Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(16) >>
★この記事にはショッキングな内容が含まれます。もし記事に問題がある場合は違反報告してください。

 最果てには楽園を。

 ( 書き捨て!小説 )
- アクセス(180) - いいね!(0)

@aschexx ★QcFHuuoyn2_zRF






( 彼女に愛を、僕には花を、君にはさよならを、 )





 * * * * *



▼書きたいものを書きたいだけ。閲覧は自己責任でお願いします。荒らし、盗作などはご遠慮ください。
▽同性愛から異性愛まで何でもあり。



 * * * * *





( この世のどこにも楽園なんてなかったけれど。 )

メモ2018/06/30 22:18 : 犀 @aschexx★iPhone-s2g2abfu8m

 最果てには楽園を。→


 *


設定とか:http://mb2.jp/_sts/2887.html

ページ: 1

 
 

@aschexx ★QcFHuuoyn2_zRF




「星の欠片って美味いか?」
「……いきなり何? 遂に馬鹿になっちゃった?」

 ――パキン。灰色の塊を噛み砕いた。甘ったるいそれは、硬くて尖っていて、さらにはごつごつしていて、そのままではちょっと飲み込みづらい。けれど、舐めながら食べるのも難しくて、結果、噛み砕きながら飲み込むのが一番楽だった。少年は、そうやって、塊を噛み砕きながら、目の前にいる男の言葉を聞いていた。

「いつも食べてるだろ、“それ”。だから、美味いのか気になってな」
「……僕らの主食だから、美味しくなくても食べなきゃいけないんだよ。一日でも食べ忘れれば、僕らはすぐに塵に逆戻りだ」
「不便なモノだな、星喰みってのも」
「本当にね。その点、お前らは食べなくても生きていける。――永劫を生きるのってどんな気分なの、星守り」
「そんなにいいモノじゃないのは確かだな」

 ――パキンッ。もう一度、灰色の塊を噛み砕いた。

「どちらにしても、“星に選ばれる”っていうのはろくなものじゃないよ」

 呆れたように、疲れたように、嘲笑するように。少年は、嗤いながら呟いた。



2ヶ月前 No.1

@aschexx ★QcFHuuoyn2_zRF



牡羊座/圧死

牡牛座/縊死

双子座/轢死

蟹座/窒死

獅子座/焼死

乙女座/横死

天秤座/苦死

蠍座/毒死

射手座/惨死

山羊座/憤死

水瓶座/溺死

魚座/凍死

2ヶ月前 No.2

削除済み @aschexx ★iPhone=s2g2abfu8m

【記事主より削除】 ( 2018/05/17 14:58 )

1ヶ月前 No.3

@aschexx ★iPhone=s2g2abfu8m



「 ……楽園は見つかったかい 」

 ふわり。長く、白い髪が揺れていた。穏やかに微笑むその人は、少しだけ、悲しそうだった。それはきっと、私のせいだろう。ごめんなさい、優しい人。あなたは、私のことを思って、泣いてくれるのでしょう。

 ――私は、全てを愛していた。人を、空を、風を……この、世界を。この人は、それを知っていた。だから、全てに裏切られて死ぬ私を、可哀想に思ってくれるのだろう。

「 優しい人ですね……。師匠、私は悲しくないんです、楽園なんてこの世界のどこにもなかった。誰かの為に生きることなんて、結局は無理だった。でも、私はそれで幸せでした 」

 ――そんなことない、とあなたは嘆くのでしょうか。でも、どうかこの世界を恨まないで。私にとっての楽園は、確かに、

( ここにあったのです。私の、優しくて、愛しい、誰よりも大切な師匠。 )

1ヶ月前 No.4

@aschexx ★iPhone=s2g2abfu8m




 ――これは、私の独り言です。なので師匠、何も、聞いていないふりを、してくださいね。

 私はずっと、誰かのために生きたかった。誰かのため、何かのため。そうすることで、生きていることを認められたかった。生きている意味を、理由を欲しがっていた。
 でもそれは、どうしたって、できないのだ。どれだけ努力しても、どれだけ頑張っても、誰かのために、何かのために生きることは、できなかった。
 誰かのため、と言う人は、結局、全て自分のためなのでしょう。きっと私も。誰かのため、何かのためと言いながら、自分のために生きていたのだ。なにもかも、私のためだった。
 でも、きっと仕方ないこと。人が人のために生きることは、とても難しいのですから。
 だから。私が今までしてきたことは、全部、私のためだった。私の、エゴでしかなかった。
 それでも、私は。この世界のどこかに、楽園を見つけたかった。それが、誰かのためになると、信じたかったんです。私は、――そうでもしないと、師匠の隣に立つことができないと、思っていたから。

 ……なんて、馬鹿らしいんでしょう。でも、私は、そう信じていたんです。


1ヶ月前 No.5

削除済み @aschexx ★iPhone=s2g2abfu8m

【記事主より削除】 ( 2018/06/03 22:07 )

1ヶ月前 No.6

@aschexx ★iPhone=s2g2abfu8m




「 死んでも仕方ない、逃げればいい、って大人は簡単に言うけどさ 」

 太陽の光を受けながら、僕を見て、彼女は小さく笑った。何をしようとしているのか、考えなくたって分かるのに。止めないと、いけないのに。足が、どうしても動かなかった。

「 私が生きても、死んでも。大人たちは、そんなものどうだっていいんだよ。誰も、私のことなんてどうだっていい。なら、死んだっていいじゃない 」

 そう言って、微笑んで。彼女は飛んだ。


1ヶ月前 No.7

@aschexx ★iPhone=s2g2abfu8m




 座っている椅子のサイズが大きいのか、地面に届かない足を組み、尊大に笑う少女がいた。傍らには男が立ち、穏やかに微笑んでいる。
 少女の目の前には、ガタガタと震え、今にも逃げ出しそうな男が座っていた。――いや、座っているのではなく、恐怖で動けなくなっている、と言った方が正しいだろう。いつ訪れるかもわからない処刑を待っている罪人と言ってもよかった。

「 ……なぁに? この私に逆らおうって言うの? いい度胸ね、私はこの国の支配者、女王よ。まだ逆らうと言うのなら、すぐにでも首を落とすわ 」
「 そうですね、アリス。あなたに逆らう者は皆、即刻首を落としましょう 」

 そう言って、男は大きな鋏を、アリスへと差し出す。受け取った彼女と、会話を始める。男が存在しないかのような、気軽で穏やかな会話。緊迫感の中に混じる穏やかさは、奇妙でしかなかった。そんな奇妙な雰囲気をぶち破るかのように、一人の男が声を上げる。

「 待て、待て待て待て、お前ら! アリスの言い分は正しいが、白うさぎ! お前は思考がぶっ飛びすぎだ! 」
「 帽子屋……あなたは分かっていないのですよ。アリスに逆らったのですから 」

 首を落とさないと。白うさぎはそう、なんでもないことのように言った。




あきた

1ヶ月前 No.8

削除済み @aschexx ★iPhone=s2g2abfu8m

【記事主より削除】 ( 2018/06/19 00:22 )

27日前 No.9

削除済み @aschexx ★iPhone=s2g2abfu8m

【記事主より削除】 ( 2018/06/26 07:51 )

20日前 No.10

@aschexx ★iPhone=s2g2abfu8m



 施設を含め、無人島全体を高い囲う壁と、それに切り取られた青空。壁には少しも近付くことはできないし、脱走なんてもってのほかだ。
「……明日は晴れるかなぁ」
 施設を出て、ふらりと無人島内を徘徊する。施設しかないとはいえ、その外が整備されていないわけではなく、島自体が、一つの街のようになっている。
 こつん。コンクリートでできた歩道に、足音一つ。一人きりで歩くのが好きだった。
「……真人、さん?」
「……翔」
 振り向けば、散歩していたのだろう、翔の姿があった。ひらひら、と手を振れば、同じように振り返してくる。言葉遣いは荒いしすぐに手が出てしまうところもあるけれど、翔は悪い奴ではない。と、思う。
「何やってるんスか、もうすぐ時間っスよ」
「……時間?」
「定期監査…じゃなかった、定期検査の時間っス! 真人さん、いつも忘れるんだから」
 呆れたように、翔が言う。……うん、それはまぁ、翔の言う通りではあるのだが。


あーきーた

18日前 No.11

@aschexx ★iPhone=s2g2abfu8m



 煙草の煙が舞う。ベランダから見える切り取られた空が遠くに見えた。薄暗い空から、ぽつり、雫が落ち始めた。

「……やれやれ、降ってきたか。明日は晴れるといいんだがな」

 雨が降り始めた空を見上げて、紫煙を吐き出す。明日晴れて、アイツの家で吸ったら、やめろ、と言われるだろうか。
 くつくつ、と笑う。――全く、一緒にいないのに、アイツのことを思い出すなんて、まるで付き合ってるカップルか、アイツに片思いしているみたいじゃないか。






零。何かあると思い出しては笑ってるといいなぁ、って

7日前 No.12

@aschexx ★iPhone=s2g2abfu8m



「 佐白織、…ん、羽持ちを見るのは初めてか? 俺の羽は、羽持ちの中でも特殊でな。結晶羽、と呼ばれるらしい。まぁ、結晶羽と言われてはいるが、触ると柔らかくてな。折れる心配は…、綺麗? あぁ、それは色にも言われたな… 」

「 …織の羽は綺麗でしょう? ふふ、僕の力とは違うもの。織はギフト持ちで、さらに羽持ちだけど、僕は違うよ。僕はアルカナ。織は、僕とは違う、特別な存在なんだよ 」

 佐白織、茅瀬色 / ししろしき、ちちぜしき / ちょうど同じ年、同じ日に生まれた、名前が同じ赤の他人。仲が良いというよりは、色が一方的に絡みに行っている。

6日前 No.13

削除済み @aschexx ★iPhone=s2g2abfu8m

【記事主より削除】 ( 2018/07/10 09:10 )

6日前 No.14

@aschexx ★iPhone=s2g2abfu8m



 / てんぷれれ、

 名前 /
 ふりがな /
 性別 /
 年齢 /

 性格 /

 容姿 /

 備考 /

4日前 No.15

@aschexx ★iPhone=s2g2abfu8m



 四時間目が終わったのか、チャイムが鳴り響いたのが、ヘッドフォンから流れる音楽越しに聞こえた。教師に見つからないよう、入り口からは隠れた位置で煙草を咥えながら、紫煙を燻らせる。足音が聞こえてきたタイミングで、零は聞いていた音楽を止めた。ヘッドフォンを耳から外し、首にかける。近くのコンビニで買った昼食代わりのパンの包装を開けながら、こちらに向かっているであろう人物を待つ。
 扉が開く前に、まだ長さのある煙草の火を消し、ゴミ袋にしまう。大量の砂糖が入った飲み物とすら言えない飲み物を飲み、パンを一口かじったところで、屋上の扉が開いた。
 いつもより疲れた顔の相手に、よぅ、と手を上げる。うんざりしたような顔に笑いながら、零は言った。

「いつも通り、俺は何も聞いてねぇから、お前も何も見ないでいろよ」

 そう言って、再びヘッドフォンを耳につけ、煙草を咥える。音量を先ほどよりも少し下げながら、ポケットに入れていたライターで、煙草に火をつけた。








学パロれいみや、のつもり。書きたいものを書いたつもりが、予定と違うことに。
未成年の喫煙は法律で禁止されてるから真似しちゃダメ。

4日前 No.16
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる