Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(4) >>
★この記事には性的な内容が含まれます。もし記事に問題がある場合は違反報告してください。

 嘘と猛毒を隠すように。

 ( 書き捨て!小説 )
- アクセス(89) - いいね!(0)

ひなゆえ。 @miyukixx☆PJxforG25D2 ★iPhone=SrX1TBgmHy











  優秀な飼い猫の意志も読み取れない、世界一駄目な御主人様の戯れ言 




 本当は初めから気が付いていた。
 盲目の彼がこの無人部屋に入れられて、何をされるのか、どんな事になってしまうのか。
 もう此処からではどれだけ呼んでも叫んでも彼には届く事のない処まで来ておきながら、彼の狂った笑い声に惑わされる心を毟りたくなってしまう。

「私は、貴方が居ないと駄目なのに、」

 ーー先がなくても困りはしない、と吼える彼の声が微かに震えている。きっと泣いて逃げ出したいはずなのに。どうして其処に居るの。何を庇いたいの。そんなことは放って、手足にはり付いたアカを拭って此方へ来て欲しい。わざわざ汚れに行かなくても、貴方はこんなにも綺麗なシロなのだから。





 +++

 妖気でイカれたちきちきまいわーるどへようこそ! リテイクってやつ()
 えろぐろしねた諸々あるので閲覧などは自己責任になります、悪しからず、!

 +++




「ーーごめんなさい。貴方の事をろくに理解も出来ない駄目な飼い主で、ごめんなさい。」

 うら若き少女≠ヘ、彼が吼え止むその最後の一時まで、止むことのない涙を流した。

1年前 No.0
メモ2017/02/25 21:38 : ひなゆえ☆J95PFXFegAI @miyukixx★iPhone-NdVjjr1sXT



 いろいろかきたいものをかけるように、どりょくいたします。


ページ: 1

 
 

ひなゆえ。 @miyukixx☆PJxforG25D2 ★iPhone=SrX1TBgmHy






 私の願いを叶える為に、貴方はヒトになっていた≠ネんて。
  ーーーーどこまでも掴めない人ね。





 猫と主人。






1年前 No.1

ひなゆえ。 @miyukixx☆PJxforG25D2 ★iPhone=SrX1TBgmHy






 仄かに暖かいマグカップから香るホットチョコレートの甘さに、私は静かに眉を顰めた。あまり甘過ぎるものは好きじゃないと書生さんにほあれだけ伝えたはずなのに。私の身なりが幼いせいで、まだ子供扱いされているのね。

「ーーそういうところが気に入らないのよ」

 そう言いつつも温くなりだしたホットチョコレートを憎む意味にはならなくて、仕方なく、彼の甘さを許してしまうの。







 皮肉な事ね。






1年前 No.2

ひなゆえ @miyukixx☆J95PFXFegAI ★iPhone=NdVjjr1sXT







 「ゆーちゃん火ぃちょーだい」
 「は? 自分の使えって」
 「オレがそーゆーの、持ってるようにみえる?」
 「見えねぇなあ」
 「でしょー。じゃあかーして?」
 「ん、」
 「……はい?」
 「…………いらないわけ?」
 「い、いるよ! もらうし!」
 「……おあ(ほら)」
 「…………ふ、ぁ」
 「……」
 「……っ、」
 「…………ついた?」
 「つ、いた」
 「……へえ」
 「なんだよ、……何なんだよ」
 「……意識した?」
 「あ"ぁ?! してねーしそんなのっ!」
 「だよなぁ、シガーキスしたくらいで顔真っ赤にさせるなんてビッチのすることじゃねーもん、なあ?」
 「……んあ"あ! そーだよ! オレはそんなことしねーよ! クソビッチナメンナッ!」
 「はいはい」







 /→ ゆーあずなおそうかなって!




8ヶ月前 No.3

ひなゆえ @miyukixx☆J95PFXFegAI ★iPhone=NdVjjr1sXT

 「ふ、っんは……、ね、よかった……?」
 「んー、そーだね、気持ちよかった」


 事後の一時。一矢纏わぬ姿で肌を寄せ合いながら唇を重ねるだけのキスを幾度か繰り返す合間に、組み敷かれたまま首に手を回してそんなことを訊ねてくるりこちゃんが可愛くってついつい、にんまりと頬が緩んでしまう。
 まありこちゃんがハジメテじゃなかったことは結構前から知ってたことだけど案外奉仕の心が染み付いているのか、思ってたよりずっとマシだった。ていうかジョーズだったと思う。自分だけが気持ちよくなるんじゃなくてコッチにも気をつかってわざと煽るみたいに見せ付けてくる純情さとか、ココってところをピンポイントに突かれた時に素直にイイって言ってくれるところとか、いろいろあるけど今までテキトーに買ってきた春のなかでは一番よかったなあ、自分の目に狂いはなかったことに誇らしげな気分になりながら求められるがままにさっきより濃厚なキスを受け入れる。
 そんなのもつかの間、急に引っぺがされたかと思えば「ねーねー」なんていうオレの言葉に「……なによぉ、」なんて不服気なりこちゃんかわいい。


 「りこちゃんって外でもイけるのお?」
 「はあ? ソトってなに?」


 キョトンとした顔でコッチを見ながらなんの話か必死に模索するりこちゃんを思う存分堪能する。嗚呼やっぱりオンナノコっていいなあ。かわいいし、いい匂いだし、ふっかふかだし! 夕月のばっかりだとマンネリ化っていうかヤローのじゃ飽きちゃうんだよね視覚的に。でも萎えないから不思議なんだよねえ、流石兄妹ってかんじ。夕月とりこちゃんって似てるようでそこまで似てないのは見た目だけで中身は似てるもん、どっちとも関係持ってるオレだけが知ってる人特権。なんて言い方すると危ないことしてるみたいでゾクゾクする、なぁんてウソだけど。


 「……分からない、ソトとかりこは知らない……!」
 「まじか! じゃあオレが手取り足取り至るところまで教え込んでアゲルねえ?」
 「うわっ、……りこぉ、お前のそーゆーとこきらぁい」
 「でもそれ以外は好きなんでしょ? いじっぱりさんだなあもう!」
 「ウザイし! キモイ! 触んなバカ!」
 「わーひどい言われようじゃないオレ」
 「しらないし、ばかあずさ!」
















 「ぐっ、ぐっ、て……、ふ、ぁ、……おなか"あ"ぁ……、おさないで……、く、るし、ッ」
 「あ! きた? イイとこ?」
 「ちが、っ、〜〜ッ!」
 「ちがうくないよお、だいぶキテルじゃん」
 「ちがうし! きてない、し!」
 「意地っ張りもかわいいけどさ、気持ちいいならイイって言わなきゃじゃん?」
 「んん、っ、! ま、っあ、」
 「……どーお? どんなかんじ?」
 「あ、っ……な、かね、……ぐるぐるして、や、かもぉ……」
 「おなかしんどいの?」
 「ちょっと、ね、? でも、あずさが撫でると、きゅ、ってなる、……かも」
 「んはっ、いいねえ、気持ちよさそう」














 /→ ポルチオ開拓させたかったのだけれどりこちゃんほいほいあずにはむりだから供養







8ヶ月前 No.4
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる