Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
ページ: 1 2 3

 
 
どろあいNo.145 だけを表示しています。

梁鴉、 ★Android=EiqX6XEB42



「先輩、大好きッス」
 今日それ10回目よ、後輩くん。
「先輩、あの男は誰っすか」
 あれはね、私の先輩さんなの。
「先輩、この猫ちゃん可愛いッスねえ、先輩と結婚したら絶対に猫ちゃん買うッス」
 私猫アレルギーなんだけどまあいいわ。
「先輩、また水族館行きたいッス」
 そうね、行きましょう。またいつか、
「先輩、アイスクリームほっぺについてますよ。舐めてあげるッス」
 あはは、ありがとう。犬みたいね、後輩くん。
「先輩、また家に遊びに来てください。ゲーム作ったんです」
 あら、そうなの。楽しみだわ、
「先輩、僕先輩のこと何があっても離しませんから覚悟しといてくださいッス」
 私も貴方を離す気ないから、安心しなさい。
「先輩、僕のこと好きですか」
 ええ、好きよ。亡骸となった今も愛してる。
「先輩、あなたに逢えてよかったです」
 今更何をいっているの。私も貴方に逢えてよかったわ。

「先輩、死ぬときは一緒ッス」
 ええ、一緒ね。そう、一緒。
 今から迎えに行くわ、後輩くん。
 どんな時も一緒って、約束したもんね。

2013/08/14 18:48 No.145

どろあいNo.145 だけを表示しています。
ページ: 1 2 3

 
 
この記事は書き捨て!小説過去ログです
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>