Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(3) >>
★この記事には「性的な内容」「ショッキングな内容」が含まれます。もし記事に問題がある場合は違反報告してください。

溺死のレッスン

 ( 書き捨て!小説 )
- アクセス(66) - いいね!(1)

産業廃棄物 @der2um ★Android=RCmA58owE1

 君を殺したその瞬間から、俺たちはこのエンゲージリングを洗い落とすことができる。

 俺たちは死にながら笑うんだ。
 事の終わりを祝うんだぜ。









 承認欲求を満たすために出戻りました。拍手大好き、いっぱい押してください。

メモ2019/09/15 23:23 : 産業廃棄物 @der2um★Android-RCmA58owE1

>>0はマイ・ケミカル・ロマンスのDrowning Lessonsの和訳から。マイケミ最高なのでぜひ聴いてください。こちらからは以上です。

ページ: 1

 
 

産業廃棄物 @der2um ★Android=RCmA58owE1

(あ、あのお客さんまた来てる)

 商業施設に併設された映画館。上映作品の本数は少なく、お世辞にも儲かっているとは言えないこの劇場にとある客がやって来るようになったのはいつだっただろう。

 金曜のレイトショー。五番スクリーン。上映されるのは高校生同士の甘酸っぱいラブストーリー。
 モデル上がりの俳優の初主演作品だというこの映画は大々的にプロモーションが行われたが、その前評判を裏切り盛大にコケた。なんでも主演俳優の演技がお粗末なものらしく、作品自体もチープな仕上がりになっているそうだ。

 反対に主題歌だけは密かに注目を浴びているらしい。
 歌っているのはインディーズの若手バンドで、この曲をきっかけにじわじわと人気が出始めているようだった。


 始めこそ客が途切れなかったこの作品も、公開から二週間も経てば空席が目立つようになった。この時期になって観に来るのは俳優目当ての若い女性客やカップルばかり。

 その中に紛れるようにしてチケットを渡してくるのは、青臭い恋愛映画とは不釣り合いな若い男だ。
 ただでさえ客層的に目立つというのに、この男は目を惹く容姿をしていた。そんな客が毎週、同じ時間に、同じ映画を観に来ている。覚えない訳がなかった。

「あ、お兄さん今日もシフト入ってんの?えらいねぇ、飴ちゃんあげる」
「あざす」
「どういたしまして。休憩の時間にでも食ってね」

 向こうも毎度チケットを切る俺のことを覚えているらしく、最近はこうして話しかけてくるようになった。
 軽く頭を下げながらコーラ味の飴を受け取った俺に、男は人好きしそうな笑みを浮かべる。ちらりと視線をやると、男の左手には売店のコーラが握られていた。好きなんだろうか、コーラ。

「好きなんですか?」
「ああ、この映画?別にそんなにだよ」

 コーラは好きかと聞いたつもりだったが、返ってきたのは映画についての答え。それでも興味深いことには変わりない。

「そんなになのに毎週観に来てるんすね。でも、さすがに飽きるんじゃないです?」
「うーん、正直言うと映画の内容知らないんだよね」
「へ?」
「上映中は寝てるからさ」

 あはは、と首をかく男に驚きを隠せない。
 まさか毎週寝るためだけに映画を観に来ているのだろうか。決して安いとは言えない金を払ってまで?

「いや、あの、何のために映画館来てるんすか…………」
「……この映画の、エンドロールが好きなんだよね」

 いい歌だよ、あれ。聞いてる方がこっ恥ずかしくなるような歌詞だけど。

「ラブソングは嫌いだったんだけどね」

 そう言って、目尻を柔らかくした男の顔が何故だか恋でもしているように見えて、やたらと脳に焼き付いた。




 次の日、例の映画を観た。
 口コミ通り糞みたいな作品だったけど、エンドロールだけは少し泣けた。

1ヶ月前 No.1

削除済み @der2um ★Android=RCmA58owE1

【記事主より削除】 ( 2019/10/06 18:42 )

16日前 No.2

産業廃棄物 @der2um ★Android=RCmA58owE1

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

16日前 No.3
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる