Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
ページ: 1 2 3

 
 
どろあいNo.152 だけを表示しています。

梁鴉、 ★Android=EiqX6XEB42



「 死ねよ、このクソ女ッ! 」

 只、愛し方がわからない人なんだと、私は思った。そう、理解した。
 彼がこうも暴力を私に振り、罵声を浴びせるのは私になんて投げ掛ければいいのか解らず、素直な気持ちを表現出来ないから。だから、彼は今日も毎日私の身体に痣を残す。これは全て彼の愛情表現。私はそう解ってた。
 今日も又、頭から、腕から、足から、傷口が開いては血が溢れ床を汚す。彼はそれを見て、「汚すな」と怒鳴り又殴る。蹴る。私は痛みに耐え、笑って「ごめんなさい」と謝る。すると彼は満足したのか笑って、また私を殺した。

2013/08/21 19:51 No.152

どろあいNo.152 だけを表示しています。
ページ: 1 2 3

 
 
この記事は書き捨て!小説過去ログです
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>