Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
ページ: 1 2 3

 
 
どろあいNo.121 だけを表示しています。

梁嶋 ★Android=EiqX6XEB42



「御前、私を騙したさね?」
「あら、なんのことでしょうか死神さん」
「この天才死神娘を騙すなんて出来ないさよ?」
「ねえ、死神さん知っていらした? 貴方の隊長はん、あんなに維持はって物をぺちゃくちゃ言ってますけれど、まだ未熟なチェリーさんなのですわよ」
「なん…だと」
「嘘だと思うのなら帰って確かめて御覧なさい?」
「わかった! いい情報ありがとな赤魔女!」

 その後死神は隊長様に殺されそうになったのだとさ。めでたしめでたし、

2013/07/08 20:12 No.121

どろあいNo.121 だけを表示しています。
ページ: 1 2 3

 
 
この記事は書き捨て!小説過去ログです
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>