Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(160) >>

設定とかいろいろ置き場

 ( 設定資料 投稿城 )
- アクセス(672) - いいね!(4)

時雨 ★Q97aBuS4ih_nXr

ここは私時雨の想像と空想と妄想で生まれたキャラ達の設定、小説などのネタ、

その他いろいろ、書いていこうと思ってます

基本見てもいいですが以下の事は守ってください

・パクリは絶対禁止
・私は思いっきし厨ニ病で二次オタで奇人変人、書いてることが痛いです
 見てる方も恥ずかしくなるだろうけどそこは目を瞑ってください♪

OK?

まぁぼちぼちやってこうと思います

5年前 No.0
メモ2014/10/14 16:43 : 時雨 @kokuri69★Android-L9qgcrv8b1

 オリキャラ >>1-14.>>22-28>>30-34.>>59.>>61-66.>>78-84.>>86-89

 

 その他 >>67-70.>>38.41.77.93


 名前案 >>21.36.37.42.44.45.46.47.54.55.60.85


 @小説


 +『緋色の鴉』>>1-19.37.39.40.43


 +『こちら地獄の極楽堂』>>20


 +『わきゃわきゃ魔法冒険記(笑)』>>29


 +『数多で一つで』>>35.37


 +『地獄の沙汰も俺次第Or宵闇の審問者』>>48-53.>>56-58   


 +『狂想ドールズ』>>71-75


 +『とりドリッ!』>>76


 +『とあるヤブ医者と看護師の噺』>>90-92

 


 

ページ: 1 2 3


 
 
↑前のページ (110件) | 最新ページ

時雨 ★xzdOE7ysAh_jJA

 今になってケガレとハグレって似てない?って思った。名前変える。
 ケガレ=アダキ

 話ごとの題名…カルテ1.カルテ2.など

 題名案↓

 「白衣二人」
 「夕焼けに沈む村」
 「頭痛おんぶは通常運転」
 「蠢くモノ」
 「約束」
 「つめが甘い」
 「薬剤医の執刀医」

 ネームセンスが切実に欲しいです……。


 んでもって二章。
 今度は一章の最後の登場させる外科医の執刀医と看護師が主人公位置の物語。
 舞台はトウキョウ程じゃないけどそこそこ大きい街。そこでは連続失踪殺人事件が起きていた。
 犯人は階級2の鬼疫とその配下の階級1で。2の方の能力はコピー機能。それで相手の一番親しい人に変化して反撃される事無く人を殺していた。
 カタギリとアダキもその事をいらないで乗り込んで親しい人を写されちゃうんだけど、二人とも其々の理由でそれを見破り、仕留める事に成功する。

 @台詞集

 「あいつは二度とそう呼ばない」
 「おめぇ、ニセモノだろ?」
 「知ってるか? あいつ、二人きりだと俺の事”カタ”って呼ぶんだよ」
 「嘘。だ」


 「……あいつはこんなに優しくない」
 「もし違がかったとしても……ここまで弱くないさ」
 「なめるなよ」

 この台詞を言わせたくて二章の話し作ったって言っても過言じゃない。
 とにかく二人の絆は深いってことを書きたい←

4年前 No.111

時雨 ★xzdOE7ysAh_jJA

 書き忘れてた鬼疫レベル。

 階級1……気体。。実体を持っていない。一番下の階級。7

 階級2……液体。実体を持っていない。何かしらの能力を持っている。普通の執刀医なら困難。

 階級3……個体。動物、もしくは昆虫の形をしている。何かしらの能力を持っている。名医クラスでないと討伐は困難。

 階級4……人形。今確認されている中で一番強い。名医クラスでも討伐は困難。何かしらの能力を持っている。

4年前 No.112

時雨 ★xzdOE7ysAh_Xty

 一章についてもうちょい詳しく。


 流れ@

 ・ハグレ&カグヤ目的地の村へ到着。(2話終了。
 ↓
 ・村の中に入るも誰もいない。(3話最初〜
 ↓
 ・散策してると厳重に閉じられた地下への道を発見。降りてみる。
 ↓
 ・突然背後から何者かが……。(3話終了。
 ↓
 ・何とか撃退する二人、しかしそれは人であった。驚く二人(4話最初〜
 ↓
 ・何故こんな地下にと驚く中、二人は大きな部屋へ案内される。其処には村人と思われる人々が。
 ↓
 ・長老から話を聞く。鬼疫から逃れるため地下に潜ってきたとのこと。(4話終了。
 ↓
 ・話しが終わった所で何処からか石が、それは見事ハグレの頭部にヒット。投げたのは10位の子供で、「お前らが早く来ないから母さんは死んだんだ!」と涙目で怒鳴るとその場を去ってしまう。後を追いかけるハグレ。(5話最初〜
 ↓
 ・その後ハグレに捕まってしまう子供(タキ)。もがく彼と何とか話そうとするもタキが自分の妹がいないと気が付いて事態は一変。地上へ出てしまったという。(5話終了。
 ↓
 ・血相を変えて自分も外に出ようとするタキ「俺があいつを守らなきゃ!」その言葉に思う所があったのかハグレは止めずに自分も行くとついていく。(6話最初。
 ↓
 ・そこには階級2の鬼疫達が、手には彼の妹(タイ)の姿が。急いで後を追うタキをそこで止めたハグレ、何するんだといきり立つタキに、ハグレは「ここからは俺の仕事が」と言い放つ。泣きながら絶対助けろよというタキにハグレは彼の頭を撫で笑顔で言う「助ける」(6話終了。

4年前 No.113

時雨 ★xzdOE7ysAh_jJA

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

4年前 No.114

時雨 ★xzdOE7ysAh_Xty


 「あちー……。本気で死ぬぞ俺」
 『今日の最高気温36度とか言ってたからな……』
 「焼け死ぬだろ、おい、ハグレアイス買ってこいアイス」
 『この炎天下の中外に出ろと?』
 「たりめーだ、早く買ってこい」
 『ちょ、扇風機首回すの止めるなよ』
 「大体何でこんなあちーのに感じのクーラーが故障中なんだ、ああ?」
 『そりゃ寿命ってもん……扇風機抱え込むんじゃありません』
 「うるせぇ、いーからアイス買ってこいよ、アイス、アイスアイスアイスー」
 『……』
 「……」
 『「じゃんけんポン!」』
 「(パー)」
 『(グー)』
 『………………………』
 「クククッ……そんじゃよろしくなぁ」
 『……はぁ〜……。仕方ない、行ってくるか。カグヤリクエストは?』
 「ハーゲン〇ッツ」
 『高っ!? んじゃガ〇ガリ君な』
 「ランク下がりまくりだろ、コンポタ味で頼む」
 『まさかのチョイス(笑)』
 「いーからさっさと行けおら」
 『はいはい』


 ×××

 【息抜き〜。今日も暑いです。

4年前 No.115

時雨 ★WKPdeLZJxD_Xty

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

4年前 No.116

時雨 ★WKPdeLZJxD_Xty

 種類・ジャンル・項目・分類…ナシ

 語種=スペイン


 赤 rojo ロホ
 ピンク rosa ロサ
 緑 verde ベルデ
 黄 amarillo アマリジョ
 オレンジ naranja ナランハ
 青 azul アスル
 水色 azul celeste アスル セレステ
 紺 azul marino アスル マリノ
 紫 morado モラド
 茶 marr□n マロン
 黒 negro ネグロ
 灰 gris グリス
 白 blanco ブランコ
 金 dorado ドラド
 銀 plateado プラテアド

 0 cero セロ
 1 uno ウノ
 2 dos ドス
 3 tres トレス
 4 cuatro クアトロ
 5 cinco シンコ
 6 seis セイス
 7 siete シエテ
 8 ocho オチョ
 9 nueve ヌエベ
 10 diez ディエス
 11 once オンセ
 12 doce ドセ
 13 trece トレセ
 14 catorce カトルセ
 15 quince キンセ
 20 veinte ベインテ
 25 veinticinco ベインティシンコ
 30 treinta トレインタ
 40 cuarenta クアレンタ
 100 cien シエン

 朝 ma□ana マニャナ
 昼 tarde タルデ
 夜 noche ノチェ


 ヒマワリ girasol ヒラソル
 チューリップ tulip□n トゥリパン
 バラ rosa ロサ
 スミレ violeta ビオレタ
 スイセン narciso ナルシソ
 カーネーション clavel クラベル
 パンジー pensamiento ペンサミエント
 ヒヤシンス jacinto ハシント
 ユリ lirio リリオ
 シロユリ azucena アスセナ
 シクラメン ciclamen シクラメン
 クチナシ gardenia ガルデニア
 ラベンダー lavanda ラバンダ
 ジャスミン jazm□n ハスミン
 アジサイ hortensia オルテンシア
 ラン orqu□dea オルキデア
 ダリア dalia ダリア
 コスモス cosmos コスモス

 おひつじ座 Aries アリエス
 おうし座 Tauro タウロ
 ふたご座 G□minis ヘミニス
 かに座 C□ncer カンセル
 しし座 Leo レオ
 おとめ座 Virgo ビルゴ
 てんびん座 Libra リブラ
 さそり座 Escorpio エスコルピオ
 いて座 Sagitario サヒタリオ
 やぎ座 Capricornio カプリコルニオ
 みずがめ座 Acuario アクアリオ
 うお座 Piscis ピスシィス




4年前 No.117

時雨 ★WKPdeLZJxD_Xty


  種類・ジャンル・項目・分類…ナシ

  あえて言うなら都市伝説

  主に、アメリカを始めたとした海外での都市伝説などに登場する異形の怪人。
 世間的に名前が出始めたのは比較的最近、情報共有の普及したネット社会となってからだが、
 このスレンダーマンと思われる存在が登場する神話や民間伝承などは広範囲の国々、そしてかなり古い時代から存在した ともされる。

 スレンダーマン


 主な目撃談での外見は、スレンダーという名前の通り全身ガリガリに痩せ細り、
 背丈は180センチから3メートルとかなりの長身で、手足も胴体に比べ異常なまでに長い。
 顔は顔面蒼白で、目鼻や髪などは一切ないのっぺらぼう。もしくはマスクの様になっている。
 黒いビジネススーツにネクタイを着こなすが、この服装は最近になってからの目撃談によるもので、登場する民話や伝承 の時代背景によって服装は多少異なる。
  ただし、基本的に黒ずくめである場合が多い。
 目撃談によってはこれらに加えて背中から無数の黒い触手が生え、常に不気味にくねらせている。


地域の伝承によって彼がもたらす恐怖は様々だが、比較的多い例は
気に入った人間をどこまでも追い回し連れ去らう、または憑り殺すというもの。
伝承などでは成人前の若者、特に子供をターゲットとする場合が多い。

能力として何処にでもテレポートすることが可能で、
伝承や目撃談が世界中の広範囲にあるのもこれによるものとされる。
スレンダーマンを目撃した場合、記憶喪失、妄想症、恐慌といった極度の精神異常、血の混じった咳、止まらない鼻血などといったスレンダー症という症状を患い、
近距離で目撃してしまうと最悪の場合そのまま発狂し死に至るという。

日本での都市伝説で言えば八尺様とくねくねを掛け合わせたような感じでもある。

その何時、何処から現れるのかわからない不気味さ、かつ、もしかしたら自分の身近にもいるかもしれないという恐怖、都市伝説の怪物としては見ようによってはスタイリッシュにも見える風貌、
そして「もしかして単に友達欲しい寂しがり屋じゃね?」という憶測によるキャラ付けから
海外での人気は高く、彼を題材とした歌、ゲームなども多数制作されている

4年前 No.118

時雨 ★WKPdeLZJxD_Xty

  種類・ジャンル・項目・分類…ナシ

  あえて言うなら都市伝説

 メン・イン・ブラック
黒衣の男、ブラックメンは、UFOや宇宙人などの目撃者・研究者の前に現れ、警告や脅迫を与えたりさまざまな圧力や妨害を行う謎の組織とされ、実在するしないに関わらず、その存在自体が一種の都市伝説や陰謀論となっている。

 ブラッディ・マリー
アメリカ合衆国の都市伝説に登場する女性の幽霊。

真夜中に鏡の前に立ち、名を呼ぶと姿を現すとされる。肝試しとして行われることが多い。呼び出す方法は、真夜中に一人で鏡の前に立ち3回名前を呼ぶというものが基本だが、その場で3回まわる、蝋燭を灯すなどいくつかのバリエーションが伝わる。家の鏡のほかに、生前にゆかりがあった場所で車のバックミラーに姿を現すというバージョンもあり、その場合は一人以上でも、一度でも彼女を話題に出せば姿を現すとされている。

 ブギーマン
ブギーマンには、いかなる特定の外観もない。
実際のところ、同じ近所でも家によって全く異なる姿で信じられていることもある。
多くの場合、ブギーマンは子供たちの心の中で、いかなる形も持たず、
単に不定形の恐怖が実体化したものである。

気になる恐ろしい人物や事象に対し比喩的に用いられることもある。
親は、子供が言うことを聞かない時に「ブギーマンがさらう」と脅し、言うことを聞かせようとする。

 レッドキャップ
イギリスの民間伝承にある、極めて危険な霊的存在である。
人殺しに纏わる血塗られた場所に出没し、出遭った人間を惨殺する。
長く薄気味悪い髪、燃えるような赤い眼、突き出た歯に、鋭い鉤爪を具えた、
醜悪で背の低い老人の姿をしており、赤い帽子と鉄製の長靴を身に着けて、杖をたずさえている。
斧を得物とし、これで人間を襲う。彼らの名の由来となっている帽子の赤は
犠牲者の血で染められたものであり、それゆえに常に赤錆色を帯びているのだという。

人と見ればその命を奪おうと強烈な殺意を持って迫ってくる極めて残虐な霊的存在であり、
廃墟となった城や塔、とりわけ、過去に凄惨な殺しが行われたり流血沙汰になったりした現場に棲み、
墓地などにも出没するといわれる。

一人歩きの人間を見かけると、たとえ遠く離れた所にいたとしても恐るべき速さで瞬く間に接近し、
斧を振りかざして襲ってくる。そうして人を惨殺した後、溢れ出る血潮を用いて
帽子を染め上げることを至上の喜びとする。

弱点は、ロザリオ等の十字架であるとされる。
また、捕まったときに聖書の文句を二言三言口にすれば姿を消すという。

 ウィルオウィスプ
青白い光を放ち浮遊する球体、あるいは火の玉。イグニス・ファトゥス(愚者火)とも呼ばれる。
他にも別名が多数あり、地域や国によって様々な呼称がある。 夜の湖沼付近や墓場などに出没する。
近くを通る旅人の前に現れ、道に迷わせたり、底なし沼に誘い込ませるなど危険な道へと誘うとされる。

4年前 No.119

時雨 ★WKPdeLZJxD_Xty

 ・過激派/異能者/髪:深緑/目:青緑/身体能力向上と影を操る異能/異能を隠している
 ・過激派/未覚醒者(能力は覚醒後)/髪:黒/目:紫/光を操る異能と傷を癒す異能/選ばれた存在だと思っている
 ・中立派/異能者/髪:深緑/目:金色/空間移動/発狂気味である
 ・無所属/未覚醒者(能力は覚醒後)/髪:灰色/目:灰色/冷気と水を操る異能/力が暴走する傾向にある
 ・警視庁異能庶務課/覚醒したばかりの異能者/髪:赤/目:桃色/空間移動と傷を癒す異能/発狂気味である
 ・警視庁異能庶務課幹部/覚醒したばかりの異能者/髪:水色/目:赤紫/パイロキネシスと身体の一部を変化させる異能/劣等感を感じている
 ・中立派/異能者/髪:青/目:群青色/テレパシー/劣等感を感じている
 ・中立派幹部/異能者/髪:深緑/目:赤紫/未来予知/立場に不安を感じている
 ・中立派/覚醒したばかりの異能者/髪:水色/目:黄色/パイロキネシスと血の形状を変化させる異能/思想に疑問を抱いている
 ・過激派/異能者/髪:焦げ茶色/目:橙/空間移動と血の形状を変化させる異能/最近所属した
 ・警視庁異能庶務課/覚醒したばかりの異能者/髪:橙/目:水色/透視(千里眼)/思想に疑問を抱いている
 ・過激派幹部/異能者/髪:群青色/目:赤/パイロキネシス/立場に不安を感じている
 ・中立派/異能者/髪:赤/目:桃色/念動力と身体の一部を変化させる異能/力を過信しすぎている
 ・警視庁異能庶務課/異能者/髪:紫/目:焦げ茶色/空間移動と光を操る異能/劣等感を感じている
 ・異能研究課幹部/異能者/髪:黒/目:青/他人の能力をコピーする異能/最近所属した
 ・中立派/異能者/髪:青紫/目:青紫/記憶を操作する異能/狂信的である
 ・警視庁異能捜査課/未覚醒者(能力は覚醒後)/髪:水色/目:深緑/風と音を操る異能/野心を抱いている
 ・保守派幹部/覚醒したばかりの異能者/髪:深緑/目:赤/風を操る異能と傷を癒す異能/狂信的である
 ・覚醒したばかりの異能者/髪:茶色/目:青/テレパシー/狂信的である
 ・警視庁異能庶務課/異能者/髪:黒/目:青/様々な毒性を付与する異能/選ばれた存在だと思っている
 ・中立派/異能者/髪:銀色/目:銀色/パイロキネシスと重力を操る異能/思想に賛同している
 ・保守派幹部/異能者/髪:青紫/目:青紫/念動力と傷を癒す異能/異能者を誇りに思っている
 ・過激派/異能者/髪:黒/目:緑/水を操る異能/最近所属した
 ・保守派/異能者/髪:亜麻色/目:赤紫/パイロキネシスと電気を操る異能/特に現状に不満はない
 ・中立派/異能者/髪:茶色/目:橙/空間移動と水を操る異能/力を過信しすぎている
 ・中立派/異能者/髪:群青色/目:青/身体能力向上と幻覚を見せる異能/異能を隠している
 ・警視庁異能庶務課で他派閥からの潜入者/異能者/髪:赤紫/目:銀色/血液変化と水を操る異能/力を過信しすぎている
 ・過激派/異能者/髪:橙/目:亜麻色/念動力と空間移動が使える異能/思想に疑問を抱いている
 ・警視庁異能庶務課で他派閥からの潜入者/未覚醒者(能力は覚醒後)/髪:青/目:深緑/幻覚を見せる異能/立場に不安を感じている
 ・警視庁異能捜査課/覚醒したばかりの異能者/髪:紫/目:亜麻色/血の形状を変化させる異能/異能を隠している
 ・保守派/異能者/髪:緑/目:黄色/身体能力向上とパイロキネシス/発狂気味である
 ・警視庁異能捜査課で他派閥からの潜入者/異能者/髪:黒/目:群青色/影を操る異能と傷を癒す異能/選ばれた存在だと思っている

 【別サイトのメモメモ】

4年前 No.120

時雨 ★WKPdeLZJxD_Xty

 @マザーグース。

 ロンドン橋 落ちた
 落ちた 落ちた
 ロンドン橋 落ちた
 マイ・フェア・レディ



 ソロモン・グランディ
 月曜日に生まれた
 火曜日に洗礼を受け
 水曜日に嫁をもらい
 木曜日に病気になった
 金曜日に病気が悪くなり
 土曜日に死んだ
 日曜日には埋められて
 ソロモン・グランディは
 一巻の終わり



 ハンプティ・ダンプティ塀の上
 ハンプティ・ダンプティ落っこちた
 みんながどんなに騒いでも
 もうもとへは戻らない




 1本2本 靴の紐むすべ
 3度4度 ドア ノックしろ
 5本6本 薪をとって
 7本8本 火にくべろ
 9個10個 穴を掘れ
 13 14 かわいいお嬢さん
 15 16 台所でお料理
 17 18 お嫁に行きたいわ
 19 20 僕のお皿は空っぽだ



 一月は雪を運んできて
  ぼくらの手足にあかぎれを作る

  二月は雨を運んできて
  湖に張った氷を溶かす

  三月は突風を運んできて
  水仙の花を烈しく揺らす

  四月は花々を運んできて
  ぼくらの足元にスミレを咲かす

  五月は子羊を運んできて
  あちこちに戯れる姿を見せる

  六月はバラを運んできて
  子どもたちの手は花束でいっぱい

  七月は涼しい雨を運んできて
  アンズやギリフラワーが花咲く

  八月はとうもろこしを運んできて
  収穫の小屋が建てられる

  九月は実りの秋を運んできて
  スポーツマンが狩を始める

  十月はヤマドリを運んできて
  木の実もいっぱいに実る

  十一月は北風を運んできて
  枯葉が舞いながら落ちる

  十二月はアラレを運んできて
  暖炉には火が燃え上がる



 アーサー王がこの国を治めていた頃
  アーサー王はいい王様だった
  大麦の粉を三樽分くすねてくると
  それでバグ・プリンをこしらえた

  王さまはバク・プリンの中に
  スモモをいっぱい詰め込んだ
  親指ほどの大きさがある
  脂肪の固まりも詰め込んだ

  王様と女王さま様が味見をすると
  騎士たちも味見をした
  その晩に食べ切れなかった分は
  次の日女王様がフライにした



 ハートのクィーンが
  日曜日の朝に
  タルトケーキをこしらえた

  ハートのジャックが
  ケーキを盗んで
  すっかり平らげてしまった

  ハートのキングが
  ケーキをおしんで
  ジャックをこっぴどく懲らしめた

  ハートのジャックは
  ケーキを返して
  もう二度としませんと誓った











4年前 No.121

時雨 ★WKPdeLZJxD_jJA

 ロンドン橋がこわれた
こわれた こわれた
ロンドン橋こわれた
私のきれいなおねえさま

木と粘土で架け替えよう
木と粘土 木と粘土
木と粘土で架け替えよう
私のきれいなおねえさま

木と粘土じゃ流される
流される 流される
木と粘土じゃ流される
私のきれいなおねえさま





 不思議の国のアリス症候群

4年前 No.122

時雨 ★WKPdeLZJxD_Xty

 @苗字

 黒呂くろろ
 鵺野のえの
 蒐場あつば
 奈幡なばた
 諸積もろづみ
 鬼 おに→ぬくたに
 朴 えのもと→ぼく
 転 うたたね
 銅 あかがね
 一言 ひとこと

4年前 No.123

時雨 ★WKPdeLZJxD_jJA

 【別サイトメモメモ】

 <過激派>
 ・過激派幹部/覚醒したばかりの異能者/髪:赤茶色/目:焦げ茶色/電気と重力を操る異能/異能者を誇りに思っている
 ・過激派/未覚醒者(能力は覚醒後)/髪:黒/目:亜麻色/身体能力を向上させる異能/選ばれた存在だと思っている
 ・過激派/未覚醒者(能力は覚醒後)/髪:青緑/目:桃色/身体の一部を変化させる異能/異能を役立てようとしている
 ・過激派/異能者/髪:橙/目:青緑/身体能力向上と重力を操る異能/立場に不安を感じている
 ・過激派/覚醒したばかりの異能者/髪:桃色/目:黄緑/念動力/特に現状に不満はない

 <保守派>
 ・保守派で他派閥からの潜入者/覚醒したばかりの異能者/髪:黒/目:青緑/傷を癒す異能と水を操る異能/力を過信しすぎている
 ・保守派/覚醒したばかりの異能者/髪:桃色/目:銀色/念動力と様々な毒を操る異能/異能を隠している
 ・保守派/未覚醒者(能力は覚醒後)/髪:群青色/目:亜麻色/空間移動と熱を操る異能/力を過信しすぎている
 ・保守派/異能者/髪:水色/目:黒/血の形状を変化させる異能/最近所属した
 ・保守派/異能者/髪:黒/目:赤紫/熱を操る異能/特に現状に不満はない

 <中立派>
 ・中立派/異能者/髪:青紫/目:赤紫/風を操る異能と身体の一部を変化させる異能/異能を役立てようとしている
 ・中立派/未覚醒者(能力は覚醒後)/髪:紫/目:水色/空間移動とパイロキネシス/異能を隠している

 <無所属>
 ・無所属/異能者/髪:桃色/目:灰色/念動力と傷を癒す異能/異能を隠している

 <異捜>
 ・警視庁異能捜査課/異能者/髪:焦げ茶色/目:赤/念動力と空間移動が使える異能/疎ましく思っている
 ・警視庁異能捜査課/異能者/髪:青紫/目:群青色/冷気と熱を操る異能/狂信的である

 <庶務課>
 ・警視庁異能庶務課/異能者/髪:群青色/目:黒/念動力と血の形状を変化させる異能/狂信的である
 ・警視庁異能庶務課/異能者/髪:黒/目:青緑/重力を操る異能と傷を癒す異能/野心を抱いている
 ・警視庁異能庶務課/異能者/髪:橙/目:緑/傷を癒す異能と熱を操る異能/立場に不安を感じている
 ・警視庁異能庶務課幹部/異能者/髪:青紫/目:焦げ茶色/念動力と血の形状を変化させる異能/野心を抱いている

 <研究課>
 ・警視庁異能研究課幹部/未覚醒者(能力は覚醒後)/髪:赤/目:青/言霊を操る異能/立場に不安を感じている
 ・警視庁異能研究課/覚醒したばかりの異能者/髪:赤/目:青紫/重力を操る異能と身体の一部を変化させる異能/発狂気味である

4年前 No.124

時雨 ★WKPdeLZJxD_Xty

 【目/霊園】

 「……」

 壊喰は一旦笑みをしまいこむと目の前の女をしばし見つめる。
 銃を眼前に突き付けられ、死に直面しているというのにまったく動じた素振りを見せない。
 もっともこの程度のことで取り乱されてしまうほど弱者ではないのだろうが、泣いて請う姿を見たいと思ったのもまた事実。
 一家の長を務めるものが見せる無様な姿はさぞ滑稽だろうと。
 しかし女――塚守 來安はむしろ笑い声すら漏らし淡々と己の所状を口にする。
 聞けば理不尽に党首を辞めさせられたらしい。
 だが彼女の瞳には悲壮も怒りも滲んでおらず、ただただ静かな水面のように凪いでいた。
 まるですべてを諦めてしまったような、人というより幽鬼のような―――

 「―――……つまらないな」

 小さな呟きは再び吹いた風にかき消され、相手に届く事は無い。
 興が覚めた。
 単純にいま彼女を殺しても面白くないと判断した壊喰は、言葉を紡ぎつつ殺意を消していった。

 「……だったら俺は君を殺さないでおいとくよ、党首じゃない――ってものあるけどそれ以前に別にわざわざ陰陽師を狩りに来たわけでもない。そしてあえて言うなら―――君が仮に陰陽省と敵対して、かつての仲間同士殺しあうのを見た方が面白そうだから―――――」

 突如聞こえてきたのは鳥の囀りのような歌声。
 それによって言葉を遮られる形になった壊喰は、銃を下げぬままピタリと動きを止める。
 英語で紡がれたマザーグースの一曲は、だんだんとこちらに近づいてくるようだ。
 壊喰は視線だけを滑らせて声のする方へと意識を向ける。―――すると目に映ったのはまるでマザーグースの絵本の中から抜け出したような、美しさに幼さが目立つ少女の姿。
 見覚えの無い顔ではあったが、気配には心あたりがあった。
 少女は來安と顔見知りのようで、歌を紡ぐのをやめると舌足らずな口調で言葉を投げかける。
 そこまではいい、だが。

 「いや、お取込み中なら今頃君の頭は吹き飛んでるし、そもそもこんな目立つ場所でお取込み中にならないから安心しなよ。……で」


 「―――君、誰?」

 自分にまで声をかけてきた少女。
 銃を恐れない彼女に物騒な言葉を吐きながらも、手から銃を放すと壊喰は再び笑顔を作り出した。
 手からすり抜け重力に従った拳銃は、地面に沈む前に塵となって消え失せる。
 当然知り合いでは、それこそお兄さんと呼ばれるような間柄でも無いが、彼女の調子に合わせて己もにこやかに小首をかしげて見せた。
 はたから見れば人懐っこい笑みではあるが、彼の本性を知っているものならばむしろ薄ら寒く思うだろう。
 そしてチラリと來安の方を伺うと、彼女も突如現れた少女の事を知らないようだった。
 ならばこの少女は一体何をしに来たのだろうか――笑顔の下にそんな疑問を浮かべかけ、それはすぐに解き明かされる事になる。

 「…………。――――構わないよ、でもここで厄介払いしないってことは俺も聞いてていい話なのかな?」

 僅かな沈黙の後彼は肩をすくめると先程となんら変わらぬ笑みを張り付けた。
 相変わらずの”スマイルポーカーフェイス(感情を読み取らせない笑顔)”を浮かべる壊喰だが、直前、彼は明確な変化を見せる。
 その瞳に映ったのは明らかな敵意と嫌悪。
 しかしおそらく彼の変化に気が付いたのは誰もおらず、一瞬の感情は壊喰にしか確認されることはなかった。
 そして完全なる部外者にも関わらず、二人の会話を聞く気満々な壊喰は、挑発気味な挨拶と嘲笑う視線を薄笑いで受け流しながら、己もまた、皮肉気に言い放つ。

 「これは光栄至極に存じ上げるね。お会いできて嬉しいよ……。―――――犬神の右腕さん」

 >來安、咎女 周辺ALL
 【私も咎女ちゃんと話してみたいなーと思っていたので嬉い&光栄です。色々無礼な発言ばかりですが大目に見てやってください…。残り僅かですがお話できてよかったです!壊喰は今回両手に花ー(笑】

4年前 No.125

時雨 ★WKPdeLZJxD_Xty

 【私、思ったんですよ。きっとあらすじの終わりもろくに考えず衝動だけで書いちゃうから挫折するんだって。
  だから今回はちゃんと考えようかなーとかは思ったりしてる。】


 名前:未定

 あらすじ:殺人鬼と殺人鬼狩りとその周りの物語。

 <世界設定>

 ・時は2313年。今よりおよそ300年後の未来。
  かつては世界滅亡なども囁かれていたがそのようなことも無く、戦争も大きな災害も無いまま平和が続きつつけた。なので当然人間は弱体化し、その反面科学分野――特にインターネットなどが今など比べものにならないぐらい普及してる。誰しも一台は端末機器を持つ時代。当然ネット中毒者は年々増加の一途をたどる。世界の情報に触れた若者たちは次第に現実と空想の区別がつかなくなり、まるでゲームのように他人の命を、果ては自分の命を扱うようになる。毎夜現れるのは名も無きその他の殺人鬼、殺人鬼記事は三面記事程度の重要性しかなくなってしまうほど殺人が当たり前になってしまった。なお殺人鬼が多発するのは大体が夜なため、この時代の法律では「日が沈んでからは外出してはならない。もしそれを破ったとしてもその折に起きた事件、被害等は、一切国は責任を取らない」などのものがある。


 <用語>

 ・「ラ・ムエルテ」……タロットカードのイタリア語で「死神」の意。主人公が所属している国家お抱えの殺人鬼狩りの殺人鬼集団。国会議事堂近くにビルを構え表向きは金融会社と名乗っている。実際本当に金融会社として勤めているカモフラージュの社員も存在し、本来の仕事が無い時はそういった会社員のような仕事をすることもある。ただ皆殺人鬼であるから狂人ばかり、真面目に表向きの仕事もしているのはごく少数。本来の仕事は殺人鬼を狩ること。もともと特殊な役所であるため人数は少なめ、ちなみにラ・ムエルテは世界各国に存在している。日本支部では皆一様に八咫烏を模したバッチを身に着け、服装は主に黒スーツ。

 ・「血塗れハリネズミ」……殺人鬼の呼び名。被害者は体中を無残に傷つけられている。最初の被害者は針によるものであった。被害者の傍らには必ずハリネズミのイラストのポストカードがあり、それが被害者の血に染まっている。などの理由が名前の由来。世間では単独犯と見られているが、その実集団の組織のようなもの。その上最初に犯行を犯した者は存在しても首謀者が存在しない。

 ・「レッドドレス」……殺人鬼の呼び名。由来は被害者が皆頸動脈を掻き切られ自身の鮮血で衣服が真っ赤に染まっていること。ほとんどの殺人鬼が速攻ラ・ムエルテに処理されているのにもかかわらず、未だその名をはせている殺人鬼の一人。

 ・「グリムリーパー」……英語で「死神」の意。今の所作品中では名前のみなので詳記は割愛。

 ・「二ーツナーム」……オランダ語の無いと名前をかけた「名無し」の意。この頃海外にも進出し始めた大手大企業。表向きは新聞の出版や本の和訳英訳。輸入輸出などを主としているが。上層部は別口の仕事として「情報屋」の役割も担っている。(このことは下っ端達も知っている。

 ・「クオーレ」……イタリア語で「心臓」の意。世界的な双子の殺し屋の渾名。由来はターゲットは皆心臓を潰されていることから。作中では今の所名前だけなのでこれも割愛。

4年前 No.126

時雨 ★WKPdeLZJxD_Xty

 ※注意点

 ・血塗れハリネズミの存在は途中まで単独犯とする。
 ・レッドドレスの正体はそれを匂わせるだけで明らかにはしない。
 ・グリムリーパー。二ーツナーム。クオーレはあまり登場させない。

4年前 No.127

時雨 ★WKPdeLZJxD_Xty

 ・何気こっそりグリムリーパーは登場させる(ものすごいわき役的な位置で。
 ・作品全体を人生ゲームに見立てている。


 <人物>

 ・奈幡 春雨……主人公位置。ラ・ムエルテの一人。性格は冷めている方。
  ナハタ ハルアメ

 ・峰村 篤則……新米ラ・ムエルテ。春雨の後輩として研修期間にある。真面目な好青年だが正体は血塗れハリネズミの    ミナムラ アツノリ      最初の犯行者。

 ・宇生……ラ・ムエルテの一人で春雨の友人。以上に無口である。黒髪金瞳。
ウジョウ

 ・ピット・ニット……同上。外国人のふりをしようとしている(容姿だけしかもバレバレ)。茶髪に紫のカラコン。陽気で           おちゃらけ、年上なのに精神年齢低い。(名前はもちろん偽名。

 ・鬼城……名前のみ登場するラ・ムエルテ。鋏使いの女性。
オニキ

 ・篠崎 勝吉……二ーツナームの二代目社長。そして情報屋でもある。本当は”う”のざきではなく”ん”のざきなのだ  ウノザキ カキチ が、発音のしやすさからそう名乗っている。

 ・宇生 音……篠崎の秘書兼助手。絶対記憶力の持ち主。話には出てこないがラ・ムエルテの宇生の妹である。
ウジョウ オト

 ・毎本 小舞……作中で血塗れハリネズミから唯一助かった少女。たまたま春雨に助けられ、その後ともに血塗れハリネ  マイモト コマイ   ズミを追うことに。一見無垢な少女であるがその正体は殺人鬼レッドドレス。(作中では明かさない。

 ・己々己々 きしき……喋れない。性別不明人相不明詳細不明の軽業師。普段は路上芸などで生計をたてている。仮面を  キシエキ        つけているため近寄り難いが性格は気さく。夜中で歩いているなど、作中でも特殊な位置づけ。

 ・間生田 御雪……大人気アイドルで芸名はmyu(みゅう)。しかし実は兄と共に裏の世界を騒がす殺し屋クオーレ。
マミュウダ ミユキ  (作中では名前のみ登場。


4年前 No.128

時雨 ★WKPdeLZJxD_Xty

 <前口上>

 人生ってゲームのようだと思わないかい?
 もちろん自分のものもそうだろうけど、他人のものはより一層滑稽だとは思わないかい?

 何となくで人生を謳歌するもの。もがいて破滅するもの。
 結局運命(さだめ)に逆らえなかったもの。奇跡を起こしたもの。
 勝ち組。負け組。

 人ってものは皆等しく平等に生を終えるのに、それまでに歩み道のりは実に様々だ。
 似たようなものがあったとしても、決して同じものは無い。
 命運の渦に従って、あるいは逆らいながら、けれども、その事実には誰一人気が付かづに。
 ……な、面白いだろう?

 ―――悪趣味、ね。……ハハ、よく言われるよ。
 「第一極平凡な人物語も見たって退屈なだけ」……か。なるほど、それも一理ある。
 けれどもね、例えどんな平凡であろうともありきたりであっても、それは”それしか無い”んだよ。
 ……納得いかない顔だね、まぁ、無理もないさ。
 それじゃぁ。
 君が望むとっておきの”もの”を語ってあげようじゃないか。
 目まぐるしく人生を謳歌した。彼らの夢物語を――――




 ――――これは、ある”殺人鬼”達とその周囲の”狂人”達の話なんだけど……。



4年前 No.129

時雨 ★WKPdeLZJxD_Xty

 【ある夜の童歌】

 咲いた 裂いた 真っ赤な花が

 できた デキタ 水溜り

 赤 赤 赤

 紅 朱 緋

 そっとカードを渡しましょう

 死の国からのプレゼント


 私はしがない殺人鬼



 射した 刺した 銀色が

 照らす テラサレ 返り血塗れ

 アカ アカ アカ

 ak ak ak

 ちゃんと殺してあげましょう

 死の国からの招待状


 僕はしがない殺人鬼





 ただのしがない殺人鬼




4年前 No.130

時雨 ★xzdOE7ysAh_Xty

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

4年前 No.131

時雨 ★WKPdeLZJxD_jJA

 【物語の構成は一週間にする】

 一日目……・春雨の所に篤則が研修生として訪れる。
      ・血塗れハリネズミの被害者。
      ・春雨が名も無き殺人鬼を処分する。

      ・春雨/篤則/宇生/ピット/血塗れハリネズミ/レッドドレス

      「狩人達は動じない」


 二日目……・春雨と篤則が池袋を見回りする。
      ・きしきが登場。

      ・きしき/春雨/篤則

      「道化(ピエロ)は夜を怖れない」


 三日目……・血塗れハリネズミの被害者を助ける。
      ・処分することには失敗するが重要な情報を耳にする。

      ・春雨/篤則/小舞/血塗れハリネズミ/宇生

      「魔物の裾は握れない」


 四日目……・春雨と篤則は血塗れハリネズミの捜査を進める。
      ・人気アイドルが外国ライブへ。
      ・同じく大企業も海外へ進出。
      ・篠崎、音達が上幹部らと会議。

      ・春雨/篤則/ピット/宇生/御雪/篠崎/音

      「その他はその他じゃすまされない」

 五日目……・春雨が何かを掴む。
      ・篤則が何者かに襲撃され手傷を負う。
      ・篤則をきしきが助ける。

      ・春雨/篤則/きしき/ピット/音

      「話は静かに進まない」

 六日目……・ごたごたが全部片付く。
      ・血塗れハリネズミを倒す。

      ・オールキャラ

      「永久に明けぬ夜は無い」

 七日目……・後日談

      ・オールキャラ

      「そして彼らは終わらない」

4年前 No.132

時雨 ★WKPdeLZJxD_Xty

 少し変更。

 「魔物の裾は握れない」→「魔物の裾は掴めない」

 「永久に明けぬ夜は無い」→「永久に明けない夜はない」


 六日目 キャラ・春雨/篤則/小舞/血塗れハリネズミ

4年前 No.133

時雨 ★xzdOE7ysAh_Xty

 題名決定!いつもいつもネーミングセンスには涙がでる……

 題:DaWn ドーン

 英語で夜明けって意味。


 これであとは話し書けば初心者の所に投稿できる……。

4年前 No.134

夜時雨 @yosigure ★dMBeY221fs_Xty

 【オリなりの絲さんの隠し守手。許可頂いたら出す奴ー】

 「謎だ、絲織。お前は何故故小生を四十年余りも呼び出さなかった……? しかも部屋の奥底へ置き捨てるという所業まで。……何処かで浮気でもしておったのか、妬けるな」
 「煩い、黙れ、口を開くな、そして速やかに消え失せろ。俺は今過去最高に機嫌が悪い。……なんなら、塵も残さず切り刻むことも是とするが……?」
 『何度でも言おう。小生はお前に惚れた、だからお前の守手であるということを是としている。心の底から望むなら、小生はそれに答えよう。――――――ご命令を、絲織嬢』

 名前:一目連
 読み:ひとつめのむらじ
 通称:波夛波(はたなみ)
 年齢:外見年齢四十代前半。
 性別:男

 性格:傲慢で我儘。他人からどうこう言われたり集団行動したりが嫌い。何事にも偉そうで自分勝手だが、一度決めた事は何があっても成し遂げるなどと、芯の通った一面もある。主である絲織に惚れているらしく、それは絲織が家族を持っても年老いても変わらない。主の命令しか絶対にきかない。

 容姿:濃い松色の髪は短くざんばら。濁った赤色の瞳をしており、三白眼と目つきが悪い。右眼には上から下へ斜めに傷があり、失明している。強面ではあるが精悍な顔立ち。身長は2メートルを越し巨大だが、体つきは標準並み。
 服装:地味な色合いの衣、高下駄。筆で「風」と書かれた布を顔に張り付けて顔を隠している(額のあたりで紐で括り付けているだけなので、風で翻れば素顔は覗ける)。

 能力:取りえず鎌鼬から竜巻まで、風と名のつくものは操る事が可能。風の刃で切り裂く事もできれば、風圧で押し潰す事も、風の障壁を築いて防御する事も出来る。自由自在。
 ・「祠(かざまつ」…波夛波の妖気によって具現化された大太刀。
 ※その他、波夛波のその場のノリなどで技名があったり、なかったり。

 武器:上記した大太刀。
 来歴:絲織と会う前の詳細は不明。町を騒がしていた折り、退治しに来た絲織とであう。色々あり絲織に惚れ、守手として付き従えるように。しかし四十年ほど前から呼び出してもらえたなくなり、最終章にてやっと呼び出された。

 備考:一人称「小生」二人称「主」「お前」。
    本来は片目が潰れてしまった龍神。
「是」「否」「謎」など、感情を一文字で表す事が特徴。いざという時には敬語を使い、「絲織嬢」と呼ぶ。

3年前 No.135

時雨 @yosigure ★dMBeY221fs_dMG

 プロフィール

 「これはこれは、可愛いお嬢さん。一体どうしました?」
 「失礼。自己紹介がまだでしたね。私はジャック、ジャック・ファクマートです。以後お見知りおきを」

 『……別に、とかげでもなんでもいいんです……殺せれば、それでいいんですよ……―――血ガ見タイダケナンデスカラ』

 名前/ジャックルクス・ファクマート (ジャック・ファクマート)
 性別/男
 年齢/25
 役柄/「蠍」戦闘系能力者

 性格/誰に対しても敬語を使い親切で紳士的。周りからの印象は笑顔の似合う好青年といったかんじ。困っている人がいれば助けるし、悲しければ泣くし、嬉しければ笑うし、腹立たしければ怒る。至って普通の人間。面倒見もよく集団で行動すれば自然とお兄さん位置にいるタイプ。だが一見普通に見える彼の異常性はその性癖である。重度のへマトフィリア(血液嗜好症)であり戦闘狂で、戦闘時には味方であっても手がつけられなくなる。戦いに置いては誰よりも狂人的な彼だが、普段は常識人。

 容姿/白灰色の髪は綺麗にオールバックに整えられている、瞳は少々目立つ鈍い金色。顔立ちは端正で整っているが息を飲むほどの美形という訳でも無く、近所のかっこいいお兄さんといった感じ。体格は身長183pと高身長で、無駄な肉の一切ない引き締まった体は痩せ気味。しかし筋肉は標準的についているので頼りなさは感じさせない。着痩せするタイプ。衣服は黒い中折れ帽子を目深にかぶり、ワイシャツ、ネクタイ、トレンチコート、革製のベルト、履物は革靴というのが何時もの恰好。ネクタイ、トレンチコート、革靴はどれも黒であり、その仕上げとばかりに真っ白い手袋という、全身をモノクロでまとめている。いずれも洗濯やアイロンがちゃんとしてあり全体的に清潔感のある格好でもある。基本的には上記の格好だが、気温や季節に応じてマフラーをしたり薄手のコートに変えたりなどはする。ちなみに、コート裏とベルトにはナイフといった武器を隠し持てる金具がついている。

 犯罪/傷害罪。殺人罪を30件以上。
 理由/血が見たいから周りのものを殺し。その腕を飼われ殺し屋となった。蠍に入ったのはその方が仕事の効率が上がると思ったからであり、その他にも今まで感じた事の無かった「仲間」というものを作ってみたかったから。

 武器/複数本のナイフ。
 能力名/リオート・ヒム(氷の賛美歌)
 能力/ロシア語の「氷」と英語の「賛美歌」を合わせた名前。
   簡単に言ってしまえば氷を自由自在に操れるというもの。用途は相手の足を凍らせて動きを封じたり、氷柱を作り出して攻撃したり、その気になれば体内の水分を使って相手を冷凍する事も可能(しかし本人は血が見れないという理由で使用しない)。防御や足止めにもなれば、攻撃性も高い自由度の高い能力である。
   しかし所詮は氷なのでそれにあうだけの打撃を加えれば砕けるし、熱を近づければ溶ける。暑い所では氷を作りづらいし、水が少なければそれだけ作り出せる氷の量も変わってくる。冬の水場であれば無敵に近い力を発揮するが、それ以外の場所では使いにくいのが困り処。最終手段としては自分の血液を使うこともある。凍らせることに一番長けた能力だが、彼の性質上もっぱら氷柱や氷礫による攻撃が多い。範囲は水場であれば彼から半径10m。しかしそれは最高範囲でありそれ以外では2〜3m。調子がよくてもせいぜい5m。発動条件は彼に意思によって。

 備考/一人称「私」。二人称「貴方」「貴様」「お嬢さん」年上には「〜さん」同い年・年下には「呼び捨て」
   子供時代からへマトフィリアの気があり、初めは公園の鳩、その次は飼い猫、その次はクラスメイト、その次は家族、と、十八歳の頃に殺人を犯し警察に逮捕される。けれど彼の異常性とその悪運の強さからそこにいた警察を殺して逃走。逃走中も己の欲求のままに人を殺している所をある裏の人間に見込まれ、そのまま彼の提案で殺し屋となることになった。
  今ではある程度欲求を抑えられるようにはなってきたが、定期的に血を見なければいけない様子。
  親が共働きで孤独な少年時代を送ってきたらしく、その影響か人との繋がりは人一倍大切にしている。実は雷が苦手という意外な弱点あり。能力故か体温が低い。
  本人は「ジャックルクス」という言いにく名前が嫌いで、普段は「ジャック」と名乗っている。ジャックルクスという本当の名前をしっているのは同じ蠍のメンバーのみ。

 募集/今の所ありません。基本乗っかっていこうと思います。お誘いがあればよろこんで!


 【こんな感じでよろしいでしょうか? ご審判宜しくお願いします!】>スレ主様

 【初めまして、今回シャルロットちゃんの募集である「シャルロットを子供のように面倒みてくれる方(一、二名)」に家のジャックで立候補したくお声掛けさせていただきました。もしよろしければ、宜しくお願いします!】>篠原さん

3年前 No.136

時雨 @yosigure ★dMBeY221fs_mgE

 ===プロフィール===


 「アン・リビドーとでも娼婦あがりとでも、何とでも言ってもらって結構よ。私は私にできる事をするだけですもの。だから貴方は貴方にできることをして頂戴。はい、これお願いね」

 「……今私がここにいるのはドン・ヴァレリオ。貴方のおかげです。だから私は貴方の役に立ちたい。貴方の為に、貴方の大切なもの達の為に、私の命を使いたい」

 「別に人の考えや価値観に口を出す気は無いし、ドブネズミみたいに生きてきた私には資格もないけどね。お前は私の”家族(ファミリー)”を侮辱した。だから、許さない。―――ネズミよりも惨めったらしく地に這いつくばって死ね」

 番号:E
 名前:ロート・ヴィオーラ
 性別:女
 年齢:24

 容姿:墨のような純黒の髪は肩につく長さのストレートで、両サイドをフェイスラインにそって一房づつ残し(所謂姫カット)後ろ髪は紺色のゴムで耳の高さに結いあげている、前髪は目にかからない程度。瞳の色は灰色で奥二重。顔立ちは年相応の相貌で何時も口元を引き結んだ無愛想な無表情だが、笑うと若干幼く見える。身長160p。痩せ過ぎず太り過ぎず、体の凹凸も並で健康的な体つき。左胸に蓮の花のような痣がある。白いワイシャツを第一ボタンまで開けて着用。下は黒のスーツに同じく黒の革靴。薄手の茶色いトレンチコートをその上から着ている(前は開けている)。黒革の指無し手袋。腰に巻いたベルトには金具が付いておりファイティングナイフとバタフライナイフを隠し持てるようになっている。更には薄茶色のポーチも腰につけており、その中には簡易的な医療器具が入っていて、応急処置やちょっとした治療であればできるように何時も携帯している。時と気分で茶色いキャスケットをかぶっていることも。

 性格:意地っ張りで強情。強がりでその上無愛想となんとも可愛げが無いが、それは全て彼女の過酷な生い立ちのせい、誰にも心を許さないことで自分の命を守ってきたため。なので今でもどこか突き放した態度をとる事が多い。だが本人はそれを直したいと思っているらしく密かに葛藤中。他人からの好意や善意に滅法弱い(照れる)。正義や平和などを偽善と切り捨てられる冷たさを持っている反面、家族や仲間などの言葉に夢を抱くような一面もある。また虚勢を張って生きてきたぶん中身はまだ弱く、簡単に泣く。自分を拾ってくれたドン・ヴァレリオにはしきれない程の感謝と憧れを抱いており、それはファミリーの母的存在であるゴットマザーにも同様である。二人の事を親のように慕っている。過去の娼婦時代の経験から本人は隠しているが軽い男性恐怖症。今まで家族と呼べるような存在がいなかったからか、ファミリーの事を大切に思い。少しでも力になれるように日々努力している。

 武器:ファイティングナイフ。バタフライナイフ

 備考:一人称「私」。二人称「あなた」「さん」「老若男女関係なく名字呼び捨て」。ドンに対して「ドン・ヴァレリオ」
    ウエスト地区出身で、何処の誰かも分からぬ男が娼婦に産ませた子供。両親の顔は父も母も共に知らず、後から聞いた話では母親は自分を置いて別の男と蒸発したらしい。幼少期は母親の働いていた娼館に引き取られ娼婦目的で育てられる。16歳の頃から娼婦としれ働き始め、その頃からスリや盗みも働くようになる。ドン・ヴァレリオと出会ったのは彼女が19の時、通行人の財布をすろうとしたがあえなくばれてしまい、それがドン・ヴァレリオであった。本来であればその場で殺されてもおかしくなかったのだが、彼女のどこを気に入ったのかそのまま拾われる形でファミリーに身を置くことに。
 ドン・ヴァレリオはいわば彼女の「光」であり「父」と思える存在、彼の為ならば笑顔で自身の首を掻っ切ることもいとわない。しかし逆を言えばドンやファミリーの為以外で死ぬなどまっぴらごめんであり、今まで生き抜いてきた図太さは未だ健在。リビドーを使用する気は今これからも無い(ドンに言われれば別だが)。
 もともと学ぶことが好きだった彼女はファミリーに入ってから猛勉強。その為知識は豊富な方で、ファミリー運営の雑務に役立てている様子。また人の顔と名前を覚えるのが得意、一度見た顔は忘れない。
 敬語を使うのは本当に敬意を抱いている者だけで、今の所ドン・ヴァレリオとゴットマザー、マグメルの三人のみ。
 ちなみに彼女の名前である「ロート」というのは彼女の左胸にある蓮型の痣が由来であり、ファミリーネームはもともと存在していなかったのだが、ファミリーに入る際「忠誠心」が花言葉のスミレの花を姓と名乗るようになった。
 ファミリーに入ってからマグメルの所で度々医学を習いに通っていた。その為医療知識には詳しい方。
 戦闘力は低いがそ身軽で、逃げ足は早い。

3年前 No.137

時雨 @yosigure ★dMBeY221fs_mgE

 名前変更@

 ニーツナーム ⇒ ノーネーム

 わかりやすくした。 ”名前が無い”のに様々な”名前を持っている”会社。
 大企業とか、情報屋とか、


 ●メモ●
 ・いつも穏やかでぼんやりしてるほんわか系和み男子。年いってるのに幼く見える。猫っぽい。全体的に色素が薄い感じ。
 今自分のいる現実は全て自分の見ている”夢”だと思っている。いやな事が多いこの世界は全部自分が見ている”悪夢”で、ふとした時に目が覚めるのだと信じて疑っていない。夢の中なんだから何したって構わないと思っている。だから人も平気で、殺せる。

 ・身長150p台と小さい。小さいと言うと切れる。よって禁句。小さいのに偉そうで態度がでかい。口も悪い。厚底20pの靴を履いている。主に足技を得意とする。

3年前 No.138

時雨 @kokuri69 ★dMBeY221fs_mgE


 ・素手(時々ウイルス)を使用する殺人鬼で、別名「路地裏の科学者」です。殺人時の主な服装はガスマスク、今までの殺人件数は96件。「血塗れの番人」さんと仲が悪いようです。

 ・フォーク(時々チェーンソー)を使用する殺人鬼で、別名「狂気の天使」です。殺人時の主な服装はポンチョ、今までの殺人件数は94件。「地獄のマジシャン」さんと恋人のようです。

 ・別名「狂気の通り魔」です。殺人時の主な服装はジャージ、今までの殺人件数は24件。「路地裏の幽霊」さんと殺人仲間のようです。

 ・包丁(時々空き瓶)を使用する殺人鬼で、別名「血塗れの悪魔」です。殺人時の主な服装はスーツ、今までの殺人件数は54件。「血塗れのX」さんと仲が悪いようです。

 ・爆弾(時々毒)を使用する殺人鬼で、別名「失楽園の通り魔」です。殺人時の主な服装はコック服、今までの殺人件数は42件。「失楽園の門番」さんと旧知の仲のようです。

 ・アイスピック(時々劔)を使用する殺人鬼で、別名「血塗れのリッパー」です。殺人時の主な服装は警察制服、今までの殺人件数は31件。「絶望の復讐鬼」さんと旧知の仲のようです。

 ・爆弾(時々出刃包丁)を使用する殺人鬼で、別名「奇怪なマジシャン」です。殺人時の主な服装は浴衣、今までの殺人件数は68件。「いかれた悪魔」さんと喧嘩することが多いようです。

 ・素手(時々フォーク)を使用する殺人鬼で、別名「終焉の精霊」です。殺人時の主な服装はポンチョ、今までの殺人件数は45件。「墓場のマジシャン」さんと殺人仲間のようです。

 ・呪い(時々斧)を使用する殺人鬼で、別名「路地裏のリッパー」です。殺人時の主な服装は着物、今までの殺人件数は38件。「冷酷な番人」さんと殺人仲間のようです。

 ・車(時々花瓶)を使用する殺人鬼で、別名「最悪の花婿」です。殺人時の主な服装は喪服、今までの殺人件数は95件。「異形の悪魔」さんと恋人のようです。

 ・手紙(時々出刃包丁)を使用する殺人鬼で、別名「冷酷な幽霊」です。殺人時の主な服装は浴衣、今までの殺人件数は9件。「冷酷な花婿」さんと旧知の仲のようです。

 ・鈍器(時々爆弾)を使用する殺人鬼で、別名「墓場の科学者」です。殺人時の主な服装は学校制服、今までの殺人件数は45件。「最悪の管理人」さんと家族のようです。




 あなたを殺人鬼化

2年前 No.139

時雨 @kokuri69 ★dMBeY221fs_mgE

 ・警視庁異能研究課/覚醒したばかりの異能者/髪:群青色/目:銀色/光を操る異能/力を過信しすぎている

 ・警視庁異能庶務課/異能者/髪:青/目:赤/空間移動と念動力の異能/発狂気味である

 ・警視庁異能研究課/異能者/髪:水色/目:茶色/念動力と身体の一部を変化させる異能/立場に不安を感じている

 ・過激派/異能者/髪:深緑/目:橙/パイロキネシスと血の形状を変化させる異能/最近所属した

 ・過激派幹部/異能者/髪:青緑/目:黄緑/風を操る異能と傷を癒す異能/なんとなく所属している

 ・無所属/異能者/髪:緑/目:赤/念動力と血の形状を変化させる異能/劣等感を感じている

 ・保守派/異能者/髪:水色/目:青紫/空間移動と血の形状を変化させる異能/なんとなく所属している

 ・警視庁異能庶務課で他派閥からの潜入者/異能者/髪:緑/目:群青色/未来予知/異能者を誇りに思っている

 ・警視庁異能研究課/異能者/髪:橙/目:水色/記憶を操作する異能/力が暴走する傾向にある

 ・警視庁異能捜査課/異能者/髪:銀色/目:黄色/身体能力向上と風を操る異能/選ばれた存在だと思っている


 現代異能ったー

2年前 No.140

時雨 @kokuri69 ★dMBeY221fs_mgE


 @ro_to3 ●
 @saiseisia3 ●
 @kokuchoukagerou
 @saiseisib5

 ・無所属/未覚醒者(能力は覚醒後)/髪:緑/目:赤/パイロキネシスと傷を癒す異能/思想に賛同している

 ・保守派/異能者/髪:焦げ茶色/目:橙/身体能力向上と冷気を操る異能/力を過信しすぎている

 ・警視庁異能庶務課/異能者/髪:青/目:銀色/パイロキネシスと重力を操る異能/選ばれた存在だと思っている

 ・無所属/未覚醒者(能力は覚醒後)/髪:赤紫/目:黄緑/水を操る異能/選ばれた存在だと思っている

 ・保守派/異能者/髪:青緑/目:紫/電気と影を操る異能/思想に賛同している

 ・過激派/覚醒したばかりの異能者/髪:茶色/目:緑/光と影を操る異能/思想に賛同している

 ・中立派/異能者/髪:灰色/目:茶色/念動力と空間移動が使える異能/異能を役立てようとしている

 ・保守派/異能者/髪:銀色/目:亜麻色/身体能力向上と念動力/疎ましく思っている

 ・警視庁異能捜査課で他派閥からの潜入者/覚醒したばかりの異能者/髪:赤/目:桃色/念動力と傷を癒す異能/力を過信しすぎている

 ・中立派/覚醒したばかりの異能者/髪:黒/目:群青色/記憶を操作する異能/狂信的である

 ・過激派幹部/覚醒したばかりの異能者/髪:群青色/目:茶色/パイロキネシスと無から物質精製する異能/なんとなく所属している

 ・過激派幹部/覚醒したばかりの異能者/髪:金色/目:青/風と重力を操る異能/疎ましく思っている

 ・過激派/異能者/髪:深緑/目:黒/重力を操る異能/異能者を誇りに思っている

 ・保守派/覚醒したばかりの異能者/髪:水色/目:銀色/冷気を操る異能と傷を癒す異能/力が暴走する傾向にある

 ・中立派/未覚醒者(能力は覚醒後)/髪:深緑/目:亜麻色/念動力と音を操る異能/異能を隠している

 ・保守派/異能者/髪:亜麻色/目:金色/パイロキネシスと血の形状を変化させる異能/劣等感を感じている

 ・警視庁異能庶務課/異能者/髪:青/目:朱色/影と水を操る異能/異能者を誇りに思っている

 ・過激派/異能者/髪:深緑/目:灰色/風を操る異能と傷を癒す異能/特に現状に不満はない

 ・警視庁異能捜査課/異能者/髪:水色/目:群青色/重力を操る異能/劣等感を感じている

 ・過激派/覚醒したばかりの異能者/髪:深緑/目:緑/パイロキネシスと冷気を操る異能/選ばれた存在だと思っている

 ・中立派/覚醒したばかりの異能者/髪:青紫/目:金色/未来予知/発狂気味である

 ・警視庁異能庶務課/異能者/髪:水色/目:黄色/身体能力を向上させる異能/力が暴走する傾向にある

 ・中立派/異能者/髪:焦げ茶色/目:朱色/傷を癒す異能/野心を抱いている

 ・無所属/異能者/髪:黒/目:黄色/光を操る異能と傷を癒す異能/狂信的である

 ・保守派/異能者/髪:朱色/目:亜麻色/身体能力向上と幻覚を見せる異能/なんとなく所属している

 ・保守派/未覚醒者(能力は覚醒後)/髪:青/目:青紫/重力を操る異能と傷を癒す異能/思想に疑問を抱いている

 ・中立派/異能者/髪:橙/目:赤/傷を癒す異能と水を操る異能/異能を役立てようとしている

 ・中立派/未覚醒者(能力は覚醒後)/髪:赤/目:金色/空間移動と冷気を操る異能/異能を隠している

 ・中立派/覚醒したばかりの異能者/髪:焦げ茶色/目:黄緑/風と重力を操る異能/立場に不安を感じている

2年前 No.141

時雨 @kokuri69 ★dMBeY221fs_mgE

 ・くろえ 黒江

 ・しいな 椎名

 ・みこと 神子戸

 ・よしき 好木

 ・うい 初

 ・いるる 容

 ・きのと 乙

 ・ぬい 縫

 ・百目鬼 どうめき

 ・合野口 あいのぐち

 ・間 あいだ→はざま

 ・的 いくわ

 ・朴 えのもと→ぼく

 ・拝 おがみ

 ・二 したなが

 ・篁 たかむら

 ・八色 やいろ

 ・遊塚 ゆうづか

 ・弓場 ゆうば

 ・幻夢桜 ゆめざくら

 ・吉子神 よしこがみ




2年前 No.142

時雨 @kokuri69 ★dMBeY221fs_mgE

 《何時か作りたいキャラ案》

 ・【時間に煩い男】
   何時もストップウォッチ、時計、タイマーを首からぶら下げてる。時間にすごく細かい。「〇分」と宣言すると必ずその時間内に事を終わらすところが特徴。

 ・常ににこにこしてる裏の読めない時計や兼情報屋。

2年前 No.143

時雨 @kokuri69 ★Android=L9qgcrv8b1

竹井正治 たけいまさはる
伝説の刑事

2年前 No.144

時雨 @kokuri69 ★dMBeY221fs_mgE

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

2年前 No.145

時雨 @kokuri69 ★dMBeY221fs_mgE

 【ノーネームとの関係性】


 ・×マリーノ(リラ)

 *並列世界。
  もう一つの世界、もう一つの未来では組は崩壊せず、両親も生きていたのではないか?それを考えている。
  (ぶっちゃけると、父が生きている並列世界にリラが行って、父に「俺は俺でいいのか」と聞く。父は「それを答えるのは俺じゃない」と言って、リラは満足そうに少しだけ微笑んで「それもそうだ」といい元の世界に戻る。という場面を何時か描きたいからなだけ。父の言葉の意味は「お前がお前でいいのかは俺が判断するのではなくお前の周りで生きてきた奴らが決める事だ」でリラの周り、マリーノの皆や他の組の皆はリラを受け入れてくれている。だからリラは言葉にしなくてもわかった、「俺でいいのだ」だからリラは笑ったんだ。(加えてこの時の笑顔が今までで一番感情的なそれだったらなお美味しい。))


 ・×ドーン(タンタル)

 *明けない夜。
  その世界は夜が明けない、しかしそのことを不思議がる者はいない。何故ならそのことを忘れていっているからだ。そのことに気が付いたタンタルは、その謎について、夜明けを取り戻すために独自に研究を始める。(タンタルの祖父もその異変に気が付いており、研究していた(現在は故人)ジャックもノーと会っているのだが、あいつは能天気なので特に気にしていない。)

2年前 No.146

時雨 @kokuri69 ★dMBeY221fs_mgE

 【ここの使用方法まとめ(あくまで今の所)】


 ・共同創作の小説→森3

 ・自己創作専用垢【https://twitter.com/】の創作まとめ→雲1

 ・創作関係資料やらなにか→火1

 ・その他→泉3


 こんな感じに種類ごとに色変えます。

2年前 No.147

時雨 @kokuri69 ★dMBeY221fs_mgE

・現 結城は警視庁異能捜査課/異能者/髪:水色/目:黄緑/身体の一部を変化させる異能/異能を役立てようとしている
・裏々城 矢暮は中立派/異能者/髪:白/目:金色/身体変化と冷気を操る異能/異能を隠している
・東雲は過激派/異能者/髪:青/目:水色/重力を操る異能/狂信的である
・井染 龍之助は中立派/覚醒したばかりの異能者/髪:黒/目:橙/血液変化と熱を操る異能/なんとなく所属している
・砂神 音姫は過激派/異能者/髪:黒/目:黒/パイロキネシス/異能を隠している
・コマ子は中立派/覚醒したばかりの異能者/髪:黒/目:群青色/記憶を操作する異能/狂信的である
・彩藤 しずくは保守派/異能者/髪:青緑/目:紫/電気と影を操る異能/思想に賛同している

2年前 No.148

時雨 @kokuri69 ★dMBeY221fs_mgE

 名前:喜連川 有将(きつれがわ ありまさ)
 年齢:19歳
 性別:男

 「バラ(解体)せろや」
 「あん?めんどくせーんだよ鬱陶しい…」
 「…別に人肉食う訳じゃねェよ、身内が食人だっただけだ」

 一人称:俺
 二人称:お前、アンタ、テメェ。名前呼び捨て。

 罪状:殺人、死体損壊。

 好き:解体すること。動物。麺類。母
 嫌い:牛乳。わさび

 人体を解体することが大好きな変質者。口も悪いし態度も悪い。
 母子家庭で育ち母は食人鬼だった、本人は生まれてからそういう環境だったのでもともと人殺しへの罪意識が薄い(というかほとんどない)。
 母の為に人を殺し解体しては食料として持ち帰っていたが、数か月前に母が病死。それからは自分の欲望のまま人を殺していた。殺してバラバラにした死体はその場に放置するためすぐニュースとなり、犯行現場を見られ現行犯逮捕となる。
一応は学校に通っていたが友達もできず、本人も人が嫌いというか興味が無いため人付き合いが苦手。
人に出会うと持っている肉切包丁で切りかかろうとするので要注意。細い人には「肉付けて出直してこい」とか言うのでかなり自分勝手で失礼。
母は食人鬼であったが有将本人は人肉は食べられない、口にしてもすぐ吐き出してしまう。
マザコン。


 名前:百目鬼 機々(どうめき きき)
 年齢:16歳
 性別:女

 「―――全部ふっとんじゃえ」
 「だって、花が咲いたみたいで綺麗じゃないか!」
 「

2年前 No.149

時雨 @kokuri69 ★dMBeY221fs_mgE

常海「揚げずに唐揚げを英語で先に言えたほうが食べれる」
終「……は?」
常海「せーのっ」
終「えっ?…えっと…」
常海「Fry without coating without deep-frying」
終「!?」

終「トランプのババ抜きをしたら
ビリになった常海さんが
「私が弱いんじゃーないもん…ちょーっと君たちの日頃の行いがよかっただーけ」
って珍しい捨て台詞を言っていました」

天の声:────力が欲しいか
愛忌:別に────
天の声:────力が欲しいのならば
愛忌:いや別に────

終:昔、「はたしじょう」と書いてある手紙を妹にもらった。開いたら「お兄ちゃんだいすき」と書いてあった。私は恥ずかしいのと嬉しいのがごっちゃになって「しょうぶだー!」と叫びながら妹を抱きしめた。

千琉:死んだ野良猫を埋めてたら愛忌さんが通りかかった。
愛忌「何してるんじゃ?」
千琉「猫のお墓を作ってるの」
愛忌「そうか」
次の日、その場所には綺麗な花が供えてあった。優しいんですね。

常海「姫城くん、人がお茶飲んでるときに龍が如くやってる愛忌くんに向かって「これがどうぶつの森ですか?」って聞くのやめてください」

愛忌「終が持っとった知恵の輪を全部解いて、全部一緒くたに混ぜるっちゅう地味な嫌がらせをしたんじゃが、それを目の前で二分程度で解かれるという神業を披露された。心の底から悔しかったんじゃが、口から咄嗟に出た言葉は「コツを教えろ!!!」じゃった。悔しい」

愛忌「『明日地球が滅びればいいのになあ』なんて待ちの姿勢でいるからダメなんじゃ。こっちから滅ぼしていかんと」

常海「「これツイートしたら角が立つだろうな、でも言いたいな……」と思った批判や意見は、最後に「って姫城くんが言ってた」ってひと言付ければ問題ないって姫城くんが言ってた」

終「常海さんが神妙な面持ちで「ねー、姫城くん……」と言ってきた。心配して「どうしたんです?」と聞いたら私の耳元で「ハッピーライフ…ハッピーホーム…」と囁いたので、「タマホーム…?」と囁き返すと親指をグッと立てて去っていった」

終:この間、常海さんが庭の花壇の前でうなだれていた。私「どうした?」常海「芽が出ないの……」私「ここに何か植えたのか?」常海「うん」私「いつ植えたんだ?」常海「お正月……」私「何を植えた?」常海「アイスの実…」

「小さい頃、俺をよく思ってないガキの集団がいて、ある日俺の眼鏡を踏み割って『冗談だよ!冗談!』と笑ってた。すると終の奴が無言でそいつらの一人の胸ぐらを掴んで全力でゴミ箱にぶちこんだ後、『冗談だ。笑え』と言ってのけた。その光景が未だに記憶に刻み込まれてる(友人談)」

終「小さい頃急に眠くなったので自室のフローリングのところで寝て起きたら、私の周りが白線で囲まれて事件現場になっていた。花まで供えられていた。例え室内でもその辺りで寝たらダメだと思った。犯人は妹だった」

終:水族館にて。
常海「あの魚何?」
愛忌「アレは鯵じゃ。刺身でよし焼いてよし」
常海あれは?」
愛忌「あれは鯨。刺身にしたり竜田揚げにしたりするのぉ」
常海「あれは?」
愛忌「イルカ。味噌煮にすると美味い」
常海「あれは?」
愛忌「食えんやつじゃ」
徳美「あれは?」
愛忌「食えん」
色々突っ込みたいのですが取り敢えず子供が怯えた目をしてみているのでやめなさい二人とも。

2年前 No.150

時雨 @kokuri69 ★dMBeY221fs_mgE

カーネ「小さい頃、俺をよく思ってないガキの集団がいて、ある日俺の眼鏡を踏み割って『冗談だよ!冗談!』と笑ってた。するとリラの奴が無言でそいつらの一人の胸ぐらを掴んで全力でゴミ箱にぶちこんだ後、『冗談だ。笑え』と言ってのけた。その光景が未だに記憶に刻み込まれてる」

カーネ「確かに…俺は言った…ブルーレットは置くだけ…と…!だがしかし…まさかの…未開封…ッ!読め…読めよ外箱の説明を…ッ!お前が思ってる程…この世界は…お前に都合よく…出来てはいない…ッ!水は変わらず…透明のままだ…ッ!」

カーネ「痛かったら右手を挙げろよ」拷問相手「ン"ン"ン"!!!!」(右手を挙げる) カーネ「イエ〜〜〜イ!!!!!!」(相手の右手にハイタッチ)拷問相手「ン"ン"ン"!!!!」(右手を挙げる)カーネ「イエ〜〜〜イ!!!!!!」(相手の右手にハイタッチ)

カーネ「痛っ…くないね。全然痛くない。見た目ほど痛くない。でもちょっと用あるし帰るわ」
リラ「おい待て」

ターク「シルバニアファミリーと言うマフィアがいるらしい」

ターク:誰か助けて。 今夜私の部屋で「ラピュタ初見の会」を勝手に開催されてもう大騒ぎ。 彼等のテンションが上がり続けたらノーチェさんがが来る。 絶対来る。 とりあえず一番叫んでるマリーノ >>2 を張り倒してくる。

リラ:タークに「…のど飴持ってないか?」と聞いたら「のど飴的なものなら」と甘栗を渡された。のど飴的か…?

カーネ「さっきランニングしてたら突然歩道の方からオヤジが手をあげだして、脊髄反射で思わずハイタッチしちまった。多分あのオヤジは俺の後ろを走っていたタクシーを呼び止めたかったんだと思う。もう二度とあのオヤジに会うことはないだろうけど今超恥ずかしい」

ターク「『いちご狩りの季節ですねー』って言おうとしたらなぜか、刀狩りの季節ですねー、と言ってしまい、あだ名がしばらく秀吉になった」

ノーチェ「ゴキブリのことアリエッティって呼ぶようになってからは毎日がジブリです」

カーネ「こんなことやって将来何の役に立つんだ!」
リラ「こんなことも出来ないお前は将来何の役に立つんだ?」

ノーチェ「ボスから来たメールで『形態変えました』とラスボスアピールされた」


カーネ「こないださー、こんな感じになったんだよ」
俺…○
他の組の奴…●

 ○ ○ ○
 ○● ○
  ○○○
 ○ ○ ○
カーネ「マジで死ぬかと思った。」
リラ「お前一体何人いるんだ」

リラ「カーネから留守電が入ってて、何の用かと思って再生した。そしたら
『保存されたメッセージは 一件です』
「うぉぉぉおおおおおおおおおあああ!!」
『メッセージは 以上です』
要 件 は な ん だ 」

カーネ「リラからの初メール。
『タイトル:これでいいのか
本文:本当にこれでいいのか』」

カーネ「リラから、ノートPCを水で洗ったら起動しなくなった、と言う斬新な障害の連絡を受けている」

:『NO MUSIC NO LIFE』って書いてあるTシャツを着たフィンクスがヘッドフォン外したから、あいつそろそろ死ぬな


2年前 No.151

時雨 @kokuri69 ★dMBeY221fs_mgE

 #フォロワーさんからイメージもらって自分を刀剣男子化する  より

 緑目
 室町時代生まれの脇差
 おっとり優しい性格
 どっかにお花付いてる
 生き物に優しくて笑顔が素敵
 黒髪
 マント羽織ってる
 家紋の刺青
 手が大きめで暖かい雰囲気がする
 スーツ風

 https://twitter.com/saiseisia4/status/581850246390636544
https://twitter.com/saiseisia4/status/582404395880427520


 テスト投稿なう

2年前 No.152

時雨 @kokuri69 ★dMBeY221fs_mgE

 #フォロワーさんからイメージもらって自分を刀剣男子化する

 名前:夕切政光(ゆうぎりまさみつ)
 一人称:普段は「俺」 シリアスな時とか真面目に怒った時は「私」
     「審神者」→主殿。 「刀剣男子」→「呼び捨て」「〜殿」 その他三人称は「君」敵相手でも多分「君」

 性格:おっとりまったりぽわぽわしてる優しくて動じない、笑顔でいる方が多くて癒し系お兄さんタイプ。花とか蝶と戯れていそうな雰囲気を持ち、農作業にも積極的。髪についている花は道端に咲いていたものをつけている。あったかい雰囲気で子供が好き、大きな手でよく短刀たちの頭をわしゃわしゃしている。
 基本的に穏やかで滅多に怒らない。怒ると怖い、すごく怖い。目が笑ってない。
 生き物全てに好かれそう。
 戦いは嫌いじゃないし、不得意でもない。そんなやつ。
 内番の服装は多分袴。家紋の刺青は背中。

 詳細:本来は室町時代以前につくられた太刀だったが、その後一度破壊され大脇差に打ち直された。彼のおっとりとした性格は応永年間に作られた刀だから。太刀だった頃の記憶は残っているが、朧気であるらしい。応永備前の脇差である為姿が美しいが、有名な武将の手に渡ることは無く様々な無名の武士の手に渡り数多くの戦を経験している。その際に夕焼けの光を返し煌めく姿が夕日を切っているようだと今の名である「夕切政光」よ呼ばれるようになる。しかし、政光の持ち主は本差を破損し脇差である政光を使用する事が多く、皆短い内に命を落としていった。そのことから「夕切政光を手にすると命を落とす」という風潮が広まっていき、とうとう江戸時代前のある戦でそのまま戦場の置き捨てられた。しかし見た目は美しいので夜盗に拾われ商人に売られる。その後はまた色々な商人の手を転々としていき、落ち着いたのがある骨董好きの蔵の中だった。そこには政光以外にも短刀が複数おり、その影響でか子供好きである。強運というか悪運が強いというか、破壊され脇差に打ち直された後はどんな戦に出ても空襲にあっても震災にあっても折れることも焼けることも紛失することもなかった。
見た目は美しいが大した逸話も有名な偉人の刀であったことも無い為、本人は自身のことを「そこらへんのなまくらと変わらない」と思っているし言っている。自分の主が次々と命を落としていったことも含めてそう思っている。性格はまったりのんびりだが戦に長く身を置いていたので意外と好戦的である。
基本的に近所の優しいお兄さん。


https://twitter.com/saiseisia4/status/582404395880427520

2年前 No.153

時雨 @kokuri69 ★dMBeY221fs_mgE

 【セリフ一覧】
 ログイン(読み込み中):「えーっと?…と、う、ら、ぶ?」

 ログイン(読み込み完了) :「刀剣乱舞、始まりまるよー」

 ログイン(ゲームスタート):「さあて、今日もがんばりますか」

 入手:「初めまして、俺は夕切政光。元太刀の大脇差だよ。まあ、これからよろしくね」

 本丸:「まあまあまあ…空でも見て落ち着こうよ」
    「んー…戦は、嫌いでもないし不得手でもない、とだけ言っておこうか。……いい思い出は無いけどね」
    「ははは、可愛いなぁ」

 本丸(放置):「主殿。あるじどのー?……あれ、寝てるのかい?風邪ひくよー?」

 本丸(負傷時):「ははは、かたじけない」

 結成(隊長):「俺が、隊長かい?……うん、がんばるよ」

 結成(入替)「ははは、それじゃあ暴れてこようか」

 装備:「へえ…綺麗なもんだね…」
    「えーっと……ごめん、これはどうすればいいのかな?」
    「わあ…ありがとう。大事にするよ」

 出陣:「戦かい?……まかせて」

 資源発見:「お花じゃないけどいいもの見つけたよー」

 ボス到達:「さあて、ここからが本番だ」

 索敵:「状況を教えてもらってもいいかい?まずは相手を知らないと」

 開戦(出陣):「押して参る」

 開戦(演練) :「後で後悔しても知らないよ?」

 攻撃:「ぬるい」
    「はっ…!」

 会心の一撃:「そろそろ終わりとしようか…!」

 軽傷:「……っ…」
    「あいたたた」

 中傷/重傷:「……ははは…ちょっと、参ったな…」

 真剣必殺:「見納めに。夕日なんかはどうだい!」

 一騎打ち:「一騎打ち…ねえ?………さてはて、砕け散るのは私か君か」

 勝利MVP :「やっぱり私は、悪運が強いみたいだ」

 ランクアップ:「これで少しは主を守れるようになるかな?」

 任務(完了時):「任務、終わったよ」

 内番(馬当番):「わぁ。やっぱり大きいねー」

 内番(馬当番終了):「馬と友達になってきたよ」

 内番(畑当番):「お、畑仕事かい…!まかせてくれよ」

 内番(畑当番終了):「いやぁやっぱりいいもんだねー。豊作になるといいなぁ」

 内番(手合せ):「手合せかい?お手柔らかに」

 内番(手合せ終了):「ははは、いい汗かいた!」

 遠征:「ちょっと行ってきます」

 遠征帰還(隊長):「ただいまー」

 遠征帰還(近侍):「おや、遠征部隊が帰って来たみたいだよ」

 鍛刀:「あ!新しい子だよ…!」

 刀装:「はい、これ」

 手入(軽傷以下):「ちょっと転んじゃって…」

 手入(中傷以上):「流石に転んだっていうのは…ははは、すぐ嘘だってばれちゃうよね」

 連結:「どう?少しは強くなったかな?」

 戦績:「戦績拝見させてもらうよ」

 万屋:「お店?…買い手として行くのはなんだか新鮮だな…」

 破壊:「ははは、やっぱり……慣れないなぁ」


 【刀剣ステータス】

 生存 35  打撃 28
 統率 26  機動 33
 衝力 25  範囲 狭
 必殺 49  偵察 38
 隠蔽 35 スロット   2
 特   23

2年前 No.154

時雨 @kokuri69 ★dMBeY221fs_mgE


 【図鑑説明】

 夕切政光というんだ。「夕日を切った刀」…なんて大層な名前をもらってるけど、そこらへんのなまくらと何ら変わらない。……主一人守れなきゃ、なんにもならないものね。


2年前 No.155

時雨 @kokuri69 ★dMBeY221fs_mgE

 #フォロワーさんからイメージもらって自分を刀剣男子化する

 名前:夕切政光(ゆうぎりまさみつ)
 一人称:普段は「俺」 シリアスな時とか真面目に怒った時は「私」
     「審神者」→主殿。 「刀剣男子」→「呼び捨て」「〜殿」 その他三人称は「君」敵相手でも多分「君」

 性格:おっとりまったりぽわぽわしてる優しくて動じない、笑顔でいる方が多くて癒し系お兄さんタイプ。花とか蝶と戯れていそうな雰囲気を持ち、農作業にも積極的。髪についている花は道端に咲いていたものをつけている。あったかい雰囲気で子供が好き、大きな手でよく短刀たちの頭をわしゃわしゃしている。
 基本的に穏やかで滅多に怒らない。怒ると怖い、すごく怖い。目が笑ってない。
 生き物全てに好かれそう。
 戦いは嫌いじゃないし、不得意でもない。そんなやつ。
 内番の服装は多分袴。家紋の刺青は背中。

 詳細:本来は室町時代以前につくられた太刀だったが、その後一度破壊され大脇差に打ち直された。彼のおっとりとした性格は応永年間に作られた刀だから。太刀だった頃の記憶は残っているが、朧気であるらしい。応永備前の脇差である為姿が美しいが、有名な武将の手に渡ることは無く様々な無名の武士の手に渡り数多くの戦を経験している。その際に夕焼けの光を返し煌めく姿が夕日を切っているようだと今の名である「夕切政光」よ呼ばれるようになる。しかし、政光の持ち主は本差を破損し脇差である政光を使用する事が多く、皆短い内に命を落としていった。そのことから「夕切政光を手にすると命を落とす」という風潮が広まっていき、とうとう江戸時代前のある戦でそのまま戦場の置き捨てられた。しかし見た目は美しいので夜盗に拾われ商人に売られる。その後はまた色々な商人の手を転々としていき、落ち着いたのがある骨董好きの蔵の中だった。そこには政光以外にも短刀が複数おり、その影響でか子供好きである。強運というか悪運が強いというか、破壊され脇差に打ち直された後はどんな戦に出ても空襲にあっても震災にあっても折れることも焼けることも紛失することもなかった。
見た目は美しいが大した逸話も有名な偉人の刀であったことも無い為、本人は自身のことを「そこらへんのなまくらと変わらない」と思っているし言っている。自分の主が次々と命を落としていったことも含めてそう思っている。性格はまったりのんびりだが戦に長く身を置いていたので意外と好戦的である。
基本的に近所の優しいお兄さん。

  【セリフ一覧】
 ログイン(読み込み中):「えーっと?…と、う、ら、ぶ?」
 ログイン(読み込み完了) :「刀剣乱舞、始まりまるよー」
 ログイン(ゲームスタート):「さあて、今日もがんばりますか」

 入手:「初めまして、俺は夕切政光。元太刀の大脇差だよ。まあ、これからよろしくね」

 本丸:「まあまあまあ…空でも見て落ち着こうよ」
    「んー…戦は、嫌いでもないし不得手でもない、とだけ言っておこうか。……いい思い出は無いけどね」
    「ははは、可愛いなぁ」
 本丸(放置):「主殿。あるじどのー?……あれ、寝てるのかい?風邪ひくよー?」
 本丸(負傷時):「ははは、かたじけない」

 結成(隊長):「俺が、隊長かい?……うん、がんばるよ」
 結成(入替):「ははは、それじゃあ暴れてこようか」
 装備:「へえ…綺麗なもんだね…」
    「えーっと……ごめん、これはどうすればいいのかな?」
    「わあ…ありがとう。大事にするよ」

 出陣:「戦かい?……まかせて」
 資源発見:「お花じゃないけどいいもの見つけたよー」

 ボス到達:「さあて、ここからが本番だ」

 索敵:「状況を教えてもらってもいいかい?まずは相手を知らないと」

 開戦(出陣):「押して参る」
 開戦(演練) :「後で後悔しても知らないよ?」

 攻撃:「ぬるい」
    「はっ…!」

 会心の一撃:「そろそろ終わりとしようか…!」

 軽傷:「……っ…」
    「あいたたた」
 中傷/重傷:「……ははは…ちょっと、参ったな…」

 真剣必殺:「見納めに。夕日なんかはどうだい!」

 一騎打ち:「一騎打ち…ねえ?………さてはて、砕け散るのは俺か君か」

 勝利MVP :「やっぱり私は、悪運が強いみたいだ」
 ランクアップ:「これで少しは主を守れるようになるかな?」

 任務(完了時):「任務、終わったよ」

 内番(馬当番):「わぁ。やっぱり大きいねー」
 内番(馬当番終了):「馬と友達になってきたよ」
 内番(畑当番):「お、畑仕事かい…!まかせてくれよ」
 内番(畑当番終了):「いやぁやっぱりいいもんだねー。豊作になるといいなぁ」
 内番(手合せ):「手合せかい?お手柔らかに」
 内番(手合せ終了):「ははは、いい汗かいた!」

 遠征:「ちょっと行ってきます」
 遠征帰還(隊長):「ただいまー」
 遠征帰還(近侍):「おや、遠征部隊が帰って来たみたいだよ」

 鍛刀:「あ!新しい子だよ…!」
 刀装:「はい、これ」

 手入(軽傷以下):「ちょっと転んじゃって…」
 手入(中傷以上):「流石に転んだっていうのは…ははは、すぐ嘘だってばれちゃうよね」

 連結:「どう?少しは強くなったかな?」
 戦績:「戦績拝見させてもらうよ」

 万屋:「お店?…買い手として行くのはなんだか新鮮だな…」

 破壊:「ははは、やっぱり……慣れないなぁ」


 【刀剣ステータス】

 生存 35  打撃 28
 統率 26  機動 33
 衝力 25  範囲 狭
 必殺 49  偵察 38
 隠蔽 35 スロット   2
 特   23

 【図鑑説明】

 夕切政光というんだ。「夕日を切った刀」…なんて大層な名前をもらってるけど、そこらへんのなまくらと何ら変わらない。……主一人守れなきゃ、なんにもならないものね。


 https://twitter.com/saiseisia4/status/582404395880427520

2年前 No.156

時雨 ★EBxS5tQuZE_nHx

「All the world’s a stage.」


意味:世界はすべてお芝居だ。

「up to you.」


意味:まあ、君次第だね

「Sky is the limit.」


意味:「限界は空の高さ」つまり「限界なんて無いものさ!」


「Cool running!」


意味:良い旅を!


「I’ll see you when I see you.」


意味:次にあうときにまた会いましょう
約束はしていないけれど、「そのうちに会おうね」のように使う場合があります。

1年前 No.157

時雨 ★EBxS5tQuZE_nHx

 【雨音の今】

 妖交じりの狐の長がいるらしい。
 そんな噂が、ある時からささやかれるようになった。
 なんでも、昔全滅したある妖狐の一族の生き残りが、百鬼夜行をつくったというのだ。
 母が半妖、父が人間。だから子供は四分の一だけ妖の血を持っている。そんな少年が青年となって、一角の頭領になったのだという。
 噂だけ聞いたものはたかが妖交じりと鼻で笑うが、彼自身を見てきたものはみなこう口を開く。

 「あの目は紛れもなく新羅と同じそれであった」

 と、彼にかつての大妖を重ねるのだ。


 ***

 「ほら、もう迷子になんなよー」

 半泣きの子供が母親めがけて駆けていくのをほほえましく見ながら、そう声をかけた男は踵を返した。
 煙管を片手にふらりふらりと歩くのはかつて幼い少年であった狐貉狸雨音。異能者集団にいたあの時から10年がたち、彼はすっかり大人の姿となっていた。
 かつてのラフなパーカーは漆黒の着流しに代わり、まだ幼さの残っていた顔立ちは、笑顔を浮かべればかすかにうかがえる程度になっている。
 あの後、異能者集団を出た雨音は日本を巡る旅に出ていた。そこで様々な人々に、様々な妖と出会ったのだ。
 それが、今の彼の仲間。今の彼の百鬼夜行である。
 もちろん今でも異能者集団のメンバーとの交流はある、時折アジトへと足を運ぶこともある。
 今も鮮明に思い出すことのできる、かけがえのない思い出たちだ。
 雨音は久しぶりに思い返したあの頃の日々に微笑みかけながら、今の日々へと足を運ぶ。
 自分を慕う声を聴きながら、雨音は羽織を翻す。

 その背中は、広く大きかった。


1年前 No.158

時雨 ★iPhone=mb75qtjyVb

「夏に声張る」
「素知らぬ隣人」
「地下50階まで」
「砂丘の果より郵便です」
「拝啓。木漏れ日の降る家」
「聞かぬが花 百聞は一見にしかず そして地獄を見間違う」

「三千世界の鴉を殺し」
「死なばもろとも」
「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿はゆりの花」
「ちぢにものこそ」
「影のさやけさ」

1年前 No.159

時雨 ★EBxS5tQuZE_yFt

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

4ヶ月前 No.160
ページ: 1 2 3

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる