Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(9) >>
★この記事には「性的な内容」「ショッキングな内容」が含まれます。もし記事に問題がある場合は違反報告してください。

てめえの事は愛してやらない。

 ( 書き捨て!小説 )
- アクセス(75) - いいね!(0)

花戯らぴす @lapis12☆4NUzRRaRYiw ★iPhone=vaUwG0CLgh





 人間の感情って全部死ぬほど面倒くさいくせに、愛だの恋だの何だの結局のところ求めちゃってんだから笑ってくれよ。



 かぎらぴす

ページ: 1

 
 

花戯らぴす @lapis12☆4NUzRRaRYiw ★iPhone=vaUwG0CLgh





「星々、起きなよ。授業始まるよ?」

 窓が開いた空き教室、カーテンが揺れて陽の光が不規則に差し込み雪村星々を照らす。夏の訪れを告げる熱を帯びた日差しで星々が日焼けをしてしまわないように、日焼け止めのクリームは既に塗ってある。名前の通り雪のように白い肌が赤くなってしまうのを那月及は見たくなかった。
 昼休憩が終わりだと生徒を急かすチャイムの音が聞こえても星々の閉じた瞼は動かない。膝を貸している及はその様子を見つめて溜息を吐いた。不真面目で授業出席日数がぎりぎりである星々を授業に出したいという気持ちはある。自分だってこのままでは立ち上がることも出来ない。声をかけて起こして退いて貰わなければ、自由に動けないのだ。しかし子供のように丸くなって、穏やかに眠る星々を見ていると起こしづらいものがある。肩を叩こうとした手は宙で止まり、うぅ、と困った声を思わず零すと小さな笑い声が聞こえた。膝が僅かに揺れるので星々の顔を覗けば、その口角は上がっていた。

「……せーぜー?」
「ぶはっ、悪い。及があんまりにも悩んでるから、おかしくてさ」

 名前を呼ぶと同時に頬を軽くつねれば、星々は吹き出して隠すことなく笑った。寝返りを打って仰向けになれば、寝起き特有の少しかすれた声で甘くいたる、と呼んだ。及はこれに弱い。星々の、紺色に星を散りばめたような不思議な瞳に見つめられると、窒息してしまいそうになる。

「ありがと。兄ちゃんがくれた枕が硬くて寝心地悪いんだよ。及の膝が枕なら十万でも買うね。最高」
「……勝手に人の膝に値段をつけるな。起きたなら授業行こうよ。もう休み時間終わってるからね」
「いやだ。もう少しこうしててよ。サボらせた分、帰りにアイス奢るから」

 膝に擦り寄る仕草、細めた目と、抓る手を撫でる白い手。――本当にずるい、悪いやつ。そんな悪態はぐっと飲み込み、溜息を吐き出す。彼のお願いを断ることもできないのなら高いアイスを奢ってもらおうと決めて、及はそっと星々の頭を撫でた。



 雪村星々/ゆきむらせぜ
 那月及/なつきいたる


 屋上でサボる男子高校生もいいけど、埃っぽい空き教室で割れた窓ガラスから差し込む少しの光を糧に悪巧みする馬鹿もすき。

11日前 No.1

花戯らぴす @lapis12☆4NUzRRaRYiw ★iPhone=vaUwG0CLgh





「あっ! せ、星々くん、こっちやで!」

 国民的アニメのキャラクターである某菓子パンのタオルを頭に被ったところで、派手に染め上げた赤い髪は隠せていない。そもそも身長百八十センチを越す長身の男が電柱に隠れて手招きをする様子ははっきり言って怪しかった。しかし見つけたからには、そして見つかってしまったからには、素通りはできない。そうしてしまうと、何か怒らせたかもしれないという曖昧な不安を感じて睡眠を放棄し悩み続けた挙句、貢物を用意し始めてしまう。頭の悪い金持ちは、選択を間違えると恐ろしい事になると身をもって実感している。はあと溜息を吐いたところで憂鬱な感情を彼が理解するはずもなく、重い足取りでゆっくりと向かうも焦れた彼が電柱の影から飛び出して目の前までやってくる。ちょん、と星々のカーディガンを少し摘む様子は待てを命じられた犬のよう。

「何しに来たの」

 そんな健気とも捉えられる姿を目にしても星々は冷静で、淡々と要件を聞く。その手を振り払わないだけ褒めて欲しい、というのが星々の本音だ。嫌いなわけではないが苦手──それが秋雨昂大への感情。
 素っ気なさを跳ね除ける笑みで、昂大は愛おしそうに星々を眺める。鋭さを増す夜空色の瞳など、食べてしまいたくなるほどに可愛くて堪らない。こてん、と首を傾げて眉を下げれば他人の保護欲を煽る表情の出来上がり。

「会いに来た……って言ったら、怒んのやろ? 今日はちゃんと用事があるんやで。やから、ね? ちょっと僕とお話してえや」
「何の用事?」
「それは秘密。こんな道端で話せんこと、ってだけは教えたる」
「兄ちゃん絡み?」
「何も聞かんで。ここでは何にも答えられへんの。気になるんやろ? せやったら僕に付いてきて。ねっ、お願いやって」

 秘密にする意味は無い。ここで話したところで、プライバシー云々の問題になることもない。しかし、それでも、嫌そうな顔を堪えて、帰りたいのに要件が気になってしまう奔放に見えて生真面目な性格な彼で遊ぶのは楽しいものだ、と。伏せ目でこれからどうするか考える彼を見下ろし、舌舐めずりをした。



 秋雨昂大/あきさめこうだい


11日前 No.2

花戯らぴす @lapis12☆4NUzRRaRYiw ★iPhone=vaUwG0CLgh




「お前の――お前の、やさしさってやつはさ、全然優しくねえんだよ」
「当たり前やん。僕が本当に優しくするのは自分だけやもん」
/昂大と星々




10日前 No.3

花戯らぴす @lapis12☆4NUzRRaRYiw ★iPhone=vaUwG0CLgh




「オレは我尾群青。ぐんじょうって読まれるけど、正解はぐんせいって読むんだよ。まあどっちとも読むからどっちでもいいんだけどさ。分かんなくなったら我尾って呼んで」
「星々とは中学が一緒だったんだよ。社会準備室に二人で篭って、よく授業サボったなあ。義務教育じゃなかったら卒業できてないよ、オレら」
「星々のこと、よろしくね」


 我尾群青と星々


「――星々のことをさんばんめに知ってるのがオレだよ」



8日前 No.4

花戯らぴす @lapis12☆4NUzRRaRYiw ★iPhone=vaUwG0CLgh

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

8日前 No.5

花戯らぴす @lapis12☆4NUzRRaRYiw ★iPhone=vaUwG0CLgh

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

※警告に同意して書きこまれました (性的な表現)
8日前 No.6

花戯らぴす @lapis12☆4NUzRRaRYiw ★iPhone=vaUwG0CLgh

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

8日前 No.7

花戯らぴす @lapis12☆4NUzRRaRYiw ★iPhone=vaUwG0CLgh

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

※警告に同意して書きこまれました (性的な表現)
3日前 No.8

花戯らぴす @lapis12☆4NUzRRaRYiw ★iPhone=vaUwG0CLgh

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1日前 No.9
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる