Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(15) >>

然様なら、

 ( 書き捨て!小説 )
- アクセス(263) - いいね!(1)

@xxxxerny ★YZPf4BGhSk_scn





 結ばれない私たちは地獄の果てへと落ちて行くことさえ許されない。
 知ってしまった温もりが私の体を蝕み、好きよ好きよと心だけが叫んでいる。




  ◆ ATTENTION PLEASE ◆

   文才なんて何処へやら、同性愛異常性癖なんでも御座れの私の世界。
   閲覧は自己責任。
   パクリさん荒らしさんは求めておりません。




 あなたには幸せになって欲しいの、なんて大嘘。
 出来ることなら、あなたと不幸になりたかった。




メモ2018/01/04 18:30 : 梟☆8KF15cMV3qI @xxxxerny★YZPf4BGhSk_3kg

【自分用まとめ】

十字架へ接吻:>>5,6

闇夜に乾杯:>>10,11

ページ: 1


 
 

@xxxxerny☆8KF15cMV3qI ★YZPf4BGhSk_ds4




「嘘つきの夜だね。」
 彼女はそう言って笑った。月に照らされたあなたはやけに綺麗な横顔をしていた。
「私はあなたのことを何にも知らないんだけれど、だからこそあなたが愛おしいんだよ。」
 深い関係に細かな情報などいるだろうか。あなたが何を好きで、どうしてそれを好きか。そんなことを知ったところで、私たちがどうなるというのだろう。この静かで穏やかな関係がいつまでも続くならば、私はそれで満足なのだ。



7ヶ月前 No.1

@xxxxerny☆8KF15cMV3qI ★YZPf4BGhSk_ds4




紫が好きよ、ワタシ。あなたは何色が好き? あなたが好きよ、ワタシ。あなたも私を好きよね?
なんてね、たわいもないこと。あなたはもう何処にもいない。あの女に連れて行かれたわ。虚空を向いて喋ってるの、ワタシ。そんなワタシでも可愛いよ、愛おしいよ、そう言って頭を撫でて。そんなことあるわけもないのに、そのもしもを期待している。いつだって振り向く準備はできているから、ね、早く逃げてきてよ。一緒に逃げる覚悟ならあるわ。逃避行って素敵な響きをあなたと二人で分かち合いたい。



7ヶ月前 No.2

@xxxxerny☆8KF15cMV3qI ★YZPf4BGhSk_AE9






 安っぽいネオンの輝くラブホ街。普段は履かないようなペラッペラの下着で挑んで、わざとらしく喘ぎ声をあげる。こんな股の緩い女になるなんて、幼い頃の私は思いもしなかった。無邪気な私がこれを見たら一体なんていうだろう。なんて、今更。もうあの頃には戻れない。私は醜く落ちてしまって、手当たり次第に愛を拾い集めてる。こうやって女を消費して、最後には何が残るんだろう。数日が過ぎれば顔も忘れてしまうような男の、服の残骸が散乱している。私もどうせ、忘れられるだけの存在だ。




6ヶ月前 No.3

@xxxxerny☆8KF15cMV3qI ★YZPf4BGhSk_AE9




 イヤホンをつけてバカみたいな音量で音楽を流して、飛び交う罵声に気づかないふりをする。お父さんとお母さんが笑い合っていたのは遠い昔の話みたいだ。今じゃこの有様で、私はたったの一人ぼっち。でも、お腹が空いたと言ったらご飯が出てきて、遊びに行くからと言ったらお金がもらえる。うちはいつだって整頓されていて、家事をしてくれるお父さんと仕事をしてくれるお父さんがいる。だから私は不幸じゃない。泣いたりなんてしない。不幸だって自覚して夜な夜な泣き続けるなんてそんな真似、惨めたらしくって私にはできない。



6ヶ月前 No.4

@xxxxerny☆8KF15cMV3qI ★YZPf4BGhSk_AE9





「どうして? どうして私は悪魔になれないの? あの人とともに生きていたいのに、嗚呼どうして……」
 悪魔に恋したお嬢さん。夢見がちで思い込みが激しい。頭のネジが数本足りない。少し話すくらいなら優しいお姉さん。良家の三女。昔は仲睦まじい家族だったが、今は彼女だけ別邸で暮らす。とにかく闇が深い。


「豚を食べるのに抵抗感がある? ほとんどの人間がないって答えるでしょうね。私たちが人間を食べるのに抵抗感を持たないのはそれとおんなじ。わたし、何か間違ってるかしら?」
 澄ました顔でつらつらと言葉を並べる。おしゃべりと食事が大好き。見境なく人間を食べる。


「チッチッチ、わかってないなあ、君は。僕をあんな野蛮な女と一緒にしないでくれよ。僕はね、人間なら誰でもいいってわけじゃないんだ。例えば君みたいな不味そうな男はお断りさ!」
 ナルシスト。キザな言動が多い。人を小馬鹿にした態度が鼻につく。自称美食家。




6ヶ月前 No.5

@xxxxerny☆8KF15cMV3qI ★YZPf4BGhSk_AE9




【悪魔】
人を食べる。治癒力瞬発力など兎に角色々な方面に長けた個体が存在するが個体差が大きく、非常に弱い者もいれば恐ろしい力を持つ者もいる。知力も然り。容姿も様々だが、必ずどこか一部には人間らしさを残している。全く人間と同じ容姿を持つ場合もある。必ず自我がある。


【エクソシスト】
悪魔に対抗する力を持つ人間の総称。エクソシストが必ずしも自分の力を操れるとは限らないし、また人間側とも限らない。生まれつきのもの。家系で引き継ぐことが多いが、必ずしもそうとは限らないし、血筋にエクソシストがおらずとも突然力に目覚める者が生まれることも少なくはない。


 ※悪魔とエクソスシストの総称は、他に何かいい案があったら変えるかも。



6ヶ月前 No.6

@xxxxerny☆8KF15cMV3qI ★YZPf4BGhSk_AE9





「知っているといえば知っているし、知らないといえば知らないよ。人間なんてそんなものさ、あやふやなもので、くだらないもの」
「きみはどうしてぼくらを嫌うの? きみはいったい何なんだろうね、その感情は誰のもの? きみの頭はきみのもの?」
 言葉をけむに巻いたりあやふやにすることが多い双子。仲良しこよし。共依存といっても過言ではないくらいにずっと一緒。思考回路もほとんど変わらない。お互いのことについて知らないものなんて何もないレベル。



6ヶ月前 No.7

@xxxxerny☆8KF15cMV3qI ★YZPf4BGhSk_AE9



「人生なんて総じて茶番よ、生きるも死ぬもアッと言う間だわ。」
「そんで、アンタは何を選んだの? 愛おしい恋人? それとも可愛い可愛い自分自身?」


5ヶ月前 No.8

@xxxxerny☆8KF15cMV3qI ★YZPf4BGhSk_3kg




 おやすみなさいと母さんは言った。その次の日の朝だった、母さんが命を絶ったのは。遺書も何も残さぬまま、一人で死んだ。誰もがそれを自殺と言ったけれど、俺はそんなこと信じない。母さんはそんなことをする人じゃないって、俺だけは分かってる。母さんを殺したやつを捕まえて、次は俺がその息の根を止めてやる。だから、それまで待っててね、母さん。



【平気な顔して人を殺すような冷徹マザコン野郎が書きたい。】

5ヶ月前 No.9

@xxxxerny☆8KF15cMV3qI ★YZPf4BGhSk_3kg




「死ねばいい、お前が死んだって、俺は悲しまない。だから大丈夫だ、心配するな」
「母さんが俺の全てだった。母さんは絶対に自殺なんかじゃない。犯人を見つけてぶっ殺してやる」

▼色為 弾(しきなし はずみ)
 19歳、男。自己中心マザコン野郎。自分と母親以外に興味はない。誰が死のうとどうでもいいし、他人のことなんて目に入らない。かなりのナルシスト、自分が絶対自分が一番。母さんを殺したやつをぶっ殺すことだけの頭。マザコンだけど湿っぽく泣いたりしない。陶酔タイプ。復讐果たした後は母さんの思い出に浸りながらも普通に頭おかしく生きていくだろう人。頭はそれなりにいい。




5ヶ月前 No.10

@xxxxerny☆8KF15cMV3qI ★YZPf4BGhSk_3kg




「死んだって世界は終わらない。毒を飲んだって何にも変わらないわよ、きっとね。」
「憎い憎いあの人は私の純潔を奪ってった。まさか私にあんな気持ちがあるなんてね。あの人は私が殺すべき、憎くてたまらない(愛おしい)人。」

▼夜明(よあけ)
 三十代前半、女。回りくどい言い回しが多く、他人をからかうような振る舞いが目立つ。荒んだ雰囲気が漂う。人生を楽しんでいるような素ぶりを見せるが、悲観的な考え方が抜けない。死んだと言われている昔の想い人を今でも探しているが、理由は復讐。情報通。毒の販売がお仕事。



「お前のことを愛してたさ、でも結局俺には仕事が総てなんだ」
「俺の名は漫炉、嫌な名前だろ? だけど案外気に入ってんのさ」

▼漫炉(そぞろ)
 39歳、男。漫炉と名付けたのは夜明。それまでは特定の名前を持っていなかった。仕事人間。夜明と親密だった頃は組織の殺し屋として生きていたが、夜明と別れてしばらくして組織が崩壊。現在は裏の仕事からは足を洗い、いろんな場所を転々としながら日雇い業で食いつないでいるが、足を洗ったことに特別な決心はないので、苦しくなれば元の家業に戻ってもいいななどと思っている。昔の繋がりは一切絶っているため死亡説が流れていることは知らずにいるが、夜明が自分を探していることは知っている。




5ヶ月前 No.11

@xxxxerny☆8KF15cMV3qI ★YZPf4BGhSk_3kg





「誰かと一緒にいたいって望むけど、誰かと一緒にいると億劫でならないんだ」
「腹減った? ……ああ、そう言われてみたらそうかも。それじゃあ久々に狩りに出かける?」

▼御白 景(おじろ けい)
 男。わかりにくくて笑いにくい冗談と、それの中に紛れ込ませた本音によって本質がよく分からない。そのため絡み難いと思われることはしばしばだが、少ないながらに友人はいる。独特なテンポだが、それが一定に保たれているため把握さえできればどうにかなる。自分に無頓着。自身にのみ完璧主義めいたところがある。勉強は得意。運動は人並みだが、苦手意識がやや強め。



「んんんんんん、腹減ったなあ。腹減った。あーーねっみい!」
「おっはよーさん、今日も今日とて元気で行きましょうや!」

▼沢鬼 要(さわき よう)
 兎に角喧しくて元気。猪突猛進。楽しいことと友達が大好き。一人はあまり好きじゃない。よく喋るが、機嫌が悪くなるととことん。良くも悪くも正直。デリカシーに欠けるので思ったことは大抵口に出すが、空気が静まり変えれば途中で気づく(気づかないことも)。すこぶるバカとまでは言わないが、まあ頭は悪い。運動がとても得意だが、帰宅部。



「よっ、三人とも、今日も今日とて元気やなあ。で、今日はどこ行く予定?」
「黙っとけクソが、てめえらに用はねンだよ」
▼古城 火花(ふるき ひばな)
 頼れるみんなのお兄ちゃん。そつなく何でもこなす男気溢れる人。普通に接するにはいい人だし、親しくなればさらに面倒見が良くなる。だけど凄むと怖い。とても怖い。これで喧嘩も強いからもっと怖い。少し気性の荒い部分があるが、運動も勉強もトップクラスを走るすごい人。言っておくがヤンキーや不良ではない。普段はとても爽やか。喋りはするがさほど口数は多くない。ツッコミ担当。




【高校生仲良し男組。増やすかも。】

5ヶ月前 No.12

@xxxxerny☆8KF15cMV3qI ★YZPf4BGhSk_3kg




「あれになりたい、こうなりたいって、煩いんだよお前。変わりもしねえなら、黙っとけよ」
「悪口ってさ、心底嫌悪してる場合と、妬みの裏返しの場合があるじゃん。あんたの場合は後者でしょ。みっともねえ」
「ちーっす、健でーっす」

▼伊崎 健(いざき たける)
 明るく元気でチャラついている。流行りが好き。乗れるもんには乗っかる。人生エンジョイしてる雰囲気を撒き散らす典型的なリア充だが、昔はそれを妬み悪く言う側だった。もともと暗くはないが、どちらかというと大人しく、身内ではハッチャけるタイプ。紆余曲折あり今に至るが、仲良くなればなるほど素が出るのは間違いない。かなり腹のなかが黒く、優しさと同時になかなかのゲスさを併せ持っている。



【追加。】

5ヶ月前 No.13

@xxxxerny☆8KF15cMV3qI ★YZPf4BGhSk_3kg





「腹減ったーー! なんか食べいかねえ?」
「確かに。言われてみたらそうかも。……それじゃあ久々に狩りに出かける?」
「ふははっ! 景ちゃん、それくっそ面白くないよ」
「要はさ、素直すぎ。ま、笑いながらそんなこと言ったって説得力ないけど」
「伊崎も十分素直だけど、まあいいや。何食う?」
「はいはいっ! 俺は金欠でっす!」
「はあー? サワが言い出しっぺじゃん、そんなのアリ?」
「それじゃ、ひいちゃんが作ってくれたらいいんじゃないの」
「オイこら、御白、何勝手なこと言ってくれちゃってんの?」



【こんな感じの高校生四人組。】

4ヶ月前 No.14

@xxxxerny☆8KF15cMV3qI ★YZPf4BGhSk_3kg


:御白 景
 沢鬼/要,要くん、古城/ひいちゃん,火花、伊崎/健,健くん

:沢鬼 要
 御白/景ちゃん、古城/火花、伊崎/健

:古城 火花
 御白/景,御白、沢鬼/沢鬼,要、伊崎/伊崎,健、

:伊崎 健
 御白/御白,景、沢鬼/サワ、古城/火花

4ヶ月前 No.15
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる