Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
ページ: 1 2 3

 
 
どろあいNo.122 だけを表示しています。

梁嶋 ★Android=EiqX6XEB42



「あかまずおおおおお、今日こそ御前の魂頂きにきたじょおおおおおお」
「…誰だてめえ」
「えっ…ってあれ、御前こそ誰なのさ?」
「俺の名前はフェアリー・R・ゼウス。赤魔女の夫だ」
「え、まじで」
「嘘だ兄貴だ」
「なんだよ兄貴かさか…ってええええ」
「何だようるせえ餓鬼だな、ぶっ殺すぞ」
「ぴええええ」
「何よ騒がしいわね……あら、死神さんじゃないのこんばんは」
「赤魔女おおお、たずげでえええ、おめぇの兄さんこわいさなのおお、ぴえええええ」
「あらあら、死神さんったら。魔女の私に抱きつくとは、ふふふ、可愛い物ですわ。」
「おい、メアリー。そいつ、死神なのか?」
「ええ、そうよ? だからこんな大きな鎌持っているのでしょう? 貴方、目、腐ったの? 大丈夫? 病院連れていってあげようか? お勧めの精神科連れていってあげるわ」
「そこまで言わなくたっていいじゃねえか、メアリー。流石に俺でも泣く」

 いつか情景描写加えたいな\(^q^)/

2013/07/08 20:24 No.122

どろあいNo.122 だけを表示しています。
ページ: 1 2 3

 
 
この記事は書き捨て!小説過去ログです
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>