Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
ページ: 1 2 3

 
 
どろあいNo.120 だけを表示しています。

梁嶋 ★Android=EiqX6XEB42




「死神さんが態々魔女の家に訪れるなんて、何か急用でもあるのですか?」
「うぬ、御前の魂頂くっていう急用があるのさ」
「あらそれはそれは逃げた方がよさそうですわね」
「ふふ、逃がさないさよ? 赤魔女。御前の魂は旨いって隊長様から教えてもらってんだ」
「残念ながら魔女の魂は肉とワインで出来ていますの」
「あ、それならいーや。じゃーねー、お邪魔しましたー」
「もう一生来ないでくださいねー」

 馬鹿な死神と赤魔女さん、

2013/07/08 20:04 No.120

どろあいNo.120 だけを表示しています。
ページ: 1 2 3

 
 
この記事は書き捨て!小説過去ログです
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>