこと言うなよ。

「研修期間中であっても研修者にも賃金は支払わないといけないからね」
自衛隊もそうだけど(一般曹候補生・幹部候補生)、自衛隊と同じところを理由にしてどうすんの? まさか候補生には賃金が払われることないとか思ってたの? 他の公務員と同じくボーナスも出るよ?

「民間企業は自腹切って」
銀行から金を借りーの、株主から投資されーの、どこが「自腹」なの?

「それこそ公立学校の延長みたいな自衛隊と同じに考えてんなよ」
延長みたいな? どこが? 書いてみ。

「いくら教育期間に時間掛けようがいくらでも金が出てくるようなところじゃねぇんだから。民間は(笑)」
予算切り詰められまくりですが。で、「いくら教育期間に時間掛けようが」、とか言ってるけどさ。自衛隊の候補生の教育期間って、いくらでも伸ばせるの? むしろ三ヶ月ぐらいしたら各々は教育中隊から一般の部隊へ散り散りになるんだけど。

「自ら理解しようとする努力、予習、復習、質疑なんかを疎かにするから腹立つのりってな話なんだよ」
愚痴じゃん。日記に書いて。

「勉強も同じ。学校なんてのは強制でない。行きたくないなら行かんでもよろしい」
親は学校に入れる義務があるし、宿題やれやら問題を解けやら強制あるっしょ。そうしたことに対して「自発的に」登校拒否したり、勉強嫌だー宿題(復習)嫌だーと「自発的に」やらなかったから、君の愚痴の矛先であるようなバイト君がいるんだよ。
もちろん、登校拒否に関しては無理矢理にではなく話を聞いてやったりはしなきゃならん。が、君が言ってることは、いくらかの人からしたら「自由」を「尊重」してるように見えるかもしれないが、教育放棄でしかない。

「本人の意思でしかない」
小学校に入学する子にんなもんない。小2も小6も習慣的に通学してる。

「本人の意思により学校に行っている以上は、学問に励むのは当人が持つべき責だろう」
で、これだ。年端もいかん子どもを大人扱いして、子どもの「自己責任」に教育を転嫁する。「自由」の「尊重」のいかがわしさはここ。


「将来の目標がないとしても、学校に行くという選択をした以上」
小学生も中学生も、そんな選択してないから。高校生もただの習慣だし、高校や大学に行かないのは経済的事情への懸念が大きく絡むのは、調べりゃいくらでも出てくるだろう。

3年前 No.37

★iPhone=P9EJGlOSlT

「だからまず、そんな自衛隊は俺も知らんと言っている」
あとこれ。
君は「阿が書いている自衛隊」といった発言をしてるんだよね。で、君が書いてる「自衛隊」は私が書いている自衛隊とぜんぜん違う、私はそう言った。そこに触れずに比喩がどうたらとか、話題を逸らすなって。

3年前 No.38

★iPhone=P9EJGlOSlT

「自衛隊みたいに、赤点とった人がいるからって、同じ授業を二度三度と繰り返すのがいいんですかね?」
この「比喩」は、現に自衛隊が「赤点とった人がいるからって同じ授業を二度三度と繰り返す」ようなことをしていなければ意味がない。比喩として成立しない。
で、君がこの「比喩」で拠り所としているのは規則違反に対する罰としての腕立てであるが、射撃演習で基準点に達しないのは規則違反ではないため、なおのこと的外れ。

3年前 No.39

ねこにバス @nekoneko10 ★Android=bTRFkWhWb4

>>35
> 兄と弟では親の子に対する態度が違うでしょ。

だから?
性格の違いがでちゃうって?
なに言ってんの?
兄だろうが弟だろうが贔屓しない親もいるし、そういう家庭でも兄弟でも違いは出る。

> なわけない。そんぐらいの子に接したことあるならわかる。そもそも幼児に〈思考〉はできない。

できますよ。
「なんで?」に対して、そのまま答えを出すのではなく、ヒントを出すことで考え、答えを出せる幼児もいますからね。

> んなこた言えない。単なる反応で「なんで?」とも言うんだから。或ることへの疑問は、それ自体で、或ることに対する疑問者の態度なり先入観なりなんなりの発現であることはありうるが、「それ自体で思考」なんて言えない。

それは逆も言えるでしょう。
なにを持って「思考ではない」と言えるのですか?
単なる反応で「なんで?」と言ってる場合もあって、それが「単なる反応」だと判断できる場合もあるでしょうが、或ることに対しての明確な疑問を持てることだってあるでしょう。

> 君が挙げてる区切りでもって、「この時期に〈自己〉が形成される」なんてことはない。

自己は変わり続けるものでもありますからね。
なにを持って形成されているとするかなんて判断はどうするのでしょう?
また、大学においても形成されていないのであるなら、それは自己を確立できていないということでもあり、自己を確立できていないままに社会に出るということにもなりますね。
で、阿さんは自己を確立できていないガキに責任を負わせることをどう思うんです?

> んなこたない。対面的な関係を越える契機なんだから。偏差値ってのはそゆこと。

ん?、それならゲームでもいいではないですか。
現代ならオンライン対戦なんかもありまして、全国の同年代の若者達とやりあえますよ。
それはともかく、たんに点数だけをとるのが目的なら、それは勉強の本質から外れるものでしょ。
極論を言えば要領のよし悪しなんですから。
んで、ここでは書いてませんけど、 >>37 にて、取り残された子には家庭教師やら塾やらあるとかなんとか言ってますけど、これって家に金があるかないかの運もついてきますよね。

それだけでもなくてね。
家柄ってのはどうしたって関係してくるんですよ。
親がズボラなら、子どもも大抵ズボラになりますし、それは勉学にも響いてくる要素ですから。
貴方も言ってるでしょ。
子どもは家庭を反映しているって。
ありますよ。
子どもは家庭を反映します。
ただし、家庭だけでもありません。
その子をとりまく周辺の大人も影響を与えますし、環境もそうですよ。
家柄は関係ない?
全然、そんなことあり得ないです。

> 問題を解ける「ようになる」のは別。

いやいや、問題を解けるようになるのは本人が思考するからでしょ。
んで、それを反復するから「作業的に解く」ことができるようになるんでしょうが。
逆に言えば、「作業的に問題を解ける」ならば「問題を解けるようになっている」んですよ。
それはつまりそれなりの思考ができるってことでしょ。

>>37

> 解らないと考える、なんてことはない。解らないと思うだけ。

それは印象。
解らないと思ったことでも、考えることで解るようになることはある。
が、考えても解らないことだってある。
解らないと思ったから質問するなんての早計だし、それだと思考力は伸びはしない。

>今このサブ記事で起きてるみたいなことになる。

そう?
とりま、オイラの解ってないところは、家柄が関係しないということと、幼児は思考できないってところだね。
実際家柄は関係してくるし、幼児であっても思考できる子は思考できるからね。

それから、児童に責任を取らせるなってのも、その児童が社会に出たことを考えれば、デメリットにしか見えないもの。
もっと言うなら、甘やかして社会に出た時どうすんの?って考えるけど。
あのな、それこそ、そんな子よりも、外国人雇った方がいいって話だわな。
学校がなんのためにあるかっていえば、自己形成もそうだけど、社会にとって役に立つようになる人材を作るためでもあるわけよ。
そこで責任のせの字も知らんようなクソガキを出されても、学校を維持する金を、税金を出してる民間が困るわけ。
そこら辺まで考えてる?

> ぜんぜん。進級もするし、塾や家庭教師でも補える。そして通塾や家庭教師は親がそれをするように言うのであるから、「自発性」なんざいらない。
これは教師側の問題がないという話ではないのは散々これまで書いてきたから繰り返さない。

まぁ、これは先にも書いたけど、親の資金力だよな。
しかし、塾やら家庭教師やら雇ったところで、本人に覚える気がなければどうしようもねぇ。
授業についていけなかった子を進級させるってのもどうかと思うがな。
置いてきぼりもいいとこだわ。

> それこそ、どこがわからないのかわからないなんて子はいるわけで、そんな子が質問したところで、君の言う無意味な質問でしかない。

質問が受動的かどうかは知らんけど、自分が解らないところを明確にするのは他人ではなく自分でしょ。なんでも先生が解ってくれてるわけないんだから。
自分がしなければならないことをしないで解りませんなんてのは単なる甘えでしょ。
頭は飾りではないんだから。

> なんでんなことしなきゃならんのよ。無意味な比喩とかうっちゃって、その質問の前提を書いてみ。意味不明すぎる。

そうしたら嫌でも覚えざるを得ないでしょ。
自分がみんな足を引っ張ることを嫌でも自覚せざるを得ないのだから。
それか、辞めるかだな。

> 自衛隊に資金や時間に余裕なんてあるの? 私は民間も経験してるから半端なこと言うなよ

民間に比べりゃ十分だろ。
そも、自衛隊の資金なんてのは国庫から出てるんだから、無尽蔵みたいなもんだろ。
災害が起きたところで、予算とは別に枠を通すんだから。
人件費なんてそうそう減ってないだろうに、なに言ってんだ。人件費だけで、税収の0.5%ぐらい使ってんだろ。

> 銀行から金を借りーの、株主から投資されーの、どこが「自腹」なの?

ほう、自衛隊は金を他所から借りて運営してんのか、株主とやらがいて、株主に対してのマージン支払ってんのか、知らんかったわ。
どこの自衛隊だよ。

>延長みたいな? どこが? 書いてみ。

ん?
自衛隊は民間みたいに資金繰りに困ったり、リストラとかあったりするの?
「君、使えないから馘」っとかあるの?
なんだなんだ、自衛隊って資金繰りによって潰れるリスクあるの?
知らんかったわ。
ごめんごめん、自衛隊って組織そのものが潰れるリスクもあって、無能な人間を馘にすることをいとわない場所だったんだね。知らんかったよ。

> 予算切り詰められまくりですが。で、「いくら教育期間に時間掛けようが」、とか言ってるけどさ。自衛隊の候補生の教育期間って、いくらでも伸ばせるの? むしろ三ヶ月ぐらいしたら各々は教育中隊から一般の部隊へ散り散りになるんだけど。

ん?、使えない人間は馘になるんじゃないの?
民間と同じでさ。
あれ?それとも、民間と違って使えない人間でも雇い続けて、無駄金使うの?

> 親は学校に入れる義務があるし、宿題やれやら問題を解けやら強制あるっしょ。そうしたことに対して「自発的に」登校拒否したり、勉強嫌だー宿題(復習)嫌だーと「自発的に」やらなかったから、君の愚痴の矛先であるようなバイト君がいるんだよ。

そう、無責任に勉学を放棄したからそういうバイト君が生まれてんのね。
んで、そういう子らは社会に出たら厳しい人からこう言われるんだよね。
「大丈夫、君の変わりはいくらでもいるから」ってねwww

>もちろん、登校拒否に関しては無理矢理にではなく話を聞いてやったりはしなきゃならん。が、君が言ってることは、いくらかの人からしたら「自由」を「尊重」してるように見えるかもしれないが、教育放棄でしかない。

いや、教育なんてのはどこでもできるってのがオイラの考え。
教科書がなければ、教科書を作ればいい。
黒板がないなら、地面を黒板にすればいい。
実際事務所から離れた現場では地面に描いて教えることもあるしな。
ま、この場合は教わる側の話だな。
とかく教える側に教える気が、教わる側に教わる気がなければ、授業は成立しないのよ。
授業、教育なんてのは双方の協力関係がなければ成果なんて出ねぇよ。

3年前 No.40

ねこにバス @nekoneko10 ★Android=bTRFkWhWb4

>>38-39
いつから、「みたいな」という表現が、「同じで」ってことになってんだ?

> 射撃演習で基準点に達しないのは規則違反ではないため、なおのこと的外れ。

だからなんなんだ。
規則違反でないから罰則的処置も要らんてか?
効果的に考えるなら、生徒の心理を利用するのは効果的だろう。
勉強ができない、ただそれだけで、クラスメート全員に迷惑がかかる。
実際社会に出てみ、一人仕事ができないだけで、みんな迷惑がかかるなんてのは多々あるんだからね。

3年前 No.41

★iPhone=q3n46S1qiA

「兄だろうが弟だろうが贔屓しない親もいるし、そういう家庭でも兄弟でも違いは出る」
贔屓とかじゃなく。「お兄ちゃんなんだから」って言われたりするでしょ。また、兄と弟でまったく同じ教育ができるわけじゃないんだから。まったく同じことを親が言ったりしたりするわけじゃないんだから。お下がりとか、いまだ赤子である弟へ時間を多く費やすこととか。いくらでもある。

「「なんで?」に対して、そのまま答えを出すのではなく、ヒントを出すことで考え、答えを出せる幼児もいますからね」
それはフィードバック。

「なにを持って「思考ではない」と言えるのですか?」
まず、インプットとアウトプットの時間差。思考してないほどこの差が短い。ろくに知らんことでもアウトプット(発言)しまくる。君が「思考」の例として挙げてるのはフィードバック。機能主義的にはそういうフィードバックが「思考」だけどね。

「自己は変わり続けるものでもありますからね。なにを持って形成されているとするかなんて判断はどうするのでしょう?」
的外れな賛成。
で、まずは

「阿さんは自己を確立できていないガキに責任を負わせること」
社会に出るってのはそういうこと。

「それならゲームでもいい」
テレコミュニケーションにより「対面的関係」は拡大しているとすでに書いている。勉強以外で挙げるなら部活。

「たんに点数だけをとるのが目的なら、それは勉強の本質から外れる」
勉強の「本質」ってなに?
あと、「だけ」とか言ってるが、すでに「それもあるがそれだけではない」と書いている。

「取り残された子には家庭教師やら塾やらあるとかなんとか言ってますけど、これって家に金があるかないかの運」
だから、教育側の問題がないことにはならんと書いている。すでに書いてる。

「家柄ってのはどうしたって関係してくるんですよ。親がズボラなら、子どもも大抵ズボラになりますし、それは勉学にも響いてくる要素ですから」
だから、家庭を反映してるでしょ。「自発性」とか言ってるが、その「自発性」は子どもにあらかじめ「内在」しているものではなく教育(インプット)の所産。だから教育は自己形成。
そのうえで、親がどうであれ今のその子がどうであれ、学校ってのは教育をするところ。

「その子をとりまく周辺の大人も影響を与えますし、環境もそうですよ」
「周辺の大人(親戚など)」も「環境」。で、地域とかだろ。近所の子やなんや。それもすでに書いてる。

「家柄は関係ない? そんなことあり得ない」
だから学校教育は反家庭的だと書いてある。階級の流動性ってのは、つまり子どもが家庭や地域に束縛されないって話。みんなが同じ教科書で、生まれや育ちに関係なく足し算から漢字からなにからを教わる。それが学校教育。

「問題を解けるようになるのは本人が思考するからでしょ」
フィードバックでも足る。「それなりの」「思考」って言うならかまわんよ。それは〈思考〉ではないんだから。

「解らないと思ったことでも、考えることで解るようになることはある」
だーかーらー、わからないなら考える、なんて言えないっしょ。
で、解らないとか疑問がありさえすりゃすなわち思考の所産ではない。

「幼児であっても思考できる子は思考できるからね」
君の言う思考はインプットに対してアウトプットを制御するだけのこと。自販機やクーラーと変わりない。

「児童に責任を取らせるなってのも、その児童が社会に出たことを考えれば、デメリットにしか見えない」
だから。教育の問題を児童に帰するな、と言ってるだろ。

「甘やかして社会に出た時どうすんの?」
強制が大事だと私は言ってる。教育の問題を生徒の責任にするなと言ってる。

「塾やら家庭教師やら雇ったところで、本人に覚える気がなければどうしようも」
覚える気にさせるのは教育。

「授業についていけなかった子を進級させるってのもどうかと思うがな」
だから補習があるって言ってるだろ。

「質問が受動的かどうかは知らんけど、自分が解らないところを明確にするのは他人ではなく自分でしょ。なんでも先生が解ってくれてるわけないんだから」
なんでもじゃなくても、教師ってのは、生徒がどこでつまづきやすいかを経験的にすら知っている、知っていておかしくない。これも書いてある。だからその箇所についてはより一層、その箇所に即して、どう教えるかを研鑽しなければならない。これも書いてある。

「そうしたら嫌でも覚えざるを得ないでしょ。自分がみんな足を引っ張ることを嫌でも自覚せざるを得ないのだから」
そこだけ見ればそれはそれでよいが結局は私がさんざん言ってきた強制に近づいたものだ。
しかし勉強できないことに罰則は要らない。勉強は仕事じゃないんだから。そしてその子がわからないところは、他にわからない子がいても、その子とは別のところがわからないわけ。だから補習なりなんなりでその子がわからないところをやる。補習に逃げるのは授業の改善から目を逸らさせるから一概にはよろしくはないが、しかし君が言ってるのは、そんな補習の意義すらも根こそぎにするものでしかない。

「自衛隊の資金なんてのは国庫から出てるんだから、無尽蔵みたいなもんだろ」
また「みたいなもん」か。

「災害が起きたところで、予算とは別に枠を通すんだから」
そりゃ災害が起きたらそうだよ。救助するためなんだから。

「自衛隊は金を他所から借りて運営してんのか、株主とやらがいて、株主に対してのマージン支払ってんのか」
意味不明。むーたんと話してる気分だ。

「自衛隊は民間みたいに資金繰りに困ったり、リストラとかあったりするの?」
それのどこが「学校の延長」なんだよ。給料の有無、教育課程でのふるい落とし、一般曹候補生なら一定期間内に3曹に昇格しなければ強制解雇。学校と違って依願退職をもちかけることもある。私のときは教育課程で残念ながら一人それで退職した。別の班の奴だったけど、明らかに体力的についてこれてなかったしな。

で、「民間と同じ」なんて私は言ってないんだから、そんなに違いを強調しようとしなくていいんだよ。公務員の奴らろくに仕事してなくても税金から給料が出ていい御身分だよなぁ、ぐらいのもんでしかないよ、君が言ってんのは。リストラとかなんとかは自衛隊にかぎった話ではなくむしろ公務員に当てはまることなんだから。
教育の話に絞るぞ。話が拡散してる。

「民間と違って使えない人間でも雇い続けて、無駄金使うの?」
民間にも使えない人間はいるって。
ところで、「いくら教育期間に時間掛けようがとか言ってるけどさ」はなかったことになったのかな。かまわんけど以後は教育の話に絞る。

「そういう子らは社会に出たら厳しい人からこう言われるんだよね。「大丈夫、君の変わりはいくらでもいるから」ってねwww」
無責任にももなにも、「自発的に」じゃん。登校拒否も「自発的に」なんだから、それで後々その子が苦労しても「自己責任」。
あと変わりではなく代わりね。も一つ。愚痴から派生した君のそのお話には何とも答えようがない。私はそんなことは知らない。厳しい人がそう言うのかなんて知らんし、単に、そう言う人もいるかもねぐらいのもんでしかない。

「教育なんてのはどこでもできるってのがオイラの考え。教科書がなければ、教科書を作ればいい」
登校拒否児童が自分で教科書を作るの? だれが作る?
教科書を作ることができるのはその科において何を教えておかねばならないかを把握してなきゃならん。教科書ってのがあるのは、児童や学生に、何を教わるかの決定権を委ねないってこと。

「実際事務所から離れた現場では地面に描いて教えることもある」
教科書の話とリンクしてないし、学校ってのは学問を積み上げ式で教えるとこなんだから、そんな話は無意味。まがりなりにも教員免許ってのがあるのは、学校教育が君が挙げたインスタントな指示とは異なって、何年も児童に関わるから。より具体的に言えば、担任制があるんだから、最低でも一年間、同じメンツを教育するわけで。
学校教育と君が挙げた業務上のインスタントな指示は違う。その現場での指示と、最低でも9年に渡る積み上げ式の教育はまったく違う。

職業の場合、学生バイトはさておき、教わる者は給料を得る得ないという死活問題があるわけだから、そりゃ覚えようとする。
さらに言えば、学校教育の場合は受験がある。そういう制度は、ゲームや漫画や雑誌やケータイやなんやの誘惑がある私室ですら、勉強しなきゃなぁと思わせる仕組みなわけ。
「自発的に」とか言ってるが、児童や学生がそうした誘惑をキリスト教のガチ信者よろしく断ち切って「自発的に」勉強するわけないじゃん。
だから学校ってのがある。席について授業を受けることを強制する場ってのが。

「教える側に教える気が、教わる側に教わる気がなければ、授業は成立しないのよ」
協力なんていらないし、それはまたしても教育において児童に責任転嫁するものでしかない。勉強する気にさせる、強制的に勉強させる、それが学校。覚える気がなくても覚えてしまうぐらい、耳タコ目タコになるまで教育しつづけること。

「授業、教育なんてのは双方の協力関係がなければ成果なんて出ねぇよ」
まず家庭での教育に「協力」なんていらない。つぎに、教師が何を教えるかに生徒の「協力」なんかいらないし、それは生徒が口出しするところではない。

「規則違反でないから罰則的処置も要らんてか?」
勉強できない、テストで点があまりとれないことに罰則は要らんでしょ。

比喩ってのは、喩えと喩えられるもの、この場合は自衛隊と学校ね、それらが何らかの面で同じでなければ意味がない。そして君はありもしない「自衛隊」を学校に喩えようとしてるわけだが、そんなのは無意味。しかも「学校の延長」とまで言ってるんだから。

「実際社会に出てみ、一人仕事ができないだけで、みんな迷惑がかかるなんてのは多々ある」
出てるし独り暮らしなうーん。私が知ってることを私が知らないかのように教えてる調で言ってどうすんの。
で、君が言ってるのは教育における強制的なものであり、それはそれでいいんだけども。

3年前 No.42

★iPhone=NBJLLxQKT4

当たり前のことだが、端から「やる気」があったり、「言うことを聞」けたり、教師や親の目のないところでも「主体的に」勉強する子どもなら、教育なんてのは極々簡単なこと。
つーか子どもがそういう者であるなら教育なんていらない。自分が何を勉強するべきかを単なる情動によらず設定することが可能であり、それに基づいて体系的な学問を長年に渡り勉強する継続性をもち、さらに何歳までにここまでは押さえておかなきゃならんというように〈遠く〉を見通す計画が可能であり、その実行を様々な誘惑に囲まれつつながらもそれに打ち勝ちつづける忍耐をもつ−−そんな子どもは、分娩されてからすぐに「自立」する動物に近しいが、しかし子どもは現にそういうものではない。

3年前 No.43

★iPhone=zjhyLkuLnr

さて、刈谷につづき私による記述のうちのいくらかへの今更な「納得(笑)」もたらしうるものを書いておこう。

「子どもたちを蘇らせる」で検索すれば出てくる大塚貢という人の活動には、授業改善と給食改善の二つがある。
彼は給食に関する活動をプッシュしており、彼に関する記事もそれをプッシュしているが、まず授業改善にも望ましい成果があったことは強調されねばならない。
そのうえで教育における強制の意義に着眼してさしあたり取り上げうるのは、教師や親からの反対があってなお大塚が給食改善を進めたところ。まずこれは、「親や地域との連携」なんてことの虚構を意味する。
「そういったこと(食と素行や授業態度の関係に関すること)をPTAの席でお話しして、なんとかバランスのよい食事をつくってください、と呼びかけたところで、いまの若いお母さん方にはまったく聞き入れてもらえませんでした」(括弧内は阿が補記)
ここにも表れているように、そもそも親や地域が教育に関心がないという事態がある。そんななかで連携だ協力だなんて言っても無駄。
子どもにかぎった話ではないが、身体の成長期にある子どもにとって食が重要であることは、今日では言うまでもない。しかし大塚の試みに対する親と教師のリアクションは、配膳の効率や菓子パンなど子どもが好む味のものの重視だった。給食費を払っているんだから、なんてのは、当時から親はまるで顧客として学校に対していたことを表している。
また、給食や授業改善なんてのは生徒がどうこうできるものではない。給食のメニューの改善は子どもが口出しできるところではない。しかしそれが、授業ならびに素行の改善にいくらか寄与したことは明らか。少なくとも、教育側が授業改善や給食改善をまったく何もしなくても、授業や素行にハッキリとした変化はあったかもしれないじゃないかなんてのは、素朴な懐疑にすぎない。「なんでなんで」「かもしれないじゃないか」と繰り返すのもまた、問題となっている事柄を、対人的にではなく自分が調べたり考えたりしたくないからにすぎない。調べてもインスタントな検索の域を出ないし、さ、に一ヶ月経ったら検索されて現れた文章わ忘れてるぐらいの関心でしか物を書いていない。口プロレスを議論と取り違えている。
「いまでもよく覚えているのが、4月のPTA総会の前に私が1時間ばかり校舎のタバコの吸殻を拾って歩いたところ、スーパーの大きなビニール袋かいっぱいになったのです。それを総会で見せたところ、保護者たちから、大塚校長が来てから風紀が乱れたんじゃないのか、と言われましたがね」
「国際化社会の時代に米飯に偏るのはおかしい、国際食にすべきだ、とかいろいろな理由をつけて反対されました」
なんてのもそう。「国際食」−−おそらくパンやハンバーグなどから連想される「洋食」を意味しているのだろう−−を摂っている児童や国々に関する知識なしに、「国際食」とやらを無条件に是とすることはできないが、そんな知識や資料を批判する知性もあるわけがない。学校の風紀の前後を調査しているわけもない。添加物についても。

言うまでもなく、食に関して語るなら栄養面のみを語ることは片手落ち。キュウリのほとんどは水分? だからなんだっての。キュウリは美味い。
また、私は大塚という人の全体を知らない。だからあくまでも、私による文章の「いくらか」と、彼の発言は近しいにすぎない。

検索の問題は、多くの人はそもそも「大塚貢 給食 改善」などをキーワードにして検索することがない、ということ。だから、生徒の「自己」だの「自主性」だのを前提としたうえでの「努力主義」と「自己責任」が蔓延る。
辞書を読むというのは、口プロレスが好きな子らが口プロレスのそのつどそのつど行う検索ではない。三島由紀夫がそうしたように、辞書を一枚一枚めくっていくことだ。検索では自分が入力した語に関する「述語」しか出てこない。そのつどの口プロレスで自分がコピペしたいものを現前化する、それが検索だ。辞書を読むということと検索(もちろん紙媒体でも検索は可能)が異なるのはそこ。

3年前 No.44

にら玉 ★rBEMe1S4Y0_mgE

メイン記事 >>109

ダースベイダーのお話???

(◎_◎) ン?

3年前 No.45

★iPhone=5liDZ3ivYd

こんなとこ来るまで暇とは重症だ。

3年前 No.46

にら玉 ★rBEMe1S4Y0_mgE

(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ・・・いや、重体です。

フラフラ (((。o・))))((((・o。))) フラフラ・・・

3年前 No.47

あき ★aLe8I84y8W_NFI

何から書き始めたらよいものか考えてグラグラしてきたので、約束を破ってここに書き込んだことをはじめにお詫びします。
けれどこの掲示板を見るのも控えていたことは認めてください。
阿さんへのたくさんの誹謗中傷を見て、書き込むことを決めました。
阿さんのことを勘違いしてづ人に対する個人的な復讐です。
阿さんはやさしい、とてもやさしい人です。
外見は年齢も含めて意外でしたが、なんか男前です。あとやっぱり意外にちょっとドジっ子なところがあって、顔をくしゃくしゃにして笑うとカッコかわいいんです。
まじめな話のときはやっぱりキツイですが、それもなんだか痛快なことが多くて
なんでか考えてると、私の立場に立ちながら、私の立場を崩していくような、上から目線じみてないというか。
「こうでしょ、だったらこうなるでしょ」と、理解の遅い私に何度も形を変えて教えてくれるそのひたむきさを感じるからなのか。
悔しくて「わからない」と言って見せても新しいおもちゃを出された子供みたいに楽しそうにまた話し始めたり。
そういえば「好きな人がいるから」なんて漫画みたいな理由で女を抱くのを拒否する男の人が本当にいるなんて思いもしませんでした。
思い出して笑ってしまったので書いちゃいます。
誤解のないように言いますが、ホテルに誘ったのは私ですが、阿さんも「んー? んー、ええよー」なんて言って了承したんです。
からの「好きな人がいるから」で、こんな会話がありました。
「風俗とか行くんでしょ」
「それはべつっすわ」
「どこが?」
「正味、練習台てきなところあるし、お金で私の体をレンタルしますよって契約でしょ」
「酷くないそれ」
「たしかに笑 まー、差別ってのがよくないとしても、それは不可避やし、反省はせんですよ」
「・・・だったら私をタダで使える練習台として抱いたらええやん」
「うーん・・・やる気せんっす笑」
「魅力ない?」
「いやー、たっとりますよ、ほら」
「じゃあなんでせんの」
「だから好きな人がおるから。んで、こういうのもなんやけど、○○さん、若干俺のこと好きでしょ」
「はぁ?」
「そうなるともうあかんでしょ笑」
「なんかやるきなくなった」
「おー、そりゃよかった笑」
「じゃあそもそもなんで入ったん」
「シャワー浴びてねっころがって休みたかったからってのと、あとここで了承したら○○さんがどんなことしたり言ったりするか興味あったから」

書いててけっこう覚えてるなぁ自分って思います。
そしてやっぱり、あきくんの言うとおりにしていてよかったと思います。
なんでこんなこと書いてるのかよくわからなくなってきたので、最初の目的はやっぱりおせっかいだったのか、登校をやめるべきかもわからないのですが、阿さんにお礼とご報告を。
結婚して子どもができて、苦労はしてますが幸せに過ごしてます。
阿さんはどう思われるかわかるようなわからないようなですが、阿さんがなんと言おうと、阿さんのおかげです。
ありがとうございます。
それでは、さようなら。

2年前 No.48

にら玉 @987654321 ★YHExwRoPbu_mgE

かっこいいねぇ〜 阿ぽん

じぇんとるまんやねぇ〜(-。-)y-゜゜゜

1年前 No.49

@private11 ★iPhone=3Ux8dbC6ba

それはノータッチでよろしく→ニラ玉さん

1年前 No.50

★iPhone=hqKwwpRBgs

ジェントルマンっていうか、面倒くさかったのと、面倒くさくなりそうだったから笑

1年前 No.51

よしかわももこ ★iPhone=yma95i53yo

携帯壊れて色々消えました、番号はそのまま

1年前 No.52

操壊 @tukimonoda ★kIBtVXVdAz_G6E

読ませていただきました。ありがとうございました。

1年前 No.53

★iPhone=RgewaPAymM

おまえにわかってたまるか。

1年前 No.54

にら玉 @987654321 ★YHExwRoPbu_mgE

そちにわかってたまわるか。

ヾ( ̄ー ̄ )ノ”よいよい♪苦しゅうない♪

1年前 No.55

ひげざえもん ★eIqc2UTygZ_iye

阿さんに
>埒のあかないネット議論
といわせてしまったことへの要因におそらく僕は含まれてしまうんでしょうか。
ここに書き込むのは初めてですが。

あるいは僕の傲慢かもしれません。

だけれど、文章を吐き出したくなったらネットを使ってみてください。

1年前 No.56

★iPhone=RejD9ksQpk

いきなりレスすることになるとは笑 そんなレスすなよ〜。

ひげさん
まさかまさか笑(例の屈託のないニヤニヤ笑いのイメージでよろ)
埒ってのは最近の私の手詰まり感みたいなもんのこと。議論ではその埒(囲い、柵、枠)があかないっていう。その意味ではあなたとの議論もそうだけども笑

ただ、要因と言うとニュアンスが違う。誰との話が要因とかではない。私の知識の問題だから。

1年前 No.57

よしかわももこ ★dvmhETSeKI_X3s

更新してください・・・

1年前 No.58

ゆげ ★iPhone=HzqmaYGpEL

おまえ、時期的に偽物くさい。

1年前 No.59

ゆげ @anwesen ★iPhone=w7pEwpczKp

面倒くせぇ

1年前 No.60

にら玉 @987654321 ★591XDJ6gEk_mgE

д ̄) チラッ 阿ぽん大丈夫ぅ〜・・・



さぁ〜わちきの乳に飛び込んでおいで!

おいで!(ノ ̄∀ ̄)ノヾ(´^`ヾ))) ウルウル



1年前 No.61

ゆげ @anwesen ★iPhone=nslic6GxWv


文字数が足りない

1年前 No.62

アリッサ ★Android=SoieEKKy9P

今日はm(。_。)m
こんな評論文?論文のような文章をかかれていますが何をしていらっしゃるんですか?
大学教授とかですか?
気になりまして…

5ヶ月前 No.63

★iPhone=LbRIyFJH80

さようなら。
コンビニ。

文字数が足りない

5ヶ月前 No.64

アリッサ ★Android=oKIcuUiW0I

コンビニ勤務?ですか
いや難しい、国語の現代文ででてきそうな文章かかれてるなと思って気になったので尋ねてしまいました
ありがとうございました

5ヶ月前 No.65
切替: メイン記事 (300) / サブ記事(65) ページ: 1 2

 
 
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる