Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
ページ: 1 2 3

 
 
どろあいNo.143 だけを表示しています。

梁鴉、 ★Android=EiqX6XEB42



「えへへっ、もう終わりなのかなあ。おにぃさん? ぼくともっと遊ぼーよお。こんなんじゃつまんないよお。退屈だよお。遊んでる意味ないじゃんかあ、もう。なんにもせず只只おどおどしてたらしんじゃーうよ、うふふ。おにぃさん、まだしにたくないよね、まだその残った人生(ライフ)じみじみと身に染み込ませて体感したいよね。だったらさ、ぼくと遊ぼお? 生きるか死ぬか解らない生死のさばいばるげーむ。面白いでしょう、楽しいでしょう? こんなのぼくとしか出来ない遊戯(遊び)だよ。だからはやくそのナイフをぼくに突き刺して御覧よ。おにぃさんがぼくを殺したら御仕舞いなんだ。こんな陳腐で汚れた遊びは。まあぼくはまだいっぱい遊びたいけれど、いつか終わりを迎えてしまうのは知っている。終わらせても構わないよおにぃさん。まあ、そう簡単に終わらせないけどね。だってそんなんじゃつまらないじゃないの、」

 耒兎(るいと)
 ゴスロリ衣装を身に纏った男の娘。
 連続殺人犯。殺人鬼。
 黒髪ショーとで瞳は熱を帯びた赤色。

2013/07/30 19:38 No.143

どろあいNo.143 だけを表示しています。
ページ: 1 2 3

 
 
この記事は書き捨て!小説過去ログです
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>