Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(1) >>

ソラノカケラ

 ( プロ小説投稿城 )
- アクセス(144) - ●メイン記事(1) / サブ記事 - いいね!(0)

.3 ★Nm7XMmMvLH_X9G

下記スレッドを元にした、不定期更新の短編でございます。
詳細は下記を参照願います。
http://mb2.jp/_nro/14193.html

それでは、以下ごゆるりとご観覧下さいませ。

一、曇天あるいは降雪

 皇暦一八九六年ーーブリストル領北方戦域、シィリアツェルヴェ上空に火が灯る。
後に続く轟音が連合国機の撃墜を知らせた。大地を覆う鉄隗の群れには雪が降り積もり、
兵は虚ろな眼差しで曇天を仰ぐ。

 彼が見たものは鉛の雨、頬を伝うは紅い涙。その肢体は崩れ落ち、雪の白を朱に染め上げる。
降雪は硝煙と焦土を飲み、音もなく屍を埋葬する。

『目標的の沈黙を確認、これより帰投する』

 飛び交う無線に雑音が混じる。沈黙に包まれた空域において、その微かな音は不気味な余韻を残した。
抗う何者かの爪痕か、先立つ者の嘆きか。有りもしない幻想を振り払い、航空機は宙を返る。

 戦局の転換より一年、航空戦闘機の台頭によりかつての均衡は破られた。
頭上より防衛網を突破し指揮系統に直接打撃を加える彼の兵器に対し、
遅れを取ったブリストル王国連合は成す術もなく敗走を続ける。

 連日前線での勝利宣言を報じる国内報道に、バイエルン皇国の民衆は湧き上がる。
誰もが勝利を確信し、戦争の終結は日に日にその色を濃くしていく。

 故に、この戦争は一方的な殺戮へと変わりつつあった。虐げられた者、殺された者、奪われた者、
彼等の憎悪、殺意を体現するかのように、戦術・戦略はより暴力的に立案されて行く。
国家の意図的煽動によって醸成された国民意識は、今や敵諸外国を殲滅せんとする勢いである。

 標的は前線、後方基地、軍需工場、野戦病棟に広がり、今や市街地すら爆撃の標的に成り得る。
悪魔の子等に滅びを、皇国に繁栄を。祖国の勝利を前にして、国民は盲目であった。

「馬鹿を仰るな。何れその子等が、我等の首を捌きに掛かると何故判らぬか」

 作戦指示書を投げ捨て、士官は言葉に怒気を込める。

「口を慎め、レオノール少佐。……気持ちは判るがな」

 棄てられた指示書を拾い上げ、睨む士官に将校は首を振る。
書記官には席を外すように指示したため、司令室には彼等二人以外の姿はない。
指示書には”絨毯爆撃”の文字、標的は連合国有数の商工都市トライアンフ。

 これは彼等に対する示威運動である。皇国は再三に渡り降伏勧告を繰り返したが、
連合国は以前として徹底抗戦の構えを取り続けている。

 在住民五万の命により百万の両国軍兵士が救われるのであれば、
その犠牲も必要である。故に出された作戦指示、故に押された皇王の許諾印。
前線に立つ一兵卒に、異を唱える権限はない。

「アルヴェルト・フォン・レオノール少佐、この一撃が大戦を変える。
賽は投げられた、戻ることはない」

 憤りに肩を振るわせ、士官レオノールは尋ねる。

「一つ、フェルディナンド・ノイマン少将個人にお伺いしても宜しいでしょうか」

その問いかけに目を向け、将校ノイマンは先を促す。

「この犠牲の先に和平の締結、延いては皇国の繁栄をお約束頂けますか」

 士官は請う、自らが従事する作戦の正当性を。支払い得る犠牲への責任の所在を。

「愚問だ、少佐。本作戦は私の名に於いて行使し、和平締結への礎と成す事を約束しよう。
私は作戦に従事する兵士諸君と、犠牲を強いる人民への責任を担う」

 少将は士官の顔を見据え応えを返す。
その眼光を前にして、レオノールは暫し立ち竦む。
僅かに顔を強ばらせる彼を笑い、ノイマンは口を開いた。

「貴官のような部下を持てた事を、私は誇りに思う。少佐、我が部隊を宜しく頼む」

 そう言って差し出された手を握り、士官は一言感謝の意を述べる。
将校は彼の肩を叩き、執務机に置いた制帽を目深に被り窓の外を見やる。

「忙しい中呼び出してすまない、気が落ち着いたら作戦に当たってくれ」

 彼の言葉に敬礼で応え、レオノールは踵を返す。
彼がドアノブに手を掛けたその間際、ノイマンは「少佐」と彼を呼び止めた。
振り返る彼の額目掛け、手に収まる程の紙箱が放られた。
レオノールはそれを片手で受け止め、その先に目を向ける。

「餞別だ。健闘を祈る」

 将校はそう伝え、彼に敬礼を送る。士官レオノールは背筋を伸ばし、上官に返礼を返す。
彼等の間に時だけが流れ、彼は部屋を後にした。

ページ: 1


 
 

.3 ★Am4ODZNW6M_fIk

二、強襲

『敵機急速接近!! 数大凡二十、増援を請う!』

 皇暦一九八六年十一月、一本の無線が夜の静けさを掻き消した。

 ブリストル陸軍北部方面隊ヴィレニア航空基地から発した哨戒機の撃墜に、
隊員達は戦慄を覚える。

「各員第一戦闘配備! 上空哨戒中の機は速やかに急行せよ!!」

 響く怒声に喚き立てる警報、宿舎内に駆ける靴音が反響する。
数人掛かりで鋼板の格納扉を引き開け、整備員は起動装置に継手を差込みハンドルを回す。
フライホイルが甲高い唸りを上げ、エンジンに燃料を吹き込む。
シリンダーの燃焼が爆音を轟かせ、プロペラは空を裂く。

「発進可能な機体から順次上げろ! 一秒たりとも無駄にするなよ!」

「皇国の狗に舐められて堪るか! 油あるだけ持ってこい!」

 整備兵は爆音に負けじと声を張り上げ、駆ける搭乗員の背を叩く。
作業員は慣れた手つきで弾帯を巻き上げ、タンクに燃料を注ぐ。
機体は首脚の輪留めを解かれ、滑走路に列を成す。
油温、燃圧、外気温、各計器を目で追い、搭乗員はスロットルを開ける。

"管制塔より各機へ。上空進路良し、発進準備整い次第速やかに離陸せよ”

 無線の指示に従い、各々が風防を閉め離陸体勢に移る。
排気はその音圧を上げ、速度を増した機体は銀翼を閃かせ離昇する。

 前線観測手の報告によれば、敵機の数は概算で二十あまり。
それらも爆撃により吹き飛ばされ、詳細は定かではない。
損害の状況から、敵部隊は爆撃機を伴う中規模の編隊と報告が上がる。

「現在高度六千二百、戦闘想定空域まで残り二千五百。指揮官機より各機へ、
符号切り替え、戦闘態勢へ移行せよ」

 指令を下した男は首元のマイクに当てた手を下ろし、
送信機の切替レバーを跳ね上げる。

 離れた僚機との意思疎通を可能とする無線通信の効果は絶大だが、
傍受をされては手の内を明かす恐れのある諸刃の剣。

 だが例え手を読まれずとも、戦況が不利である事に変わりはない。
小隊長ブライアン・ヘイフォード少尉はぼやきを胸の内に押し込め、
傍らに掛けた航路図を片手に取った。

「ようやく前線から後退したかと思えば、俺の悪運も相当だな……」

 二週間前に辛くも南方戦線から引き上げ、北部方面隊に配属されたのは先日のこと。

上官からはしばらく羽を伸ばせと命を受けたが、これでは羽を伸ばすどころかもがれ兼ねない状況である。
戦力に然したる差がないのが唯一の救いか。

 戦闘空域まで九百を切り航路図を傍らに戻した矢先、月下の夜空に火球が灯った。
黒煙を吹き上げ錐揉み状に墜落する友軍機を認め、ブライアンはマイク越しに声を張り上げる。

「友軍機撃墜を確認! 各機第一戦闘配備! 増槽を切り離せ!!」

 鈍い金属音と共に機体下のタンクが切り離され、僅かな燃料の尾を引き暗闇へと呑まれる。
次いでスロットルを開け放ち、エンジンの唸りに機体は速度を上げる。

舵を引き機首を持ち上げた刹那、右前方に月明かりを返して銀翼が光る。

”北西距離一千、高度五千に敵編隊を認む! 友軍哨戒機と交戦中の模様”

 無線の声にブライアンは右下方を見やる。数にして凡そ十五、内六機は大型の双発機だろうか。
報告よりも少ない機影、周りを見渡すにも所々に雲が掛かり視界は狭い。

「指揮官機より各機へ、哨戒機を援護せよ! なお報告と機影に差異がある模様、雲間とケツに気をつけろ!!」

 言い終わるや否や、一つの砲声が彼の言葉を掻き消した。
右下方に位置した僚機を閃光が襲い、エンジンから黒煙が吹き上がる。

"二番機被弾! 敵機上方より襲来、各機速やかに散開せよ!!"

 パイロットは銃撃を受けつつも無線越しに声を張り上げ同胞に警告を発する。
心臓を射抜かれたエンジンはバラついた排気音を響かせ、ゆるやかに高度を下げる。
残る力で遠方の爆撃機に照準を定め、引き金に手を掛けたその時、夜空に砲声が響いた。

 銃弾は主翼を貫き、風防を砕き、パイロットの首元を抉る。
彼の機体は片翼から火を噴き上げ、鈍い爆音と共に炎に包まれる。その爆煙を裂き一機の戦闘機が駆け抜けた。
青鈍色に白の迷彩を伴い、尾翼には鉄十字の紋章が映る。機体に刻まれた幾多もの弾痕が歴戦を物語る。
それはバイエルン皇国が誇る、撃墜王の勇姿であった。

2ヶ月前 No.1
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。(小説カテゴリでは必須です)