Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(7) >>

君の世界はある?

 ( 初心者のための小説投稿城 )
- アクセス(170) - ●メイン記事(7) / サブ記事 (13) - いいね!(0)

★3DS=CEKY7pAPbO

今君の名はって言う小説あるよね
その君の世界は?って言う小説書きます。
私君の名は持ってます。ちょっと似てるかも知れないけど
暖かく見守って下さい!
そしてコメント宜しくです。
※サブのところにお願いします。
さて君の世界はって言う小説スタートです。

切替: メイン記事(7) サブ記事 (13) ページ: 1


 
 

★3DS=CEKY7pAPbO

第1章
………………………は、ここは何処だ?
違う世界に入ってしまった
…………………
お坊さん)おい起きろここで寝てたら危ないぜ
滝『ん、ここは、は、夢ではなかったのか………
菫)もしもしぃ……君の名前は何?
滝)『俺の名は滝です。』
菫)滝って呼ぶね私のことは菫と呼んでね
滝)「ここは何処?
…………………………………………
菫)ここは日本だよ、

滝) 俺は東京に居たのに

菫)『ん東京?
宏樹)『おーい菫早く学校に行こうぜ
ほらカバンん君は誰?
菫)宏樹んなんかねここで寝てたのよ滝が………………
宏樹)へえ君の名前は滝かあ
格好いい名前やなーーーーー
滝)俺東京に住んでるのにここは何処? 田舎?
宏樹)ん滝は馬鹿だな頭馬鹿だな
ボケてるのか?……………
滝)俺は馬鹿ではないぜ つうか早く学校に行け
菫ん、もう行こう宏樹
宏樹ああ行こうぜこんなやつほっとけ
★★★★★★★★★★★★★★★★
どうでしたか?
何があればコメントサブのところにお願いします。アトバイスくれたら
嬉しいです!



9ヶ月前 No.1

★o5HiRDOccc_IJd

なかなかおもろいです

ただ…読みやすいようになんか工夫したかもええかもしれません。

せっかくおもろい話なので

9ヶ月前 No.2

★o5HiRDOccc_IJd

あの、間違えました…

許してください…

9ヶ月前 No.3

★3DS=CEKY7pAPbO

いいですよ(*´ω`*)
コメントしてくれてありがとう〜
まぁ今度からは気おつければ良いことですよ(笑)

9ヶ月前 No.4

★3DS=CEKY7pAPbO

さて第2幕を開始します。
第2章
……………………滝『あそう言えば世界に迷い混んだんだっけ?
菫)おーーーいいい滝くんーー
滝『ん、あんた誰?』きやすく名前呼ぶなよ』
菫………ん、ごめん、

滝)「ところでなんで俺の名前知ってるん?

菫……はぁ、?昨日自分で名前言ってたんじゃん本当に馬鹿だね(笑)

滝)「ごめん俺お腹空いた(笑)
食べ物なんかある?

菫)ん、ほらあるよ

滝)『もぐもぐもぐもぐうめーすげーうめー

菫)うふふいい食べぶりよね(笑)
あ食べたかすが残ってるよ
吹いてあげる
滝)『ん、ありがとう』
まぁこんなところですかね
コメントはサブのところお願いします。
次は第3幕を開始ですね
お楽しみに
第3章をお楽しみに!!!!

9ヶ月前 No.5

★3DS=CEKY7pAPbO

はい第3幕開始
●第3章●
ラジオ朝です。皆さん今日も頑張りましょ、
滝)『うううさむむいい』
10分後
菫)滝くんー大丈夫?………

滝)『ん、別に平気や、あ、痒い

菫)滝君ー…。私の家に来る?
…………………………………
滝)『ん、お言葉に甘えて、』
今日は菫の家にお泊まりです。
そんなある滝に何が起こったのでしょうか?
恋に落ちたのですか?宏樹と喧嘩になったのですかね
ふふふ続きご覧ください
滝)お邪魔します。はじめまして
俺滝です。菫の友達です。
家がないので泊まらせて下さい
菫の母)「滝君あら、格好いいわね
もちろんいいわよゆっくりしてね
滝)「あ、はいありがとうございます。
菫の母)『礼儀がとても良いわね』
滝)『そそんなことありません
普通です。///
菫)はーいここまで滝君行こ?菫の部屋に

ガラー……
宏樹)こんにちはおばさん
菫の母)『あら宏樹君今菫を呼んで来るわね
おばさん誰が来てるの?
菫の母)『ええ来てるわよ滝って言う人がね
宏樹)『んあいつが来てるんだな
いえ今日は帰ります。お邪魔しました。
はいどうでしたか?
コメントサブのところにお願いします!
たくさんのコメント待ってます!

9ヶ月前 No.6

★3DS=CEKY7pAPbO

はい第4章開幕
第4話

ピピピピ時計の音がなって
滝)『うーん良く寝れた』
…………………………………………
うわーーーーーー (叫び)
菫)『ん、おはよう滝君ああまた寝ぼけてるな笑い声
お母さん)菫どうしたのよ朝から大きな声で叫んで
滝)「すすいません寝ぼけて大きな声で叫びをして申し上げありません
お母さん) ん、大丈夫よよしよし
滝)っ、///やめてください子供ではありません
菫)『滝君〜朝ごはん食べに行こ!
ルンルンルン
テーブルに座って頂きます
家族頂きます
滝)「もぐもぐもぐすげーうめ
〜 むしゃむしゃん、
菫)「クスあははあわてて食べないの(笑)
滝)『ゴホンむ、蒸せた
菫)だからゆっくり食べなって言ったのに(笑)
お父さん)『菫滝君仲良しだな(笑)
菫滝)別に仲良くないし(一緒に言った
お父さん)いきぴったりだしな)
菫)「ん、もうそういう関係ではないからね///
お母さん)こらいい加減しなさいお食事はしゃべらないの
お父さん菫『はいすいません」
お母さん)あ、滝君はいいのよ、」
滝)俺もあわてて食ってすいません
こんな上手いもの久しぶりに食べたので
お母さん)あらいやね滝君は正直なのねお母さん嬉しいわ(涙)
滝)『な、泣かないで下さいよ!』
お父さん)『なんか家族みたいだな』
お母さん)なら今日から滝君私たちの家族になる?
良いところで第4幕を終わりにします。
次回は第4幕の続きをします。
そのまま第5話になります。
お楽しみにコメントサブのところにお願いします。

コメント宜しくお願いします。

9ヶ月前 No.7
切替: メイン記事(7) サブ記事 (13) ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。(小説カテゴリでは必須です)