Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(6) >>

出鱈目な愛を抱いて、

 ( 設定資料 投稿城 )
- アクセス(130) - いいね!(2)

ししくれ @kmnkha☆/pH2qpQf7L2 ★ieluDUuGrE_FFF






いつか迎えに来ると誓った貴方は今日もまだ来ない。日々だけが無情に過ぎて、私は昔より醜くなった。
ーーだから、ね、「迎えに行ってあげるわ」、お姫様は微笑んだ。




 ▽出鱈目な愛を抱いて、





「犯人はだあれ?」、花嫁は泣いた。残されたのは足のない死体。

  ×

「愛してるよ」、王子様の最期の言葉。誰に向けられたものなのか、真実は誰も知らない。







関連リンク: やさしいひと 
ページ: 1


 
 

ししくれ @kmnkha☆/pH2qpQf7L2 ★ieluDUuGrE_FFF


【ぼくらは心臓を貪りあう】


「鈴はそのままで良いんだよ。俺は鈴がいるだけで幸せなんだから」
 久我 龍(くが りゅう)
 無口で物静か。一人が好きだけど、集団が嫌いなわけじゃない。クラスメイトと若干の距離感を作っているが、愛想がそこそこいいので、浮いているわけでも嫌われているわけでもなく、クラス会なんかには普通に誘われる。勉強は適度にこつこつ頑張るので、実力きちんとついてる系。運動もそれなりにできる。誰よりも何よりも鈴が大切。自分なんか目じゃない。鈴が命。愛は全て言葉にしたい子。背が高くて筋肉質な爽やか系のイケメン。そこそこ裕福。


「龍ちゃんにこんな風に愛されている自分を、僕はたまに憎く思うよ」
 九葉 鈴(ここのは すず)
 賑やかだが煩すぎないムードメーカー且つ優等生。誰とでも仲が良いが、特別親しい相手はいない。龍ちゃん命。龍ちゃんがいるから自分はいるし、龍ちゃんに迷惑かけると死にたくなる。非常に重いが、その輪郭をうまくぼかしながら言葉にするのが得意。言葉も相当重いが、本当はそれよりもずっともっと重い。多分メンヘラ。何でも半端に要領よくできちゃうタイプで、運動も勉強も得意。170cm半ばの痩せ形。中性的な顔立ちのきれいめで更に可愛さもある男子。お金持ち。両親の仲が冷めてて、ほぼ一人暮らし状態で、机の上に生活費が置いてあるのが日常。




3ヶ月前 No.1

ししくれ @kmnkha☆/pH2qpQf7L2 ★ieluDUuGrE_FFF


【イケメンは犯罪です】


 相城 涼太(あいじろ りょうた)
 大学二年生。カフェでバイト中。人当たりが良くそれなりに真面目。常識はしっかりわきまえている優しい子。生まれつき色素が薄く、肌が白く、髪と瞳は淡い茶色。目鼻立ちが整っていて綺麗な顔立ち。つまりはイケメン。正統派イケメン。彼を語るにはまず顔から。そんでもって勉強も運動も家事もそれなりに出来る。それなりに裕福な家庭で育った。現在一人暮らし中だが、なかなかいいマンションに住んでいる。芸能界に興味ありません、っていうのが決め台詞(大嘘)。先輩こと秋のことが人生の中で一番意味がわからない。


 市李 秋(いちり あき)
 大学四年生。カフェでバイト中。ゲイじゃないけどとにかく面食い。イケメンとなら一夜を共にしてもいいと本気で思っている。人にどう思われようと興味のないトリッキー人間。こう見えても頭はいい。ただし頭“だけ”。運動は人並み。料理は得意だが、掃除が嫌い。というよりは掃除機との相性がすこぶる悪い。だけど綺麗好きとかいう面倒な人。ごく一般的な家庭で育った。大学生といえば一人暮らし、という長年の夢があったのでで一人暮らしをしているが、実家は電車を乗り継いで行けるところにある。



3ヶ月前 No.2

ししくれ @kmnkha☆/pH2qpQf7L2 ★ieluDUuGrE_FFF

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

3ヶ月前 No.3

ししくれ @kmnkha☆/pH2qpQf7L2 ★ieluDUuGrE_scn

【なんて厭な恋だろう】


:市ノ瀬 宮火(いちのせ みやび)
 三十代半ば。一人称「私/俺」。良一とは大学の頃からの付き合いで親友。良一に恋愛感情を持っている。ゲイだが男の経験はほとんどない。女も抱ける。朋美に嫉妬や憎悪を抱きながらも、肉体関係(つまり不倫関係)にある。独身。料理が得意な綺麗好き。世界史の高校教師。


:榊 良一(さかき りょういち)
 三十代半ば。一人称「俺」。宮火とは大学の頃からの付き合いで親友。宮火へ抱く感情は親友の度を超えた愛だが、本人はそれを恋愛感情だとはっきり認識はしていない。宮火に対する感情を疑い始めた頃に朋美が現れ、疑惑を否定する意味合いも込めて結婚した。故に朋美への愛はさして深くない。家事は一般男性のそれと同じ程度。会社員。


:榊 朋美(さかき ともみ)
 三十代半ば。一人称「私」。旧姓は佐々木(ささき)。良一と知り合って直ぐに結婚。条件に合う男と結婚できればそれでよかった。容姿の手入れには気をつけている。そこそこ美人。宮火と不倫関係にあるが、宮火のことを真剣に思っているわけではない。専業主婦。



 ※タイトルは市松イチエさんの「スカルド」から拝借。

2ヶ月前 No.4

ししくれ @kmnkha☆/pH2qpQf7L2 ★ieluDUuGrE_scn

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2ヶ月前 No.5

ししくれ @kmnkha☆/pH2qpQf7L2 ★ieluDUuGrE_scn

【狼と羊】※仮題


百鬼 皇(なきり こう):優しくて少しキザな王子様の仮面を被ったお腹の中まっくろくろすけ。自分の顔面偏差値が高いことを自覚している。いつもいつでも顔だけだよねって言葉を浴びせ続けられたせいで、心は傷だらけ。過去には誰も踏み入れさせない。自己肯定感と自己否定感のバランスが取れてない。「どうせ俺なんて顔だけだよ、そんなこと誰よりも俺が一番分かってる」

波崎 八代(はざき やしろ):人の泣いてる顔が大好物。性根が腐ってるだけでサディストってわけじゃない。生まれた時からなんでもそれなりにこなせた。苦労なんて知らないし、知りたくもない。なまぬるい世界で生きていたい。悪知恵だけは働く。「俺より幸せなんてそんなこと、ぜーったいに許さないから。」

鳴海 飛鳥(なるみ あすか):自己肯定感が低く、それを他人に認められることで埋めようとしている偽善者。いつでも笑顔な表情とは裏腹に心は今にも泣き出しそう。幼い頃に弟が誘拐されたのも、それによって家族が壊れたのも全部自分のせいだと思っている。脆くて弱い。「大丈夫だよ、俺はなんだって受け止めてあげる。」

東雲 篤(しののめ あつし):お人好し。色々口では言いつつも友人仲間には甘々でろでろ。仲良くない人ともそれなりの距離感は作れるが、いざという時は容赦なく切り捨てる。自分に必要以上に厳しく無理しがち。そういう面を誰にも絶対見せたくない。心配なんてさせちゃいけないと思い込んでる。「こんなとこ、格好悪くて誰にも見せれんわ。」

浦瀬 十色(うらせ といろ):他人の感情を理解するのが苦手。空気を読むのが苦手。その自覚はきちんとあって、誰かを傷つけることが恐ろしい。ルール通り、誰かの言いつけを守って生きていたい。責任を負いたくない。自分は責任を負えるような人間じゃないから。寂しさは握りつぶした。「ぼくのことは知らないふりをして欲しい。」

一条 了(いちじょう りょう):コミュ力高め。ちゃらちゃらしがち。メンタルは鋼並みで、ちょっちやそっとじゃびくともしない。色んな人と楽しげにしているが、いつでも心はすかすか。得体の知れない感情に苛まれ、常に何かに飢えている。思い入れのあるものなんて一個も持ってやしない。裕福。「みーんな好きで、みーんなどうだっていい。薄情でしょ、俺って。」

佐々木 夕貴(ささき ゆうき):淡白。やさぐれてて口が悪い。意見を求められたら話すけど、そうでない限り何があろうと無関心を貫く。思考回路はまともだが、心閉ざしまくってる。誰も信じない。自分だけが自分のことを理解できたらそれでいい。あまり家庭に余裕がない。「分かって欲しいなんてほんの1ミリも思っちゃいねえよ。」

冷郭 椿(れいかく つばき):飲酒喫煙をしているのが発覚して停学処分を受けていたため一年留年している元優等生。本当は恐喝やら暴行やらもしていたがそれはうまく隠した模様。成績は今でもキープしているし授業もしっかり出ているが猫被りはやめている。ドクズ。要領がいい。「いい子でいたかったのに、ぜーんぶ壊れちゃった。ま、いいけどね」



 ※あんざいの方はばりばり青春。こっちは色々拗らせ気味。

2ヶ月前 No.6
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる