Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(2) >>

あれこれ

 ( 書き捨て!小説 )
- アクセス(57) - いいね!(0)

バケツ @azalia0607 ★iPhone=PhNv1neWcD

基本診断メーカー『マフィアになるぞ』の設定で書きたいあれこれを書き捨てます。

基本的にほのぼの書きたいけど唐突に鬱書きたくなるかもしれない。見切り発車気味にぼちぼちと。

ページ: 1


 
 

バケツ @azalia0607 ★iPhone=PhNv1neWcD

組織の創始者って自動的にトップになるらしい。どうしよう。

積もりに積もった書類に目を通しつつ、世の中の社長だとか会長だとか、いっそ首長だとか言う人間は本当に凄いのだなと、つい思考の隅で現実逃避する。
と言うかアレだ。高々十だか二十だかの小娘にやらせる内容だろうかコレは。勝手にマフィアって無法者の集まりだと思っていたが、しっかり事務仕事も必要だったらしい。

「あーーーーー…」

少し休憩、と自分に言い聞かせ、椅子の背もたれに寄りかかる。疲れた。難しい言葉が多くて頭がぐわんぐわんする。本当は一秒でも無駄にするべきではない。だがそれにしても疲れていたのだ。辞書片手の作業は脳を疲弊させる。幾ら義務感が早く作業に戻らねばと訴えていようが、疲弊した脳は鈍る。鈍った判断は組織を殺す。多分。きっとそうだ。だからこうやってサボ、もとい休憩をとるのも立派な仕事のうちなのだ、そうに違いない。
言い訳込みで自分を誤魔化していたが、しかし現実問題休憩と言うのはやはり大事らしい。無駄に『あ』を量産しながら息を声と共に吐き出している内に、段々と疲れも吐き出されている様な気分になってくる。そうだ、私はなにか色々と考え過ぎていたのかも知れない。こうやって思考を休ませねば気付かなかったことが、気付かなかった案が次々と湧いて出てくるようだ。
五分ほどその様に、ぼんやりと無為に時を過ごして、よし、と起き上がる。いい感じにリフレッシュ出来た。これならこの後の書類とも戦える。

「……………とりあえずサイン書きまくるか…」

そう、この短い休憩の中、私は徹夜二日目にして漸く真理に気付いたのだ。この書類、何も私しか確認しない訳ではない。つまり…そういうことだ。
難しい言葉が脳を疲弊させるならば、難しい言葉など見なければ良いのだ。うん、真理。流石私。天才かもしれない。
持つべきものは頭の良い友人だろう。明日の朝にきっと快く書類を押し付けられてくれるだろう彼を思い、人のいない部屋で一人ふふふ、と笑う。いやはやありがたいことだ。

(よーし、これが終わったら寝るぞー)

とにかくもう寝られたら良いのだ。翌日恨めしげに見られようが心配されようが構うまい。ガイアが私にもっと眠れと囁いている。
寝るぞー寝るぞー、と思いながら、誰かに見られたら心配されそうなくらいにやにやしながらに記名欄に名前を書き続ける。こうして一人のいたいけな少女の夜は更けていくのであった。眠い。



コードネーム:スモーカー
役職:諜報員(元創始者)
役目:主に司令塔。ファミリー全体の指揮を取る。
武器:鞭(乗馬用)
性格:ちゃらんぽらん
髪色:金
目色:緑
特技:散髪

11日前 No.1

バケツ @azalia0607 ★iPhone=PhNv1neWcD


「それで。この書類どういうこと?」
「…人間にはそれぞれ限界値と言うものがあると思うんだよな。そんな中で助け合い精神と言うのは欠かせないものだと思うんだが、どうだろう」
「言い訳はそれでいいんだね?」

はぁ、と思ったより大きな溜息がつい零れる。何故に彼女はキメ顔をする時ほど意味の解らないことを言うんだろう。
山のような書類に書かれたサインは了承の意はなく、一旦先に書いておこうと言う事でしかないらしい。その上それを一応は部外者の私に把握させようとしているらしい。マフィア関連の書類を、だ。一介の大学生には荷が重すぎる。
と言うかそれで私まで危険に晒されるのは困るのだけど。晒されるかも知れないと思うのだけど。その辺は一体どう言うふうに飲み込んでいるのか。それでも構わないとか思われているんだろうか。考えるのが辛くなってきた。

「ダメか?」
「逆にさ、良いって言われると本気で思ってたの?」

ちょっと不安そうに小首を傾げられても頷けないことはあると思う。幾ら何でもね、出来ることには限界があるって自分で言っていたじゃない。私にもその理論を適用してほしい。

「と言うかお前は私に全てを任せるような暴挙に出てもいいのか?」
「ん?なんで私が脅されてるのかな?そういう場面だったっけ?」

一瞬揺らいでしまったじゃないか。勘弁して欲しい。

「確かにこの場で突き放すのはひとつの手段ではあるだろう…だがそれは果たして正解なのか?獅子が子を千尋の谷に突き落とすノリにしても些かお粗末過ぎやしないか?それで本当に私がどうにか場を乗り切れると思うか?乗り切れたとして、それが回り回ってトラブルとして我が身に振りかからないと言い切れるか?…答えは出ているはずだ。」

…どうしよう。本当に揺らいでしまった。
なんで自分のことをここまで下に的確に捉えられるんだろう。本当にその先のあれやこれやな嫌な未来が一瞬見えた気がした。そして頼んでいる側の態度とは全く思えないこの自信に満ちた言葉はなんなんだろう。答えは出ているはずだじゃないよ。
呆れ半分諦め半分でじとりと見れば、一応少しは後暗い所はあったらしい。さりげなく逸らされた視線にまた溜息が出そうになった。

「…ダメか?」
「…はぁ…」

伺うようにもう一度、同じ言葉で聞いてくるから、卑怯だな、と思う。そうされたら私に拒否権なんて、有って無いようなものなのに。

「もっと早くに言ってね…あと、なにかあったらちゃんと守ってね」
「ああ、当然だ。」

もう何事も無かったかのようにしれっとした顔で頷くのが少し腹が立つ。私なんて責任感とか色々なもので胃が重くなった気がするのに。
意識せずに浮かんでくる失敗があった時の想像を、できるだけ頭の隅に負いやって、溜息を吐いた。この数十分の間に私は一体どれだけ幸せを逃がしたんだろう、なんて益体のないことを考えながら、その書類の山と向き合う。



名前:しらゆき
コードネーム:ローズ
役職:幹部(右腕)
役目:主に情報仕入れ係。敵組織や周囲の情報を集める。
武器:鞭
性格:ネガティブ
髪色:朱色
目色:白
特技:金魚すくい

8日前 No.2
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
▼チャージ中です。
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる