Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(9) >>

気まぐれ

 ( 書き捨て!小説 )
- アクセス(118) - いいね!(1)

KRKK @k021211 ★3DS=Zj4MvzRYvQ

この間書いてたんだけど、思い付かなくて飽きたから書き捨てとかしようと思った。
ツイッターとかしてたら投稿してみたかった

メモ2018/11/16 23:20 : KRKK @k021211★3DS-Zj4MvzRYvQ

>>1>>6

展開早すぎた…少し遅くてもいいかも。


1話のみ

>>7

>>8

>>9

関連リンク: 雑談部屋3号室 
ページ: 1


 
 

KRKK @k021211 ★3DS=Zj4MvzRYvQ

【私を見てよ】
いつもそんなことを思いながら君を見てた。
君はバレーしてて、1年にして強豪チームのレギュラー。
昔は頻繁に遊んだけど、今は時々会ったら話すだけ。
(幼馴染みってこんなもんなのかな…)とか時々考えてる。
(試合あるのを知ってても、行ったら迷惑かもしれない)と思って高校入ってから一度も行っていない。
しかも、3年生が人気で女の先輩の目が怖い。
(あーあ、「話したいなぁ…」)
『話したいって誰と?』
「っ英斗!?え、今声出てた?」
『うん。話したい人って好きな人とか彼氏?』
「…うん、好きな人///」
『…そっか、話せると良いね』
「うん」
(何で部活のはずなのにいるんだろう…忘れ物でもしてたのかな?まぁ、いいか。英斗と多分誤解されたけど話せたし)

25日前 No.1

KRKK @k021211 ★3DS=Zj4MvzRYvQ

英斗側


(あーあ、花に会いたい。話せなくても良いから見たい)
トイレという名目でサボるついでになんとなく教室に行った
(え、なんで教室に花がいるんだ?帰っててもおかしくないのに…)
「話したいなぁ」
『話したいって誰と?』
「っ英斗!?え、今声出てた?」
『うん。話したい人って好きな人とか彼氏?』
「…うん、好きな人///」
『…そっか、話せるといいね』
「うん」

ショックだった。
あんな花の顔は今まで見たことがない。
そのあと、いつの間にか部活に戻り、帰宅していた。
(花は誰が好きなのか)そんな考えが頭をグルグル回っていた。
奥底では、(俺を好きでいてくれたらいいのにな…)なんて思っていた。

25日前 No.2

KRKK @k021211 ★3DS=Zj4MvzRYvQ

モヤモヤした状態で起きた翌朝
気になって朝練にも集中できず、主将に怒られてしまった。
それから花には聞けず、気にしないようにした。
花がどんな気持ちでいたのかも知らずに。

24日前 No.3

KRKK @k021211 ★3DS=Zj4MvzRYvQ

普段より少しすっきりした状態で起きれた。
でも、今日の英斗は何か考え事をしているような顔をしている気がした。
朝練に集中できずにいたと言う事も聞いた。
(何考えてるのか聞きたいな)
と思いながら聞けずにいた。
それから、ずっと気になって聞くタイミングを探していたけど、吹っ切れた感じもして、モヤモヤしていた。
友達に経緯まで話し、相談した。
そしたら『いっそのこと好きなこと言いなよ』と言われ、どうしようか悩んでいた。

24日前 No.4

KRKK @k021211 ★3DS=Zj4MvzRYvQ

“好きなこと言いなよ”
花と友達がこんな話をしているのを聞いてしまった。
(忘れかけてた頃に…)と思ってしまったが、(これではっきりすれば気にせずに済む!)とも思った。

〜数日後〜
珍しく花に呼ばれた。
花は、いつもと違い緊張しているようだった。
花に着いていくと裏庭に着いた。
「ねぇ…英斗の事が好き。幼馴染みって言う関係に満足してたけど…彼女にしてくれませんか?」
『…逆に彼女になってください。』
「…ならせてくださいっ!」と抱きついた
『やっと、恋人になれた。俺も中2の頃から花が好きで、いつか俺を好きになってくれないかってずっと思ってた。』
「もっと早く伝えればよかった。この関係が崩れるのが怖かったの。」
『うん』
「付き合えるってこんなに嬉しいんだね」
『うん。部活忙しいから、悲しい思いさせることもあると思うけど、それでもいいの?』
「もちろんだよ。一生懸命な英斗が好きだから。」

その日から登下校を一緒にして、同じ大学にも進み、英斗は有名なバレー選手になった。

24日前 No.5

KRKK @k021211 ★3DS=Zj4MvzRYvQ

英斗は有名な選手になった。(21歳)
不安なこともあるけれど、幸せだった。
そして更に幸せなことがあった。
「ねぇ英斗、最近体調優れないって言ってたじゃん」
『うん』
「今日病院行ってきたの。そしたら」
『…』
「妊娠してたの。3ヵ月だって」
『嬉しい、花と俺の子がいるのか…』
「結婚して1年。これから楽しみだね」

そうして、幸せな人生を送った。

24日前 No.6

KRKK @k021211 ★3DS=Zj4MvzRYvQ

「ねぇ慧、今日家で遊ぼうー!」
『なんでキミと遊ばないといけないの?』
「慧は冷たいですねぇ」
『冷たくしないとキミが諦めないからね』
「そんなこと言って〜、私と遊び」
『たくない。蛍は女子中学生、ましてやもうすぐ高校生なのに落ち着きがないんだよ』
「うるさいわ、慧が落ち着きすぎなんだよ\(`^´)/」
『年相応ですけど(⌒⌒)?』
「とりあえず、帰ろ!(〜っ、この顔が一番格好良すぎる…)」
『うん(やべぇ、可愛い…)』

周りは気付いてるのに、二人は両片想い

18日前 No.7

KRKK @k021211 ★3DS=Zj4MvzRYvQ

「ねぇ創、私のこと好き?」
『勿論。泉のことは誰よりも愛してる』
そんなことを言っていた日々は昔のことになりかけていて、君は自分じゃない人と今日、結婚式を挙げる。

(創のことは忘れて新しい人を探さなくてはいけない。)と思っているのに、「好きな人ができたの」と言って、部活に専念してほしくて私から離れていった。
高校卒業の時、創がまた告白してくれたのに(また邪魔になってしまう)と思ったのが悪いんだろうか。

そんなことを思いながら私は創に向かって「おめでとう創。幸せになってね」と精一杯の笑顔で言った。

本当は私の隣にいてほしかった。

12日前 No.8

KRKK @k021211 ★3DS=Zj4MvzRYvQ

『ねぇ、暇だから遊ぼうよ』
“いいよー”

「何で私と付き合ってるのにあの子ばかりなの?」と思ってしまう。
こんなに嫉妬して醜くなるなら恋なんてしたくなかった。
翔と付き合わなければよかった。
そう思ってしまう。

せめて幼馴染みのままで居てくれたらどれだけ楽だったのだろうか。

私が素直になれたら少しでも変わる?
ねぇ、私よりあの子の方が楽しそうだよ?
私といたら楽しくないでしょ?
醜くい私を出したら君から離れていってくれるだろうか。
君の事が好きだから自分から別れを切り出す事はできない。

本当の私を知った君は愛してくれはしないだろう。

4日前 No.9
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる