Google
    
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(12)
[天才][救世主]戦争をなくす方法"解明した [ サブ ] ●メイン記事 (9) / ○サブ記事(12)


切替: メイン記事 (9) / サブ記事(12) ページ: 1

 
 

ファイアドレイク@firedreik☆cdIrIo5On6U ★DS=JaE9Q.X4dQw

みなさん。
この記事に対して多々意見があると思いますが、混乱を防ぐために、意見はこちらに書いてはどうでしょうか。
おせっかいでしたら失礼。

2010/10/08 21:48 No.1

"国父"◆ruj ★DOCOMO=8cuD22GHyx


ありがとうございます!
>多々意見あるはず

"そうなはずです"

なんですよね…

"大"人類史上において

オヨソ
『超』
【空前絶後】
における理論なのですけどねぇ。。。。

6年前 No.2

玄野 CHRONO ★PSP=tA6wmtSlwy

解明?(笑)


凡人が…?(笑)



解明したって?(笑)



何だそれ?

頭おかしいでしょ!

6年前 No.3

"オツム核危機" ★DOCOMO=8cuD22GHyx

やった〜!
何か“矛盾点”
を答えてくれるのですか〜!!?…







{[(「>矛盾点>{[(「


"お"


参考に
させていただきます!^>`

6年前 No.4

チリゲ改めトーシロー ★AU=1ufXZC9s2F

民族・国・宗教・思想・その他もろもろの違いが有る限り戦争とか争い事はなくならないってことを分かってほしい。矛盾とかの前に。
LCLに還元されればこれらの違いはなくなるけんど。人類補完計画はアレ多分フィクションだよ?実際には不可能だぜ?

6年前 No.5

イ"ヴ"リ ★DOCOMO=8cuD22GHyx

[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[論破]]]]]]]]]]]]]]]]]]]くん


【【【【【【【【【【◇mtjb.gqjtmdw0.u.pubektmj】】】】】】】】】】】



>諸々の理由ある限り争い泣くならないお!

【私の理論 >>1 ("空前絶後")を《小突》
いているコトにわ為らないのではないかと存じ上げ、
[致し]
申し上げます…








"テンサイテキ"


仁・・・・・・

6年前 No.6

筋斗雲 ★9e32HIRJhg_0Hm

今日は、筋斗雲です。

一体、何者なんですか、あなたは?

6年前 No.7

"暴君"◆ ★DOCOMO=8cuD22GHyx

《救世主》

だよです

本当に誰も思い付き得ない【道徳】を思い付き得たつもりなんですよ^>`;
根底から覆る様な理論です
早く全人類にお知らせして莫大な冨を手中に収納したいですね

6年前 No.8

筋斗雲 ★9e32HIRJhg_0Hm

良かったら、私に教えて下さい。

6年前 No.9

屁理屈児童が ★DOCOMO=8cuD22GHyx

いつしか世界
を射程に収めた者


↑↑↑↑↑↑↑

【たいへん申し訳ありません】(ok)

それは

[[[[[[[売り物]]]]]]


故答えられるないのです(>_<。)

戦争をなくす方法をサンプルにいつか必ず人類に懇願させしめ得る方向です

6年前 No.10

筋斗雲 ★9e32HIRJhg_0Hm

そうなんですか、それは残念です。

6年前 No.11

稀代世界一位 ★Tablet=zkzawpHl35





1、概要

国々の軍事を管理する各国の 政治家、官僚に、彼ら自身が現在無駄遣いしている税金と、この戦争をなくす方法の実行によって発生する自国軍の軍縮によって出る余剰金などといった、

『現在彼らが、【この世界が弱肉強食である事によってその立場を利用して結果的に国民から奪っている】』

といえる、その、それでなくても誉められたものではない、また引退したら当然ゼロになる今得ている収入(←通常の給料は含まない(理由は後に分かる))を、それぞれの国民が一生支払う事を約し、国の、 外交における軍事を 背景とした他国への要求を、同じく他国に放棄させる目的で放棄させます。


そして起こる国々の外交問題は軍事 に頼る事なく全て国際法廷で解決しますが、その国際法廷には、実はこれを盛り込めなかった為にそれはこれまでまともに機能させられなかったと言えるのですが、そこに例えば、

『中国だったら日本の天然ガスを吸い上げた実績などを考慮されてそれで争えば歴史上日本の領海といわれている海を半分近く得られ得る』

などといった、これまで他国への不当といえる要求を成功させてきた国々についてはその実績を裁判の判定に組み込む『強国の優位保証』を盛り込みます。

尚それらのそれぞれ『政治家、官僚の収入保証』と、国際法廷の『強国の優位保証』については、まず『政治家、官僚の収入保証』についてはその『独裁国家』の指導者についてはそれは民主国家のそれとは違い、中には現在なり近い未来に崩壊なり支配を減らすと考えられている国もあるでしょうから、そのような国(の指導者)はその度合いによってはその劣勢を加味してその保証は減額しますし、同様に『強国の優位保証』についても、

1,強国の優位といってもアメリカのように少なくても20年はその(国際的)地位を維持するといわれる国もあれば一方でいつ崩壊してその立場を失わないとも分からない独裁国家などもある

2,国々の未来の国際的優位などは変動する

などの事からその期間は国ごとに算出した上で段階的に廃止します。

といったものが外郭となります。




なおこの国際法廷には例えばメキシコの麻薬カルテルやイスラム過激派などといった国家以外でも戦争に準じるといえる戦闘行為を行っている組織は、後でその説明はしますがそれらも『国家同様』に取り込む事でそれらの戦いをも押さえ込みます。





2、政治家達に収入を保障する


わたくしがこの世界から戦争をなくす為に解決しなければならないと思った事が『2つ』あります。

一つは国々の争いを現在の国際法廷がまともに裁けない事です。

国際法廷が秀逸でどこの国もそれに外交問題の調停を委ねれば戦争は起きません。そこで考えたのが申し上げた国際法廷における強国の優位保証でありそれに対する世界の人々の納得についてはこの次の項目述べていきます。


そしてもう一つは、つまりそうなったら各国の政治家、官僚はその国際法廷に自国が加盟する事を承認する事になる訳なのですが、そのときに

『その彼らにとって【この世界から戦争がなくなるという事が必ずしも喜ばしい事ではない】』

という事です。

その問題を解決します。


彼らはわたくしが提案した戦争をなくす方法を自国民が受諾したとすればその意向に基づいてそれを実行する、つまりこの世界から戦争をなくす力を有します。

しかし彼らにとってそれを実行するという事は、彼らの国はそれぞれ、例えば自国の軍事的脅威となっていた独裁国家の加盟(軍事解体)があったり、また印パなどの敵対している国同士が両方加盟するなどによって大概は【軍縮】をする事になるので、それによれば例えば膨大な軍事費を有するアメリカの場合などをご想像頂けばご理解頂きやすいと思いますが、この場合それは直接的には官僚であり結果的にそれを守る政治家という 事になりますが、そのいわば

『現在世界が平和ではないから仕事がある』

彼らからその仕事を、ひいては『既得権益』を奪う事になります。


いつの時代も既得権益を解体するという事は既得権者の抵抗が伴いその実行が妨げられます。


国々の政治家、官僚とは、この世界の営みに決定力を持ち、世界三位の経済規模を誇りながら税金の無駄遣い天国といわれる日本にしてなお汚職世界18位というほど世界的に私腹を肥やし、一部の者は戦争や紛争を起こして自国民も虐げます。

それらの事から彼らは結果的に『人類社会を牛耳っている』と言え、故にわたくしは彼らの事を

″弱肉強食の人類社会の強者″

と言っています。


この戦争をなくす方法は『人類社会のルールを変更する』という考えが基軸になってます。

人類社会のルールは現在、例えばこれまで自国の利益の為に世界中で横暴を働いてきたアメリカが何の制裁も受けていないといったように現実的に弱肉 強食です。

その弱肉強食の強・弱といった立場を、新ルールでカネなどの利益に置き換えます。

道理に叶い強者も弱者も損をしません。


その変更を現在の、その

『数々の国際法違反を指摘されているアメリカを裁く事も出来ない弱肉強食といえる国際法廷』

に当てはめるなら、それにそのアメリカのようなこれまで威力で己の利益を勝ち取ってきた国々が納得する様な保障を、つまり申し上げた『強国の優位保証』を与えるという事です。


そしてそれを各国の政治家、官僚の立場に当てはめるなら、結果的に世界を牛耳る既得権者である彼らに、彼らがこの世界から戦争をなくす時に、それをなくさなかった場合本来得るはずだった収入を前もって保証するという事です。

いいですか、ここでちょっと皆さんには難しい話しをします。よくお考えください。


その、『人類社会の現実』である弱肉強食というルールには本来、″善悪″という価値は存在しません。【強い者が優れている】それだけです。

何事も問題解決には正しい現状認識が必要になります。

人類がこの、現在『強い者が優れているというだけ』である弱肉強食社会から理想とする公平、公正的な社会に進む為には、″その実行者で″あり、これまで自分達の利益に添わない多くの改革を現に黙殺し骨抜きにし形骸化させてきた各国の政治家、官僚たちの納得がなければその実行はそのこれまで彼らによって座礁させられてきた多くの改革と同様にいくらやってもまた元の木阿弥にされかねません。

つまり彼らが既得権益を守るエネルギーとは現に【人類がこの世界から戦争をなくす事業の障壁】なのです。

そして人類はほぼ大多数の者にして尚、解明するどころか

    『そんな方法そもそも絶対存在しない』(←私爆笑)

とまで言わしめた未曽有の人類社会の大テーマ、戦争をなくす方法!についてそれを遂にわたくしめの手によって、


   『社会のルールを変更すればいい,お,!』


と理論付けられた訳ですが、現実にそのルール変更!を実行してこの人類社会の戦いの歴史にピリオドを打つのなら、それがいかに民衆から騙し取ったものであろうと、はたまた人を殺して手に入れたものであろうと、現在の政治家、官僚達の既得権益とは進む次の社会においても継承されるべき権利です。


真の権利社会に進む為に他人の権利を黙殺しますか。

他人の権利を黙殺していては平和は来ません。下手をすれば破滅的な結果になります。



故にこの弱肉強食世界を滞りなく公平公正といえるものに変更する為に、その実行者であり既得権者である彼らにその実行時に自分達の小遣い確保の為 の抜け道製作などを働きこの世界から戦争をなくす事業を座礁させる様な事なく真に抜本的といえるルールを作らせる為 に、彼らがこの世界から戦争をなくすときにそれをなくさなかった場合にその立場上得るはずだった収入を(※↓)前もって保障します。


(※実際には軍縮した場合と引退後も貰える事でそれ以上という事になりますね)

6ヶ月前 No.12
切替: メイン記事 (9) / サブ記事(12) ページ: 1

 
 
TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる