Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(5) >>

ゴミ箱に光を願う

 ( 設定資料 投稿城 )
- アクセス(77) - いいね!(0)

ゼロ @ahahahaha ★RVF7NgZhAJ_3mc

書捨て。
行き場のないメモの墓場。文にする予定は特にないが、捨てるには忍びない。
そんなメモ達が最終的に息づく場所。いつか、彼らが日を見る日まで。

1年前 No.0
ページ: 1


 
 

ゼロ @ahahahaha ★RVF7NgZhAJ_3mc

――ここは、ひどく寒い。凍り付く夜に、心すら冷え切って、眠れないほど

都市名「ロスト」

最北。北の果ての果て。神に忘れられたとすらいわれる最北の地に、その都市はあった。
魔法で守られた暖かそうな空気は、そこに住む者たちの笑顔の証。
そこを代々守護する、長耳の王様のおかげ。

皆は笑っていた。笑えていた。こんな地にこれだけの恩恵を与えてくれる王を尊敬していた、敬愛していた。

王は気づかない。どれだけの愛を貰っても。どれだけ尽くしてもらっても。
王は知らない。自らの働きによって、どれだけの人々が救われているのか。

今日も王は働き続ける。農民と同じ服を着て、誰よりも苦痛を顔に表しながら誰にも助けを乞わない。

だから我らは付いてゆくのだ。
王様王様。寂しい王様。貴方はこれだけの人々に守られている、愛されている。

――なんて、暖かいのだろう。ぬるま湯な黄昏に、身まで蕩け切って、思わず笑いだすほど。

タグ: 僕らの ロスト

1年前 No.1

ゼロ @ahahahaha ★RVF7NgZhAJ_3mc

王「リック」 種族:長耳
代々 都市「ロスト」 を守ってきた王家の末弟。
その白雪のごとく白い頬と、培ってきた体はまるであわない。
一度も笑ったことがないと言われている。
町の人々は、そんな彼を笑いながらこう呼ぶ「哲の王」と

リックは、この最北端の生まれではない。
母が産気づいたのが、国王の来賓として呼ばれていた際の移動途中だったため、正式な「生まれ故郷」というものが存在しない。
世界の中心、ニンゲンが多く暮らす雑多街を城下とする「ティボス」で幼児期を過ごす。
長耳は寒い所で暮らす種族なので、四季の移り変わりがあるニンゲン主体の国に耐えられず、病弱な幼児だった。
なお差別問題も勃発。ここから長耳とニンゲンの戦争も始まる。
リックが初めて自国を見たのは2歳になるころの話。

タグ: 僕らの ロスト

1年前 No.2

ゼロ @ahahahaha ★RVF7NgZhAJ_3mc

種族:長耳
エルフ。ではない。その名前に劣らぬ長い耳が特徴的。
寒い所で過ごすため、耳の皮は厚く、硬い。
亜人戦争の皮切りとなった種族であり、他種族からの同情的な声も多い分、宗教的な議論で引っ張り出されることもしばしば。
自分たちのコミュニティに依存する保守的な種族であるため、北以外で見かけることは稀。
様々な戦争や戦いに巻き込まれてきたその歴史ゆえか、その他種族よりも防御能力が高い。

タグ: 僕らの ロスト

1年前 No.3

ゼロ @ahahahaha ★RVF7NgZhAJ_3mc

種族:ニンゲン
短命で貧弱。しかし数が多い。世界で虫の次ほど多く生活する生き物。
攻守とも秀でた特徴はないが、数故のアイディアがその他種族を圧倒している。
亜人戦争の大元。

(亜人戦争)
ニンゲン、と、その他「その他種族と、人間がよく似ているのは、ニンゲンが生活の新天地を求め進化した結果である」
という、生物学から生まれ「その他種族はニンゲンから生まれた下位互換である」といった種崇拝宗教をはらんで大きくなった論争。
最近は種族同士の抗争も勃発している。

タグ: 僕らの ロスト

1年前 No.4

ゼロ @ahahahaha ★jNZjoMwHGP_DYO

バローネ・グリンダ

バロンの母親。純粋なエルフで、バロンの不老はここからきている。
長寿であったが、戦乱の中スパイ疑惑をかけられ、矢傷を受け死亡。

サトウ・ハルト

バロンの父親。人間。ニホンなるところからやってきたらしい。
母親のバローネに一目ぼれし猛アタック。50いくつでバロンが生まれる。
真面目な性格で少しお人よし。

タグ: AUC

9ヶ月前 No.5
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる