Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(992) >>

みどりのくずかご

 ( 書き捨て!小説 )
- アクセス(2430) - いいね!(9)

rain_ta ★lsMK8rU4Di_RyT


書いて書いて書いて消して
捨てて捨てて捨てて

捨てて

でも
やっぱりもう一度拾う
全部抱えてまた歩き出す



言葉にして言えたら楽なんだけど
難しくてできないから
態度で示そうと思ったんだ
本当はそっちのほうが難しかったわけだけど





6年前 No.0
メモ2016/12/27 04:45 : てれれーん★iPhone-pM2pmlze9g

気づけばもう五年も経っていてびっくり

長くお世話になりました

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11


 
 
↑前のページ (942件) | 最新ページ

てれれーん ★iPhone=pM2pmlze9g


かすかな電子音に、目が覚めた。
目覚まし時計が6時を指している。
アラームを切って、隣の布団で眠っているかたまりを揺さぶった。

「サト、サト」

かたまりはぴくりとも動かない。
二人暮らしをするようになって、この男は朝に非常に弱いということを知った。
子どものころはそうでもなかったのに。

「サト」
「……なに」

強めに名を呼ぶと、ようやく布団がもそもそ動いて、非常に不機嫌な顔があらわれた。

「6時」
「……あと5分」
「」

11ヶ月前 No.943

てれれーん ★iPhone=pM2pmlze9g

隣にある布団のかたまりを揺さぶった。

「トモ、トモ」

かたまりはぴくりとも動かない。
二人暮らしをするようになって、朋生が朝に非常に弱いということを知った。
無理に起こしたくないが、起こさずにいても不機嫌になるところも。

「トモ」
「……なに」

もう一度揺さぶると、ようやく布団がもそもそ動いて、非常に不機嫌な顔があらわれた。

「ご飯できたぞ」
「……」

11ヶ月前 No.944

てれれーん ★iPhone=pM2pmlze9g

もう一度揺さぶると、ようやく布団がもそもそ動いて、しかめっつらがあらわれた。

「ご飯できたぞ」
「……」

トモはぎゅっと目をつぶった後、しぶしぶ身体を起こした。

ーーーーーー

「リベルタンゴ(仮)」
・「お掃除ラプソディー」の派生
・日の当たらないところで生きていた二人が、日の当たるところへ出て行く話

◯トモ
・組織くろとかげの一員
・長年あずまやに所属していると思われていたが実は二重スパイだった
・どちらかというとおしゃべりで、おべっかや冗談をよく言うが、カズキに対しては口数が減る
・朝に弱い

◯カズキ
・組織くろとかげの一員
・自他ともに認めるポンコツ
・ミスをするたびに佐竹にフォローされているので、佐竹には頭が上がらない
・物静かなほう
・夜に弱い

◯佐竹
・組織くろとかげの一員
・冷静沈着
・トモ、カズキとは腐れ縁

◎トモとカズキ
・幼少期路地裏に捨てられ、そこで一緒に暮らしてきた
・ある程度大きくなったとき組織くろとかげの当時の幹部スラスキーに拾われる
・あずまやにカズキが撃たれかけたとき咄嗟にトモがかばって被弾する
・カズキはトモがかばったことを一切知らない

11ヶ月前 No.945

てれれーん ★iPhone=pM2pmlze9g

がちゃりとドアが開く音に驚いて振り向くと、ぎょっとした顔の三崎が立っていた。
手には近所のスーパー名が入った袋をさげている。

「……おかえり。早いな」
「どうも。そっちこそ」

三崎はすぐにいつものしらっとした顔にもどったが、一瞬、なんでおまえがいるんだと言いたそうな顔つきをした。
たぶん、自分もおんなじような顔をしているんだろう。
思わずつきそうになったため息を飲み込んで、かわりの言葉をさがす。

「あ〜…、買い物してきたんだ」
「うん」

三崎はがしゃがしゃとスーパー袋をゆらしながら西荻の横を通り過ぎ、買ってきたものを冷蔵庫につめこみ始めた。

10ヶ月前 No.946

てれれーん ★iPhone=pM2pmlze9g

「今日ご飯何にするの」

台所をちらっとみたけど、まだなにも用意していないみたいだった。
案の定西荻はまだ決まってないと言った。

「何か食べたいものある?」
「刺身。さっき買ってきたんだ」

スーパー袋から、値引きシールがでかでかと貼られた刺身のパックを取り出す。
これで酒でも飲もうぜと続けようとしたが、西荻の頬がひきつったのを見て口をつぐんだ。
どうしたのかとうながすと、逡巡したのち、おれ生魚食えないと小声で言った。
恐ろしいくらい冷たい空気が流れた。

10ヶ月前 No.947

てれれーん ★iPhone=pM2pmlze9g


突然やってきて、日出を奪いとるといきまいている男をぼんやりみつめる。
いや、突然というのはちがうかもしれない。
日ごろなんとなく、西条が永坂を特別な目で見ているという雰囲気は感じていたし、自分にはやたらあたりがきつかった。


こんなにも堂々と略奪を宣言するやつがいるだろうか。
そもそもいう相手を間違えているのではないか。
奪い取るといってもそれは永坂の気持ちの問題だから、こっちに宣言されたところでどうしようもない。
ぼやぼや考えていると、西条がけげんな顔をした。

「何黙ってんだよ。なんか言うことないの?」
「ああ…」

10ヶ月前 No.948

てれれーん ★iPhone=pM2pmlze9g


ユキは基本、マルのすることに何も言わない。
肯定しているわけでもなく、かといって否定するわけでもなく、ただマルがしたいようにさせてくれる。
でも、その優しさにかまけていつまでも頼りっきりじゃだめだと思って、マルは、とりあえずアパートを出ることにした。
実家から飛び出してきたあの夜のように、それはもう突然だった。

マルの人生はいつも行き当たりばったりだ。
計画をたてるとか、用意をするとか、そういうことは一切ない。
考えるよりも先に体が動く。

帰ってきて、マルがいないことに気づいて、とりあえずポケットからたばこを取りだした。
あと二本でなくなる。

10ヶ月前 No.949

てれれーん ★iPhone=pM2pmlze9g


いーかわに助けてもらうのはこれで二度目だ。一度目はまだ仲間になる前、彩の湖の前で暮らしていたとき。
炎上する塔から落ちるところを、今のように助けてもらったのだ。
あのころの自分は青かった。
いーかわの言うことなすことすべてがなんだか気に入らなくて、否定して、いーかわも同じくらいこちらをけなしてきて……。
あのとき失ったすべての書物の代わりに、すばらしい仲間を手に入れた。
学んだことを誰かのためにいかしたいと思えるようになったのは、この仲間たちがいたからなのだ。

10ヶ月前 No.950

てれれーん ★iPhone=pM2pmlze9g


あいかわらず汚い部屋だ。
床にちらばっている雑誌やら脱ぎ捨てられたままの服やらを、ざっざっと蹴散らして、できたスペースに腰をおろす。

「適当に買ってきたけど。なにがいい?」
「霜降り肉」
「もう一回聞くよ。なにがいい?」

ちょっとどすをきかせていうと、川上は首をすくめて「プリン」と言った。
冗談が言えるくらいならもう元気なんじゃないだろうか。

「プリン?そこは普通ゼリーだろ」
「おれ、プリン派なんだよ」
「しらねえ。ゼリーしかないから」
「じゃなんで聞いたんだよ……」

10ヶ月前 No.951

てれれーん ★iPhone=pM2pmlze9g


「あと買ってきたもん、冷蔵庫に入れとくよ」
「うん」

買ってきたものといっても、ゼリーがいくつかとりんご、レトルトのおかゆくらいしかない。
さっさと入れおえて部屋に戻ると、川上はうとうととねむっていた。
よくみると、いつもは血色の悪い目もとも、熱のせいかすこし赤くなっていて、ああこいつ本当に具合悪いんだと急に実感した。
実感したところで、べつになにをするわけでもない。


からっぽになったゼリーの容器を見つめる。
おれ、お前がゼリーよりプリンが好きだってしらなかったよ。

10ヶ月前 No.952

てれれーん ★iPhone=pM2pmlze9g

そっと布団からでる。
出ていく前と、特になんにもかわったところはないようだ。
部屋をぐるりと見回して、机の上の走り書きに気がついた。

大学です。冷蔵庫好きにしていいよ

大学です、のあとに、何度も消しゴムで消して書いたようなあとがあった。
そっと指でなぞると、筆圧にそって紙がでこぼこしている。
きっともっと言いたいこともあっただろうけど、まとまりきらず、かといってあしらうこともできないと悩んだ結果、冷蔵庫のことを書いたんだろう。

10ヶ月前 No.953

てれれーん ★iPhone=pM2pmlze9g


ふいにカズキの眉間にしわがよった。
どうしたのかと問う前に手を指して、

「それ、どうしたんだ」

と聞かれて、怪我をしていたことを今になって思い出し、慌てて隠した。
うかつだった。
あんたが笑顔で手なんか降ってくるから、思わず馬鹿みたいにちょっとだけ降り返してしまった。
隠したことによって、カズキの目はますます疑うようなものになり、ほら、と少しだけ怖い声を出した。

「見せるんだ」
「なんでもないから」
「いいから」

そっと腕をとられて、一瞬抵抗しかけたがすぐに諦めた。
どうせばれる。

10ヶ月前 No.954

てれれーん ★iPhone=pM2pmlze9g


ぐらりと傾いだたけの向こうから爆笑するスズがあらわれた。

「ダマされた??」

血濡れた大剣を目にしたとき、ぶちん、と自分の中の何かが壊れる音がした。
首にかけたロザリオに手をやる。
ヤス!と誰かが叫ぶ声がしたが、もうためらいはなかった。


ーーーーーー


ひゅうっと落ちていく。
どんどんみんなが小さくなっていって、このままじゃぶつかるなと目をつぶった瞬間、誰かに体をさらわれた。
やわらかな衝撃。
ゆっくり目を開けると、赤い髪を逆立てた、うつくしい仲間がいた。

「いーかわ……」
「黙ってて」

いーかわが何かをつぶやくと、ぺたぺたと薄いまくが集まってきて、二人を完全に囲い込んだ。
何度かみたことがある、隠れ身と治癒が合体した術法。
いーかわは、おなかのあたりに目を向けて、少しだけ唇を噛んだあと、てきぱきとさらに何かの術をかけはじめた。

「……かわ、ありが……」
「うるさい。傷がひらくからしゃべらないで」
「ごめ…ん…」
「しゃべんないでって言ってるでしょ!」

ぼろぼろと熱い水滴が落ちてきた。
ゆっくりと手を伸ばしてぬぐってやる。

10ヶ月前 No.955

てれれーん ★iPhone=pM2pmlze9g


ようやくコンビニが見えてきた。
ここから佐々木の住むアパートまでは三十秒もない。

「もうすぐ着くぞ」

声をかけて軽く揺すると、うんだかおんだか分からないうめき声が返ってきた。
もう少しだと力をいれなおしながら、上西は心の中でため息をついた。
本当のところをいうと、できればもうここから一人で歩いて帰ってほしかった。
佐々木の家まで行って、そのあと、いったいどういう感じになるのかが予想できない。

10ヶ月前 No.956

てれれーん ★iPhone=pM2pmlze9g


友永に、佐々木が荒れている理由を聞かれたとき、とっさに分からないと答えたが、本当はなんとなく自分のせいじゃないかと思っていた。
心あたりという心あたりは見つからない。
ただ、一瞬だけあった佐々木の瞳が、上西を貫いたような気がした。

10ヶ月前 No.957

てれれーん ★iPhone=pM2pmlze9g


お互いのことに興味がなさそうーー19歳女


午後8時のスーパーは庶民の味方だ。
値引きシールが貼られ、安くなったお刺身のパックをカゴに放りこむ。
あとからあげと、いかリング、ちょっと考えてからポテトサラダ。
枝豆はたぶんあるだろうから買わない。
最後に、コーラとビールを数本ずつ入れて、レジへ向かう。

精算後、店を出て、歩きながら電話をかける。
きっちり3コール、ずいぶん眠そうな声でやつはでた。
「もしもし、上西です」
「うん……どうしたん」
「今から家行ってもいい」
「ええ……今から……?」
「うん」
「うーん……いいけど」
あんまりよさそうな声じゃなかったけど、気にしない。
「あと五分で着くし」
「わかった……」

10ヶ月前 No.958

てれれーん ★iPhone=pM2pmlze9g


設定だけ

「金魚すくい(仮)」
・バンドマン
・ロック
・平熱が低そうなベースとドラムの話

◯上西(26)
・ギター
・お酒弱い
◯川上(25)
・ベース
・お酒飲めない
◯友永(23)
・ボーカル
・お酒強い
◯不和(21)
・ドラム
・ザル

・世間からはお互いに興味がなさそうって言われているのを雑誌でしって、へえって思う
・確かに興味はないかも
・でもお互いがお互いじゃないとだめだとは思う

10ヶ月前 No.959

てれれーん ★iPhone=pM2pmlze9g

精算後、店を出て、歩きながら電話をかける。
3コール、4コール…、10コール目まで数えたところで、ずいぶん眠そうな声がした。
「はい……川上です……」
「上西ですけど。ごめん、寝てた?」
「うん……どうしたん」
「今から家行ってもいい?」
「んん……今から……」
「うん」
「うーん……いいけど」
あんまりよさそうな声じゃなかったけど、気にしないことにする。
「あと五分くらいで着くわ」
「わかった……」

ーーーーーー

飲む?と目線で問いかけると、珍しく「おれにもちょっとちょうだい」と言った。
内心おどろきながら、グラスを二つ用意する。
アルコール類はてんでだめな自分たちに、一人一缶はしんどいから、はんぶんこで十分。
(はじめから、アルコールを買ったのにはかっこつけと口実が混ざっている。)

10ヶ月前 No.960

てれれーん ★iPhone=pM2pmlze9g


「金魚すくい(仮)」
・バンドマン
・ロック
・平熱が低そうなギターとベースの話
・ギターとベースは幼なじみ

◯上西(26)
・ギター
・お酒弱い
・まじめにふまじめ
・ちょっと短気

◯川上(25)
・ベース
・お酒飲めない
・少食
・流されやすくときに頑固
・おとなしい

◯友永(23)
・ボーカル
・お酒強い

◯不和(21)
・ドラム
・ザル

ーーーーーー

「川上さん、一生のお願いがあるんですけど」
「えっ、なに」

川上の目がちょっとまるくなった。

「二、三日泊まらせてください」

お願いと手を合わせる。
川上は一瞬ぽかんとして、それからふきだした。

「びっくりしたあ、なに言われるんかと思った」
「いや、ほんと、心からのお願いです」
「ええよべつに。好きにしたら」

小さく笑い続ける川上を見て、ほっと胸をなでおろす。

10ヶ月前 No.961

てれれーん ★iPhone=pM2pmlze9g



じゃあ若者たちのそーいうことはどういう感じなのか。
おじさん二人がのろのろと後かたづけをしているころ、遠く離れた地にいる二人の若者は、ようやく何かを始めようとして始められずにいた。
「お前さ」
上西のどこか硬い声に、川上はつぶっていた目を開けた。
「なに」
「嫌なら嫌でそう言ってくれよ」
そしたらやめるから。
上西の表情は、逆光でよくわからない。
ただ、たぶん自分のせいで何か思い悩んでいるのだということはわかった。
それが川上には一生かかっても理解できない内容であろうことも。
好きという気持ちはかわらないはずなのに、相手のことがわからなくなってしまったのはなんでなんだろう。
触れ合えば触れ合うほど、近づけば近づくほど上西のことが分からなくなった。
ただ二人でいるだけでよかったのに。
上西はだまってじっとこちらを見つめている。
「……お前がなに考えとるか、正直よくわからん。でも、おれはお前のことが好きや。それはわかる」
何か言わなくては、と、頭に浮かんだことをそのまま言うと、上西は深くため息をついた。
そのまま川上の上にどすんと倒れこんでくる。
「お前ってほんまずるいな」
諦めのようにつぶやいて、それからはもう何も言わなかった。

10ヶ月前 No.962

てれれーん ★iPhone=pM2pmlze9g

ふと身体に目を落とすと、うっすらと赤くなっているところがいくつもあった。
最中痛みを感じる瞬間が何度かあったが、どうやらこれのせいらしい。
川上がぼんやりとこちらを見ていたので、変色した腕を近づけてやると、目を細めた。

「赤い」
「おまえが噛んだんや」
「おれ、おなかすいてないけど」

川上は意味のわからないことをつぶやいて、ふわあっと大きなあくびをもらした。
眠くてしかたないのだろう。
もう一度くらいあってもよかったのだが、川上は淡白なたちであり、一度で満足してしまうことの方が多い。

10ヶ月前 No.963

てれれーん ★iPhone=pM2pmlze9g


川上が今にも寝そうな目をしながら、なぜかしきりにこちらを見つめてくる。
同じように見つめ返すと、くすぐったそうに笑った。
「なんやねん」
「んん、変な顔やなって」
「うっさい」
だいぶ失礼なことを考えていたらしい。
くすくす笑い続ける川上のほっぺたをかるくつまんでやったあと、そっとなでた。
「ほら、もう眠いんやろ。寝よ」
「ん。……ありがとう」
おやすみ、といって、川上はほどなく寝息を立て始めた。

10ヶ月前 No.964

てれれーん ★iPhone=pM2pmlze9g


行為のときは何をいっても嘘くさくなる気がして、あまり口をきかないようにしてしまう。
川上もそれほど口数の多い男じゃないから、終わったあとはおたがい無口で、熱のひいた、宇宙のすみっこのような静けさがおとずれる。






普段あまり眠ろうとしない川上の唯一の積極的な睡眠がこれというのもどうかとは思うが、そのあたりは深く考えないようにして枕もとの照明をそっと灯す。

10ヶ月前 No.965

てれれーん ★iPhone=pM2pmlze9g


「おまえはわかってないよ」

ぽつっとおとされた声は、あきらめや絶望や皮肉や、いろんなうすくらい感情がまじっていた。

「どうせ、おれのことなんかわからないんだ」
「うん。でも、ちょっとブラックなおまえがでてきちゃったんだよな」

わかってるぜ、だいじょうぶという気持ちをこめてそ手をにぎると、かずきはびっくりしたように目を開いて、それからいやがるようにしてふり払われた。
少しだけ沈黙が落ちる。
やがて、吐息にまじって消えてしまいそうなくらいの声で、かずきはつぶやいた。

「……おまえは思わないかもしれないけど」
「うん」
「つきあうってことは、いつか終わりがくるかもしれないってことなんだよ」

つきあってなかったらそのまましらないでいられる終わりも、つきあうことで、唐突にそれは大きな可能性として二人の前によこたわる。
いつか別れることになるんだろうとか、いつかおまえはおれのこと好きじゃなくなるんだろうとか。

「そんなのおれいやだよ」

ーーーーーー

「いつかくる終わりのことは信じるのに、おれのことは信じてくれないのか」
「信じるっていうか……」

9ヶ月前 No.966

てれれーん ★iPhone=pM2pmlze9g


川上が今にも寝そうな目をしながら、なぜかしきりにこちらを見つめてくる。
同じように見つめ返すと、くすぐったそうに笑った。

「なん」
「ん、変な顔やなって」
「は?」

くすくす笑い続ける川上は子どものようにむじゃきで、あーあ、なんだろうなあ、腹の底がむずかゆくなる。
なんだろこいつ、ほんと。

「もう眠いんやろ。寝よ」

手探りで、枕もとの照明をそっと灯す。
真っ暗じゃないと眠れない川上と、煌々とあかりが灯っていないと眠れない自分。
ふたりで眠るにあたって妥協点をさがした結果、この小さなねこの形をした照明を灯すことで落ちついた。
もう何年も前の話だ。

「ん。……ありがとう」
おやすみ、といって、川上はほどなく寝息を立て始めた。

9ヶ月前 No.967

てってれー ★iPhone=6st6IRv4oe


上西と喧嘩した。
ひさびさに大きいやつ。
「お前のツラなんかもう見たくもない」「じゃあ出て行けや」「ああ出て行ったるわ」という、売りことばに買いことばで、上西は憤然と出て行った。

喧嘩の原因はわかっている。
おれだ。
あまりにも飯を食わない、かわりに栄養ドリンクやゼリーばっかり食べていることに、上西が怒った。
ここまでならよくあることで、だいたいおれが生返事を繰り返すうちに上西があきらめて終わっていた。
それが今日は、おれが言い返したことで、お互いなんだか止まらなくなってしまった。

一人になって、急に部屋が広く、静かに感じられる。
ほうと大きなため息がでた。
なんだかどっと疲れを感じて、ソファにごろんとねっころがる。
目をつぶるとまぶたの裏に上西があらわれた。
「なんで分からへんねん」
「何回言うたと思ってんねや」
「お前のそういうとこ、ほんまムカつくねん」
ムカつくっていうなら、おれやって、お前にムカつくところいっぱいあるぞ。
なんだか変な対抗心が生まれてしまって、100個くらいあるやつのムカつくところのうち、8個ほどを言ったところで、上西が完全にブチ切れて出て行ってしまったのである。

9ヶ月前 No.968

てってれー ★iPhone=6st6IRv4oe

川上と喧嘩した。
きっかけはいつもの飯の話だったのに、なぜか今日はそれが発展して大げんかになってしまった。

ーーーーーー

突然の訪問だったが、友永は気前よく部屋にあげてくれた。

「すんません、汚くて」
「いや、急に来てごめん」
「いいですけど。川上さんと喧嘩したんですか」

思わずかたまった。
友永をみると、あたっちゃったと得意げに笑っている。

「なんでわかったん?」
「勘ですよ」
「うそ」
「いやほんとに。何か飲みます?」

ーーーーーー

「ちょっと言いすぎたとは思ってる」
「じゃ、謝りましょう。メールかなんかしたら」
「携帯置いてきてん」
「あらら」

あーあと罪悪感に苛まれていると、友永がくすくす笑った。
なんて失礼なやつだ。思い切り睨みつける。

「お前な、人が真剣に落ち込んでんねんぞ」
「すんません。いや、ちがくて。そーいえば前もこんなことあったなあって思ってたんですよ。そんときも、上西さんがうちんち来たんですよね」
「……そーやったっけ」
「はい。あの部屋って上西さんちやのに、なんで家主が追い出されてるんやろって思いましたもん」
「……」

なんやかんや、川上さんのこと大切にしてんですね。
しみじみ言われて、なんだか顔のあたりがあつくなるのを感じた。

「べつに、家に閉じ込めとこうとまではしてへんよ」
「誰もそんなこと言ってませんよ」

9ヶ月前 No.969

てってれー ★iPhone=6st6IRv4oe


「三回目やん。さすがに今回はおれも言い過ぎたなって思ったし、お前、マジで怒ってたから、ほんまに愛想つかされたんかなって思ってん」

ぎゅ、と思わず抱きしめる腕に力が入ってしまった。
いたい、と小さくつぶやいた川上をもっともっと締め上げてやりたい気持ちになる。
マジで怒ってた理由くらいわかれよ。
お前のことやからほんきで怒ってんねん。
なんでそんなすぐあきらめられんねん。
もしこれでほんまに出ていかれてたときのおれの気持ち、想像してみろや。

言いたいことは山ほどあった。
でも、そのすべてを飲み込んで、かわりに謝った。

「ごめん」
「ん?」
「ムカつくとか言って、出て行ったこと」
「うん。いや、おれもごめん。結構ひどいこと言ったし」

9ヶ月前 No.970

てってれー ★iPhone=6st6IRv4oe


「でもほんまに思ってんねやろ」
「うん」
「……」
「ごめんって」

川上はへへと気の抜けたような笑いをもらした。
それから「あのさ」と言って、身体を離される。

「あの、ほんと、おれも悪かったっていうか、いつも心配かけてごめんって思ってる」
「うん」
「それでな、えっと」

川上は、目線を斜め下に向けたまま、手をぎゅっとにぎって、口を少し開けたり閉じたりを繰り返した。
何かを言おうか言うまいか迷っているときの、川上のくせ。
上西は、辛抱強く待った。

「……いや、やっぱなんでもないわ」
「いやいや、なんかあるやろ!」
「なんもない、なんもないでーす。この話終わりね」
「はあ?」

なんだか非常に気になる。
せめてやつの顔くらいきちんと見たい、そう思って川上の腕をつかもうとしたら、逆にぎゅっと引っ張られて抱きつかれて、思わず固まった。
なに、なんや?
混乱する上西に、川上はそっと口を耳もとに寄せて言った。

「帰ってきてくれてありがとう。好き」

9ヶ月前 No.971

てれてれ @kisokyoku ★iPhone=6ccyaP0lpD


ばっと身体をはがした。
不思議そうにこちらを見上げてくる川上に、この馬鹿ちんがと怒鳴りそうになる。

「あのさあ川上さん、そういうのが一番あかんて」
「うん?」
「いやうん?やあらへんねん。中途半端なことしたらあかんて言うてんの」
「中途半端ちゃうよ」

川上はむっとしたように口をとがらせた。
だってできるもんとつぶやくその声はすでに眠そうで、見上げてくる瞳もねむそうで、まったくなんにも分かっていない。

「もう眠いんやろ。ほら、あとかたづけはいいから、一回寝よ」
「いやや。できる」
「でけへんて」
「できるって」

9ヶ月前 No.972

てれてれ @kisokyoku ★iPhone=6ccyaP0lpD


腕をきゅっとつかんできて、お願いと言う川上に、本当に勘弁してくれと思う。
なんでまた急に言い出したのか分からないが、ここでやめておかないと、二人ともがのちのちしんどいのだ。

「分かった。できるんはわかったから、また今度にしよ。な?」
「今がいい」
「じゃあちょっと休憩しよ。おれ疲れてもうたから、続けては無理や」

なかなか頑固な川上を、なだめすかしてなんとか布団の中におしこむ。
シーツの汚れとかはこのさい無視だ。
あとで洗えばちょっとはマシになるだろう、というか、洗うのものちに汚れについて怒られるのも自分なのに、なんでこんな理不尽な我慢を強いられるのか、上西は内心泣きそうな気持ちだった。

「休憩するだけやからな」
「うん」
「おれできるから。お前はいっつもしてこうへんから、しらんやろうけど」
「うん」
「ほんまはな、もっとたくさん、できるんやで」
「すごいやん」
「できるから、な、あとで、するから」
「うん」

声が少しずつとぎれとぎれになっていく。
かるく頭をなでると、気持ちよさそうに目をつむった。

「またあとでな」
「うん……」

9ヶ月前 No.973

てれてれ @kisokyoku ★iPhone=6ccyaP0lpD


二回目


まただ。
また川上が「できる」とかなんとかいいだした。
どうやって無理だと言おうか、いや、もうこいつのいう通りに一度やってみたらいいんじゃないだろうか。
川上の目をじっと見つめる。
若干眠そうだが、この間よりはまだしっかりしている、ような気がする。
できるんじゃないかな、できそう、うんできる。
そもそもこいつができると言っていて、おれもできるのに、何をやらないでおく必要があるのだろうか。
自分自身もまださっきの熱が抜けきっていなくて、あと、今日はひさびさということもあって、頭が少しゆるんでいた。

「なあ、なあって」
「分かった。やろ」

伸ばされていた手をつかんでだきよせる。

9ヶ月前 No.974

てれてれ @kisokyoku ★iPhone=6ccyaP0lpD

二回目(リテイク)

まただ。
また川上が「できる」とかなんとかいいだした。
どうやって無理だと言おうか、いや、もうこいつのいう通りに一度やってみたらいいんじゃないだろうか。
川上の目をじっと見つめる。
若干眠そうだが、この間よりはまだしっかりしている、ような気がする。
そもそもこいつができると言っていて、おれもまったくできるのに、何をやらないでおく必要があるのだろうか。
よし、やろう。
まださっきの熱が抜けきっていなくて、あと、ひさびさだったいうこともあって、頭が少しゆるんでいた。

「なあ、なあって」
「分かった。やろ」

伸ばされていた手をつかんで引き寄せる。
肩に口をつけると、それだけで川上は身体をふるわせた。

ーーーーーー

いきなりはお互いキツい。
そう思って、一度落ちつこうと川上の背中に手を回して、しばらくそのままでいた。
うすぼんやりとしたあかりの中、川上の伏せた目が、わっさりと長いまつげが、なぜか強烈な印象を持って目につく。
思わず、そっと口をつけると、川上はんうとのどをならした。

8ヶ月前 No.975

てれてれ @kisokyoku ★iPhone=6ccyaP0lpD

川上、と呼ぼうとして、すうすうという寝息が聞こえてきたのに気がついた。
慌てて身体を起こす。

「川上、……ちょっと、川上、うそやろ」

川上は気持ちよさそうに眠っていた。

8ヶ月前 No.976

てってれー ★iPhone=01tpfidkEw

笛木が、手に持っていたものをつきだした。

「これ。志麻兄さんのだと思うから」
「えっ?」
「昨日、蔵の整理したときにみつけた」

受け取ってみると、それは薄汚れた木箱のようなものだった。
ちょうど鍵入れくらいの大きさで、横に小さなぜんまいがついている。

「なにこれ……」

意味が分からなくて、とりあえずぜんまいを回そうとしたが、完全に錆びてしまっているのか固すぎて動かない。

作業台においてあったオイルをびんをとって、ふたをあける。
ぜんまいの穴の部分に慎重に垂らしながら、志麻は、この木箱をしっているような気がしてならなかった。

もう一度ぜんまいを回す。
オイルのおかげですべりがよくなったそれは、くるくるとよく回った。
そして、ぎしぎしと木のきしみのような音とともに音楽が流れ出した。
錆びついた、ざらざらした音。
ほとんど雑音のようなメロディーを、しかしどこかで聞いたことがあると思った瞬間、一気にあの日のことが蘇ってきた。

遠い遠い、いつかの記憶。

ーーーーーーーーーー

しばらくの間、二人とも黙ったままだった。

志麻はぼんやりと、何かを思い出しているような目でオルゴールを見つめていたが、やがてちいさな声でつぶやいた。
ここにいたんだね。

智は聞くのをためらったが、おそるおそる口を開いた。

「その写真にうつってるのって、もしかしてだけど、オーゾ研究家の藤ってひと?」

志麻はだまったまま、かすかにうなずいた。
智は驚きを隠しきれず、もう一度写真を覗きこんだ。
志麻のとなりでほほえんでいる彼は、大きなたまごを抱えている。

ーーーーーー

藤といえば10年ほど前、新種のオーゾを発見したとして一躍注目を集めた若き研究家だ。
快挙をあげたのが界隈ではめずらしく若者だったこと、そして彼の独特な話し口調が話題となり、当時はニュースで引っ張りだこだったのを覚えている。
危険視されていたオーゾとの共存を訴えたのも、また印象的であった。

8ヶ月前 No.977

てってれー ★iPhone=01tpfidkEw

その数年後、傷ついたオーゾの手当てをしに行くといってでかけた彼は、そのまま姿を消してしまった。
捜索隊が組まれたが、みつかったのはぼろぼろになったゴーグルだけだった。

ーーーーーー

「志麻兄さんがずっとやってたことって」

このひとを助けるためなの。
そう聞こうとして、途中で伸びてきた志麻の手にくちをふさがれた。

「もがっ!な、なに?!」
「それ以上言っちゃだめ」

もし言ったら、おまえも共犯になるから。
そう言った志麻は、見たことのないような顔をしていた。
苦しみや悲しみやつらさといった、くらい思いがすべてつまったような表情だった。

ーーーーーー

ハラのこげちゃいろのめがぴかぴかと光った。

「ぼくはね、大丈夫だとおもうよ。たぶん、楽しすぎて、帰ってくるのを忘れちゃってるんだよ。いつか、きっとまた会えるよ」

志麻は少しだけだまってから、小さくうなずいた。
うん。そうだね。

ーーーーーー

「死んだ、と思って生きてたら、まあおもしろいから、死んだと思ってるよ」

8ヶ月前 No.978

てってれー ★iPhone=01tpfidkEw

その数年後、オーゾの群れを追うといって出て行った彼は、そのまま帰ってくることはなかった。
何度か捜索隊が組まれたようだったが、みつかったのはぼろぼろになったゴーグルだけだったらしい。

ーーーーーー

「志麻兄さんがずっとやってたことって」

このひとを助けるためなの。
そう聞こうとして、途中で伸びてきた志麻の手にくちをふさがれた。

「もがっ!わ、わに?!」
「それ以上言っちゃだめ」

言ったらおまえも共犯になるから。
こちらをみつめる志麻の眠たげな瞳は、黒く冷たくさえていた。

「おれが何を研究しようと、ほかのやつらには関係ない。笛木、お前もね。今までどおり原材料だけ渡してくれたらいい」
「……」

8ヶ月前 No.979

てってれー ★iPhone=4LwQE3Lk3O

藤が死んだ。
連絡が取れなくなってまる一年たった昨日、ザコブの山奥でバラバラになった飛行艇が見つかったらしい。
朽ちかけた機体に特徴的な薔薇の模様が認められたから間違いないと、ニュースで記者が言っていた。
死体はあがらなかった。



「これ」

ジロウが差し出したものを、志麻はひどく不思議な気持ちでみつめた。
もとが青色だったのがかろうじてわかる木の破片に、薔薇の花が彫ってある。

7ヶ月前 No.980

てってれー ★iPhone=daEZ86NBS4


「ぼくはさ、あいつ、生きてると思うよ」

ジロウは、欠けた薔薇の花びらに目を落としたまま、言った。

「いつも運だけはよかったじゃん。オズーの大群に吹っ飛ばされたときもけろっとして帰ってきたし、猛吹雪で半分氷漬けになったときも自力で帰ってきたし。きっとどっかで生きてるよ。飛行艇が落ちたくらいで、死ぬようなやつじゃない」
「……」

ーーーーーー

「あそこは不思議なことが起こるってずっと昔から言われている場所なんだ。誰も見たことないような生き物が現れたり、通りがかった人間が消えてしまったり…、最近も謎の生き物の足跡が見つかったらしいぜ」

ソー太の言葉に、藤が身を乗り出した。

「足跡って、どんな形だ?もしかして、三角をくずしたような、いびつな形をしていなかったか?」
「さあ。おれは話聞いただけだから知らないけど」
「そうか。ますますおれのハートが熱くなってきたぜ」
「ええ、お前、マジで行くつもり?」

5ヶ月前 No.981

てってれー ★iPhone=daEZ86NBS4


行くな、と言いそうになる気持ちは、冷たく重い石のようにかたまって、腹の底に落ちた。
行くなよ、藤。

ーーーーーー

「時空の歪みによる、突然転移。信じられる?」
「君の家のうさぎに羽が生えて空を飛んだと言われた方が、まだ分かるんだが」
「歪みを起こしているのは、あそこ一帯に張り巡らされている強力な磁場だ。三角岩そのものが原因だと言ってもいい」

5ヶ月前 No.982

てってれー ★iPhone=daEZ86NBS4


「突然転移ねえ」

ソー太は鼻と口の間にはさんだえんぴつをもごもごと動かした。

「おまえんちのウサギに羽が生えて空飛んだって言われた方が、まだ信じられるんだけど」
「転移の原因はあそこ一帯に張り巡らされている強力な磁場だ。三角岩は知ってるでしょ」
「ああ、うん」
「あれは今でこそ三角岩って呼ばれているけど、昔はそうじゃなかった。」

5ヶ月前 No.983

てってれー ★iPhone=daEZ86NBS4


兄弟に戻る、じゃなくて、ずっとずっと兄弟だったじゃん。
今までどおりだろ。

まじめな顔して、とんちんかんなことを言うのがおかしくて、笑った。
笑って、のどのあたりがぎゅっとつまるような気がして、ちょっとだけむせた。

4ヶ月前 No.984

てってれー ★iPhone=daEZ86NBS4



珍しくテレビがついていた。
大きな画面いっぱいに映し出される、どこか影のある表情をした男。

「珍しいね。おまえがドラマを見てるなんて」

藤は静かに笑った。

「昔好きだった人に似てたんだ」

4ヶ月前 No.985

てってれー ★iPhone=daEZ86NBS4



珍しくテレビがついていた。
大きな画面いっぱいに映し出される男。
どこか影のある表情と、猫背気味の背。

「珍しいね。おまえが映画を見てるなんて」

藤が驚いた顔をして、ふりかえった。

「早いな。帰ってたのか」
「閉まってたんだよ。また行かなきゃなんない」
「そうか。あそこのマスターは腰が悪いんだ。週に二回は病院に通ってるそうだから、今日がその日だったのかもしれない」
「ふうん。ついてないなあ」

ため息をひとつついて、それからもう一度テレビに目をやった。
雨のシーンだった。
猫背の男はずぶぬれになってうつむいている。

「どんな話なの」
「うーん。なんとなく付けて見てるだけだから、よくわからない」
「なんじゃそら」

よくこんな盛り上がらなそうな話をずっと見てられるな、というと藤は静かに笑った。

「昔好きだった人に似てたんだ」

3ヶ月前 No.986

てってれー ★iPhone=daEZ86NBS4



古い映画のようだった。
大きな画面いっぱいに、猫背気味の男が映し出されている。
藤は、どこか影のある表情をしたその男をじっと見つめていた。

「なんていう映画?」
「……びっくりしたあ。帰ってたのか」

文字どおり小さく飛びあがって振り返った藤は、有だと分かるとほっと息をついた。

「閉まってたんだよ。また行かなきゃなんない」
「たしか、あそこのマスターは腰が悪いんだ。週に二回は病院に通ってるそうだから、今日がその日だったのかもしれない」
「ふうん。ついてないなあ」

ため息をひとつついて、それからもう一度テレビに目をやった。
雨のシーンだった。
猫背の男はずぶぬれになってうつむいている。

「どんな話なの」
「うーん。なんとなく見てるだけだから、よくわからない」
「なんじゃそら」

しばらく見ていたが、特にシーンは動かず、ただひたすら猫背の男は雨に打たれていた。

「変な映画」
「さっきからずっとこんなだぜ」
「マジ?よくそんな見続けられるなあ」

思わずそういうと、藤は少しだけ笑っていった。

「昔好きだった人に似てたんだ」

2ヶ月前 No.987

★iPhone=J97nGvJSbX

腕が痛い。目が開けられない。
もう無理だと思う瞬間はこれまで何度もあった。
ああ死んだと思って、でも死にそびれて、今まで生きてきた。
やっと、やっと、休めるのかな。

20日前 No.988

★iPhone=J97nGvJSbX


「あのさ。言ってなかったことがあるんだけど」
「うん?」
「おれ、……おれ、お前のことが、好きだ」
「え?」
「ずっとすきだった。どうしても一緒にいたかったんだ」
「……えっ、すきって。え……?」

ーーーーーー

よっくんと一緒にこの街に来た日のこと、今でも覚えている。
つめたい雨がふる夜のことだった。

ーーーーーー

「なんで、今言ったんだ」
「……わからない。いつか、言わなきゃって思ってたんだけど」

ーーーーーー

「おれ、ここ出るよ」
「えっ、なぜ」
「なぜって……、嫌だろ。こんなやつと一緒に暮らすなんて」
「そんなことない!なんで、そんなこと言わないでよ」
「はあ?」
「だって、だって一緒に暮らしたらいいじゃないか。今までどおりで」
「……お前、おれのことすきなの?」



19日前 No.989

★iPhone=J97nGvJSbX


「朔」
「うん」
「さみしいか」
「いや、全然」
「おれはさみしい」
「……うん」
(おれもさみしいよ)

ーーーーーー

ちょっとだけ泣かせたくて、ちょっとだけ困らせたくて、ちょっとだけ怒らせたくて、でも、ほんとうはずっと笑っていてほしかった。
笑ったかおを見ていたかった。

18日前 No.990

★iPhone=J97nGvJSbX


シスは、めずらしくぼうっとしているようだった。

ーーーーーー

「あのさあ。お前、ここから出て行ったほうがいいよ」
「……えっ」

シスはちょっとだけ笑った。

「おれ、お前のこと、嫌いじゃないから。きっといつか壊しちゃうもん」

気に入ったものほど壊したくなるんだ。
めちゃくちゃにするのが楽しくて、気持ちよくて、だからたぶんお前のことも壊してしまうよ。
小さな子がしゃべるように、ゆっくり、おだやかにシスはいった。

18日前 No.991

★iPhone=J97nGvJSbX


きっかけはなんだったか、もう覚えていない。
スウが宝くじで3億あてたか、親戚のつてでイツがようやく就職を決めたか、カオンがバイト先で知り合った子と同棲を始めたか・・・。
とにかく、何かがきっかけで、だれかが家を出ていった。
それまでも一緒にいるようで一緒にいないような日々を送っていたけど、さらに自由度があがって、みんなが好きなように過ごすようになった。(いつも好き勝手しているじゃないというマミーの声が聞こえたようだが、すこし横に置いておく。)

なんのあてもなかったけれど、さすらいの旅というものにあこがれて、ふらっと家を出た。
ちょっと旅してみて、困ったり立ち行かなくなったらふつうに家に戻るつもりだった。
しかし、なんだかんだで旅先のひとに助けられ、

17日前 No.992
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる