Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
ページ: 1 2 3

 
 
どろあいNo.125 だけを表示しています。

梁嶋 ★Android=EiqX6XEB42



「なあに僕の可愛いはにぃに手出しちゃってんのー? 薄汚い手で僕の可愛いはにぃに触れるのやめてくれるう? 僕だけの御姫様が汚れちゃうじゃないか。キミのせいで。ほんと、やめて頂きたい物だよ。いくら僕のはにぃが可愛いからってさあ、手出すのは無礼にもほどがあると思うの。だありんの僕に許可なく触れるなんてね。……まあ、話持ち掛けられたとしても大体内容把握してるから、訪ねられる前にきっぱりお断りさせて頂くけど」
「あはははっ、やめてやめてやめろよこの下衆野郎。気安く俺の姫に触れんじゃねえよ、話しかけてんじゃねえよ、こいつは俺だけのモンなんだよ解んねーの? なあ、解んねえ? なら、コイツで嫌でも解らせてやろーか?」

 主人公大好きな独占欲高めな王子様、

 一時保存。

2013/07/09 20:01 No.125

どろあいNo.125 だけを表示しています。
ページ: 1 2 3

 
 
この記事は書き捨て!小説過去ログです
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>