Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
ページ: 1


 
 
ゴミ小説No.11 だけを表示しています。

魔人ムシン @majinmusin ★Android=zZdgF3cyKK

「ここから先に何があるの?」

イリュージョンは聞いた。

「ここから先はね…」

人のいいミノタウロスは言った。

「ここから先は過去の記憶だから、」

するとイリュージョンを突然【闇】が包み込む、

ミノタウロスはそれを見た。

「僕も一緒に行ってあげるよ、ぼく、へ□たいだけど優しいミノタウロスなんだ」

そうして二人は進んでいった。

闇を奥へ奥へと行くと、急にまた扉があった。

イリュージョンがそれを開けた、そこには!

そこには巨大な町が有った。

駄菓子屋に学校、市役所に林や森まで、何でもある、とても幻想的な町だった。

「ミノタウロスちゃん、ここは?」

ミノタウロスは悲しそうにして、目をそらした。

イリュージョンは楽しそうに町で遊ぶ、

花を積み、お菓子を買い、食べた。

「でも此処は過去の記憶だから…」

イリュージョンがミノタウロスに聞く、

「え?あなたここが昔の暗黒世界だっていうの?」

イリュージョンは悲しくなって泣いた。

すると男の人がやってきた。

モクだった。

2019/03/16 01:57 No.11

ゴミ小説No.11 だけを表示しています。
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる