Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(133) >>

ナルコレプシーと夢遊病

 ( 書き捨て!小説 )
- アクセス(1810) - いいね!(22)

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★BuLafKSxej_Ew9





  オルケストラの音楽が鳴り響く舞台上で、踊り子は舞う。



 ( ノーマル/ガールズ/ボーイズ、そんなラブ。 )
 ( セクシャル、グロテスク、そんなお話も。 )
 ( 診断メーカーお題ネタ有り )

 ( いろいろなものを切って焼いて蒸らして混ぜたごった煮。 )



..

1年前 No.0
メモ2017/08/23 14:15 : れんな☆NV9.aFlWgHaQ @riina★t9YJOQ2zNX_oTr

【 書く話 】

▼とりぷるふーる!

▼Terra merita

▼Gunshot Ensemble!

▼企画「COLOR'S GANGSTA!!」

▼企画「妖怪京都浪漫譚」

▼TRPG「クトゥルフ神話TRPG」PC・NPCの話

▼TRPG「永い後日談のネクロニカ」PCの話

▼TRPG「トーキョーN◎VA」PCの話

▼うちうち/うちよそ


【その他】

2016.03.12 アクセス300突破//いいね14ありがとうございます!

2016.03.18 記事名を「ハロー・グーテンターク・ブエノスタルデス!」から「フォーマルハウトと生ける炎」に変更。

2016.04.09 記事名を「フォーマルハウトと生ける炎」から「+ 遊戯箱の中身」に変更。

2016.05.04 記事名を「+ 遊戯箱の中身」から「ナルコレプシーと夢遊病」に変更。

2017.05.12 アクセス1500突破//いいね22ありがとうございます!

ページ: 1 2


 
 
↑前のページ (83件) | 最新ページ

御座敷たたみ @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★iPhone=smmwsf0Pf5



悪い大人の話。


# 胡乱な男の話をしたい

1年前 No.84

御座敷たたみ @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★2U9hGNo1m1_qFs



 「私だって一人前の女の子なんだから、甘酸っぱい青春がしたいんですっ!」

  がーる・みーつ・がーる!


# 女学院の話でここはひとつ

1年前 No.85

削除済み @riina ★iPhone=smmwsf0Pf5

【記事主より削除】 ( 2016/08/12 18:16 )

1年前 No.86

御座敷たたみ @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★2U9hGNo1m1_qFs



 一位は一年生の頃は最下位のド底辺!成り上がるための努力を知ってる十八歳!青春なんかはドブに捨てた!


..

1年前 No.87

御座敷たたみ @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★2U9hGNo1m1_qFs


 西行夏梅は由緒正しき名家たる西行家の長男である。


# 夏梅の話

1年前 No.88

御座敷たたみ @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★2U9hGNo1m1_qFs


「おねーちゃんってほんとどうしようもない生き恥晒し! アタシがいないとなーんにもできないのカワイそう〜!」
「ご、ごめんね、私の出来が悪いから、穂野果ちゃんに迷惑かけちゃって、ほんとにごめんね……」

# 姉妹

1年前 No.89

「ずっと昔から、君を知っている」 @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★2U9hGNo1m1_qFs




 ◆行方不明
 なめかた-しらず。信仰してくれる人がいなくなって、自分の力をほとんど失って自分の本当の名前を忘れた神様。
 平安から千年以上の時を生きている。

 ◆神代廻
 かみしろ-めぐる。十六歳の女子高生。ボクっ娘。二つ上の兄が居る。実家は神道に通ずる神職。




  「時々寂しくなって、君の名前を何度も呼んだことがあるんだ」
  「ずっと君を見守っていたよ。君が君になる前から、君が生まれる前から、ずっと」
  「君が繰り返し大人になって、何度も何度も僕の遠くへ行っても。その都度探して、長い間見守り続けていたんだ。僕は神さまだから」
  「もう、神さまとしての力なんてないけど。ただ長生きをし過ぎてるだけなんだ、でも、」
  「こうしてまた、君に巡り会えたから。長く生きるのも、悪くないね」

  「夢の中でずっと、誰かがボクの名前を呼ぶ声が聞こえていたの。貴方だったなんて思ってもいなかった」
  「ボクの名前を呼んでくれて、ありがとう。見守っていてくれて、ありがとう。嬉しいよ、すごく、すっごく」
  「前世とか、そのまた前世の昔の記憶なんてボクにはもうないけど、貴方に会えたのは運命かもしれないね」
  「探してくれて、ありがとう。出会ってくれて、本当にありがとう。──ねえ、」
  「ボクの名前を呼んでくれた貴方の名前を、呼んでもいいですか」



# かみさまとにんげんのはなし

1年前 No.90

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★2U9hGNo1m1_qFs

# 神代祗と入谷優也のひどく退廃的な話。

1年前 No.91

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★2U9hGNo1m1_qFs


 大槻飯綱は世捨て人。

# イヅナの話

1年前 No.92

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★2U9hGNo1m1_qFs



「妹殺しに親殺し」
「倫理だとか道徳だとか、そんなの知ったこっちゃねぇな」
「だって俺は一人の兄である前に、一人の子どもである前に、一人の人間である前に──」
 ・・・・・・
「一人の殺人鬼なんだからな」
「たははっ! わかるか? わっかんねえよな! 俺にだってめちゃくちゃなんだからよ!」
「ま、そういうワケだからさ。神代祗っていう殺人鬼は、そういうモンなんだぜ」


# 殺人鬼

1年前 No.93

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★2U9hGNo1m1_qFs



「あなたがどうとか、ぼくには全部どうだっていいんですけど」
「人殺しだろうがダメ人間だろうがぼくには興味ない」
「所詮ぼくとあなたは、赤の他人なんですから」
「あなたが、きみがどんなに重い病気を患おうが。どんなに辛い事故に遭おうが。どんなに苦しもうが。全部」
 ・・・・・・・・
「ぼくには関係ないんです」
「何があろうとそれは全部きみの責任だ。自業自得って言葉もあるでしょう」
「ぼくは、ただの一般人なんです。それ以上でも、それ以下でもない」
「これ以上、きみの勝手な都合でぼくを巻き込まないでくれ」


# 一般人

1年前 No.94

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★2U9hGNo1m1_qFs


 人を殺す為だけの、天性の才能。神代祗はそれを有している。唯一無二の可能性。人の道を踏み外した彼だからこそ得られた能力。

# 落書き

1年前 No.95

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★UMwseQMAgX_qFs


 その日は、本当に、最悪な一日だった。

1年前 No.96

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★UMwseQMAgX_qFs

 ぼくが望まなかった邂逅。殺人鬼と初めて出会った。ぼくらの腐れ縁が始まるきっかけになった日。

1年前 No.97

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★UMwseQMAgX_qFs

 妹が死んで間もない中二の夏。第一印象は本当に、最悪だった。

1年前 No.98

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★UMwseQMAgX_qFs

  当時いじめられていたぼくは、その一件がきっかけでいじめられることはなくなった。クラスからも完全に孤立した。
 ぼく以外のクラスメイトが、全員殺された。もう使われていない旧校舎の一室。夥しい量の血液で染まった床と壁に囲まれて、『そいつ』は確かにそこに居た。

1年前 No.99

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★UMwseQMAgX_qFs

「よう、二年生!」

1年前 No.100

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★UMwseQMAgX_qFs

 そいつは確かにそう言って、ぼくに向かってへらりと笑って手を振ってみせた。頬にまではねた返り血を拭うことさえせずに、呑気に笑っていた。その左手には血で真っ赤に染まったナイフが握られていて、ぼくは、その場に立ち尽くすしかできなかった。「ぼくも殺されるのか」なんて考えている暇さえないくらい、頭が真っ白だった。
 クラスメイト全員が、ばらばらになって殺されている光景は、簡単に受け容れられるものじゃあなかった。

1年前 No.101

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★UMwseQMAgX_qFs

 Case1. 誡祗との関係

1年前 No.102

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★iPhone=smmwsf0Pf5

 ボクは、どうしようもないくらいに幸運だ。

1年前 No.103

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★iPhone=smmwsf0Pf5

 血の繋がった、自慢の可愛い妹がいること。恵まれた家庭環境に産まれて今まで何不自由なく生きてきたこと。そして、血は繋がらないけれど、可愛い弟達が出来たこと。

1年前 No.104

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★iPhone=smmwsf0Pf5

 弟達(かれら)と出会ったのは、幾年か前のこと。決してそう遠い昔のことではなかった。

1年前 No.105

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★iPhone=smmwsf0Pf5

 その日は雨が降っていた。しとしとと降り注ぐ空の粒が傘の上で踊り、小気味のいいぱらぱらとした音を立てていた。雨降る街を真っ白な傘とともに歩く中で、ボクは二人に出会った。

1年前 No.106

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★UMwseQMAgX_qFs

 雨の中傘をさすこともなく路地裏に佇む彼らを見た時に、無意識に声をかけていた。「大丈夫かい?」二人に自分の傘を傾けて、ボクはそう尋ねた。
「……まあ、なんとか」
 先に口を開いたのは、白髪赤目の男の子──祗くんからだった。

1年前 No.107

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★iPhone=smmwsf0Pf5

 少しだけ、話をした。聞いたところによると二人は身寄りがなくて、ただどうにか日々を生きているようだった。食には事欠かないけど、衣と住には困っているようで。二人の年齢はボクの妹とはそこまで離れていなかったからか情が湧いて、気付くとボクは「それじゃあボクの家に住みなよ」なんて突拍子もないことを口にしていた。その時の二人の驚いたような顔は、今でも忘れられない。

1年前 No.108

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★iPhone=smmwsf0Pf5

五人戦隊と悪の組織という鉄板めいた創作はいかがだろうか?

# あたまがおかしくなった

1年前 No.109

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★EeE31f9xvp_qFs

 ほどなくしてボクの家に優也くんと祗くんが住むことになった。孤児だという彼らを引き取って暮らすのは容易なもので、それからの生活に特に不安なことはなかった。最初はボクがなんでもしてあげていたら二人は戸惑っていたけれど、次第に買い与えられるものや作られた食事などは素直に受け入れてくれるようになっていった。そういう日々の中で、ボク達は血は繋がらないけれど確かな兄弟になっていった。

1年前 No.110

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★EeE31f9xvp_qFs

 ボクが『家族』のことを深く知ったのは、一緒に暮らすようになってから七日も経たないうち。ボクが知ったのは、優也くんは本当に身寄りのないたった一人の男の子だということ、そして、祗くんが殺人鬼だったということ。

1年前 No.111

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★EeE31f9xvp_qFs

 初めはボクも驚いた。小柄で明るくて純粋な彼が有り得ないほど多くの人を殺しているという事実と、その人を殺すことに長けた天性の才能が。

1年前 No.112

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★t9YJOQ2zNX_Pr3



(  閑話休題、!  )


..

1年前 No.113

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★t9YJOQ2zNX_Pr3



◆聡明剛毅のサイバネティクス
 世界観:科学技術が進んだ世界/人と機械の部位の互換や置換が当たり前になっている
 舞台:私立此宮学院(しりつ-このみや-がくいん)

 サイバネティクス=武器=特殊能力/サイバネの能力等による序列化/学院内ランキング
 不定期開催非公式戦/公式トーナメント試合/武器!武器!!武器!!!


◆キャスト
 黒鉄明子/テッコ
 金剛琥珀/コハクさま




#メモ

1年前 No.114

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★t9YJOQ2zNX_Pr3



【 詰め込め! 】
 サイバーパンク/バウンティハンター/サイバネティクス/学園内序列/武器が全て
 非公式戦と公式トーナメント/ガン/ガトリング/ハンマー/二丁拳銃/ドデカいアーム!
 学園外クエスト/チーム/バディ/潜入!/敵組織


#聡明剛毅のサイバネティクス_メモ

1年前 No.115

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★iPhone=smmwsf0Pf5

彼女は震えた指で盃を口元へと運ぶ。一杯の毒で満たされたそれを、くい、と瞬く間に飲み干した。飲み干して、しまったのだった。

1年前 No.116

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★iPhone=smmwsf0Pf5

いつか埋もれてしまわないように!

9ヶ月前 No.117

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★t9YJOQ2zNX_ZUu

 書きたい話がないっていうのにも関わらず、指は勝手にキーボードの上を滑るし、こうして書き捨てにまとまらない文字を投げている。

8ヶ月前 No.118

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★iPhone=smmwsf0Pf5

 少なくとも。
少なくとも、ぼくたちは──あのときまでは、確かに普通の高校生だったんだ。
それがおかしくなってしまったのは、……一体いつからなんだ?

7ヶ月前 No.119

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★iPhone=smmwsf0Pf5

「虚ろだね」
 翳さんはぼくへ向けてそう言った。乾いた笑みは底知れない。
「キミの名前を教えてもらえないのなら、それでいいんだ。少しだけ話を変えよう。キミは、キミ自身に名前をつけるとするなら……どういった名前をつけるのかな?」
 ファーストコンタクト。
「……疵物、失敗作、……人間失格?」
「おや。想像以上にマイナスな答えだね。キミはキミ自身をそう評価するのかい」
 この人はまた、からからと乾いた声でぼくをわらった。

7ヶ月前 No.120

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★iPhone=smmwsf0Pf5

 そいつに出会ったのは、中学二年生の頃のことだ。史上最悪の転校生。ぼくのクラスメイトを皆殺しにした上でのうのうと生きている、殺しの天才。生粋の殺人鬼。それが──神代祗という、唯一にして無二なる、ぼくの友だった。

7ヶ月前 No.121

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★iPhone=smmwsf0Pf5

「真を以て理をあらわす! これが真以理ちゃんの名前の覚え方ですっ、ご理解頂けましたー?」
 神代の妹だと名乗る彼女は出会い頭にぼくに自己紹介を始めた。そして、今に至る。兄とは似ても似つかない可愛い女の子だとは思った。思って、しまった。素直に言おう。今のぼくからすれば、ちょっと喧しい。

7ヶ月前 No.122

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★EraY1QpMkh_m9i

#どんな世界でもどんな設定でも祗と優也の出会いはほとんど変わらないんだよなあ

7ヶ月前 No.123

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★EraY1QpMkh_m9i

「おっ? 俺に喧嘩売ろうってか。やるねえ。その心構え、嫌いじゃないぜ──お前がもっと強かったら、な!」

7ヶ月前 No.124

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★t9YJOQ2zNX_oTr


 ──何処からともなく、鈴の音が聞こえてきたのなら、それは風来坊の兄弟の来訪を告げる音なのだと誰かが言った。
 東風は都を吹き抜けて、春の匂いは何処へと、二人の男が街に顔を出す。眉目秀麗、艶やかに流れるような黒髪は長く伸び、赤い瞳は赤提灯の下がる街並みを広く見据え。香水と桃の香りを連れて、ヒトと鬼の子は行く。

..

3ヶ月前 No.125

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★t9YJOQ2zNX_oTr




    ── Gunshot ensemble!



 → 舞台はN.C.2015。我々の生きる世界によく似た、しかし異なるアメリカ大陸に建設された人工島。50年前と比較的最近に作られたその島『ビーバップシティ』は無法地帯と化しており、あらゆるギャングやマフィアが蔓延る、言わばスラム街状態。そのギャングやマフィアたちを相手にし島全体の治安向上の為に、アメリカ大陸本土から選りすぐりの警察官たちがビーバップシティに集うこととなった。
 ビーバップシティ警察署。そこには、手練れたマフィアを相手に一歩も引けを取らぬ優れモノの、それでいて奇抜な警察官たちが居る。島の西へ東へ、時には海へ空へと忙しなく動き回るドッグポリス。
 ──これは、取り留めのない群像劇。





#創作メモ

3ヶ月前 No.126

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★t9YJOQ2zNX_oTr



 ▼主人公
 エドワード・ウォーカー(27)
 警察官。本作主人公。181cm69kg。愛称は「エド」。
 ブラジル系の母親とイギリス系の父親の間に生まれたハーフの男。国籍はイギリス。母親譲りの褐色肌と父親譲りの金髪。
 切れ長の赤い瞳に甘いマスクが特徴的な色男。トークと射撃のスキルは超一流。ただしそれ以外は三流止まりの自称英国紳士。

 剽軽で非常に軽薄、かと思いきや仕事の成果はきちんと上げる。
 仕事に関しては比較的誠実な切れ者であり、その性質上彼に文句を言う人間はあまりいない。
 プライベートに関しては軽々しい男なのは事実である。女性関係に溺れることはせず、対人関係は一応しっかりとしている。

 Like ; 果実酒、紅茶 / dis ; 長話



#創作メモ

3ヶ月前 No.127

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★t9YJOQ2zNX_oTr



 ▼警察官
 ファウスト・トイフェル(27)
 エドワードの同期。ドイツ男性。185cm76kg。愛称は「ドッグ」。彼が無類の犬好きであることから。
 ドイツ語で名のファウストは幸運を、姓のトイフェルは悪魔を意味する。ボサボサの黒髪に射抜くような金色の瞳の男。

 警察署内での実績は二番手と三番手の間を行ったり来たりといった具合であり、決して悪くはなくむしろかなりの良成績。
 ……なのだが、あまりにオールマイティにバランス良く仕事ができてしまうため逆に抜きん出たものを持たずいまいちぱっとしない。
 本当は警察犬の訓練担当になりたかったらしいが情が湧きすぎて仕事にならない為却下された。

 like ; 犬 / dis ; 懐かない猫



 トキシー・アルバート(16)
 署長の娘。150cm43kg。しょっちゅう警察署に顔を出す気侭な猫じみた少女。愛称は「トキシィ」又は「ポイズン」。
 モカブラウンのふわふわとした髪を日と気分によってツインテールやサイドテールなどに結っている。緑の瞳。
 一見無垢で愛らしい様相の少女に見えるがベテラン警察の娘だけあって護身術や銃の扱いの心得などはばっちりの武闘派。

 非常に気まぐれでわがままな猫めいた性質からファウストには避けられている。彼女はエドワードのことをえらく気に入っている様子。
 生粋のファザコンの気があり、この世で最も尊敬する人に父親の名を挙げているほど。

 like ; 父親、パフェ / dis ; 乱暴な男、コーヒー



 ブラッドリー・アルバート(49)
 警察署長。186cm83kg。愛称は「ブラッド」。彼を愛称で呼ぶ人物は滅多に居ない。
 本土では唯一無二の凄腕警察と言われ、ビーバップ・シティの警察署長に抜擢されたベテラン中の大ベテラン。
 個性派揃いの若人ばかりの警察署を上手くまとめており、どのような警察官であろうとも彼に畏敬の念を示すほど。
 銃の扱いに非常に長けており、また武術にも精通している。エドワードに射撃スキルを叩き込んだのは彼である。

 妻は比較的安全な本土の実家に暮らしており、別居状態ではあるが夫婦仲は良好。娘は勝手についてきてしまったようだ。
 船酔いするため船が苦手。当初ビーバップシティに配属されたとき、ここに来る為の船でひどく酔った。

 like ; 家族、ミディアムレアのステーキ / dis ; 船、生魚





#創作メモ

3ヶ月前 No.128

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★t9YJOQ2zNX_oTr




 ▼マフィア
 アンリ・ジュリエッタ(28)
 『プライド・ファミリー』ボスの愛人。168cm50kg。愛称は「アンリ」あるいは「ジュリエット」。
 腰まで伸びたハニーブロンドの髪に憂いを帯びた紫の瞳と赤いルージュが印象的。
 絵画のように美しく、それでいてどこにでも居るような普通じゃないようで普通な、不思議な人物。
 彼女を魅惑的で妖しげな魔女だと言う者も居れば、慈悲深い施しの聖女だと言う者も居る白黒ハッキリしない謎めいた女。

 マフィアの女だけあってか戦闘スキルは相当のもの。ナイフと銃さえあれば、複数の男を相手取っても勝ちを取る。
 必要とあらば自身の容姿を利用した色仕掛けも躊躇なく行う。決断が早く意志の固い心身ともに強い人。
 プライド・ファミリーを追うエドワードとは過去に何かしらの関係があったらしい。

 like ; 林檎 / dis ; 嘘



 レイド・ガスター(34)
 マフィア『プライド・ファミリー』のボス。本作ライバルに位置する。182cm71kg。白色混じりのホワイトブロンドの髪に青い瞳。
 七年前に起きたマフィア間の抗争で妻を失っており、それ以来はジュリエッタと共にいる。マフィアのボスとしての実力は最高峰。
 何十人、何百人といる組織を束ね上げその頂点に座する男であり、冷徹で残酷な人物として知られる男。

 プライド・ファミリーを追う警察を疎ましく思っているが現在においては敵に値するとは到底思っていない。それほど実力に自信がある。
 ただしブラッドリーとエドワードについては注意深く用心しているようであり、特にエドワードをアンリとの因縁もあってか敵視している。

 like ; ウィスキー / dis ; 炎




#創作メモ

3ヶ月前 No.129

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★t9YJOQ2zNX_oTr





 ▼その他
 ウィリアム・スタンフォード(20代〜30代・詳細不詳)
 探偵業を営む男性。177cm59kg。愛称は「ウィル」。
 本土からビーバップシティに渡ってきた人物。争い事や事件といった荒事に立ち会うのが趣味の変人。
 現在はビーバップシティ西部エリアにある街に自身の探偵事務所を構えている。
 探偵としての実績は確かなもので、尋人から浮気調査、はては殺人事件の解決や警察への協力など名探偵と呼ばれるに値する業績。
 彼の探偵事務所には、依頼の用が無くとも訪れれば(彼の機嫌が良い時は)紅茶と茶菓子などを用意してくれる。

 年齢もいまいちわかりきっておらずなかなか素性も知れないミステリアスな人物。
 曰く、「探偵こそ一番の謎であるべきなのだよ」とのこと。
 『探偵』という立場上、『依頼人』次第で所属や協力をする組織をころころと変える何処までも中立の存在。基本的には味方。

 like ; 煙草 / dis ; 喧嘩(見るのは好きだがするのは嫌い)





*N.C.はNew Centuryの略称。
#創作メモ

3ヶ月前 No.130

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★t9YJOQ2zNX_3v2

『だれかののこしたおもちゃばこ』

1ヶ月前 No.131

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★t9YJOQ2zNX_3v2

『我楽多集めのトイボックス』

28日前 No.132

れんな @riina☆NV9.aFlWgHaQ ★t9YJOQ2zNX_3v2

『がらくたの匣』

28日前 No.133
ページ: 1 2

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる