Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
ページ: 1


 
 
ゴミ小説No.10 だけを表示しています。

魔人ムシン @majinmusin ★Android=zZdgF3cyKK

「私は魔法も剣も使えないから、どうすれば…」

走っているとイリュージョンは巨大な雄のミノタウロスに、出会った。

「おんな?女とは何年ぶりだ」

その厭らしい目付きにイリュージョンは飛び蹴りをかました。

「でやぁ!」

ミノタウロスは意外と小心者でその場に突っ伏した。

「おじょうちゃん、ここから先は行かないほうがいいよ」

ミノタウロスが言った。

2019/03/16 01:47 No.10

ゴミ小説No.10 だけを表示しています。
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる