Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(305) >>
★この記事にはショッキングな内容が含まれます。もし記事に問題がある場合は違反報告してください。

きざはし

 ( 詩集つむぎ城 )
- アクセス(403) - ●メイン記事(305) / サブ記事 - いいね!(4)

沙織 ★8tZI2U1YCc_yoD

言葉を置きたくなりました。

雑文まがいの未完のそれを




……たいそうなものは置けませんが




欠片であろうと、愛しいそれを




失礼いたします。

メモ2018/09/18 01:01 : 沙織★8tZI2U1YCc_yoD

なんだか……こうして、書き出してみると、


笑えてくるのは……なんでかな。


繰り返し、繰り返し、ぐるぐるぐるぐる、同じことばかり、書いている気がして


いつまでも足踏みしている自分がわらえてくる


書きだしていて、理解した気がする


わたしにとって、詩を書くことは、心と直結しているから


心と切り離した詩を書こうとすることは、出来ないのかもしれない


それは、混同ということで


それは、もしかしたら、わたしのこういったトラブルにも絡んでくる話なのかもしれない


頭ではわかっていても、感情と心が、それを赦さないのだと思う


そういった不安定さが、もしかしたら、原因なのだとしたら


……ほんとうに

救えない


自分で原因をうみだして、


自分でぐるぐると回り続ける


同じ場所でとどまって

…続きを読む(23行)

関連リンク: 植物 酸い しゅんぱつ 、、なこと 
ページ: 1 2 3 4

 
 
↑前のページ (255件) | 最新ページ

沙織 ★HBnlTdLMi3_6Og


 Dizzy Gillespie - I waited for you

 を 聴きながら


 **


 突然、ぽっかりと空いた時間。外は、しぶきがあがるような大雨で。灰色の曇り空は、全てを暗く白く染め上げる 靄に包み込もうとするかのように

 あれは、嘘です と、誰かが叫べば、まるでそうなってしまうのではないか

 そんな靄にふくまれて紛れ込まされるようなぼんやりした空気感の中で


 --昔、私の初期の頃の絵には、よく、意味もなく靄が描き込まれた。

 もっと上を求めようとして、そこに追い付かなくて、それを認めたくなくて、筆がとまる。それを完成と外に表出することが出来なくて、迷った末に、私は靄で纏めようとしてしまう

 そういったことばかりしていた、初期の頃。だから、私の靄は、私の自信のなさの表れだった。

 絵の引き出しが増えていくにつれて、次第に私は靄を描かなくなった。

 ……だから、私は、靄を描いたら、終わりだと思っている。今、行き詰っているから、つい靄で纏めようと考えてしまいそうになるけれど、


 ……!靄、靄か!


 ルノアール 彼の手法を、真似て、そこから私の作品に深みを出せないだろうか……?


 !やってみたい

 やってみたい

20日前 No.256

沙織 ★Tablet=T8QVkDkZyc


 ーー星が、降ってくるみたいだ

 この時期は、本当に嫌いだ……一月以上も波の音しかしない、こんな孤独な場所で、……ひとり、残される、絶対、私が婚期逃してるの、今の仕事のせいだと思う、ひとりぽっちは、本当に、何年したって慣れる気がしない、

 今年は、モモがいるからまだましだけれど、……モモ、帰ってこないし、もうやだ

 たった2日で既にかなりまいって、こんな深夜にお料理をつくりはじめる

 ……昔から、私の孤独の癒やし方なんて、結局は、最終的には、お料理になるんだと思う 、

 もうやだ

19日前 No.257

沙織 ★MxdQl2RHEt_6Og


 Alice Coltrane - Turiya And Ramakrishna

 を 聴きながら


 **

 8日ぶりに固形物を身体に入れて。本当にこういうことしていると、(絶食)身体が断食をやめたときにめちゃ吸収するから、かえって駄目なのだけれど、ストレス溜まりすぎるとそうなってしまう。

 結構出来てしまうから、人体の神秘だと思う。人はそう簡単には死ねない。……って油断していると危ないんでしょう?難しいな。まぁ、死んだって別に悔いなんてないけどな。


 ドナーになる前は、死んだときの身体の有効利用についていろいろ考えてたけれど、ドナーを経験して知ったことといえば、他者はそんなに臓器を提供されてもありがたがらないってことぐらいだ。当然、自分のものになるからなのかもしれないけれど、特に不摂生で身体を悪くした人間なんて、碌な人いないと思う。

 ごくごく一部に、本当に事故で、とか、先天的に、とかそのような方々がいらっしゃるのかもしれないけれど、私が目にした方々は皆、不摂生が原因だった。正直、死ね。と思う。

 自分が不摂生で身体を悪くした癖に、他者の臓器まで強欲に望んでまた臓器を悪くして。って人間を目にしてきた。お前ら一回死んで来いよ。と思う。本当に。

 だから、正直、自分が死んだあとの身体の有効活用なんて考えること自体、馬鹿らしくなった。


 まぁ、考えたって仕方ないわ。


 臭いものには蓋をするじゃないけど、私は、汚いものなど見たくはない。それは自分の心の中のことだって同じことで、

 出来るだけ知りたくない


 ……はー、やっぱり、30代までに死にたかった……正直、これから先が長すぎて嫌になる

18日前 No.258

沙織 ★yQ7XUM4SoL_6Og


 Alice Coltrane - Turiya And Ramakrishna

 を 聴きながら


 **


 ……突然だけれど、私は、極端らしい。……あまり知られていないけれど、それは自分でも自覚していて←(ええ、どうにかしようとは思っているのですよ)どうしたら、良い塩梅、というものを自分の中にすり込めるのかしら、と、自分の極端さに向き合っては思考してきた→(ええ、思考しても行動が伴わない良い例)

 例えば、今回の絶食もそうなのだけれど、例えば、8日でまぁ、当然だけれど減量するとするじゃない?2日で元に戻るのよ。びっくりするよね。私もするわ。

 以前の経験から言って、絶食明けも基本、摂生を続ける”気があれば”元には戻らないのは証明済みなのだけれど、今回の絶食はただのストレスからくる趣味のようなものだから、目的が違っていて、別に減量したかったわけじゃないから、気が済んだら、2日で元に戻しちゃうの。身体が。いえ、以前も全然、減量するつもりじゃなかったんだけどな。母の減量の為に頑張ってた。……途中から意味不明に自分ひとりで頑張ってたけど。←


 **

 それで、なんで、そうなるのかな、って、ちょっと考えてみた。……それでやっぱり、気づくのだけれど、私、食事を心でしてるんだよね。

 絶食とかも、心の状態が関係していて。

 勿論、お料理は好きだし、食することそのものも好きだし、食材も愛しているけれど、それそのものと、それらを身体にとりいれる、というのか、吸収させる、というところは、私はなんだか分けて考えているみたいで

 孤独だとそれが加速するみたいだから、そのあたりが関係しているような気がする。


 **


 つまり、もっと極端にいうと、良い塩梅がわからないの。

 それは、人との関係とか自分を表現しようとするときにも関係していて

 結局は、いつもそこで極端さが私を苦しめるのだと思う。

 **


 良い塩梅、というのか、限度、というのかな。そういうの。


 **

 だから、その点をちょっと、改善してみようかな、って。

 例えば、私は、1か10しかない時があるのだけれど、それを、1の時は1って、決めようとか。……そんな風に。子供みたいだけど。仕方ないじゃない。そうしないと治せなさそうだし。


 **


 限度を知ってる楽しみ方を知りたい、って、今、思っているのだと思うの。

 ね、私には、それはとても繊細な感覚に思えるけれど、……普通の方はそれが普通の感覚なんだよね?脳を切り替えなきゃ、って思っているんだ。少しずつで構わないから。

 **

 だってさ、これから先の人生なんて、長すぎるほどあって、……今のままじゃあ息切れしちゃうよ。少しずつ、そういうところ、楽になっていきたいの。

18日前 No.259

沙織 ★Tablet=74bj6wMOKP


 私は、好きな偉人が沢山いらっしゃるのですけれど、今回は、その沢山の好きな偉人の中で、老子を。

 老子は、『足るを知る者は富み、強めて行う者は志有り』*人を知る者は智、自ら知る者は明(めい)なり。人に勝つ者は力有り、自ら勝つ者は強し。足るを知る者は富み、強(つと)めて行なう者は志有り。その所を失わざる者は久し。死して而(しか)も亡びざる者は寿(いのちなが)し。


 という言葉を残しています。

 ……この言葉、私は、好きだけれど、まだまだ全然、実感出来たことが無いのです。

 いえ、ちょっと、先に書いたことで思い出した言葉だったから。

 いきなりすみません


18日前 No.260

沙織 ★Tablet=74bj6wMOKP


 ひとりの時間が長すぎて、シクラメンなどのお花の手入れやお庭の手入れ、お部屋の模様替えや、お掃除を、細かい箇所まで、一気にやってしまった……カーテンとかも洗ったり、、

 孤独が過ぎると……このままじゃ、家がピカピカになってしまう、、

 最近は、籐のかごにはまっていて、母がいないことを良いことに全てを自分好みに配置を換えたり、母が好きな細々したものを全て片付けて、シンプルに、使うものは使いやすいように見せる収納で纏めてしまった。

 ……孤独は嫌とか言いながら、かなり、居心地良い住まいになってしまった……

 ひとり、ちょっと良いかも!好き勝手に模様替え出来るし、お風呂もゆっくり入れるし、時間自由に使える……

 好き勝手に、好みに植物やお花の鉢をお部屋に配置したり、カーテンやソファーカバーや雰囲気も模様替えして、、ちょっと楽しい

 お仕事も片付けながら、孤独にならないように明日も前向きに色々取り組む

17日前 No.261

沙織 ★QDAnkjV15q_6Og



 Alice Coltrane - Turiya And Ramakrishna


 を 聴きながら


 **


 ふふ、以前、どこかで書いたような気がするのですが、日本には、非対称の美という美意識がありますよね。西洋や中国なども、対称の美が主流なので、日本の非対称の美は、失われていったもの、ひとつの美の基準として、本当に貴重なものだと個人的には思います。


 ただ、それは美術的な美の話。人の美については、今も昔もほとんど変わっていない、という意見や、日本の浮世絵美人のように大分美的感覚は変化する、というような見方もあったり難しいですが……個人的には、人の顔の美醜の基準は今も昔も変わっていないような気もしています。

 一つ面白い現象を聞いたことがあります。……それは国が豊かであればあるほど、美人の系統が増える。というお話です。国があまり発展していない場所だと、映画などをつくっても、皆、同じような正統派の美人が集められ、美男美女ばかりになるらしいのですが、国が豊かになるにつれて、女性の美の基準が拡大し、いわゆる正統派ではない個性派美人も、美人として認められやすい、というお話。国が豊かになるにつれて美の基準が広がるというお話です。

 顔の美醜は、対称であること、そして、バランスが全てだと思います。絵を描いていて特に思うのですけれど、整ったお顔は簡単なようで難しいのです。なぜかというと、血が通っているように見えない。だから、私が絵を描くときは、あえて、微妙に非対称に描いたりします。その方が生感が出て、個人的に好みなのです。私は、整いすぎた美しさより、ほんの少しバランスを狂わせたアンバランスさを出した人物画の方が好みで好きなので、(個人的な持論は、どのように醜く見えてもそれそのものが既に美として美しい)そうしますけれど、……このあたりは好みですよね、

 皆様は、どうなのでしょう、



 **


 因みに、人の顔は、一瞬たりとも同じ顔の時はないと、個人的には考えています。微細な表情や筋肉のつき方でも変わってきますし、その日の体調や、光の加減でも目の光彩の大きさなど変化しますし、お顔の色、あげたらきりがないほど、それらは変化し続けているのですから。



 **

 お顔の印象は、ほんの数ミリ単位の変化で美醜を分けるというのは整形外科では当たり前のお話なのではないかしら。お顔の印象はそれだけ微妙で微細な繊細なものなのだと思います。


 **


 子供の頃から憧れているものに、実は特殊メイクがあります。私は、あの特殊メイクを実は自分の手でしてみたかった。私は、昔から、人の手お顔、身体に本当に興味が強い子だったんです。特に一番興味が強かったのは人の表情でした。

 今でも不思議なのですけれど、私は、美に拘る割に、全てが美しいと思いたいところがあります。全て、というのは、人がコンプレックスとしてしまいがちな部分です。皺や肌の微細な肌触りや、血管や、それら繊細な色の変わりの部分、がさがさしたもの、たるんだもの、それら全てを美しいと思い、描きたいと思っていました。子供の頃から。

 ……それは、植物や木や、背景などでもそうなのですけれど、全てを出来るなら書きたくなるのです、そういったところ、変わっているのだと思います、


 **


 でも、人の一番の美醜は、私は思うのです。絶対に、顔のつくりではない。


 その方の持つ、生。雰囲気がつくりだす、その方の輝きが、そのまま美醜となって表れるのだと思います。


 そう、味のあるお顔として。それこそが、生、なのだと思うのです



 ……いえ、いきなりすみません

17日前 No.262

沙織 @saorikuma ★QDAnkjV15q_6Og


Turiya and Ramakrishna x Alice Coltrane

を 聴きながら


 **


 赤いムーヴメントがカクカクと傾きながら微細な振動を繰り返し、不器用に動く/それは、止まらなくて、私、どうして止まらないのだろうって、思っていた。


 **


 白いスペードのカード。それを、隙間に差し込むと、振動は止まった。もう動かない/それで良いと思った。


 **


 私は、白黒のブラウン管テレビの前に座って見ている/それは、モノクロなのに、青と赤と白をもっていた。私の頭の中の色彩。


 **


 それは/別に、良いや悪い、じゃなかった。なかったけれど、私は、そこに閉じ籠る。それは、私の中の色彩。


 **


 別に、それで良い/と、思った。判断するのは/それで、何も構わない。


 **


 だから/それで良い/と、思った。



 **


 陽だまりの/

17日前 No.263

沙織 ★Tablet=74bj6wMOKP


ぐるぐるしていて……、今までの思考が切り替わったのかな

 限度を知る 脳に切り替えようと思い始めてから少しずつ、思考の選択を変えて、

 表出が少し変わったことを実感する

 一周回って違う場所に紛れて出てしまった人のように

 **

 結局は、メンタルの問題だと考えていたものが、思考の選択によって軌道修正されていく様を自ら、実感し、理解を身体に染みこませる中で

 私が、本当にしたかったことを探っている、のだと、やっと、その最中に気づいた

 ……今まで、何をしたかったのか、解らなかった

 ただ、ただ、行っていたこと その混在した意識の中で

 少しずつ、大事なものをみつける感覚 砂のようにそれは

 でも。

 したいこと、本当にしたかったもの 書きたいもの

 それ、を

 なんのために

 それ、を

16日前 No.264

沙織 ★Tablet=74bj6wMOKP


 今、やっと、筆が進み始めた絵、ルノアールの*(私は、ルノワールという読みよりも、ルノアールという読みの方が柔らかくて好きです)作品を、(今、参考にしているのは、ルノアールの風景画)参考にして描き始めている絵の着地点がみえて

 広がりをーー思う。


 広がりとーー間が空いて、飛躍 飛躍する 絵の中の世界が

 ーー音、音がほしい、イメージに 踊り出すような 飛躍するイメージ

 お贈りする方の作品から広がるイメージとその方の雰囲気が交わり、広がりを

 その方は、温かさを持ってらっしゃって、落ち着きと冷静さと胸に秘められた熱さを

 表現するには

 ほとばしる熱さの表現か必要になる、なるから、 交差するように 熱さを

 けれど、冷静さのなかの 熱さが きっと あの方のイメージ

16日前 No.265

沙織 @saorikuma ★yJVPyG0hDq_6Og


Turiya and Ramakrishna x Alice Coltrane

を 聴きながら


 **


 一周回ってぐるぐる……かえってく かえってくよ

 結局はらせん状の階段を駆け上がって



 かえってく かえってくよ


 一本垂れ下がってるあの糸は

 もしかしたら、あたしの神経かしら


 かえってく かえってくよ


 はじまりの場所へ


 それとも もしかしたら そこから いきどまり の場所へ


 かえってく かえってくよ



 無私のこどもたちが 声にならぬ声をあげて


 あれをひくの


 あれはもしかしたら 一本垂れ下がってるあの糸は


 もしかしたら、あたしの神経かしら


 かえってく かえってくよ


 音も

 なにもかも

 なにもかもが


 とぎれてく 場所へ

16日前 No.266

沙織 ★yJVPyG0hDq_6Og


Alice Coltrane - Turiya Sings

を 聴きながら


 **

 まっさらな糸が、垂れ下がるように

 戻す 戻す


 戻す 戻す


 爪痕は、どこまでも イトをもって


 あたしを つれていく つれていっては そこに


 そこに ついたてに ついたてに たたせる たたせるの


 あたし きれいな 街頭のした で


 橙のひかりにもれて うつる はみだした かげのよう かげのよう だわ


 ゆうらゆうら ゆうらゆうら ゆうらゆうら かげのようだ わ



16日前 No.267

沙織 ★yJVPyG0hDq_6Og


 Alice Coltrane - Turiya Sings

 を 聴きながら


 **


 はじまりを はじまりを しっている わけでは ない の

                ない から


                  しっている わけ では ない から



 ゆれる 音の振動と ゆれる 鼓膜の薄い膜が

16日前 No.268

沙織 ★yJVPyG0hDq_6Og


 Alice Coltrane - Turiya Sings

 を 聴きながら


 **


 限定された 基準点のなか で


 ゆれうごく とう  トウ








 風 □― きっと、それ は 風


        *


 だから


   そこの



 そこの 点の そこの 点の ままで



          ままで

16日前 No.269

沙織 ★Tablet=J1jcvzCy3E


 体調……というより、(身体は、丈夫)完全にメンタルを崩した

 はちゃめちゃしかしていないので、どうせなら体調が崩れれば良いのに、例によっていつものように、メンタルから崩れた

 ふと、そういえば、朝キャベツだけプラス四時間睡眠を二日めだったとメンタルを崩して気づいた

 絵は全然終わらない

 誰かに相談したいのに話せる人ひとりも思い付かなくて

 そもそも何を相談したいのかもわからない

15日前 No.270

沙織 ★Tablet=J1jcvzCy3E


私は、昔から、人に助けてもらいやすい
 だからなのか解らないけれど、根が甘えているのかもしれないと昨夜気づいた

 そもそもこうして自らのことを書くことも自分を構って欲しい甘えなのだろうと思う

 根本的に考え方を切り替える必要があるのだと思う

 ……どうしたら、切り替えられるのか解らない

14日前 No.271

沙織 ★BdAFQjPTBA_6Og



 詩 だけでなく、創作活動そのものを

 やめることに致しました。


 正確には、1年後の11月1日にやめることにしております。

 こちら、メビウスは、思えば、私が初めて掲示板というものに触れた場所になります。

 初めのきっかけは、デジタル絵を練習するためのお絵かき掲示板目当てでしたが、いつの間にかあっという間に年月が過ぎ、

 それまで何度もこちらを離れようとしながら、お世話になり続けてきました。

 こちらでたくさんの数多くの思考の経験をさせて頂けたこと、本当に感謝の気持ちでいっぱいでございます。

 お礼の言葉には少し早いかもしれませんが、……お礼の言葉は何度言っても良いものだと思っておりますから

 一生分の有難うをこちらから消えるまで何度でも積み上げようと考えております。


 素敵な思考の経験を有り難う御座いました。



 **


 失礼致します。

13日前 No.272

沙織 ★BdAFQjPTBA_6Og


 追記として


 1年後といいながら、やめる日付が11月1日なのは、やめようと思考した日が11月1日だったからですよ。

 作者のポカではないので、念のため、失礼致します。(笑)


 それでは。

13日前 No.273

沙織 ★Tablet=J1jcvzCy3E



 『それはまるでボロボロのサイボーグ』

 それは、まるでボロボロのサイボーグ

 腕も配線がむき出しで

 足は取れそうにねじ曲がって

 でも、それでも僕は

 それが、好きだったよ


 **

 空はどこまでも突き抜けそうに青くて

 消えてしまったそれらは、いつまでも大事なものとして

 それだけで、構わなくて

 **

 世界は、どこまでも真っ直ぐで

 ねじ曲がってなくて

 君の中の透明なその世界に

 届かないそこに

 いつしか憧れてた

 **


 ボロボロのサイボーグの腕も取れそうな足も

 君が大事にしていたことを知っていたから

 僕は、きっと好きになった

 **


 どこまでも抜けそうな青空に

 精一杯身体を投げ出そうとするみたいに

 水面の上、身体を投げ出して

 **


13日前 No.274

沙織 ★iPhone=OSOT35TuDG


、よくわからない喧嘩をした
したくもない喧嘩をしたあと、ものすごく自分が情けなくなって、馬鹿みたいに落ち込んだ

馬鹿みたいにって表現したのは、結局は、自分がしたことに対して自分が凹んでいることそのものが、まるで、その表現の通りの感覚になったから、だ

11月1日、創作をやめようと考えて準備して、オフ会の企画やら立ち上げたけど、数日前、突然、それらの思考そのものが馬鹿らしくなった


何で馬鹿らしくなったのかといえば、自分らしくなかったからだった

考え方そのものが、ひどく嫌になった

人生は、人に見せるものなんかじゃない なのに自分は、まるで人に見せるかのように つくりもののようで、ひどく 嫌になった

全く自然ではない

全く自然ではない関係にいつも嫌になるみたいな あの、嫌な感覚に支配されて

吐きそうになる

創作を止めるなんて宣言も、自然じゃないと思うだろ?

でも、私は、そうじゃない

創作は、そういったところには存在しないから

やめるってことは、そういった表現に変換したい ってこと で

窮屈なんだ だから

だからなのにうまく説明なんて出来なくて

結局は、馬鹿みたいな言い合いにおちたから 凹んだ、よ

もしかしたら友達になれそうな方だったのに
失いたくなかったから

凹んで

そういうの、いつ治せるのかな 一生治んないかもしれない、よ

12日前 No.275

沙織 ★2t0Mn0IQa5_6Og


書いても音が古いような気がする……そうはいっても、ない音は書けない

11日前 No.276

沙織 ★2t0Mn0IQa5_6Og


 『金のぼたんさかずき』

 欲はつきぬ たちきえぬ においたつよな はだにはなに

 ことばのてつきは やわらかに すがり かなしく わらおう

 あめが ふり ぬれたせすじに


 空に打ち上げたたからものを

 ぎゅっと、胸にきざみつけて


 ともちゃん、俺

 あっせん ど し っとよ

 たまごをうみつづけている


 くちからさくぜつぼうに、わらう

 ともった、ひを、くちに うる




 **



 音が古い……それは解るのに抜け出せない

11日前 No.277

沙織 ★2t0Mn0IQa5_6Og


 ななめにきり離したらどうだろう

11日前 No.278

沙織 ★2t0Mn0IQa5_6Og


 あともう少しなのに……つかみきれない!つかみきれない!つかみきれない!


 きざはし

11日前 No.279

沙織 ★2t0Mn0IQa5_6Og


 Alice Coltrane - Turiya and Ramakrishna

 を 聴きながら

 **

 シャッフル、シャッフルして……、少しだけ抜け出せた

 ……でも、あと、もう少し、で

 あともうすこし

11日前 No.280

沙織 ★2t0Mn0IQa5_6Og


 alice coltrane - turiya and ramakrishna

 を 聴きながら

 **


『1月(金のぼたんさかずき)』


 頭頸の花が咲く 鮮やかに 華やかにわらう

 君を屠る 屠る夢兎の あかいくちもと

 滴るようにどろりとにじむ 痣の向こうに

 その先に ころげる にじむ いたみ

 いたみに ほふる 手をそえて

 そえて


 欲はつきぬ たちきえぬ においたつよな はだにはなに

 ことばのてつきは やわらかに すがり かなしく わらおう

 あめが ふり ぬれたせすじに


 空に打ち上げたたからものを

 ぎゅっと、胸にきざみつけて


 ともちゃん、俺

 あっせん ど し っとよ

 たまごをうみつづけている


 くちからさくぜつぼうに、わらう

 ともった、ひを、くちに うる


11日前 No.281

沙織 ★2t0Mn0IQa5_6Og


 alice coltrane - turiya and ramakrishna

 を 聴きながら

 **


 ……そういえば、思い出した

 あの人へのいちばん初めの依存のきっかけは、あの人からの呼びかけだったこと

 昔過ぎてわすれていたから

 よびかけたら、本当にすぐに返ってくるから

 私は、そのうちなんでも話すようになっていったんだっけ

 懐かしい

 なにをしても怒らないあの人に許されることがひどく嬉しくて

 歳も離れていたこともあって本当にでろでろに甘やかされて

 ……初めて怒られたときの衝撃ってだから今でも覚えていて

 その怒った理由がまた彼女さん関連で本当にその方好きなんだなぁって微笑ましくなったんだっけ

 懐かしい


 **


 依存ってなんだろうね


 依存依存って自分でも散々書き込みしているけれど、実際のところ、私はよく解らない

 ……やっぱり、人の感情の複雑さなんて、自分には解らないし

 特に好き嫌いなんて好きと依存の違いなんて、もっとよく解らない

 ……それに、失望って感情も


 私、本当の失望とか絶望とかの感情の経験があるのかどうかも疑問で

 ……そういった感情の経験をより多く積んでいれば、もっとなにか違っていたのかな



 □―違っていたんだろうな


 ……少なくとも、他者にそういった感情を抱かせないような配慮ぐらいは出来るようになっていたんだろうと

 そう思う


 私は、知らないから、きっと行えないのだと思う

 ……だから、無知はひどく 罪だ


 ……そんな風にここで吐き出してみたところで、身につく感情でも無いのだろうけれど

11日前 No.282

沙織 ★2t0Mn0IQa5_6Og


 alice coltrane - turiya and ramakrishna

 を 聴きながら


 **


 私は、多分、きっと、本当に人を好きになったことなんて、多分、まだなくて

 ……と、いうより、好きという感情すら、実はまだよくわからなくて

 どうしたら、そういったことが解るようになるのだろう?と思う

 皆、当たり前のように解っているみたいで、すごいなって思う

 正直、私は、一生解らないような気もしてるし


 それが特に残念だと思うこともない


 **


 だって、考えてもみてほしい。知らないことなど、別に想像できないのだから、無いも同じ感情で、ないものを残念だと思うすべなどあるわけがないのだ

 つまり、ないものはないわけで

 つまり、特に何の感慨も浮かばない


 **


 難しい


 ……考えたって答えなんて出ないけれど

11日前 No.283

沙織 ★CB9stUpdIz_6Og


 alice coltrane - turiya and ramakrishna

 を 聴きながら


 **

 ……私にはめずらしく……本当にめずらしく、悩んでいるのです、……どちらかというと、他者を振り回しがちらしい自分を自覚はすれど、気にしたことなんて、爪の先ほどぐらいしか無かった自分が、……本当にめずらしく、悩んでいるのです、

 ……本当にどうしますか

 ……こんなに悩むのは、……まだ10代の子が色々言ってきたとき(2回)以来……





 ……まさか、友達になってくれるとは思わんかった……

 常々ここでも書き散らしているけれど……私の友人基準なんて、恋人基準よりも小さな針のあなだからな まだ、一人しかいなかったはずのそこに滑り込んできてくださいましたが、自分、どうしたらよいかわからん


 ……折角なってくださったけれど、……なんだか、本当に私の中で友達ってめちゃ大事なんだよ よくわからないぐらいにな

 ……嫌われたくないし……なー

 出来るなら嫌な思いとか……は極力させたくない……し

 メンタルぶれぶれの私の話相手なんてしてたら絶対消耗させるからそんなこと絶対、出来るわけないし

 友達はめちゃ大事だから出来るだけ楽しませるような話題を提供したいけどそんなこと私が出来るわけない←



 と、ぐるぐるした結果、永遠凍結しそうな勢いで……友達は失いたくないので


 結論として、……今までしてた相談とかは、別の方にしようと思い立って

 ……それを考えていたら、まだ終わっていない色々も思い出して、

 絵を贈ろうとしてる方にもまだ出来上がっていない……相談できそうなのその方しかいないし……

 詩についてのいろいろとか、創作についてのいろいろとか……、あの方なら答え出してくださるって解っているから……

 ……正直、今の自分、メンタルぐちゃぐちゃだから 詩も絵もぐるぐるしかしないし 創作とめようとしているけれど、まだぐるぐるしている気持ちもあるから

 一度整理したいから

 ……絵、すすめなくちゃ

9日前 No.284

沙織 ★mWOmgO7iri_6Og


 Alice Coltrane - Turiya Sings

 を 聴きながら


 **

 ……ぼー、っとしてしまいます、全然お仕事が進まないから、一端、休憩として 外は大雨 うすぐらくて 灰色で まるで薄っぺらな本の世界みたいに平たい印象

 ……人がかけてくるみたい…… 疲れてるのかな、って目元を抑える ぼー、っとするときに、いつも現れるかけてくる人は、ある時期をこえてから、少年になった それまでは、白い服を着た少女がただじっと見つめているだけだったから ……その少女を見なくなって、大分経つ

 カタカタカタって音もあわせて でも全く怖くはない 少女とは違って、その子は目の前までは近づいてこないから

 **


 ……なんだか、とつぜん、ふっと 目の前でたたまれるみたいに 空虚に 空気がたまるみたいに

           突然、なくなったから


 ……私、ここに居るべきじゃ、ないみたい

8日前 No.285

沙織 ★Tablet=q2GopHJS0S


 別サイト様で活動している創作でも、1年後に停止することを提示しているのですが、あまりにも私がぐらぐらと、メンタル部分を綴る為、
 そのサイト様で一番尊敬しているホラー作家様に、いつまでも沈んでいないで、しっかりして下さい!と、発破をかけられてしまいました。

 ご指摘受けて、初めて、ハッとして……、

 頭をガツンと殴られたような心地です。

 このように仰る方ではないのです。、よっぽど、私の情けない様子にご指摘をされずにはいられなかったのだって、解って、
 とても、胸が温かくなりました。

 、私、自分がどうしたいのか、もう一度、自分を見つめ直します。

7日前 No.286

沙織 ★Tablet=q2GopHJS0S


 私は、自分を偽りがちだって、……自覚している、つもりなのですが、……子供の頃から自分を偽り過ぎて、今でも自分が何を偽っているのか解らなくなるときがあって

 ……そういうときは、自分が何をしたいのかも、本当によくわからなくて

 ……それなのに、本能の部分でなにかを解っているみたいて、何を偽っているか解らないままに、どんどん体調を崩していって……、

 今度は何を偽ってるのか解らなくて、不安でよくわからない涙がでる もうやだ

 **

 私が絵や詩を始めたのはそんなよく解らない自分の求めているものを元の位置に戻したくて、だから、……しているのに

 いつも、わからなくなる

 **

 ……だから、創作、やめようってしてるのかな、もうやだ

7日前 No.287

沙織 ★Tablet=q2GopHJS0S


 言わない方がよい 知らない方がよい 知っていてはよくなくて わからないままでいなくてはならなくて わからない綺麗なままでいるなら尚よい
 気づいていてはよくなくて 本音は隠すべきで さとられるべきではなくて 偽りばかり増えるなら口など言葉など必要ない

 そういうのは、子供の頃、無意識につくりあげたルールで決まりごと 悟ることは愚かで わかっていないふりをしなければならなかった 自分を守る術

 ……心のなかは、そういったところ、変化出来ていないのかもしれない

7日前 No.288

沙織 ★Tablet=q2GopHJS0S


 ……きっと、糸が切れたって解ったから ……そして、それが正解なのだと思います 私なんかと関わって、なにかよくなるとは思えません だから、良かったのだと思います 、おやすみなさい

7日前 No.289

沙織 ★AR0CoJugm1_6Og


 ……なにかを極限まで耐えようとするとき、それは、スイッチがはいれば、寧ろ喜びのように思う

 、だから、苦しいのはその手前に過ぎなくて、……でも、その手前ほど苦しいことはないんだと思う

 ストイックさが欲しい ……私が昔からもっとストイックだったのなら、私はここまでコンプレックスの塊ではなかったと解っているから

 気づいたことがなかった ストイックになろうとすれば私はそうできるのだということを 気づいたことがなかったんだ

 、人に頼るという習慣は、寧ろ当たり前で 、私は、根っからの甘えただ

 ただ、少し変化球の甘えた 普段はどちらかというとそんな素振りは見せないのだけれど、最終的な決定を他者に譲ろうとするときがある

 そういったときに、……普通の方は、自分がやろうとする意志を持つものなのだと、私は、大分大きくなってから知った

 ……それまでは、そのことに気づけないほどに、……私は、意志を他者に譲って生きていたから

 ……子供の頃かな、私は、自分のどうしても許せない性質に悩んでいた

 それは、我が強すぎるということなのだけれど、それは人に譲れないという性根の悪さを自分で汚いと思っていたからだった

 ……自分以外の方がどう思うかは知らないが、(検証も出来ないし……)私は、自分が汚いから自分の意地を捨てられないのだと思っていた節がある

 ……アホみたいなエピソードがあるのだけれど 私がどれだけ小さな頃から性根の腐った餓鬼だったかというとまず、保育園〜幼稚園の先生は大嫌いだったし(そもそも大人が死ぬほど嫌いだった)

 新一年生のかけっこ?だったかな その運動会で、父親が私が1位になるのを当たり前みたいに応援しているのに心底ムカッときて、でも、走るので他者に負けたくないし と逡巡していたその一瞬、私の横を走り抜けようとした子がこけたのだった。私は、他者に負けたくない想いを意地で捻じ曲げて彼か彼女か忘れたが、その子の側に駆け寄り、その子が先生たちに囲まれるのを見たあとで、その子の靴を歩いて取りに行き、その子に渡して、その後、ゴールしたのだった

 当然、父からは激怒されるし、何故かその子も感謝してくれないし、会場は微妙な空気が流れるし、最悪だった しかも意地を張った時、ちょっと涙がでた

 その後は、少しは学んでそういうことは皆の前ではやめようと思った

 持久走は大嫌いだった なぜか女子は、一緒に走ろうね?と言ってくる子が必ずいるのだが、私がそんなこと出来るわけがないのだ だって自分のペースで走りたくなるし 性分なのか本能なのか知らないが、意地を張らない限り他者と合わせてゆっくり走るなど私が出来るわけない

 まぁ、案の定、その子を置いて私は走ってしまい、彼女とはその後、距離を置かれた


 小学、4年生の学校の帰り道、夕日を見ながら、私は、30で死ぬことを決めたから、その後はまるで修行僧のように意地を消し去ろうと努めてきたように思う それでも、まだ(昔よりは強くなくて眠った状態だけれど)気を抜いたら出てきそうだから、私は心底そういった自分の性質が嫌いだ


 **


 ?あれ、なんだか話が微妙に逸れたような気がするけれど……そう、ストイックさの話だった


 ……ストイックになりたい、何もかも最小にしてそういった自分で自分のそのままの目線で周りを眺めて

 ……そういう風に、思います

4日前 No.290

沙織 ★FCquyhRj3a_6Og


 、やさしさが仇になるパターンを思って、……でも、それ、私の過去エピソードから振り返れば、結局無知だったってことだよなぁと思って

 ……なんだか、思い出したから

 **

 、いえ、子供の頃、幼い私は、アホだった いえ、今もアホだが、……その頃はもっとアホだった 私は、蛇すら克服し、(蛇は渦巻き状でたまごを守っていた蛇に赤い舌でシャーッとやられて、半泣きで帰ったことが悔しくて、蛇のことを調べ、意外に身体が弱い生き物だと知り、可愛いと思えるようになった)昆虫で見たことのあるものは触れないもの無いと思うのだけれど(意地で大丈夫になった)、私は、アホだからか、教えてくれる身近な大人に恵まれなかったのか、その両方か知らんが、私は、カタツムリは、ナメクジがヤドカリのように殻を身体にくっつけているのだと純粋無垢に信じていた

 ある日の友達の家に遊びに行った帰り道、いつもの道草の場所で、そこは良い感じで川もあって野イチゴ、黄イチゴも豊富で雨の後の晴れ間には緑のにおいが充満する場所だったのだけれど、そこの苔むしてひんやりしめった古びたブロック塀の上の所をのんびりのそのそとカタツムリがお散歩をしていたのを発見した幼い私、もとい、アホな餓鬼であった私は、常々疑問だったことを解明しようとした つまりは、好奇心と興味に勝てずにカタツムリの殻を取り、ナメクジに戻そうとしたのだった

 けれど、……まぁ、当たり前の話なのだけれど、どんなに一生懸命やっても、殻は取れなかった ……む、思った以上にくっついてるんだ?とちょっと、あれ?思ってたのと違うぞ?と思い始めた私、そこでやめておけば良かったのだが、アホ故にやめなかった 結果、カタツムリの殻は悲惨にも割れ、中身がむき出しに……そうして、カタツムリはお亡くなりになられたのだった

 自分のしでかしたことにものすごくショックを受けた私、とたんに周りの静けさも怖くなり、ぼろぼろなきながら家に帰った 家に帰ってから、図鑑を広げてカタツムリの解剖図を目にして、初めて生き物の身体というものを理解したような気がしたのだった


 **


 ……、いえ、つまり、あれはあの時、私なりのやさしさだっただのだけれど、無知故にそれが仇になったのかな……と……

 行き成りすみません……終わります

4日前 No.291

沙織 ★FCquyhRj3a_6Og


 ぁ、カタツムリはちゃんとお墓をつくりました(泣きながら) 黄色と白のお花(草花)も供えた 放置して帰ったわけではありません

4日前 No.292

沙織 ★keBoFeAXXi_6Og

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

4日前 No.293

沙織 ★ejqXl6OXML_6Og


 Alice Coltrane - Turiya and Ramakrishna

を 聴きながら


 **


 最近、この曲ばかり聴いている気がする

 ……最近、(こちらの見に来られる方など皆無だろう秘境スレッド) きざはし に、ここだけの文章を書きおろすことが増えたのは(偉そう)今まで入り浸っていた場所でまともに書けなくなってしまっているから、なのですが、

 ……私、段々、自分で決めた退会の期限が迫ってくる圧迫に自分で耐えられなくなってきてて

 ぐちゃぐちゃ、です、

 ……きっと、なにかに拘っているのですけれど、……自分ではその何かがわからないんです、

3日前 No.294

沙織 ★ejqXl6OXML_6Og

Chet Baker & Enrico Pieranunzi - Night Bird

を 聴きながら


 

 **


 凍りついていくの 窒ェ 眠気にまさって ふさがれていくから

 ふぅって吐息を風にのせて

 おかしいですか


 そんなこと、ちっともないのに


 暖色の夕焼けいろを目にするだけで私、温度を感じ取れるから

 別にあなたが窒サのものでも

 そんなこと、ちっともないのです


 つよがりってわらいますか

 ひどいな

 ふぅって吐息を風にのせて

 いつまでも空が凍てついたようだなんて思っているのきっと間違いだと思うの


 私、温度を感じ取れるから


3日前 No.295

沙織 ★ejqXl6OXML_6Og

Chet Baker quartet, Night bird, Club 27, Perugia, maggio 1980

を 聴きながら


 **


 ぽーん、って投げ出したら、きっとそれは、軽いものなの だから、それは、まるで空気をふくんだ そう、まるで丸く可愛いポップコーンだから

 ……相手の言葉に寄りかかりすぎないこととか

 自分の世界のことにもちゃんと目を向けることとか

 ……そういった、可愛がることの大事さを言葉ではなく行動で示されたとき

 それを見せつけられたとき 私はだから無理なんだって解った気がしたの

 ……他者を心地よくさせたり、楽しませたり、そういう雰囲気づくりが出来る方をだから、私は、無条件で尊敬して

 ……自分には、それがあまりうまくできないから

 **


 そういうの出来るようになりたい、そうしてだから、そこに意志だけではないものを感じるの

 自分を律することって、我慢も勿論そうだと思うのだけれど、……きっとそれだけじゃ不完全だって解るから

 きっと、楽しまなきゃいけないんだと思う

 それは自分だけじゃなくて、周りの方も、そういうの、

 情けないけど出来ない

 ……そこにはすごく高いハードルがあるから

3日前 No.296

沙織 ★ejqXl6OXML_6Og


Chet Baker quartet, Night bird, Club 27, Perugia, maggio 1980

を 聴きながら


 **

 、無意識ってこわい

 ……む。だって、無意識さあ(沖縄行ってた時、沖縄の言葉やイントネーションすごく好きだったんだよね 特に最後のね?が好きだった 響きがやさしくて)

 ここではめちゃくちゃ書き散らしているけれど、……だって、今更なんだもん、こちら拙者、13?年越えのヘビーユーザだもん

 いたるところに出没してたもん (来たり来なかったりもあったけれど)


 **

 話しかけ方、忘れちゃった……、どうしよ

3日前 No.297

沙織 ★ejqXl6OXML_6Og


Chet Baker quartet, Night bird, Club 27, Perugia, maggio 1980

を 聴きながら

 **


 ……精神年齢って、どうやったら、あげられますか……?

 、む、

 最低の評価より下ってあるのかな……?最ゞ低?

 これ以上評価が下がったら、きっと、息が止まるんじゃないかな……

 もうちょっと、ちゃんと、しなきゃ 更に評価が最低になってしまうかもしれないからしっかりします、

3日前 No.298

沙織 ★ejqXl6OXML_6Og


 Night Bird Nightbird Enrico Pieranunzi

 を 聴きながら

 **

 、そうだよね、……今までのこと、考えたら、私がここにまだ居るのは……おかしい

 ちゃんと離れようと思います。こちらの場所から。




 ……こちらのサイト様では、本当に、長い間、お世話になっていて

 、でも、今すぐには無理です、

 もう少しきちんと気持ちを固めてから、ちゃんとこちらから消えようと思います。

 **


 ……それまで、もうすこしだけ、お世話になります。

 ……ごめんなさい。

3日前 No.299

沙織 ★qfrixWGiS3_6Og

 Black Lagoon

 を 流しっぱなしにしながら

 **

 ……なんで、こんなにこわいのかわからない……

 ……いつもなら、こんなことないのに

 、あれかな、いつもなら、飾ったって仕方ないって解ってて、特に、
 もう最初からさらけ出しているようなものだから


 意識しないでいられるのかな

 ……こんなんじゃ相手方も面倒くさいよね

 ……ぐだぐだで、こんな自分が嫌いな自分のなかで一番大嫌いだ

2日前 No.300

沙織 ★qfrixWGiS3_6Og


 Black Lagoon

 を 流しっぱなしにしながら

 **


 ……なんだか、段々、自分にムカついてきた、、

 ……こういう気持ちのときって、早くなにか結論をきめて、その方向性に無理やりでもいきたくなるけど、、

 ……私の性質上、こういう気持ちの時に何か決めたことって、碌な結果にならないから

 ……暫くかんがえることやめる


2日前 No.301

沙織 ★qfrixWGiS3_6Og

 Black Lagoon

 を 流しっぱなしにしながら

 **

……ホラーか。

 いや、笑い話があってさ、昔、いえ、昔といっても5か6年くらい前の話だと思うけれど、その頃、ギャグとホラーを無理やりくっつけたものをつくりたくなって、……つくってみたことがあって……それが、思ったよりも筆がのってしまって……、ギャグよりホラーよりに……大分、なって……『スタートライン』って詩なのだけれど、多分、ここのどこかに埋もれてるはず 昔されてたなんとか大賞を選ぶの、それに提出したものだから、探したらあるかな……


 **


 探したらみつけてしまったけど、……やっぱり、今見ても微妙。






『申し訳ありません。一部、ショッキングな、内容が含まれます。苦手な方は、読まれないで下さい。




















「スタートライン」

ずるずると足を引き摺る音が聞こえる
血だらけの足
血豆が瞑れてそこから出血しているのだ
赤土が剥き出しの地面の上
石砂利がそこかしこに転がっている
息苦しい
苦しそうな苦痛を堪える無言の声が辺りを充満させている

薄くあまがみをしている柔らかな口元をそっと引き攣ったような痛みが走り
少し顔を顰めると鉄錆びの味がする赤い血を舐めた
スタートラインを決めるようにと指示を受けていたが、特にやる気も無くだらだらと白く石灰の線を引く

この地点に立つものの数はぴたり、一億人
日時は特に決まっていない
一億人が集まった時初めてスタート出来ることになっている
白く線を引くラインの後ろには多くの行列が並んでいる
後ろを振り向くものばかりの行列は白いラインの横にずらりずらりと続いている

やる気の無い者は、このラインを踏み越えることの無い私ぐらいなもので
後ろに続く者は皆、数がそろえばいつでも出発出来るようにと身構えている
緊張に耐え切れない者は、出来うる限りの方法で、自らを傷付け、痛め付ける

ある者は、自らの腸を引き出し狂ったように自決をし
ある者は、自らの皮を剥ぎ自らの脂肪を狂ったように炙っている
ある者は、自らの髪をより合わせた縄で自らの首をきつく絞めた

アア、嫌になっちまう アア、腸が出ちまった アア、くせえから、ここから離れや

首に巻きつけた髪がとれなくなっちまったんだよぉ 助けてくれよぉ

炙った脂肪の上にハエがたかりやがった えれえことやぁ

助けてくれよぉ


私は、鉄錆びのする血を舐めながら、偉いもんだと ただただやる気無く白いラインを引く

白いラインは血で汚れている 赤黒く染め上がる一本の道
塗りつぶされていく
数が揃わぬのは、自決をする者/後を絶たたぬから
/ぴたり。と歩みがとまる
数が揃ったのだ

「スタート」

私は、一言そう叫ぶと、ラインを引くのを止めた
スタートラインに立った者達は、けれど、歩き始めようとはしなかった
戸惑ったような表情で、自らの手や足を見つめ逡巡するかのようにぼんやりと先を見つめる

「…いやだ!」

いやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだ
いやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだ
いやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだ


彼らは、口々に叫び、その唸るような声は地響きのように辺りに響いた
スタートをするのには、私たちにはまだ何かが足りません
と、彼らは口々に訴えた

スタートをするのには
何かが
足りません

私は、唯唖然として、彼らの顔を見ながら

それなら、行きたくなったらスターとラインに立てば良いだろう…と呟いた
やる気の無いライン引きの仕事だったが、更に面倒なことになりやる気など更に無くなってしまった
どかりと其処に胡坐をかくと
仕事を放棄しライン引きの道具を放った

勝手にしろ もう付き合ってられん そんな気分だった
彼らは、私には初めから無理だったのだとぬかし始め
私こそがライン引きにふさわしいと名乗りを上げ始めた
スタートラインに立つことを先ず放棄した者達はライン引きという役割を奪い合い
そうしてまた歩き始める

一歩も前に進まないまま
後ろにも前にも進まないまま
一心不乱に歩み始めるのだ

私は、偉いもんだと 其処に寝転がった
空はいつまでも変わらずに其処にある』
2012/01/06 17:49

2日前 No.302

沙織 ★qfrixWGiS3_6Og


  Black Lagoon

 を 流しっぱなしにしながら

 **


 ……ホラーは、意外に難しい。この詩を書いたころ、私は、あるホラー小説に出会って、感動して泣いたことがあるのだけれど、あの小説を今の私が読んでそこまで感動して泣けるのかどうかも解らない

 内容は完全にR指定だろうから書けない。


 ……小説は書いているけれど、ホラーを意識して書いているものでも壊れたものは書けないから、……やっぱりホラーは、難しい。この小説のイメージ画は、もう残っていないけれど、10年?ぐらい前にこちらに来た時に描いた一枚の絵 は引きずっているかもしれないけれど、内容はそのころには多分書けないものだと思う 完結はまだ出来ていないけれど、……あれは、ホラーとSFも混じってるし、相変わらずめちゃめちゃだ。私の書く小説なんて、普通の恋愛ものですら、……やめよ、こんな秘境スレッドで自作の小説をこき下ろすのは。……まぁ、だから書いているのかも。


 **


 ……完結したいな 退会前に

 読者の方に申し訳がたたない 私の作品にブックマークを入れてくださる方々や、評価して下さる方々に……でも、書けない時は、……本当に何も書けなくなるから
どうしようもない、

2日前 No.303

沙織 ★qfrixWGiS3_6Og



 Black Lagoon

 を 流しっぱなしにしながら

 **

 ……あれは、多分、精神的に一番きついころのことだから、今から2、3年前のことかもしれない


 永遠に、生ごみを口にしてすら生きながらえようとする子供たちの気持ちを考え続けたことがある

 私は、これを口にできるだろうか、とか

 そういう感じに


 今思っても頭がおかしいけど、……思うだけで、口には出来なかった

 頭に寄生虫がはびこる絵が浮かんで絶対無理だって

 ……だから、私は追い詰められてないって確認したり


 **


 そういうことを思考すること自体、頭がおかしいし、……そういうことを考えること自体、その子たちを馬鹿にしている……そんなつもりはないけれど、……はたからみればそういう風にしか見えないように思う

 **

 死にたいと考えていた時、私は、絶食を続けられなかった

 そう考えていない今、私は簡単に出来てしまう

 危機意識が眠っているのだと思う


 そういうの、本能的な、そういった、意志ってなんだろうな、って思う

 ……自分が今、どうしたくて、何を一番に取り入れたくて そういったことを思考することが出来なくとも

 深層心理では全く意識していないことを望んでいたり、そのせいで行動が決定していたり

 私は、生身の人間で、ロボットではないのに、そういったところで、生き物としてのあらがえないものを思って

 オートだって感じる

 オートで生きながらえようとされているから


2日前 No.304

沙織 ★qfrixWGiS3_6Og


 暫くここから離れます

2日前 No.305
ページ: 1 2 3 4

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。