Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(1221) >>
★この記事には「性的な内容」「ショッキングな内容」が含まれます。もし記事に問題がある場合は違反報告してください。

 詳細は取扱説明書をご覧下さい。

 ( 書き捨て!小説 )
- アクセス(5569) - いいね!(35)

ぼっち。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★8cfd0izEyf_mgE








 ( 宴もたけなわと言うことで、 )



 ――!、

 ▽ 孤独をものともしない僕だけの書き捨てです。主に野郎共がキャッキャしてます。
 ▽ 閲覧は自由ですが荒らしや冷やかしさん達は左手の出口から全速力で去って行って下さい。チキンハートな僕に荒らしや冷やかしなどは結構堪えます。
 ▽ 同性愛要素やら何やらが入り乱れておりますので閲覧注意です。たまにグロ要素のものも含まれるかも知れません。
 ▽ パクリさんも荒らしさん達同様に左手の出口から全速力でお立ち去り下さい。
 ▽ 一代目が記念すべき2000レス行ったので二代目です。
 ▽ 文才なんてどっかに捨ててきました。しょーもないもんばっか書いて自給自足生活を満喫してます。






 「 孤独が嫌いだなんて、何と君はまあ、 」








 ( ――それでは皆さん、お手を拝借! )


2年前 No.0
メモ2016/12/28 18:34 : とみや。☆SKeWosbaJPA @myuu10★Android-pwXnxWHVkM

  


 ロンリー、ロンリー、ロンリー!→詳細は取扱説明書をご覧下さい。


 ――


 ぱち:34

 アクセス:5200超え


 さんくす!


 

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

 
 
↑前のページ (1171件) | 最新ページ

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM



 診断メモメモ



コードネーム:ローズ
役職:首領
役目:主に見張り役。常に首領や幹部の側にいる。
武器:マグナム
性格:冷静沈着
髪色:山吹
目色:全眼
特技:チェス
→ゴスロリ


コードネーム:クイーン
役職:幹部兼開発員
役目:主に情報仕入れ係。敵組織や周囲の情報を集める。
武器:バット
性格:冷酷無慈悲
髪色:水色
目色:茶色
特技:ジャグリング
→パンツスーツ白衣


コードネーム:リリス
役職:諜報員
役目:主に後始末役。死体や武器の片付け、後処理。
武器:リボルバー
性格:変態
髪色:緑
目色:紫
特技:ピアノの演奏
→袖が長い服陰キャ前髪


コードネーム:クラウド
役職:準首領
役目:主に表は参謀員。裏は常に裏切り者がいないかファミリー全体を監視している。首領との信頼が深い。
武器:毒
性格:臆病
髪色:紅
目色:水色
特技:人を騙す
→眼帯


コードネーム:メイス
役職:報復員
役目:主に先陣役。自分が動く事が戦闘の始まる合図。
武器:ナイフ
性格:無関心
髪色:紫
目色:青
特技:いじめ
→姫カットクズ


1ヶ月前 No.1172

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1ヶ月前 No.1173

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM






 Q:狛太祇社

 好きな女の子のタイプ:大前提は、……人間であれば
 風呂に入ったらどこから洗うか:頭からだな
 好きな子と行きたいデートスポット:相手の行きたい所に
 常にバッグの中に入れているもの:札……いや、筆記用具か?
 尊敬している人:父だな。いつまでも俺の憧れだ。
 頭脳:まあまあ、といったところか。謙遜?
 出身地:言ノ葉町だ
 視力:良くも悪くも、視えすぎる
 握力:見た目なりには
 聴力:逆に悪い。そう思いたい。
 口癖:「狛犬は俺だ」……とか?
 利き手:右だな
 癖:色んな奴の話を聞いてしまう……やめたい、切実に。
 SかMか:知らん。
 フェチ:そういうものに縁がない。が、手はよく見るな。
 キュンとくる仕草:……笑顔?
 コンプレックス:まあ、別に
 この世で一番怖いもの:人間
 この世で一番好きなもの:平穏
 この世で一番大事なもの:生きること、自分の命
 この世で一番苦手なもの:……人の死
 人からよく言われること:「不思議な雰囲気」とは、よく言われる。
 自分から見た自分:大変そうだな、とは思うぞ。
 座右の銘:触らぬ神に祟りなし
 最近気になっていること:後輩各位の憑き物
 手放せないもの:札
 自分だけが知っている他人の秘密:単純に、視える聞こえる話せる触れる払える事、について。
 理解ができないこと:自分の諸々
 将来なりたいもの(やりたいこと):順当に神主を務めたいと思っている。
 今したいこと:平和に、穏やかに、最後まで何事もなく。
 努力していること:町の害虫駆除を、少し
 他人より優れていると思うもの:霊力……?
 朝型か夜型か:どちらかというと、朝方だろうな。
 好きな国:祖国が一番だ。
 「愛」とは:真実。
 自分を漢字一文字で:真。これだと、格好つけすぎだろうか。
 主食:米だな
 好きな髪の長さ:長めの方が良いとは思う。
 自分に一番似合う色:青、あるいは緑。
 自分に一番似合う場所:自他共に、和の風景が似合うとは思う。
 自分に一番似合う花:両親には、社の芍薬が俺に合う、と言われたな。
 自分に一番似合う言葉:……好事魔多し…………
 夢で会いたい人:昔見たことのあるはずの、御方に。
 最も価値のあるもの:人の思い。つまり、心?そんな類のものか。
 幸福を感じるとき:周りの人間が幸せで居ること。



1ヶ月前 No.1174

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM






 「こんにちは! わたし、あなたを救いに来ました!」



1ヶ月前 No.1175

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM







 ラブイズマイヒーロー




 生きていく上で必要なものは何か。
 ケッキョク。端的に言えば、富や名声なんか役に立たない。大事なのはなんだかんだ――そう、「生」、つまり命。大前提。酸素も必要、大重要。いや、バット、つまり、オビアスリー。人間サマも動物サマも、生きてなきゃイミがないってわけでして。生きること自体に意味はないけど、生きていくことに意味はある。現在進行形=live on? いやいや、オレだってキレイゴト並べたいわけじゃねえのよ。そんな汚い話、おれ、大ッキライだから。キレイは汚いよ、汚いもキレイじゃない。この世にキレイなことなんて、ない。みんな何かしら汚いトコを取り繕って、口からでまかせ。少なくとも、そう思うけど。
 どうでもいい?あー。ま、そっか。今から死ぬんだし、そんなの、どーでもいいよなあ?


 「いやー、空がキレイだねえ。なあ、後輩クン?」


 夏のにおいがする。蒸し暑くて、不快指数MAXな感じ。俺は夏は嫌いじゃないけどな。爽やかな暑さは、案外気持ちいいから。
 フェンスの外側、屋上の縁に座って、風に揺られる。ケッコー、悪くないかも。なんてな、どうでもいい。明らかに不快そうな面持ちの、後輩クンの顔を見るべく振り返り、口角を上げる。破滅的に生きて、いつだって死ねそうな雰囲気してる後輩クンが、今は心強いぜ。ウソだけど。普段人様に迷惑かけまくった挙句、オレに対して不遜な態度を働いたんだから、その罰。ちょっとくらい、オレに迷惑かけられてくれって、直々に頼んだんだぜ? わざわざ頼むなんて。ヤッダ、俺ってばメチャクチャやさしー。
 不満タラタラで、いつもみたいに「隠して」られないくらい。嫌悪を前面に押し出して、むしろ、それ以外もそれ以上もないくらいの顔。傑作、ウケる。まるで、別人みたいな顔して、座りもせずにオレを見てる。不快感とかは、そんなに。オレはトクベツ。衆目に晒されるのは、とっくの昔に慣れた。トクベツだから。


 「――夏は、臭いますよ」


 気づかう感覚じゃなく、あくまでも世間話。諦めたみたいに、ゆーっくりため息を吐いたあと、ニッコリ笑顔で話しかけてきた。オレの世間話のフリには応えてくれねえのにな
。やっと、いつもの仮面を取り戻した後輩クンは、からかうつもりで言ってるらしい。確かに夏は腐敗臭がすごいよな。ゴミにハエが集って厄介――アレ、これ、俺のことゴミって言ったりしてる? 煽りか? 真っ向勝負しか出来ねえから、今からフェンス越えて、ぶん殴りにいっていいか? 優しい俺は、そこまではしねえけど。


 「何のためにオマエが居るんだよ」
 「そんな犯人みたいなこと、させられるンですかァ?」


 めんどくさそうな声。そもそもの論点が違うというか、倫理的には二人とも赤点レベル。人として大事な「ナニカ」が失われた、欠陥者。失ったピース。それでも俺たちは、今の自分に満足して、生きてた。でも、俺は、それも今日で終わり。飽きたっていうか、つまり。だから。
 俺は――誰もが望む大衆的なハッピーエンドも、トンデモ展開のファンタジーみたいな世界観も、誰かと一緒に何かしらの道を歩んで幸せになったり、運命の出会いを果たしたりだとか、神のお告げを聞くとか、そんなのはどうだっていい。どこかの誰かが勝手に救われて、自己満足に感謝して、自己満足に笑顔で幸福になるのが気持ち悪い。耐えられない。意味不明。理解できない。
 だから、死にたいと思った。っていうより、「死にたいと思ってた」の方が正しいか? さも俺のおかげみたいに言われて、謂れもない正義を押し付けられるのに嫌気がさしたから。ただ、それだけ。子どもじみた理由でけっこう。なぜなら、俺はまだ子供だから。ビコーズ。たったこれだけでいい。俺が命を落とすには、十分――十二分の理由になるから。


 「ところで、」
 「んー?」
 「結局、誰か一人でも救えたワケ?」


 へらへらり。ムカつく笑顔だなあ、まったく。やれやれと肩を竦めて、覚えたての、流行りのJPOPを鼻歌でお送りする。宙に投げ出した足をぶらぶら揺らして、下を除いて、その高さに身震い。ゾクゾク。


 「これから救うんだよ。」


 おれは、おれを救うために死ぬ。ムダなことに振り回されたり、世界に絶望しないために、おれを護る。ヒーローだのなんだの、勝手に期待してればいい。勝手に救われてろ。
 見るからに不服そうな後輩クンの顔を、みなさまにお見せできないのが悔しい。俺の返答が気に入らなかったみたい。ザンネン。絶望も、不幸も、嫌悪も大好きな後輩クンは、確かに救済なんて大っキライだろうな。性根が腐りまくってんだよなあ、俺と似てんね。


 「……アンタは、なれねェよ」
 「なるよ、これから」


 ゆっくり、慎重に。フェンスを掴んで立ち上がり、振り向いて、歯を見せて笑う。
 だって、今、俺は俺を救えるから。自分の優しさで、自分を愛せる。これは自殺なんかじゃない、介錯だ。頑張ってくれた俺を許して、





 (書き納め没。よいおとしを。)




1ヶ月前 No.1176

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM




 斗々田みくり(ととだみくり)
 「おれ? あっ、斗々田みくりです! よろしくっ!!」
 「あっ、いまバカにしましたねー!? 失礼だなー、おまえ! 良くないよなぁ、そういうの。」
 「ん? あっ、それ新作の豚キムチ味のアイス!? たべるたべるーっ!」

 天真爛漫、明朗快活。動きが大きくうるさい。声も大きく、音域が広い。基本的に綺麗で通りやすい声。クセのある茶髪であり、犬の耳のようにハネた寝癖がある。襟足長めで、後ろで一つくくりにしている。右耳上あたりでカラフルなピンで髪を留めている。赤黒い澄んだ瞳、キラキラ。身長は179cm。あと1cmの壁をどうにか超えたい。
 味覚音痴のゲテモノ好き。「新発売商品」に弱い。加えて方向音痴。運動神経は抜群で、歌もうまい。勉強はやれば出来るけど、好きじゃないのでいつも最低一個は赤点がある。通知表に「もうすこしがんばりましょう」といつも書かれる。しょぼん。表情がコロコロと変わり、見ていて気持ちいいくらい。とても素直。純粋というわけではない(?)。基本的に敬語とタメ口ごちゃ混ぜ。
 「おれ」「おまえ」


1ヶ月前 No.1177

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1ヶ月前 No.1178

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM






現代学園モノ
学校には七つの大罪・七つの美徳・七つの元徳になぞらえてその名を呼ばれる者達がいる。

・私立・枢木学院高等部(くるるぎがくいん)
金持ちのプレミアしか入れない。金に物言わせりゃどんな馬鹿でも入れる。右を向けばあの人気女優の娘、左を向けば誰もが聞いたことある大病院の一人息子など当たり前。教師達はその金持ちの下っ端、というような扱いなので大罪・美徳・元徳に対しての発言権は無に等しい。金ですべてを揉み消せる。やりたい放題の学校。寮生活とは言え一部屋一部屋が普通の一軒家より少し小さい程度にはある為一般人が見たら倒れるレベル。学院の広さは中等部を合わせると東京ドーム20個分以上。


七つの大罪=生徒会
七つの美徳=風紀委員会
七つの元徳=学級委員会


・表向きは「対立」していることにはなっているが、個人個人での関係についてまでは口出しもされないので対立関係の組織同士でも仲の良い人間もいる。
☆生徒会長・風紀委員長・学級委員長による三組織の会議が月に一度開かれる。予算決めやこれからの学院の方針についてを決める。

・自由に行こうぜ!な校風。

・男女共にワインレッドのブレザー。紺のスラックス、赤チェックのスカートが規定の制服。ネクタイの色は大罪が深い緑、美徳が白、元徳が紺色となる。リボンの色も同じく。大罪は獅子の形、美徳は鷹の形、薔薇の形をした金のバッヂを制服のどこかに身に付けている(髪飾りなどの改造可)
着崩しても良し、そのまま着ても良し。


獅子……百獣の王であるライオンは権威の象徴。実力者、独裁者を示す。気力、体力とも高まっている状態。老賢者やシャドーであることもある。
鷹……優越感や権威のシンボル。攻撃性やチャンスを逃さない姿勢。広い視野を持つ事など。確固たる座を確保するなど
薔薇……美しさや完璧さの象徴。プライド、自己顕示欲や、異性からの誘惑。バラ色の人生を意味したりもする。



 (懐かしみ)


1ヶ月前 No.1179

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM






鳥居大地 雪名(とりいおおじ ゆきな)/血液性愛者/21歳
他人の自分の問わず血液が好き。最悪飲める。見るのも飲むのも浴びるのも好き。大分おかしい。血が好きな影響か赤いものを好む。自傷行為も大好き。他人より痛覚が鈍く出来ているため大抵のことは「ちょっと痛い」程度。愛想が良く警戒心は高いが、割と人懐っこい性格。年齢に見合わず子供っぽい。
身長は168センチ、56キロ。不健康な生活を日々繰り広げている。適度に伸びた染髪している赤黒い髪に、黒の瞳。夏でも長袖を着ている。
一人称は「おれ、ゆき、ゆきな」のどれか。
二人称は「あんた、きみ、××くん/さん/ちゃん」。

穂村 比与森(ほむら ひよもり)/嘔吐性愛者/19歳
自分が吐くのも他人が吐いてるのを見るのが好き。だからたまに無理矢理吐かせるプレイもする。常識人の皮かぶったド変態。若干ドM混じり。とんでもない。一日に何度も吐きすぎて吐血する時もあるがそれでもやめられない。少し近づき難いが身内には割と優しい。その分身内を傷付けられるとめっちゃキレる。
177センチ、62キロ。飯はよく食べろと他人に指図しながら自分はあまり食べない。色素が薄いため酷く明るい茶髪に、茶の瞳で三白眼。オシャレはそれなりにする方。舌にピアス。
一人称は「俺」。二人称は「お前、アンタ、呼び捨て」



1ヶ月前 No.1180

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

※警告に同意して書きこまれました (性的な表現)
1ヶ月前 No.1181

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM





空杜 楓太(そらもり ふうた)


身長168センチ、体重60キロ前後と軽め。無類の先輩キラー。裏表をきちんと使い分けられる。メンタルは強化ガラスで出来ている。黒髪に伊達メガネ。髪で見えないから軟骨にピアス開けてる。あと舌にも。
猫六匹くらい被って生活してる。表は「ぼく」普段は「おれ」
顔が広く情報網がすごい(こなみ)。女の子とも仲良くする。自分の魅力を知っているし、生かし方も理解している。
素の時には「おれ、可愛いでしょ」とか平然と口走る。基本女の子に暴力を振るう気はないけど、いざと言う時に女の子を殴らないという選択肢はない。快楽主義者。
童顔。年上キラーなので先生さえ引き込んでいく。命令を聞かない奴が嫌い。
割と執着が強い。興味のあるもの以外には淡白。

普段は口も悪く性格も悪いSっ気のある態度だが、学校内というか人目のあるところでは大人しくしている。
髪型は後ろを少し借り上げて、他はストンとしたボブ。左耳の軟骨にピアスをしているので、バレない方の左耳の方の髪は耳にかけている。
童顔であり女顔。


1ヶ月前 No.1182

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM





姫野姫(ひめのひめ)/蒔田公美子(まきたくみこ)
「はいはぁいっ。まじかる☆ぷりんせす養成学校から来ましたぁ、姫野姫でぇっすぅ!」「公美子って呼ばないでよ!! 姫は姫なの! 蒔田公美子は死んだのよ!?」「個性って大切だと思うの。姫は姫として、あなたはあなたとして輝いていくのよっ!!」
桃色ツインテール姫 クソサーの姫 しかしスカートは膝上2センチ まじかる☆ぷりんせす養成学校出身の15歳 蒔田公美子は似て非なる何か まじかる☆すてっき(最終形態ver.)とかいうバールのようなものを持ち歩く 力は強いゴリラ

綺羅きらり(きらきらり)/梅田梅子(うめだうめこ)
「キラキラリンッ☆ きらりんのキラキラなパワー、みんなにも分けてあげるんだから!」「きらりんはぁ、みーんなを幸せにするよ?」「きらりんのこと梅子って呼ばないでくんない!? 梅田梅子なんて……きらりん、しし、知らないしぃ……?」
クソサーの女帝 まじかる☆ぷりんせす養成学校出身の17歳 しかしスカートは膝下 金髪髪に赤と青のオッドアイ 梅田梅子は知らない(記憶障害) 都合が悪いとまじかる☆しゃわーとか言いながら爆竹ぶっぱなす クソチビ



 (ひどい)



1ヶ月前 No.1183

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM






 「いっくーん! はよ起きんしゃーっい! ちーこーくー!!」
 昏野 丹夏(くれの にいな)
 昏野深冬(くれのみふゆ)が遺した子。生き形見。底抜けに明るく、浮かべる笑顔は人を幸せにする力がある。小学三年生。家事を少しずつ覚えている。妙な方言を話す癖がある。


 「…………恥の多い人生を、送ってきてしまいました。」
 明谷 壱春(あけや いちはる)
 昏野深冬の弟であり、丹夏の叔父。ゲイであることを隠しながら生活しているサラリーマン。割とバカ。美人。



1ヶ月前 No.1184

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM






 「胡蝶姐さん! 鈴蘭姐さんが消えたっていうのは!?」
 「……あゝ、本当だとも。朝、紫蘭が部屋を覗いたら蛻けの殻だった、と。」
 「ッ――ふ、風蘭姐さんは?」
 「彼奴なら笑ッてたさ、そりゃァまあ、愉快だってね」
 「この時間ならまだ名護蘭姐さんは寝ているだろうし、あゝ、もう、」
 「全く――例え其処に慕情が有ろうと、無かろうと、何不自由無い生活が出来るッてのに。」


 胡蝶蘭:遊郭ツートップ内の一人の太夫。素っ気ない口調だが、面倒見は良い姐御肌。

 鈴蘭:胡蝶蘭に世話をされていた太夫。

 草助:楼主の娘。主に太夫達の身の回りのことを対処する見世番。基本的に太夫達の事は「姐さん」と呼んで慕っている。

 紫蘭:鈴蘭と比較的仲の良かった太夫。胡蝶蘭にはちょっとした恩がある。

 風蘭:遊郭ツートップ内の一人の太夫。豪快で基本的には何に対しても笑って済ませる。

 名護蘭:風蘭に世話をされていた太夫。




 (頭が狂っていた時期に作った男遊郭)



1ヶ月前 No.1185

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM








 地球がまあるいスイーツだったらよかったのに。
 残さずぜんぶ、おいしく、食べてあげられたから。




1ヶ月前 No.1186

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM






 だってあたしは知らなかった。
 人が死ぬこと、死んだら冷たくなること、息はできないこと。もう、あたしに笑いかけてくれないこと。



1ヶ月前 No.1187

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1ヶ月前 No.1188

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Jqxsk1mWgQ_mgE






 「Twinkle,twinkle,little star! How I wonder what you are!」




1ヶ月前 No.1189

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM






 (あいにーぢゅーじゅーじゅー!)


 アカバ コタロー/明羽 虎太郎
 スカイ

 トモエガザキ ソウシュウ/巴ヶ咲 宗舟
 フィニー

 スイズイ ユメコ/睡々 夢娘
 リム

 ヨツカド カケル/四ツ門 欠
 ヒフミ

 ソウゲン チユル/荘玄 千揺
 ラグナ



28日前 No.1190

削除済み @myuu10 ★Android=pwXnxWHVkM

【記事主より削除】 ( 2017/01/25 20:26 )

28日前 No.1191

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM




 僕らの忘れた筈の過去のお話。
 僕らの忘れぬ筈の過去のお話。
 僕らの歪んだ愛情の行末とは。
 僕らの失われた楽園奪還作戦。
 僕らの愛した狂った世界にて。
 僕らの望んだ世界の結末語り。
 僕らの何かが崩れ始めた理由。
 僕らの繰り返す世界と悲観者。
 僕らの喧騒と非日常と怪奇譚。
 僕らの壊れた頭と愛のカタチ。



28日前 No.1192

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

28日前 No.1193

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM





 さあ! 君の魔法で、世界をめいっぱい幸せにしちゃおう!




26日前 No.1194

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM




木ノ芽良司(このめりょーじ):赤:28
津ケ谷つばさ(つがやつばさ):青:21
雲母虎々汰(きららここた):黄:18
久澄居戸(くずみおりと):紫:24
紫香楽真生(しがらきまお):橙:20
時遠エレナ(ときとおえれな):緑:16



22日前 No.1195

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM








 「せんぱいはさァ、ツメが甘いンですよ」
 「つまり?」
 「オツムが足りねェって言ってんのー。わかるー?」
 「お前をぶん殴ればいいっつーのはわかる」
 「あはッ! 単細胞ー!!」

 「アンタにはなれねェよ。アンタだから。」
 「ヘェ? フーン? ご立派な持論、どうもありがとな?」
 「……やっぱり、キライですよ」
 「ばぁか。出会いは大切に、人を愛せるなら愛してやれよ」
 「でもさァ。アンタは、」
 「あ? オマエなんか反吐が出るほどキライだっつの」
 「ふっ。あは、……マジでそういうとこ、アイしてますよ」
 「ふは、キョーエツシゴクってヤツ?」

 「パパー? ダディー? おとうさーん!」
 「声がデケェッつーの」
 「あ、パパ! ……その怪我、どうしたんだ? またバカやらかしたのか?」
 「心配とかしねェワケ?」
 「あんた、心配したら笑うだろ」
 「よくわかってンなァ、イノ」
 「くひひっ! ほんッとあんたって、悪趣味」
 「でもスキだろ?」
 「ああ。愛してるよ、パパ」
 「ハイハイ」




 (飽きた)




19日前 No.1196

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM





キャラクター選択時:「へえ、おれを選ぶの?」
戦闘開始:「せいぜい楽しませてくれよ」
ボス戦:「やっと一番強いやつのお出ましか」
好敵手:「おれはお前にも負けないよ」
勝利:「おれが勝つなんてトーゼンでしょ」
圧勝:「お前、よくおれに挑んで来れたね?」
ギリギリ勝利:「今度は、もっと差つけてやる」
敗北:「次は負けない」
惨敗:「……今回は勝ちを譲ってやるよ」
おしくも敗北:「チッ、勝てたはずなのに……!」
一対多 勝利:「数で勝とうなんて、考えが足りないんじゃない?」
一対多 敗北:「……まあ、これだけの数。仕方ないね」
タイムアップ勝ち:「ちょっと癪に障るけど、勝ちは勝ち」
タイムアップ負け:「あーあ、おれはまだやれたのに」
ドロー:「ふん。今日はこれくらいにしといてやるよ」
弱攻撃:「はい」
中攻撃:「よ、っと」
強攻撃:「まだまだ!」
コンボ成立:「畳み掛けるよ」
鬼コンボ成立:「ふふっ、反撃してみなよ」
弱ダメージ:「おっと」
中ダメージ:「いてっ」
大ダメージ:「っ、いってえなぁ」
ダウン起き上がり:「勝ったなんて思うなよ」
完全回避:「残念、当たらないよ」
パワーアップ:「ほら、もっと強くなっただろ?」
コンティニュー:「勝つまでなら何度でも、ってね」
死亡、GAME OVER:「……すげえ、悔しいよ」
怒り、覚醒状態:「はあ? お前がおれに、勝てるわけねえだろっ」□
待機:「あんまり、おれを待たせないでくれる?」
挑発:「お前、負けちゃうよ?」
必殺技:「おれの全力、受け止めてくれよ?」



 (こんなキャラでしたか?)



17日前 No.1197

ぬし。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM







 ―― 教師用 / プロフィール


 「おー、おはようお前ら。……誰が重役出勤だ。正当な遅刻だっての。そう、駅前のできたばっかのパン屋行って一番人気のカレーパン買ってきた。どうだ、羨ましいだろ? ――なんて、ウソに決まってんだろー? ちょっと用事があって、出てただけだ。三限からはフツーに授業あるから、連絡、しといて。おう、ありがとなー」
 「中谷先生はおヒマじゃねえので、生徒諸君はさっさと帰りなさい。はいはい、オッサンからのお願いでいいからさっさとココに鍵掛けさせろ。わざわざ教室使わずに、帰りにどっか寄ってたむろってろ。暑い? 若いんだからガマンしろ、ガマン。中谷先生はこれからクーラーきいた職員室で残業すっから。お得意の? じゃない。誰が残業は十八番だ、残業のスペシャリストでもないからな。」


 名前: 中谷 健伸
 読み: なかたに けんしん

 性別: 男
 年齢: 三十五歳
 担当クラス(教科): 三年A組/古典
 寮部屋:

 性格: くたびれたオッサン。

 容姿: 白衣。ヒゲ。




16日前 No.1198

ぬし。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM






 ―― 生徒用 / プロフィール


 「あッ、センセーだ! やっほう、センセ。……サボり? あーッ、そっか、今授業中? そーゆーことね。や、忘れてたわけじゃないッてーの! そーそー! ガッコーにはいたよッ、ゆるして! ねッ? んン、反省文? ヤダなァ、センセー。やッさしーセンセーなら、オレのこともゆるしてくれるでしょ? ほらァ、今ならセンセーの評判上げるウワサ流してあげるぜ?」
 「シュミ悪ィよね、アンタ。そー、オトコを見る目がねェっていってンの。オレを選んじゃうあたり、そーとーモノ好き? 」


 名前: 田口 澄登
 読み: たぐち すみと

 性別: 男
 年齢: 十八歳
 学年/クラス: 三年B組
 寮部屋:

 「こんちはー、田口澄登くんでェっすぅ。元気? あっそ、元気なの。なら、虫の居所が悪いおれに殴られたりしてもオッケー、ってコト?」
 「しつこいヤツとめんどくせェヤツはお断りでーッす」

 狡猾悪戯好きゴミカス。忘れっぽい遅刻魔。ドタキャン前提で予定をつける日々。マトモな人間ではない。が、マトモだと思っている。楽しければそれでいい 破滅的なバカ。今を生きて今に死ぬ。
 黒髪にまばらに灰のメッシュ。程よい長さのミディアムショート。瞳の色は薄まりかけた黒(ほぼ灰)。両耳合わせ五つのピアス。ドッグタグ。
 176cm/63kg

 誕生日:11月20日
 血液型:A型
 ◎:喫煙、飲酒
 ○:成績、喧嘩




16日前 No.1199

ぬし。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM





 しばこた


 「オレ? 紫笆琥太郎っていうの。めんどくさいから、コタちゃんでいいよ。あは、怖がらなくていいよ、こう見えてオレは善人なんだから」
 「ケンカはもうやーめた、と言いたいとこなんだけど、オレもまだまだ子供みたいでさ」


 名前: 紫笆 琥太郎
 読み: しば こたろう

 性別: 男
 年齢: 二十二歳

 性格: 影に潜んでいる狂気的な一面を隠して、あくまでも穏やかな善人を演じている。と言っても、実際地雷を踏んだりしない限り害はない。


16日前 No.1200

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM





 「なに、僕に何か用ですか? ……宣戦布告? 嫌ですねぇ、僕は生徒会の手先――謂わば下っ端なんですよ。そういうのは会長サマか副会長サマにお願いしますよ、面倒なので。おっと、つい本音が。こんな所で下っ端を相手にするより、もっと過激で血湧き肉躍ること、してみて下さいよ。つまらないことは、嫌いなんです」
 「はあ。いちいち面倒くせえヤツですね、あんた。おれの話聞いてました? んん゛――僕は一度で話が聞ける人が好きだなぁ。……そもそも、僕はそんな事、一ミリも興味が無いんです。戦いとか、序列とか、能力とか。自分自身強くないことも自負していますし、尚更。あんたが僕に何を求めているかは知らねえですけど、きっと、あんたの望む最良の結果なんか得られませんよ。ここは、そういう場所なんです。あんたもそのくらい、分かってたことでしょう?」
 「先週の火曜日だって、あんたはそう言っておれから逃げたんです。『また会えたらな』じゃないんですよ、全く。そうでなくても生徒数少ないんですから、あんたの居場所なんてすぐ分かります。」


 名前: 狐月 雪佳(こげつ せっか)
 性別: 男
 年齢: 十七歳

 容姿: 赤髪黒目。痣は舌に描かれており、漫画などで見られる魔法書のような本が描かれている。



 (先生筆名間違えてますよ!(死))


16日前 No.1201

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM





 「あァ、居たんだ? んーにゃ、ちっちゃくて見えなかった。あははッ、ごめんってー。カオはカワイイんだからさ、そんな拗ねないでよ。な? あー、ハイハイ。カオだけな、カオだけ。セーカクも胸の大きさも赤点あげちゃうくらいの悪さだもんな、オマエ。ほォら、まったおっこるー。図星つかれて泣きそう? イイぜー、泣いても。センパイが抱きしめてやるからさァ」
 「ハァイ、呼んだ? あー、そーそー。イチくんでェす。三ノ浦逸太郎だから、イチくん。オーケイ? ま、呼びにくかったからイッちゃんとでも呼べばァ? そのヘンどーでもイイし、ああ、あとセンパイとか付けなくても全然ダイジョーブ。無礼講でさ、仲良くシよ? 深いイミはねェっての。ほら、カワイイ後輩はイジメたくなるデショ?」


名前: 三ノ浦 逸太郎(みのうら いちたろう)
性別: 男
年齢: 十九歳(留年生)
学年: 三年B組
役柄: 男子生徒
委員会: 選挙管理委員会/委員長
部活: 弓道部(幽霊部員)



16日前 No.1202

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM





 「ヨイミヤ言います、よろしゅう。名前? ほんまに聞きたいん? あんさん、物好きやなあ。ま、隠すことやなし、教えたげましょ。ヨイミヤ、カバネ。仲良うしまひょ。俺、オトモダチあんまり居らへんし。言うても、カバネいう名前はあんまり使うとらんし、呼ばれてもお返事でけへんことがあっても堪忍なあ。」

名前: 宵宮 尸
読み: よいみや かばね
性別: 「元の体」は男
年齢: 見た目は二十六、七歳。実際の年齢は七百歳前後。詳しくは覚えていない。
種類: 死人憑き



16日前 No.1203

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM





 むいむい


 「そうですよ。そうそう、千千千だってただの学生です。何の力も持ち合わせてないハズの、ただの、ティーンエイジャー。でも、千千千は生徒会なんです。生徒の為を考えて、生徒の為に働いて、生徒の為だけに生きてるんですよ。なのに生徒諸君は非情な言葉を千千千に投げつけて、もう、堪忍袋の緒が切れちゃいました。てへ、大丈夫です。殺したりなんか、しませんよ。殺さなければ、いいんですもんね?」
 「あんたには、ほとほと愛想が尽きました。千千千は責任の持てねえ奴がキライです。そう、あんたみたいな。自分が起こした不祥事くらい、自分でなんとかしろって、前にも言いましたよね? ……千千千、人の話聞けねえ奴も、キライです。分かってる?」
 「そうですね。千千千はあなたが望むなら、あなたの犬にもなりますよ。あなたが死ねと言うなら、死んだっていい。千千千は強いひとが好きなんです。崇拝したい。強い力に縋り、救われたいんです。悪いことでは、無いでしょう? あなたに付き従い、家臣となるのだから。全てはあなたの御心のままに、会長様」


名前: 千千千 忌(ちぢせ いむ)
性別: 男
年齢: 十七歳

性格: 寡黙キャラに見せかけておいて、いちいちチクチクと刺さるような発言を多く含んで、それを真正面からぶつけてくる多弁キャラ。居ないと思えば背後に居たり、さっきまで隣に居たのにもう遠く離れた場所を歩いているなど非常に神出鬼没。デフォルトが無表情であり、一切それを崩すことなく会話を進める。表情筋は死んでいると言っても過言ではない。基本的に誰に対しても敬語で接しているが、親しい人間には少し砕けた敬語を無意識下に使っている。面倒事を引き受けることを好ましく思っておらず、同時にあまり首を突っ込みたいとも思っていない。あくまで静観者として存在していたい。

容姿: 紺の艶のない髪。ツーブロック。翡翠の垂れた瞳。痣は右の肩甲骨で、泡のような、何かが弾けたような柄。



 (おわります)


16日前 No.1204

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM






 来世はきれいな人になりたい。
 人に愛されたい。うん、まあ。どうでもいいんだけど。



16日前 No.1205

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM






 「きっと、何年経っても。俺はきみしか好きにならないよ。だって忘れられないでしょ、こんな恋。」
 「バカだね。きっと、忘れた方がいいに決まってる。だから早く、おれを選んでよ。……お願いだから、ねぇ」



11日前 No.1206

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM





 「ワルイコも大変だなぁ、後輩クン?」
 「っ――イイコも大変ですね、センパイ?」
 「ばぁか。オレはやりたくてやってんだよ」
 「そんなの、おれもですよ」



11日前 No.1207

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM




 みーとぅーゆー!:

 世界で一番、長い一分だった。沈黙なんていままで、気にしたこともなかったのに。
 こんなにも、苦しかった。息がつまる。すごく、喉が渇いて、つばを飲み込む。フシギとお腹は空かなかった。
 ――結果は、NO。
 最初からわかってたけど、やっぱりつらいなあ、なんて。他人事みたいに思ったり。あなたの大切な時間、奪ってごめんなさい。
 もう、とったりしないから。わすれていいよ。

 だからボクは今日、卒業式だから、とか。そんな理由付けで、恋を恋として終わらせる。

 あなたを始めてみた日も、こんなふうに晴れてたっけ。わすれちゃった。そうだといいな、そうしようかな。だってあなたには、晴れが似合うから。
 わたあめみたいな雲がおいしそうで、ちょっとお腹が空いた。

 そうだ。今日、ケーキ屋さんにいこう。いっぱいケーキを買って、お祝いしよう。
 失恋祝い……ううん、進級祝い、かな。見栄えがいいでしょ。
 明日には美容室にいって、髪を切ろうかな。実はちょっと、ほんのちょっとだけ。あなたが褒めてくれた髪を、切りたくなかったんだよ。
 あなたはそんなこと、なんにも知らないんだけど!

 恋をすると人は変われるなんて、ボクは今でも信じてないよ。あなたはそのままでいいって、ボクに言ったでしょ?

 ああ、やっぱり。思い返すと、あなたのことしかいってない。けど、後悔はしてないからね?
 でもね、だからさ、ちょっとだけ泣きたくなったの。
 涙をごまかすみたいに、軽いカバンを掴んで、ケーキ屋さんまでひとっ走り。
 いっぱいの思い出をありがとう、好きでした。

 さよなら、はじめて好きになったひと!
 これから、あなたよりもずっと、いいひとをみつけるからね。絶対!

 昨日の雨でできた水たまりを避けるようにジャンプ! 高くとんで、綺麗に着地。
 ボクよりずっと上にある空に向かって腕を振りあげて、あなたに、宣戦布告!

 最後にとびっきりの笑顔を向けて。
 はい、おしまい!

 「あー、おなかすいたーっ」



11日前 No.1208

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM




 「ハァ? なんつった、テメェはよ」
 王月皇人(きみつきみこと)
 男/三年/オレ/呼び捨て
 学校一のヤンキー様。冷たい。頭はキレる。一途で甘え下手。乙女ゲームに居そう。

 「君となら、宇宙旅行も悪くないね!」
 神様環(こうようたまき)
 女/三年/僕/君、××くん/ちゃん
 自称神様。合法ロリ。言い間違いが多い。時折悲しげ。誰にでも優しい。

 「誰も悪くないよ。おれだって、わかってる」
 御守閑也(みもりしずや)
 男/三年/おれ/呼び捨て、渾名
 ドエム。皇人が好きとかなんとか。良いやつ。好きな人には幸せになってもらいたい。鈍感。

 「ふあ……やあ、みことくん。元気ぃ?」
 栗生鳳花(くりゅうおうか)
 女/三年/あたし/呼び捨て、××くん
 元睡眠愛好者の不眠症。おもい。環を幸せにしてあげたい。霊感が強い。自己犠牲。

 「許しません、そんなの! この真白が!!」
 一言真白(ひとことましろ)
 男/二年/俺、真白/貴方(貴女)、呼び捨て、××さん
 しがない文学少年。書いたり読んだり。閑也にのみ辛辣。ハピエン厨。なんでも知っている。



11日前 No.1209

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM




 春夏冬 御井子(あきなし みいこ)



 あだ名「ミコ」
 中学時代腰下まであった髪をバッサリと切り、ベリーショートに。
 すらっと脚の長いモデル体型。ガリガリ。172cm。
 ツリ目で気の強そうな瞳にツリ眉。薄いくちびる。
 常に首からヘッドフォンを下げている。軽音部……?
 ブレザーの上に好きなロックバンドの猫耳パーカーを着用。
 ガサツなところもあるが指先は器用。絶対音感。歌ならなんでも好き。特にロック。
 無愛想で口が悪く、吐き出す言葉は誰を気遣うこともなく刺々しい。気の強い女の子。人に甘えたりしない。できない。
 はやく家を出て自立したいなー、なんてぼんやりおもっている。

 「アタシ、アンタにキョーミないから。それじゃ」「勝手にやってろって? ……言われなくても、勝手にするよ」「アンタなんか大ッ嫌い!」



10日前 No.1210

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM






 絶対王政、僕が一番!:九尾氷雨、上野千弥、御舟菜生、伊吹夏、夢見輝

 あいらぶちぇりーっ:安喰茅江里、貴月青色

 遠くの誰かより隣のきみがいい:風見仁居、水織博海

 九十九さん家の三つ子:九十九色、九十九音、九十九或
 九十九雪を取り巻く日常たち:九十九雪、冴島さえ、三好明佳、金城築、花田穂村

 ドリーミン!ドローイン!:鈴屋詩織、雛山英、赤穂美鶴崎本美智

 白球は高く、遠く、空に舞う:和田永介、望月弥、岬智樹

 パステル・カラーに囚われて。:尺梅入夏、穂月みろく

 「あいせき」如何ですか?:綾瀬雛方、水花航平

 口は目よりも物を言う:鍵屋秋雨、橘月凛ノ介

 迷って転んで起きるだけ:神原文環、織名白葉

 人々神々、ヤオヨロズ色!:運命、徒然

 泡沫の夢に踊る:九条立貴、終夜彩

 永遠に分かり合えない、私と小生意気な後輩:龍谷春田、虎山優飛

 死人に言葉を、:些些咲理央、鷲羽鼎、橋内和

 I’m GHOST! Thanks!:橋内和、大刀掛千慧

 奇々怪々不思議奇妙な隣人:潜木冥鳴、カミサマ

 いざ行かん、青春へ!:桃宮柳、九猿二三八、犬童露、夕雉院何処、鬼道秋塚

 きみとしにたい:鳴島幻十、生宮現

 きみらと一緒にバカやって!:春川架、夏原隼、秋吉龍之介、冬道樹

 我ら最強の「悪癖」である。:東宮犹、西野柊弥、南風宥、北海炬

 ハロー、マイファミリー:野宮卓士、子白紀福

 ぶるーすぷりんぐ 青春をきみと、きみたちと。:餌木令奈、餌木令存、星水瑞貴、宇佐美兎、萬谷不吹、如月梢、存永久、白夜銀

 アオハル綺羅星!:吉田硯、池内古太、野坂あゆむ、高橋兵、森塚生、多野二三丞、由澤周子、小野濯、斎藤流、鈴木陸、村上空、日之内美衣奈、大木海、陣内巽、河合廻、雅西幸子、二階堂冬夏、束本龍志郎、金田英、伊藤織知、藤本満月、藤見半月、田中しずく、中村ゆのん、吉賀陽生、上田日希、近藤虎南、中野春風、宮崎るり娘、岡之平、五十嵐正、浅野百合生、大島嬉喜、小池不動、鎌田言頼、松浦公郎、辻瀬之、野本真理、田渕百合、水嶋恵

 放課後、フィーバー・タイム!:鳥ノ木子凪、東雲出雲、宇佐田匡、吉儀湯葉田、山下下、菊池善司、広江夕時、勅使河原真昼、伊木雛、稲本燕、千葉爽清、御山ともか、森下朝麻

 生きとし生けること、生かすこと:常降羽月、常降仄琉

 いらっしゃい!此方、言ノ葉南商店街!!:赤木久彗星、青蒼仔虎、黄王皇之、黒香エリナ、白華仙谷、無色色鳥、茶戸宇まりも、燈乃咲灯嗣、紫呉大海、緑水萬里

 For you, For me:冬樹竜弥、遊屋朱雀、白虎琥珀、詩吹武尊

 狂おしいほど、×してた。:不知火愛、卯月愛、暮戸実怜、鈴燈彼岸、鈴燈月下、柚木余田、蛍衣真寿、卯月千景

 ラムネ味のキャンディを噛み砕く。:卯月千景、積木瑞穂、密色色

 泡沫となれ、イノセンス:水野辺紫、海神磯鴫



 (ふいんきです(変換できない))



10日前 No.1211

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM





 「さよならさんかく、またきてしかく、」
 「俺、その続き未だに思い出せないし、分かんないんだよね」
 「しかくは豆腐、豆腐は白い。白いはウサギ、兎は跳ねる――つづき、歌って。」
 「分かんないってば」
 「跳ねるは、カエル」
 「カエルは……青い、だっけ」
 「うん。カエルは青い、青いは葉っぱ。」
 「――葉っぱは揺れる。揺れるは……えーっと、」
 「ゆうれい」
 「揺れるは幽霊、幽霊は消える……?」
 「きえるは電気、電気はひかる」
 「「ひかるは親父のハゲ頭!」」
 「……よかったね、思い出せて」
 「受験勉強の足しにもならねー」
 「今日一日おまえの頭をリピートしまくる歌、決まったね」
 「ヒュウ〜迷惑極まりない〜」



8日前 No.1212

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM





 「おいおい、ボクをのけ者にするなんて。酷いなあ、寂しいなあ。なんでって……そんなの、ボクらは友達だろ? それだけで理由は、事足りる」

 「僕はただの自殺志願者。それ以下でも、以上でも、以外でも、以内でもない。まあ、結局人間って、何かに変わろうとして、変われるわけないってこと。」

 「私は行きたい。ずっとずっとずっと、誰かが死んでも、誰を殺しても! なにをするかなんて、そんなの、あとでいっぱい考えればいいじゃない!」

 「誰かのために、死にたいんだよ。自己満足の自分勝手に、自分の正義とか、善意を押し付けてさ。本当だよ? 守れない約束はしないんだ、俺は」



8日前 No.1213

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM






 「だって、諦めるしかないじゃないですか」
 「そのだって≠ヘさァ、言い訳?」
 「理由、ですよ、」
 「べつに諦める必要とかあったワケ? つーかよ、アノ人のこと。諦めたかった≠フ間違いじゃねェの?」  「ち、がいますよ……! なんで俺が、」
 「知らねェよ。おれはキミも、アノ人も、反吐が出るほど嫌いですからァ?」

 「うそつき」
 「……なァに、はぐりん。いきなり、そんなこわいカオしてェ」
 「――殺したの?」
 「あ?」
 「答えて」
 「誰があんなクズ、殺すかよ」
 「正気?」
 「は、なにが」
 「目の前で、見たの」
 「それを知って、オマエはどーしたいの? ……あァ、おれを殺して、憂さ晴らし――いや、仇討ち≠ナもするって? ンなことやって、誰が喜ぶんだッつの」
 「そんなこと、しない。だって君“も”、友達だから」
 「――じゃあ、」
 「だから、話して。あの子に、あの人に、僕に。」
 「……だからおれは、オマエがキライだよ、余田」
 「ずっと前から、知っているよ」



 (拍車掛かってんな 彼は今日も元気です)


8日前 No.1214

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM





 「おらよ」

 ぬるい掛け声とは裏腹に、顔に叩きつけられたそれは、思い切り角が額に命中した。暫し患部を押さえ、奥歯を噛み締めて悶絶するのを耐えたのち、床に落ちたそれを拾い上げる。赤い包装紙に入った、恒例の品。食べ物なんだしもうちょい丁重に扱ってほしいところではあるけど、貰えただけラッキーかなァ、なんて。おれってば単純な子。むふふ、と作ったような笑い方をしたあと、黒のリボンを解いて、包装紙を破く。Happy Valentine!と印刷されたオシャレな紙を、手近なゴミ箱に投げ入れる。食えないモンはゴミだしね。
 蓋を開ければ、ふんわり、チョコレートのいいにおい。ストロベリーに、あっ、こっちはナッツ入り。小さい箱なのに、結構バラエティに富んだ、お楽しみ箱的なチョコレートたちだった。ひじょうにうれしい。無関心に隣でコーヒーを飲む贈り主に向き直り、満面の笑みで、ニッコリと。

 「みさとくんと一緒に食べるねっ」

 普段からガラ悪いし、無愛想なのは変わらないけど。おれがそう言った瞬間、一気に周りの空気が凍りつく。あー、たのしい。



 (没)



7日前 No.1215

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM






 「はじめまして、ヒーローです! あなたを救いに来ました!」



6日前 No.1216

削除済み @myuu10 ★Android=pwXnxWHVkM

【記事主より削除】 ( 2017/02/19 05:26 )

4日前 No.1217

削除済み @myuu10 ★Android=pwXnxWHVkM

【記事主より削除】 ( 2017/02/19 05:34 )

3日前 No.1218

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

3日前 No.1219

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM






 「ねぇ、ヒトさん。」



2日前 No.1220

とみや。 @myuu10☆SKeWosbaJPA ★Android=pwXnxWHVkM






 「あんた、何時までこんなことするつもり?」


 低い声で、五十音の最初に疑問符を付けたものを、突き返された。ふん、と鼻を鳴らしてそれを丁寧に、また突き返す。教壇の上に下品にしゃがみ込み、法律すら下につけたような顔をして、ゆっくり紫煙を吐き出す。穢らしく、意地が悪い。意気地が無い、の間違いだったか。そんなの今となっては、どちらだって、どうだって良かった。自分より地位の低い者を貶め、罵り、嘲笑うこの男は、人間ではない。ただの「独裁者」の枠に嵌まった、何者でもない何か。人を愛せない、愛さない、愛されない。だから歪んだ? だから、こうして、私を――いや、もう、そんなの。今となっては、昔話なんて、三軍が私たちに反抗するような、それ程、夢物語。ここに救済なんて無い。幸せも不幸せも、全てこの男が決める。神に背き、傲慢に、強欲に。卑しい男。
 嫌い、嫌いだ。この男は、私の知るあの子ではなくなった。あの子は死んだ、殺された。他でもないこの男の手で! 私が知らない間に! それは責めることすらできない、してはいけない。王様は絶対。この男が決めた、最初のとりきめだった。


 「……堕ちたものね、夏葉。」
 「は、殺すぞクソアマ」


 ひひ、下卑た笑い声が響く。違う、違う、違う。しかし、もう、名前すら呼んでくれない。




1日前 No.1221
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる