Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(3) >>

家庭科部

 ( 初心者のための小説投稿城 )
- アクセス(178) - ●メイン記事(3) / サブ記事 - いいね!(1)

@reisa ★Tablet=hJpF3u9ohj


家庭科部は、学校によってやる気のある部、作品展に出品する部、
学校の文化祭やバザーで店を出す部、やる気のない部、
おしゃべりしかしない部と別れている。

裁縫が大好きで、毎日きれいな作品を作って、たまにお料理もして、
みんなと仲良くできたらいいなと思っていた私は、3年間続く部活を
家庭科部に選んだ。

だけど私が入った家庭科部はやる気のない、
おしゃべりしかしない部だった。

メモ2018/06/30 12:46 : れい @reisa★Tablet-hJpF3u9ohj

家庭科部 部員


一年 青学年

1年1組大方由衣 おおかたゆい

1年3組鈴木陽菜 すずきひな

1年3組平沢志織 ひらさわしおり

1年4組坂田雪乃 さかたゆきの

1年5組稲垣瑞希 いながきみずき←主人公。内容は瑞希目線


二年 黄学年

2年4組西岡友翔 にしおかゆうと  部長

2年3組栗山波奈 くりやまはな  

2年3組市川涼香 いちかわすずか

2年3組大越美波 おおこしみなみ  副部長


三年 赤学年

ページ: 1


 
 

@reisa ★Tablet=hJpF3u9ohj

今日から部活が始まる。
私は仮入部期間、インフルエンザにかかっていきなり本入部。
でも、私は小学校のときから家庭科部に決めていた。
私は裁縫や料理が大好き。
だから、私の行く中学校に家庭科部があってとても嬉しかった。

「失礼します。」
ドアを軽く叩いて部室に入った。
家庭科部に何人入ったんだろう。
気になって数えてみた。
部室にいるのは、ええっと……9人!?
私は思わず立ちすくんでしまった。

4ヶ月前 No.1

れい @reisa ★Tablet=hJpF3u9ohj

「よし、みんなそろったね。」
そういったのは部長の西岡友翔さん。男子。
部室には二年生4人と一年生5人。三年生はっ!?
「じゃあ自己紹介。一年生は入った理由もあわせて言ってね。」
そういって、ポニーテールの女の子が先に言った。
「1年1組の大方由衣です。理由は、時間が短くて、楽そうだからです。」
そんな理由!?でも、二年生の先輩は平気な顔してる。
「鈴木陽菜。1年3組です。理由は習い事の時間と被らなかったのが
家庭科部だけだったからです。」
2番目に言ったのはショートカットの女の子。
「1年3組平沢志織です。理由は、編み物をやりたかったからで、
裁縫、料理は苦手です。」
真面目そうな女の子。この子とは仲良くできそう。
4番目は、自己紹介中本を読んでいた子。
「1年4組の坂田雪乃です。不器用なのを何とかしたかったからです。」
えっと……このあと私はどういう風にいえばいいの?
家庭科が大好きだからなんて言えない……
「1年5組の稲垣瑞希です。理由は……運動部は体力的に無理で、
家庭科部は、文化部で一番良さそうだったからです。」
わーん、これじゃあ、他の人とほぼ同じような自己紹介じゃん。
やる気ないって勘違いされそう。
「えっと、時間がなくなりそうだから、僕の方から二年生は紹介するね。
僕は2-4の西岡友翔。で、右から全員2-3で栗山波奈、市川涼香、大越美波。三年生は2人だけで、ほとんどこない。
去年も3回ぐらいしかこなかった。」
だから二年生が部長なんだ。
「活動時間は1時間半。4時から始めて5時半で終了。
毎週火、木、金だけで、休む時は同じ学年の人に言ってくれればOK。
材料とか買ったら、レシートを持ってくればあとで部費を渡します。
わかった?じゃあ、今日は月曜日だけど、自己紹介と部活についての
説明のために集まってもらったから、もう帰っていいよ。」

〜本日わかったこと〜
・活動日が少ない
・部員数が少ない=部費が少ない=あんまり材料買えない
・いろいろとゆるい部
・やる気のない部

なにこの部活っ。予想してたのと全然違うっ!

3ヶ月前 No.2

れい @reisa ★Tablet=hJpF3u9ohj

昨日の家庭科部を見てちょっとがっかりしたけど、
この部活を選んだからには、ちゃんと毎回参加しないと!
と思って、部室の被服室に向かった。
すると、昨日家庭科部にいた真面目そうな女の子が隣にいた。
確か、平沢さんだっけ。
上履きの色が青だから、私と同じ一年だ。
この学校は上履きの色で何年生かわかるようになっている。
今年の一学年は青色の上履き。だから青学年と呼ばれている。
三学年が卒業すると、次に入学した一学年が赤学年になる。
「あの」
急に声をかけられて肩がびくっとなった。
「な、なんでしょうか……」
「被服室、通りすぎてますよ?」
ぼうっとしてたら、いつの間にか被服室を通り越していた。
「ご、ごめんなさい。」
平沢さんは笑っていた。
私は恥ずかしくなって、顔が熱くなっているのがわかった。
「水道で水を飲んだら?顔が真っ赤よ。どうしたの?」
あなたのせいですからっ。

3ヶ月前 No.3
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。(小説カテゴリでは必須です)