Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>
ページ: 1 2 3

 
 
どろあいNo.112 だけを表示しています。

梁嶋 ★Android=EiqX6XEB42



「御前が好きなのは俺じゃなくて俺の中に潜んでいる鬼だろーが。今さら「大好き」だとか「愛してる」だとかあまっちょろい台詞吹き掛けんじゃねーよ。気持ちわりぃ。そんなに俺を弄んで楽しいかよ、多重人格御嬢様よぉ。それに、人殺しなんて俺以外にも数千人いる。俺より優れた殺人の才能がある奴なんていっぱいいるはずさ。頭いいんだからそんぐれえわかるだろ、ばあーか。なんでよりによって俺なんだよ、なんでこんな奴選ぶんだよ、訳解んねえ、訳解んねえよくそったれ。学校がたまたま同じだったからか? それともたまたま幼馴染みだからか? なあ、答えてくれよ禎子。御前が何を考えてるのかさっぱり解らないんだ。信じてもらいたいんだったら、ちゃんと教えてくれ。本当に御前は俺の中に潜んでいる鬼に好意を寄せてるわけではなく、俺が好きなのか? 愛しているのか? 今日こそははっきりしてくれ」
「人間はなあ、神にはなりゃしねーんだよ。神の血飲んでも神殺しても、決して人間は神になどなりゃしねえ。残酷だよなあ、こんなんぜってえ可笑しいよなあ。鬼の血を飲んだら鬼になれんのに、神にはなれねえんだぜ。世の中ほんと理不尽だよなあ。悲しいよなあ。辛いよなあ。苦しいよなあ。こんあ嘆きさえも神は聞いてくりゃしねーんだ。天から俺を見下ろして鼻で笑ってやんだきっと」
「そうだ。刑事さん、げえむしましょーか」

名前/清原裕実斗
性別/男性
年齢/19


 ( さつじんき彼氏 )

2013/06/26 09:22 No.112

どろあいNo.112 だけを表示しています。
ページ: 1 2 3

 
 
この記事は書き捨て!小説過去ログです
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>