Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
ページ: 1 2 3

 
 
どろあいNo.130 だけを表示しています。

梁嶋 ★Android=EiqX6XEB42



「やっぱりキツネさんは綺麗ですね、」

 春の夜、月に照らされ神社の床に座って桜を眺めているキツネさんを見てぽつりと呟いた。
 すると、キツネさんは吃驚した顔で桜の木から私に視点を移し「何言うてるん。眼鏡ちゃんの方が綺麗やで」なんて御世辞を言ってくれたけれど、冗談抜きで彼は美しかった。黒く艶のある髪と九つあるふわふわな尻尾が柔らかく温かい春風に揺られ妖艶さを増している。誰が見ても彼は美しいと言われるだろう。

2013/07/20 21:36 No.130

どろあいNo.130 だけを表示しています。
ページ: 1 2 3

 
 
この記事は書き捨て!小説過去ログです
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>