Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(1) >>

錆びたノイズとキミの息吹を

 ( 短編集投稿城 )
- アクセス(146) - ●メイン記事(1) / サブ記事 - いいね!(0)

紗琉 @hudou728 ★3DS=rC0SAyibDm


【 某月某日 某処ニテ 】

ざらざらと耳が不快になるようなノイズ。
ノイズはやけに生き物めいていて_いや、そんな気がするだけだろうけど。兎に角わたしが不快な気分なことは判って欲しい。
そんな具合で、わたしは気味悪いノイズを耳に流し込んでは、耳の中を不快感て満たしている。
幸い、ヘッドホンは着けていなくて、音の逃げ道はあった。だけど、わたしはそのノイズから離れられなくて。

そのノイズについて、詳しく説明しよう。
ノイズは、何処か生き物めいている。上手く例えるなら_最高まで荒くなった、ヒトの呼吸、みたいな感じだ。
そして、ブツブツと言葉のようなものが聞こえる。これが何語か、生憎わたしには判断出来ない。何せ、英語と日本語しか知識がないものでね。
検索ツールでドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語_思い付く限りの言語は検索したが、何れも当てはまらず。

カァカァと、鴉が鳴く。

嫌だ、厭だ。こんな不気味なのは。

逃げたい、逃げ出したい。

そんなわたしに、天からふわりと一糸纏わぬ天使が、光を纏って降りてきたような_言葉が、耳にふと届く。

わたしは、その言葉を口に出す。

「このセカイから、旅立とう。

さぁ、共に__」

これは、このノイズが紡いだ、幾つもの、物語だ。

メモ2017/06/04 15:45 : 紗琉 @hudou728★3DS-rC0SAyibDm

最期まで読むと、噺が繋がる短編集


>>0 序章 : ノイズの渦に包まれて

>>1 壱 : 僕の言葉を信じてくれ

ページ: 1


 
 

紗琉 @hudou728 ★3DS=rC0SAyibDm

【 某月某日 某処 】

ノイズが反響する。

僕は今、教室の片隅で、ノイズを聞いている。

普通、ノイズなんて聞かない。

だけど、僕はノイズが好きだ。

人波のようにゴチャゴチャしていて、人のように、音が混ざり、秩序を乱し_雑音となる_。
正に人みたいじゃあないか。だから、僕はノイズが好きだった。

今聞いているノイズは、正に人だ。
人の声も聞こえる。
言語は、日本語だろうか。
「シンセカイ」「シュウマツ」「コノコエガモシトドクノナラ」。空耳に近いが、こんな言葉が聞こえる。

いやいやいや、本当に空耳なんじゃないかって?

空耳ではないね。これは正真正銘の人の声。
そんな判断が容易につくくらい、僕はノイズを聞いた、ノイズ・ファンなんだ。信じてくれよ。

__おっと、此処は教室。そろそろ小うるさい委員長に目を付けられそうだ。
そんな僕が、最後に聞いた、ノイズが届けた言葉は_

「ニゲテ」

3ヶ月前 No.1
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。(小説カテゴリでは必須です)