Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(59) >>

霊界旅行

 ( 書き捨て!小説 )
- アクセス(438) - いいね!(3)

ちひろ ★iPhone=HXnja33jWy

朝食を終えると私はいつものように崖縁に立った。朝日に透かされた雲は無数の色に分かれたマダラ模様の海となり足元へ向かって流れて来る。近づくにつれて輝きが色褪せ灰色に澱んでいく景色はどこかで見た事があるような気がした。

そうだ昔映画で見たソラリスの海だ。
そう気付いた時、急に冷たい風が吹き始めた。ここは夏も冬も一緒だな。

時々切れる遥か下の雲海から千尋の谷が見える。身体がブルブルっと震えた。目も眩む高さに震えたのか寒風に震えたのか分からなかった。



1年前 No.0
ページ: 1 2


 
 
↑前のページ (9件) | 最新ページ

葉山 @steiner777 ★iPhone=HXnja33jWy


いつしか水宇宙は真っ赤な音に染まっていた。それは刻一刻と苛烈さを増し振動を伴って俺の鼓膜を震わせた。

宇宙は一体どこで低音の怒りを呼び覚ましてきたのだろうか?
自分の存在根拠が全ての色を焼き尽くす炎の噴出に有る事を不意に思い出したのだろうか?
ビッグバンに表された感情は冥伏したまま生命記憶としてアカシック・レコードに刻印されていたのだろうか?

いや、それとも、この阿鼻叫喚さえ宇宙にとっては普段通りの呼吸に過ぎないのか?

1年前 No.10

千尋 ★iPad=HcEfWSJ7ku



全ての花が徒花(あだばな)であるとしたら?

1年前 No.11

ちひろ @steiner777 ★iPhone=HXnja33jWy


水宇宙はついに炎の様に真っ赤となり灼熱地獄と化した。しかも粘度も高くなりもう動けない。

俺はようやくここがどこなのか理解し始めた。マントルだ。

手足を見ると樹状の海藻に変形している。手足が樹状になる事と海がゾルからゲルに変化する事とは並行関係にあるのだ。海藻は階層に通じるからな。しかもマントルはビッグバンのミクロ的な再現なのだろう。

猛烈に熱いが不思議と熱さが苦痛にはならなかった。

そうか、この巨大昆布たちも遥か昔は人間だったんだ。

ここまで気付いた時、何故か喜びとも哀しみともつかない感情が沸き上がり涙を流した。

マントルの温度まで上がらないと俺の心は溶けなかったのだ。

1年前 No.12

ちひろ @steiner777 ★iPhone=HXnja33jWy


マントルが山に変わると、僕は薄暗いケモノ道を木洩れ日の明かりを頼りに1時間くらい歩いた後、突然見えた光景に立ち止まった。

そこは少しだけ広くなっていて(と言ってもせいぜい10人くらいしか立てない広さだ)数本の木と大枝に挟まれた区画から20mほど下の景色が見える。フリードリヒの絵に有った構図だ。

その区画から見えたのは発掘作業の現場だった。掘り出されているのは10m以上ある魚の骨だ。それが恐竜などではなく秋刀魚の骨である事は直ぐに分かった。

作業にあたっているのは15、6人、2人だけ何やら分からない言葉で話している。あとは無言だ。

僕はユングが地下室を掘る事に熱中したのを思い出した。彼等は意識の深層を掘り起こしているのだ。

1年前 No.13

ちひろ @steiner777 ★iPhone=HXnja33jWy


「お前は苦しむ。一生苦しむ。」

30年前ボスに言われた事が頭を掠めた。

今さら何だ? ここまで俺を苦しめてもう充分だろう? いつまでしつこく付きまとうつもりだ?

しかしいくら否定しても俺が今でも彼の言葉に呪縛されている事を感じずにいられなかった。

1年前 No.14

ちひろ @steiner777 ★iPad=HcEfWSJ7ku


無常の世では揺らぐことが強さだ・・・・・・・玄侑宗久

1年前 No.15

ちひろ @steiner777 ★iPhone=HXnja33jWy

耳の奥で何かがカチッと鳴った後、ブーンという超低音のモーター音と共に俺は俺の身体から水宇宙へと溶け出す。いつもの事だ。

コツは夢と現実の中間の状態を保つ事。夢を見た時に「これは夢だ」という自覚を持つ事。自覚夢が幽体離脱の第一歩である。台湾のグルから教わったテクニックだ。

次に自分の手のひらを見つめる事。この動作が夢を完全な自覚夢にする。

1年前 No.16

ちひろ ★iPad=rWWE94ptOd



自由に幽体離脱できるようになった私はいろいろな物の中へ入ってみたい衝動に駆られた。
まずはエル・グレコやゴッホやムンクの絵画に入ってみよう。そこには激しい気流が渦巻き轟々と鳴り響いているに違いない。
それからターナーやモネの煌めく色彩も「内側から」眺めてみたかった。

その次は鉱物の結晶だ。ブラック・オパールの中は宇宙旅行になるだろう。ラピスの不透明な青の奥にはアストラル界を超える原理が隠されているに違いない。

1年前 No.17

ちひろ @steiner777 ★iPad=rWWE94ptOd


火の鳥、復活篇の変更版を描きたい。

火の鳥では人間の男とロボットの女だが、日本人の男、葉山とインド人の女シータの悲恋から始まる。
意地悪い出入国管理局とマフィアの結託で婚約しながら二度と会えない判決が下された後、二人は決死の逃亡、中東密入国を試みる。
しかし味方だと思っていた仲介業者は裏では人を殺し臓器売買する悪魔であった。

シータが売られた事を知った葉山は臓器売買マフィアのアジトに乗り込み奪還を図るが自分も捕まってしまう。
マフィアに「死ぬ前に言い残す事は無いか?」と聞かれた葉山は「自分とシータの脳を日本のお茶の水博士に送ってくれ」と頼む。
お茶の水博士は脳の記憶を人工頭脳へ移す最先端技術を研究する天才だった。

こうしてお茶の水博士の元へ送られた葉山とシータの脳は人工頭脳で合体し、そのアンドロイドは「チヒロ1号」と名付けられた。

チヒロはもともと日本人とインド人の記憶を持っているから空手、ヒンドゥーダンス、四書五経、ヴェーダ、など
日本とインドの文化に通じ、23世紀の人々、特に子供たちに重宝がられた。

それはアジア各国のTVで紹介されてたちまち有名になり家庭教師ロボットとして大量生産される。
もちろん人工頭脳の記憶もそのままダビングされて・・・・・・・・

破局はチヒロがTVで日本人とインド人の男女の心中のニュースを見た事から始まった。
チヒロの中で何かがショートする。
「私は昔、人間だった様な気がする」そんな言葉をチヒロが発し、子供たちは冗談だと思って笑い飛ばした。
チヒロの中で意味不明の怒りの感情が沸き起こった。

全世界のチヒロが一斉に家庭教師の仕事を放り出し外へ歩き出した。
「チヒロ、どうした!? 戻って来い!」世界中の様々な言葉でこんな叫びが聞こえた。
だがチヒロはもはや制御不能になっていた。「私は昔人間だった」その言葉を合言葉に全世界のチヒロが反乱を起こし始めた。



1年前 No.18

ちひろ @steiner777 ★iPhone=HXnja33jWy


ザッザッザッザッザッザッ
街頭を行進するちひろ達はどんどん数を増し世界中のバス通りがちひろロボットで溢れた。

なにせその頃(28世紀)までには一家に一台はチヒロが有るというくらい普及していたのである。世界中で10億台は有っただろう。それが2715年5月10日にいっぺんに街頭へ出たのである。

彼等が何を目指しているのか人間達にはサッパリ解らなかった。

奇妙な事にチヒロの反乱に合わせたかの様に世界中の地震と火山活動が急激に活発になり始めた。
地磁気の反転が始まったのである。

日本でも阿蘇山が大噴火を起こした。九州全体が分厚い雲に覆われ次第にそれは関西から関東へと広がって行った。

日本全国のチヒロ達は西へ西へと向かった。阿蘇を目指している様だった。

外国でも同じである。
ヨーロッパのチヒロ達は突然爆発したベスビオ火山に、アメリカのチヒロ達はこれまた真っ赤な溶岩を500mの高さに吹き上げたイエローストーンへと向かっているらしい。

チヒロ達の合言葉がいつの間にか変わっていた。
「我々は合体を求めていた」
「全てのチヒロは合体せよ」

1年前 No.19

ちひろ @steiner777 ★iPhone=HXnja33jWy


その頃、総理官邸では野沢首相と玄海防衛相が深刻な表情で話し合っていた。

総理 「チヒロ達は何を考えているんだ? 」

防衛相 「判りません。いずれにせよ人間の言う事を聞かなくなったロボットは人工頭脳法に従って焼却されなければなりません。」

首相 「しかしもう少し様子を見てもいいんじゃないか? 第一もったいないだろう?日本だけでも3000万台を超えてるんだぞ。一台20万として6兆円の損失だ。」

防衛相 「首相、彼等は反乱軍と同じなのですよ。場合によっては放送局や国会を占拠する可能性も有ります。原発を占拠して脅して来るかも知れません。そうなったら警察力では太刀打ちできません。」

首相 「うーーーん・・・・・・・・」

防衛相 「総理、ご決断を。」

首相 「うーーーん・・・」

防衛相 「総理、国家の危機なんです。判りませんか?」

首相 「分かった。自衛隊に出動命令を出してくれ。」

防衛相 「了解です。」

玄海防衛相は既に命令待ちで待機している作戦本部へ電話を入れた。
「中村、許可が降りた。各駐屯地へ伝えろ。」

電話の奥で「了解!」という緊張した声が聞こえた。

1年前 No.20

タヌキ博士 ★iPhone=HXnja33jWy


しかしチヒロ達は一直線に噴煙を噴き上げる阿蘇山の火口へと向かい、遠回りに包囲する自衛隊には目もくれず煮えたぎる溶岩の中へ身を投げていった。

互いに交信し合う電波はハウリングを起こして増長されチヒロの「制御できない怒り」は最高潮に達していた。

「全てのチヒロは合体せよ」
「合体せよ」「合体せよ」

地球上のチヒロが阿蘇山、ベスビオ火山、イエローストーンの三ヶ所へ続々と集結し噴火口から投身自殺を遂げていった。

1年前 No.21

ちひろ ★iPhone=HXnja33jWy

うわっ、ペンネーム間違えた

1年前 No.22

ちひろ ★iPhone=HXnja33jWy

世界中の人々が茫然と見守る中、約10億台のチヒロロボットが焼身自殺を遂げた。インターネットでは様々な偽情報、謀略説が飛び交っていた。最も有力な説はこれは最も大きな被害を受けた日本の経済に打撃を与えるための東アジアの某国の謀略だというものだった。特殊な電波でチヒロの人工頭脳にウィルスを植え付けたというのである。

10年ほど経ち、その謎めいた忌まわしい事件をようやく人々が忘れかかった頃、廃墟となっていたお茶の水家から280年ほど前に死んだお茶の水博士の遺書が発見された。

1年前 No.23

ちひろ ★iPhone=HXnja33jWy


<お茶の水博士の遺書>

私は末期癌でもう先が長くないのを知っている。私がこの遺書を書くのは人類の将来のために警告しておきたいためである。

私はマッドサイエンティストと呼ばれてきた。確かに悪魔の様な研究も手掛けてきた。DNAの一部を変える事で人間とネズミや人間とバクテリアの交配を可能にする技術、人間の脳の記憶を全て人工頭脳にコピーする技術、しかしそれらは全て人類の生き残りを懸けた闘いの為である。

地球環境の悪化のスピードと人類の他惑星への移住、この二つの鬼ごっこの結果で人類の生存の可否が決まる。私の推測では残念ながら地球環境が破綻する方がはるかに早い。

そうなると人類が生き残る方法は限られてくる。今すぐに他惑星に移住できる様に人間の肉体を改造する事だ。

1年前 No.24

ちひろ ★iPhone=HXnja33jWy


都合の悪い事に戦争という生存競争が無くなってから人間は進化のスピードが遅くなっている。一方環境破壊はどんどん加速化している。環境の変化に合わせて人間が進化するには人工的に他の動物と交配させて生物としての多様性を拡大させる事、または人間の脳の記憶をデジタル化する技術を使ってアンドロイドとして生き残る他は無い。

私はその可能性に賭けてチヒロ1号を作った。だが、後で分かったのだが、チヒロには死ぬ事によってしか合体できなかった男女の怨念が記憶の奥深くに眠っている。

1年前 No.25

ちひろ ★iPhone=HXnja33jWy

今の所、チヒロは従順な家庭教師の役割を務めているが、いつか反乱を起こす可能性がある。

私はチヒロの人工頭脳に15年の歳月をかけた。もう一体作るまでに私の命は持たないだろう。

私はチヒロの頭脳の部分だけ記憶を入れ替え、他の人に届かない所、例えばベネズエラのギアナ高地に置くつもりだ。

チヒロの頭脳は太陽電池で太陽が無くならない限り後世に私を理解してくれる人が表れ、ギアナ高地のテーブルマウンテンの頂上のチヒロの脳を発見して改良してくれる事をのぞむ。

1年前 No.26

ちひろ ★iPhone=HXnja33jWy


上の5段落目、間違えた。変更。

チヒロの頭脳は太陽電池で太陽が無くならない限り動き続ける。後世に私を理解してくれる人が表れ、ギアナ高地のテーブルマウンテンの頂上のチヒロの脳を発見して改良してくれる事をのぞむ。


1年前 No.27

ちひろ ★iPhone=HXnja33jWy


その時私は一瞬周りに多くの悲しみと怒りに取り憑かれた霊達の叫びが聞こえた様な気がした。景色が歪み、火山の溶岩の沸騰する様子が見えた。しかしほんの一瞬で消えてしまった。

1年前 No.28

金剛心 @steiner777 ★iPad=rWWE94ptOd


その庭は特に広いわけでもなく、また丁寧に手入れされているとも思えなかった。
ツツジや薔薇、百合などが咲いていたが周りには雑草も生い茂っていて多分家の住人は男だろうと想像された。
女性ならこんな雑な状態にはしておかないだろう。そして多分独身だ。私はそう直感した。理由は無いがそれは確信に近いものがあった。

庭の北側へまわると日陰に咲いている大きな紫陽花がすぐに目に入った。近づくにつれその異様な大きさが分かった。花の直径は1mほどもある。
私は花に近づき観察しようとしてギョッとした。花輪を作っている1つ1つの花が人間の顔で、何かを話しているのだ。
顔を近づけてその言葉を聞き取ろうとしたが、どうも外国語、いや人間の言葉とは思えない奇妙なメロディーを持った言葉だった。

1年前 No.29

金剛心 @steiner777 ★iPhone=HXnja33jWy

紫陽花の一つ一つの顔が細長い舌を伸ばし始めた。イトミミズのような舌だった。

俺はようやく気付いた。
「こいつは紫陽花イソギンチャクだ。植物に見せかけた動物なのだ。」

1年前 No.30

金剛心 @steiner777 ★iPhone=HXnja33jWy


怪奇小説のネタのつもりだったのにアジサイイソギンチャク、ホントに有るじゃないか。笑

1年前 No.31

金剛心 @steiner777 ★iPhone=lHe9EgfaCs


ネロ:おお、見よ!全世界の憎悪を一身に集める、これが何にも勝る喜びなのだ。
分かるか、ペトロニウス?

ペトロニウス:皇帝陛下、分かりません。

1年前 No.32

金剛心 @steiner777 ★iPhone=lHe9EgfaCs


ネロ:余は憎まれるのは望むところだが軽蔑されるのが何よりも嫌いだ。これなら分かるか、ペトロニウス?

ペトロニウス:はい、それなら分かります。

1年前 No.33

金剛心拳 @steiner777 ★iPhone=lHe9EgfaCs


その時、俺はぶっ飛んでいた
stoneだった・・・・・

1年前 No.34

金剛心拳 @steiner777 ★iPad=wWjPL5uCWO


辺りに地鳴りの様な低い音が響いていた。それは「ゴー」というよりは「オーン」と聞こえた。
人間の耳で聞き取れる限界の低さだが妙に鼓膜を刺激する圧迫感があり微かな地面の振動を伴っていた。

ダリの「燃えるキリン」の中へ入って先ず気付いたのはこの地鳴りと大気の発光である。外から見ると夕方の空、しかしそれにしては明るい不思議な空に見えたが、それは空気自体が発光しているからだったのだ。

燃えるキリンは遠くをゆっくりと走る。身長50mはあろうかと思われる巨大な女性が二人、悶え苦しみながら歩いている。脚からは欲望の抽出しが飛び出て、背骨からも何か蛇の様なものが飛び出している。蛇は一つ一つの脊椎骨から一つずつ出ているように見えた。それがオーンという地鳴りに誘われそれに合わせて踊っているかのようだ。

俺は理解した。地鳴りは地球が自転する音であり、しかもそれが女巨人の尾□骨に共振してクンダリニーを暴れさせているのだと。
オーンという地鳴りの音はマントラのAUMに近い。いや、本来マントラのAUMがこの地球の自転する音をヨーギが聴き取ったのかもしれない。

不気味な地鳴り音とクンダリニーの熱と空気の振動と発光、全てが共振しているのだ。しかもこの振動の波形は凶々しき波長と波形だ。
それがキリンを燃やしているのである。

「凶々しい青」それがダリの絵を理解する一つの鍵である事を俺はアストラル投射でようやく悟った。

1年前 No.35

金剛心拳 @steiner777 ★iPad=wWjPL5uCWO


「風の谷のナウシカ」で王虫(これがまたオームだ)が怒り、腐海が溢れる時に老婆が感じ取った「大地の怒り」、
だが問題はダリがその「大地の怒り」に共鳴できずにいる点にある。彼の性的サディズムの故に。
彼は戦争を予感しながらそれよりももっと恐ろしい悪魔を自分の中に認める故に世界に対しシニカルな態度しか取り得ないのだ。

1年前 No.36

金剛心拳 ★iPhone=qiINkvJU9D


亡霊の女に恋をしてしまった男の物語

テーマ曲はこれが良い。
https://m.youtube.com/watch?v=xVD5ZSSqokM

1年前 No.37

金剛心拳 ★iPhone=qiINkvJU9D


ヨットで大西洋横断の冒険に挑む男の二人組。名はロジャーとマーク。

マイアミから出発するが、バミューダ・トライアングルで謎の円板状の雲に出会い、嵐になるのを恐れ方向転換して避けようとするが雲が追いかけて来て取り囲まれる。

雲の中は青い光に包まれていて、そこで難破船に出会う。難破船はヨットよりはるかに大きく安全そうなのでもう大西洋横断は止めてそちらへ乗り移る事にする。

難破船で不思議な雰囲気を持った無口な若い女性に出会う。

1年前 No.38

金剛心拳 ★iPhone=qiINkvJU9D


1943年の米海軍のフィラデルフィア実験、バミューダ・トライアングルの異様な雲の話し、幽霊船伝説、惑星ソラリスのプラズマの海、これらを合わせた話にしたい。

1年前 No.39

金剛心拳 ★iPhone=qiINkvJU9D


やはりバミューダ・トライアングルじゃ面白くないな。
魔術で呼び出された亡霊の女にしよう。

1年前 No.40

金剛心拳 ★iPhone=qiINkvJU9D


廃墟だけが残ればいい

それ以外は何も残すな

1年前 No.41

金剛心拳 ★iPhone=qiINkvJU9D


<亡霊の女のプロフィール>

バッハのオルガン曲を好む
黒尽くめの服を好む

神聖ローマ帝国の皇帝ホーエンシュタウフェン家の末裔を自称する。神聖ローマ帝国の歴史に異様に詳しい。

学校の教育を信用しない父親が6歳から家庭教師を何人もつけて育てる。

その内の一人、文学と哲学を教えた既婚の青年教師に恋をし大変苦しんだ。
その時の強迫反復で苦しい不倫の恋でないと燃えない性格になる。強迫神経症タイプ。


1年前 No.42

金剛心拳 ★iPhone=qiINkvJU9D


亡霊の女の名はカサンドラ・ロートリンゲン

1年前 No.43

金剛心拳 ★iPhone=qiINkvJU9D


カサンドラの霊が降りる霊媒の日本人女性、夢路キリコは霊と対照的な性格。

軽めのR&Bを好みツィストを踊る。元ロックンローラー族。
イギリス人の男と結婚し夫の導きでイギリスの神智学協会へ入る。そこで霊能に目覚める。

1年前 No.44

金剛心拳 ★iPhone=qiINkvJU9D


キリコはいつも交霊会の間だけカサンドラの霊が降り、その間キリコの方は意識を失っている。

しかし次第に交霊会じゃない時に突然霊が降りる様になり、それが頻繁になる。

最後には完全にカサンドラに取り憑かれる。

カサンドラは失恋した相手の青年教師の生まれ変わりを探すためにキリコに取り憑いたのだった。

生まれ変わりも既に既婚である事を知ったカサンドラは自分を地中海の海底へ葬ってくれと頼む。


1年前 No.45

金剛心拳 ★iPhone=qiINkvJU9D


初めの場面は1980年のある日曜の原宿ホコ天。時期的には竹の子族とロックンローラー族が微妙に入り混じっている頃である。

異様に足が細い若者達がツィストを踊っている。黒ジーンズに黒の革ジャン、頭はリーゼントだ。安物のラジカセから50年代のロックンロールが流れる。
男達を取り囲む5、6人の女の子は手を叩いて拍子を取る。
その中に夢路キリコがいた。

8歳の時に父親が出て行った後、母親はキリコを育てるためにバーのホステスを始め、家にはあまりいなかった。
キリコが近所のヤンキー達と遊ぶようになったのはごく自然の成り行きである。

1年前 No.46

金剛心拳 ★iPhone=qiINkvJU9D


キリコはチームで一番背の高いキーパーに惚れていた。
キーパーの本名は黒田淳。チームの中では意外と育ちが良い方で父親は労働組合の専従、母親は中学教師だった。ただ親が共働きでいくらでも遊べる環境にあったのである。

キーパーのジーンズのベルトには誰よりも太いチェーンがぶら下がっていてツィストを踊るとジャッジャッジャッジャッと小気味いい音を立てた。
「いくら腰振ったってこのチェーンの音が極まってなきゃダメだ」というのが彼の持論だった。

1年前 No.47

金剛心拳 ★iPhone=qiINkvJU9D


女の子がみんな特注の衣装で踊りたがった中でキリコだけは男と同じジーンズに革ジャンで踊るので目立っていた。

https://m.youtube.com/watch?v=BaV_i1iqegE

1年前 No.48

金剛心拳 ★iPhone=qiINkvJU9D


魔術と幽霊船の話を一緒にするストーリーを考え中。

1年前 No.49

金剛心拳 @steiner777 ★iPhone=qiINkvJU9D

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

11ヶ月前 No.50

雲龍 @steiner777 ★iPhone=hxAEwl8GlZ


裏返しのナショナリスト、葉山サトルがフランス・レジスタンスの闘士ピエール・ブロソレット、血盟団の井上日召、ブラック・パンサーのヒューイ・ニュートンの霊と会話する中で、裏返しのナショナリズムから脱却し、「インターコミューナリズム」に目覚めていく、そんな魂の成長の物語を書きたい。

4ヶ月前 No.51

雲龍 @steiner777 ★iPhone=hxAEwl8GlZ


あっ、章炳麟の霊を登場させるのも良いな。笑

4ヶ月前 No.52

雲龍 @steiner777 ★iPad=U7R3mnzrE6


葉山サトルは或る日リビングルームでスメタナの「我が祖国」から「モルダウ」を聴いていた。
https://m.youtube.com/watch?v=xihiNhEqt6Y

彼は突然ルームが変形するのを感じる。眩暈と嘔吐感の中でフランス・レジスタンスの場面へと世界が変容する。

ピエール・ブロソレット。散発するフランス・レジスタンスを命をかけて一つにまとめた英雄である。

葉山はピエールとレジスタンスの戦術について議論していた。

葉山「何故わざわざ危険なフランスでの活動をする必要があるんだ?」
「いずれナチスは必ず負ける。それを待てば良いじゃないか。」

ピエール「いや、今じゃなきゃ駄目なのだ。」

葉山「何故だ? この一番危険な時に? ゲシュタポの拷問の残酷さを知ってるだろ?」

ピエール「フランス人が命懸けでナチスに抵抗したという事を歴史に残さなければならないのだ。」

葉山「やめろ! 殺されるぞ!」

ピエール「葉山、お前には分かるまい、祖国という言葉がどれほどの重みを持つか、どれほどの輝きを持つものか、お前には分かるまい。」

葉山「・・・・・・・・・・」

4ヶ月前 No.53

雲龍 @steiner777 ★iPad=U7R3mnzrE6


ピエールはその後レジスタンスの各組織を渡り歩き一つに統合する事に成功するが、同士のジャン・ムーランが捕まった一年後、ピエールもゲシュタポに逮捕される。ジャンが拷問に耐えかねてピエールの名前を言ってしまった可能性も有った。

ピエールは自分が同士の名前を言わないために17階のビルの屋上から飛び降りて自殺する。

葉山はこの報を受けた時、ピエールの言葉を思い出した。
「祖国という言葉がどれほどの輝きを持つか、それは祖国を失った者にしか解らないのだ。」

4ヶ月前 No.54

雲龍 @steiner777 ★iPhone=hxAEwl8GlZ

ピエール・ブロソレットはドゴール派、ジャン・ムーランはマルクス主義者だった。根本が犬と猿である。しかしスターリンの「ブルジョワ民主主義者と連携してファシズムと戦う」という「人民戦線戦略」によって辛うじてマルキストと自由民主主義者の連合が可能となっていた。
中国の「国共合作」も同じである。

だがレジスタンスの中にはそれ以外に二人にとって正体不明なグループがいくつもあった。ゲシュタポのスパイ組織かもしれなかった。

その中に「シオンの修道院」と名乗るグループが次第にレジスタンスの中で大きくなっていた。トップがユダヤ人だという噂が流れていた。

4ヶ月前 No.55

雲龍 @steiner777 ★iPhone=hxAEwl8GlZ


もう行き詰まったわ。笑

3ヶ月前 No.56

雲龍 @steiner777 ★iPhone=Tz2HOEVQy5


成長する機械

自分の故障を自分で修理する機械

3ヶ月前 No.57

雲龍 @steiner777 ★iPhone=Tz2HOEVQy5


自分を喰おうとするウロボロス機械

自分を壊そうとする自滅機械

3ヶ月前 No.58

雲龍 @steiner777 ★iPhone=Tz2HOEVQy5


突然、眉間の一点から前方のスクリーンへ円錐状に光が放射した。青い光だ。青の中を無数の金色の点がゆっくりと前方へ動いて行くのが見える。
しかしもっとよく見るとその逆方向に動いている物がある。
スクリーンから眉間へ、それは点の動きと逆向きの液体の流れだ。

金色の点は拡散し液体は収縮していく。

ゲーテが植物のモルフォロジーで見たものはこれだったのか?

3ヶ月前 No.59
ページ: 1 2

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる