Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(3) >>

不思議な少女のアイテムいかが?

 ( 書き捨て!小説 )
- アクセス(91) - いいね!(1)

奏葉 ★3DS=om7EOpli9n

「もし、願いが叶うなら何が欲しい?」彼女は、たずねる。そして「何でも叶えてあげる。」と付け足すのだ。でも、絶対に答えて、アイテムをもらってはいけない。もらうと、何があるかわからないから__
幸運をもらえる人もいるの。
使い方しだいで変わるからね____


文章が、苦手でおかしいですが、見ていただけると嬉しいです。
コメントいれていただけると......←わがままです(笑)

関連リンク: 初恋の思いpart 
ページ: 1


 
 

奏葉 ★3DS=om7EOpli9n

コツコツと足音が聞こえる。ガラ__「お客様かしら。席にどうぞ。」微笑み、「あなたの願いは、何かしら?」と訪た。
『可愛くなりたい。今と違う顔になりたい。』
すると、「この人形、イラストチェンジ はいかが?顔になりたいイラストを書くと、その顔になれるの。」
すると、即答で『じゃあ、それをください。いくらですか?』だって。
「お金は、要らないの。その代わり、あなたの今の顔を預かるの。」
『はい。わかりました。じゃあさっそく使いますね。』顔を書き始めた。
「これは、いくらでも使えるの。でも.....使いすぎに気を付けてね。」

タッタッタッタッ

「様子をみて見ようかしら......」
「どんな、使い方をするのか楽しみね。」少女は、微笑んだ___

4ヶ月前 No.1

奏葉 ★3DS=om7EOpli9n

少女は、水晶がある部屋に移動した。

「あら、さっそく使ってくれているのね。ふふっ、何をするのかしら?」少女は笑みを浮かべた。
「ふー.....とりあえず、まだなんともないわ。休憩しましょう。」少女は、紅茶とケーキを用意した。「おいで、カノン」と言うと、茶色い犬が膝にきた。「それそろかしら?お店を閉じて行きましょう。」
少女は、コツコツ___と外へ出て行った。
「何があるのか楽しみだわ。」不思議な笑みを浮かべて、森の中に消えていった___





いいねをつけてくださりありがとうございます!
まだまだ下手ですが、とりあえず下記捨てしてきいたいと思います。

4ヶ月前 No.2

奏葉 ★3DS=om7EOpli9n

少女は彼女が見える位置にいた。「ふー.....はやく終わらないかしら.....」少女は呟いた。
少し時間がたち、彼女は一人の男の子をつれてきた。人気のありそうな子。彼女は、あることを言った。「ずっと前から好きでしたっ!」男の子は、「いいよ。」だって。でも、これは彼女をきずつける可能性が大きい。少女は「そろそろ行こうかな。」

「あなた、お名前聞いていなかったの。名前は何かしら?」
「あっ....三上 楓 です。あなたは?」
「私?デザイナーのフェル。」
「フェルさん?」
「ところで楓さん、彼とお付き合いしているのかしら?」
「あー......まだかな?」
「そう。ならよかった。少しこちらへ。」
「?はい。」
「彼は気をつけて。何があるかわからないし、楓さんもアイテムを使っているでしょ?」
「どうして気をつけないといけないんですか?」
「それは____」

4ヶ月前 No.3
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる