Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(31) >>

自己嫌悪の海

 ( 詩集つむぎ城 )
- アクセス(359) - ●メイン記事(31) / サブ記事 - いいね!(3)

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0




 生き方が分からなくなったから
 少しだけ眠ってみた

 起きたら頭がぐらぐらして
 口の中に菌が溜まってる感じがした

 気持ち悪かったから口を濯いで
 緑茶を喉に流し込む

 喉を通る緑茶が冷たくて
 やけに気持ち悪くて
 吐いた

 自分が気持ち悪くて分からなくて
 理由は無いけどなんか泣けてきて
 だけど 胸だけが苦しくて
 泣けなくて

 また自己嫌悪の海に溺れる

 嗚呼 またやっちまった
 嗚呼 また

 生き方がわからなくなった


 なんで生きてんのか また分かんなくなった


【ずっと建ててみたいなって思ってたけど建てられなかった。この程度で、とも思うけど、やっぱり何かにうじうじしてるのは苦手だから踏み切ってみた。詩って難しいんだなぁ。

 好き勝手に意味わかんないこと紡いでいくよ】

ページ: 1


 
 

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0




 自分の感情の思うままに生きてみたら
 楽しかった かもしれない
 楽しかったんだけど 苦しかった
 楽しいはずなんだけど 虚しい
 楽しいはずなのに なんでだろう

 虚しかったから次は言うこと聞いてみたけど
 楽しくなかった 全く
 楽しくなかったけど 居心地がよかった
 楽しくないのに 虚しくない
 楽しくないのに なんでだろう

 世界は皮肉で出来てる
 本当に皮肉かな 矛盾かな
 難しいのはよく分からない
 理解したいともあまり思わない

 楽しいがわからない 虚しいがわからない
 つまんないってなんだろう
 虚無感ってなんだろう
 なんだろうばっかりだ
 子供みたいだ 自分

 なんでよくわからないもののために生きてるんだろう
 なんでそんなこと言っといて死ねないんだろう
 飛び降りれない 手首切れない
 溺れられない 吊るのが怖い
 眠るように逝きたい 薬も怖い
 不思議だ

 怖いって感情はどこから
 不思議って感情はどこから
 自己嫌悪ってどこから

 感情と行動が一致しない
 何故かいつも ずっと ずっと
 生きたいように生きるって なんなのかな
 感情と感情が一致しない
 ほら また

 よく分からないのに 泣きたくなる
 なのに胸だけ苦しくなって 涙は出ない
 瞳も潤みそうなくらい胸が苦しいのに
 泣き方もよく分からない

 何かが溢れそうなのに それを出す術がない
 出す術を 知らない


 生きるのって難しい
 感情って厄介
 生きるって厄介
 行動って厄介

 自分がこの世で一番厄介


8ヶ月前 No.1

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0




 がたんごとん ゆらゆら
 ゆらゆら揺れる 視界が揺れる
 大きな音に顔を顰めて
 駅のホームで一人待つ

 都会に比べて遅い電車は
 ホームに人が増えゆくばかり
 増える人に顔を顰めて
 駅のホームで一人立つ

 電車が来て乗ろうと思ったけど
 人が多くて 当然だけど電車に乗るのが嫌になって
 増える人に顔を顰めて
 駅のホームで一人見送る


 1人になった駅のホームは
 やけに狭く見えてきてしまって
 端っこなら座れるかなと
 駅のホームを一人歩く

 端っこまで歩いていると人は増えて
 また嫌悪感で顔を顰めて
 前の端っこの電車が来たけど
 座れそうになかったから
 駅のホームで一人佇む

 あっちの車線は前の方が人が少ない事に
 また嫌悪感で顔を顰めて
 後ろの端っこの電車まで歩いたけど
 そっちでも座れそうになかったから
 駅のホームで一人詩を紡いでみる


 嗚呼 乗らないと



8ヶ月前 No.2

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0




 いつも後悔するのは終わったばかりで
 気が付いた時にはもう手遅れで
 そんな人生何回も繰り返して
 その度に ああ、次こそはって
 思うだけで

 思うだけで直らなくて
 ああ、嫌だって自分がもっともっと嫌いになって
 自己嫌悪の溝が深く深くなっていって
 その度に ああ、直さなきゃって
 思うだけで…

 ネガティブな自分も嫌で
 尚更もっともっと自分が嫌いになって
 その悪循環に自らハマっていって
 その度に ああ、しんどいなって
 口に出てしまう


8ヶ月前 No.3

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0




 光が射し込んだ感覚だった
 自分が嫌いで 自分が浅ましくて
 どうしてもどうしても 好きになれない
 そんな自分の存在を確認してくれた人が
 一筋の光のように見えた

 問題ごとばっかり起こしちゃって
 無意識なのが尚更厄介で 自分が面倒くさくて
 どうしてもどうしても 息が苦しくなってしまう
 そんな自分の問題ごとを笑って許してくれる人が
 優しい暖かな光みたいだと思った

 いつもいつも話を黙って聞いてくれる
 自分が嫌いってことも 自分が面倒くさいってことも
 どうしてもどうしても 口をついて暗い言葉ばかり
 そんな自分を見て黙って話を聞いてくれた人が
 世界に色をつけてくれたような気がした


 大袈裟だと言われるかもしれないけれど
 自分にとっては本当に大きな事で
 自分を好きになってもいい、と
 そう言って笑いかけてくれたそんな人が
 自分の生きる理由になってた


8ヶ月前 No.4

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0



 これでも頑張ってるほうなんです
 周りから見れば大したことないかもしれないけど
 周りから見ればまだまだかもしれないけれど
 これでも 頑張ってるほうなんです
 だからどうか 私に普通を求めないで
 周りからすれば大したことないことも
 周りから見ればまだまだなことも
 周りから見ればだらけてるだけに見えることも
 分かっているから。


8ヶ月前 No.5

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0




 頑張ることも出来ないなんて苦しい
 そんな事言ってるなら頑張ればいいのにって思うけど
 頑張るのって本当はすごく難しい
 こと だと思う
 頑張るのって難しいよ
 頑張るのって何だろうって思う

 頑張ることは諦めちゃダメって言われるけど
 そんな事を言う貴方は頑張ってるの
 頑張ることを諦めようとは思わないの
 一度も思ったことがないの
 すごいよ すごい
 だけど そんな人本当にいるのかな

 頑張るのが難しいが続いて
 頑張ることが出来ないのが続いて
 頑張るのを諦めたくなって
 それの悪循環
 頑張りたいけど頑張れない

 頑張りを認められることがないのを
 心のどこかで分かっているから

8ヶ月前 No.6

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0




 ぱちぱち ぱちぱち
 まばたきを繰り返してみる
 眠くて猛烈に増えるまばたき
 泣きたくて猛烈に増えるまばたき
 まばたきにはたくさん種類がある
 自分の意に反して
 ぱちぱち と
 小さい子がやれば愛くるしいけれど
 大人がやるとやはりカッコがつかない
 小さい子がやれば可愛いけれど
 大人がやるとみっともない
 まばたき ぱちぱち
 まばたきをして 次に目を開けた時
 空が青くなっていればいい
 そう思えたら良いのにと 願う


8ヶ月前 No.7

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0




 今年はいつもより早く紫陽花を見かけた
 暖かな日が続いたのだろうか
 梅雨入りが早かったのだろうか
 紫陽花の花は雨に当たり花を開く
 踊るように跳ねる花弁は美しい

 紫陽花は青が好きだ
 綺麗で 不透明で
 紫陽花の青は神秘的なように思える
 神秘的で 何か神聖なもののような
 そんなロマンチシズムのような事を思う
 青の跳ねる花弁は神秘的だ

 紫陽花には赤もあるらしい
 情熱的で 不思議で
 青色の紫陽花とはまた違う不思議さを持っている
 不思議で ミステリアスでブラックマジックのような
 そんなお伽噺のような事を思う
 赤の跳ねる花弁は不思議だ

 紫陽花の中には白もあるらしい
 昔から神聖な色として扱われていた白
 昔から潔白の象徴として扱われていた白
 神聖で 潔白でどこか近付き難い香を散らす
 そんな気取った事を思う
 白の跳ねる花弁は少しキザだ


8ヶ月前 No.8

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0




 ふわあ と
 夜が更けたから欠伸を零してみた
 零した欠伸は空気に溶けて 空へ放たれた
 放たれた欠伸は 高く高く空へ登る
 星屑となって夜を彩る

 ふわあ と
 退屈だから欠伸を漏らしてみた
 漏らした欠伸は場に溶けて 執拗に残った
 残った欠伸は 重く重く空気を巻く
 煙となって昼を眠らせる

 ふわあ と
 君が欠伸をしたから欠伸が移された
 移された欠伸は苦笑を零すように その場に留まった
 留まった欠伸は 柔く柔く空気を包む
 暖となって2人を彩る


8ヶ月前 No.9

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0



 一緒に行けると思ってた
 だけど一緒に行けなかった
 少しでもと期待して
 勝手に裏切られた気分になる
 そして私は自分に酔う
 まるで私は悲劇のヒロインぶった可哀想な子

 一緒に行けたらと思ってた
 だけど一緒に行けなかった
 少しでもと予想して
 勝手に裏切られた気分になる
 そして私は自分を嫌う
 まるで私は自虐家のよう

 一緒に歩けたらと思ってた
 だけど一緒に歩けなかった
 少しでもと浅ましく願い
 勝手に裏切られた気分になる
 そして私は自分を恨む
 まるで私は妄想家のよう


8ヶ月前 No.10

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0




 がりがり がりがり
 机に向かって鉛筆を走らせる
 時折シャープペンやボールペンもね
 机を黒に黒に染めていく
 ポキ
 折れた

 がりがり がりがり
 机に向かって目を走らせる
 時折あっち見たりこっち見たりしちゃうけどね
 目線はずっと黒を見る
 ポキ
 折れた


 がりがり がりがり
 机に向かって塗りつぶす
 時折ぐちゃぐちゃにしてみたり消してみたりね
 ノートは黒々していく
 ビビビ
 終わり


 がりがり がりがり
 親指の爪を犬歯で噛む
 時折泣きたくなったり気分が悪くなったりね
 折れた芯と真っ黒なノート
 ポキ
 折れた
 何が?
 心が
 疲れた


7ヶ月前 No.11

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0




 頭の先から爪の先までとはよくいいますけれども
 頭の先から爪の先まで私は私を理解出来ているのでせうか
 自分は自分の最初から最後までをきちんと理解出来ているのでせうか
 或いは 理解しやうとしているのでせうか いくら賢き私でもそれを理解するのは残酷な程に 難しい事のように思うのでせう

 掛けまくも畏き伊邪那岐大神とはよくいいますけれども
 掛けまくも畏き伊邪那岐大神を理解出来ているのでせうか
 自分は神に縋るほど弱々しい人間ではないと思うそれは空像では無いのでせうか
 或いは 空像だと理解しているのでせうか いくら掛けまくも畏き伊邪那岐大神でも それを理解するのは残酷な程に 難しい事のように思うのでせう


7ヶ月前 No.12

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0



 お湯に浸かっていると余計なことを考えてしまう
 眠くなったような気がして、そっと目を閉じるのです
 その時にふと、余計なことを考えてしまうものです
 明日は晴れるだろうか、今日は何があったな
 だなんてそんな日常的で普通なことから
 明日は何があるんだろう、今日はうまくいかなかったな
 だなんてちょっとした自己嫌悪の気分に浸ってしまうものです

 それが悪い事だとは思いはしませぬが
 やはり後ろ向きな考えは良くないことだと、そんなふうに思います
 だなんだと、少し上から目線のような言葉をかけているようで恐縮ではあるのですが
 かく言う私も所謂弱気者というものでありまして
 お恥ずかしながらこんな事を紡いでいる時点でほんのりと
 自らに自己嫌悪が刺さるのです

 言葉だけでも自分が好きだと言えるようになるには
 少しの綺麗事を言わねばならぬと、そんなふうに思ってしまい
 私は思ってもいないことをこうしてつらつらと偽善者のように
 余計に長く、冗長に、書いて書いて書いて、自分に言い聞かせます
 これが上手くいった試しはありませんが
 たとえ嘘でも、たとえ言葉だけでも
 あの方が仰ってくれたように
 自分が好きだと言えるようにと願うために

 こうして自らに言い聞かせるように
 たまには説いてしまうものです

7ヶ月前 No.13

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0




 おいおい「嘘だろ?」
 いえいえ皮肉なことに
 それは全く嘘なんかではなく
 悲しいほどに自分の無力さを表しておられました
 自分嫌いを務めておりましたが
 そろそろ自分を好きになっても良いかと
 そう思った矢先に
 なんとまあ皮肉なことに
 それは叶うことはありませんでした

 自らの過ちだと言えば改心しているようにも思えますが
 皮肉で厄介なことに
 改心どころかどこか清々しい気持ちに駆られておられるのです
 私の心は私の気持ちに反し
 私の言葉は私の気持ちに反し
 綺麗事ばかりをこうして
 こつこつとつらつらと
 冗長に 冗長に
 紡いでおられるのです

 自分に敬語等とは
 なんとまあ皮肉なことでしょう
 イライラが溜まります


7ヶ月前 No.14

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0




 あの子が電話をかけてきた
 普段は顔を合わせればすぐに顔を逸らすようなあの子が
 いきなりだけど 電話をかけてきた
 内容は他愛のない事だった
 昔みたいに
 仲が良かった頃みたいに
 びっくりするぐらい普通のことだった

 あまりにも普通だったから
 何か裏があるんじゃないかなとか
 何か私に助けを求めてるんじゃないかなとか
 色々余計なことを考えちゃうんだけども
 それでも 私は臆病だから
 それを聞く勇気がなくて
 懐かしい声と優しさに
 猛烈に目頭が熱くなってしまうので
 私も普通を装ってみた

 喧嘩に巻き込まれただけのあの子は
 優しい子だった
 私のワガママに巻き込まれただけのあの子は
 優しい子だ
 それでも私はそんな優しい子を疑ってしまうのは
 嬉しいのに悲しくなってしまうのは
 自ら離したのにまた繋がりを求めてしまうのは
 また友達に戻れたらなんて思うことは
 自分でもよく 分からない


7ヶ月前 No.15

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0




 夢だとか希望だとか未来だとか
 そんな甘い言葉は 脅しのようにしかどうしてか聞こえない
 夢を持て 希望を持て 未来を待て
 夢を持って挫折してしまえばいいのに
 希望を持って絶望してしまえばいいのに
 来るかもわからない未来を待つ滑稽な姿を嘲笑ってやりたい
 そんなふうに思われているような気がしてならない

 好きなアーティストが歌う
 絶望を連れてくるのは希望だと
 人間は全員天国に行けると
 そしてそれは神様も悪人だからと
 言われてみればああ確かにと思った
 好きなアーティストは叫ぶように綴る
 死に場所を探すというより生き損なったという方が正しいと
 確かにその通りだ
 死に場所を探すとはなんだろう
 生き損なったのはどこからだろう

 よく分からない
 未来を待ったら死に場所を探していただろう
 希望を持った時点で生き方は間違えただろう
 夢を見たから生き損なったのかもしれない
 そう思うと
 何故だか
 むしゃくしゃした


 そんな気がした





7ヶ月前 No.16

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0




 いつもの平日。
 十時過ぎに起きて、スマホでTwitterを確認して、目を擦る。
 いつもいつもつまらないように生きて、
 顔を洗う。
 スマホを開いて、時間をもう一度確認する。
 おかしいな。もう一時間もたってる。

 11時が過ぎたから、することも無いし、動画を開く。
 なんとなく笑える動画を見て、
 笑っていない目が画面越しに合う。
 スマホを開いて、時間をもう一度確認する。
 おかしいな。もう一時間もたってる。

 12時が過ぎたから、遅めの朝食を取る。
 パンを焼いて、バニラのアイスをパンの上に乗せて、
 残り少なくなったメープルシロップをかける。
 紅茶を用意して、
 スマホを開いて、時間をもう一度確認する。
 おかしいな。もう一時間もたってる。

 13時が過ぎたから、またすることが無いから動画を開く。
 なんとなく笑えるような気がする動画を見て、
 笑っていない自分の目と画面越しに目を合わせる。
 「ねぇ、何してるの」
 スマホの時間は、攻めるように、また一時間もたっている。


7ヶ月前 No.17

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0




 私は馬鹿だから、貴方の感情や考えていることを理解してあげたいのだけれど、
 私は馬鹿だから、貴方の感情や考えていることを理解してあげたいと思うことでいっぱいいっぱいになってしまう。
 私は馬鹿だから、勇気が足りなくて、貴方の感情や考えていることを理解してあげたいという気持ちを貴方に伝えてあげられることが出来ない。
 私は馬鹿だから、貴方の助けになりたいと思うだけで、貴方の顔色を伺って見て見ぬ振りをしてしまう。貴方の感情や考えていることを理解してあげたいと思う気持ちがどうしても嘘偽りのものになってしまう。
 私は馬鹿だから、何度も何度も目で教えて、なんてよく分からないことをしてしまうけれど、それでも、貴方の感情や考えていることを理解してあげたいと思う気持ちに嘘がないということははっきり言えることなのだ。
 だけどそれでも、私は馬鹿だから、貴方の感情や考えていることを理解してあげたいと思うだけでそれを行動にするほどの勇気を持っていない。だから見て見ぬ振りをして顔色を伺って勝手にビクビクしてしまう。
 私は馬鹿だから、貴方の感情や考えていることを理解してあげた所で大好きな貴方を救えるわけがない。



7ヶ月前 No.18

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0




 なんでこんな目にって嫌というほど思うことがある
 それでも悲しいことにそこが私の少ない居場所
 居場所なんて口が裂けても言いたくないけれど
 それでも 私が生きている事を許される居場所
 酷い仕打ちは仕方ない
 私が生きている事を許してもらっているのだから
 空に理不尽に怒りたくなる気持ちをぐっと堪える
 涙が溢れそうな瞳をギュッと瞑る
 静かな夜に刹那に願う
 「どうか明日が来ませんように」

 朝が来なければひどい仕打ちに合わない
 夜はみんな眠っているから 夢の中で遊んでいるから
 私の存在を唯一認識されない時間
 酷い仕打ちは仕方ない
 私が生きている事を許してもらっているのだから
 私は生きている事を許して欲しいとは言っていないけれど
 息が止まりそうな喉を潰すように触る
 寝息の響く夜に刹那に願う
 「どうか明日は」

 明日が 明日は そう願っているうちに
 なんとなく感覚が麻痺してしまったような気がする
 感覚が麻痺してしまっていて前が見えない
 酷い仕打ちは仕方ない
 私が生きている事を許してもらっているのだから
 それは貴方達のエゴであって私の言葉ではない
 こみ上げてくる何かを隠すように丸くなる
 風が入る夜に刹那に願う
 「どうか明日は死ねますように」


 朝が来ると うんざりするほど外は青くて
 眩しいなんて言って目を瞑る
 青いから期待をしてしまう自分に嫌気がさして
 今日もきっと震えて死ねないと思う
 空が青い だから期待をしてしまう
 太陽が眩しい だから期待をしてしまう
 眩しくて 涙が溢れた



7ヶ月前 No.19

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0




 「言ってくれないと分からないよ」
 「泣かれても分からないよ」
 「拗ねても分からないよ」
 「何がしたいのか分からないよ」

 貴方の言葉は私を抉る

 言っても聞いてくれなかったのは貴方の方
 泣いてしまうほど聞いてくれなかったのは貴方の方
 拗ねてしまうほど聞いてくれなかったのは貴方の方
 何がしたいのか分からなくなるほど私を無視したのは貴方の方

 私だってわからない

 「言ってくれないと分からないよ」
 「怒られても分からないよ」
 「理不尽に言われても分からないよ」
 「何をしてほしいのか分からないよ」

 私の話を聞かない貴方は答えてくれるのですか


7ヶ月前 No.20

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0




 飴玉を舐めている開戦前夜
 煙草を1本と思っていたのだけれど
 煙草が苦手なことをすっかり忘れていた馬鹿な僕は
 煙草を口に入れた途端に噎せ返る
 周りに人が居ないのを良いことに
 煙草の火を掌の上で揉み消すと
 少ししか減っていない煙草を
 煙草を吸えないことを誤魔化すように
 道端に捨てた

 煙草が据えないくせに口寂しい思いになってしまったから
 棒付きキャンディを口の中に入れる
 甘ったるい嫌な味は口の中で広がって
 そう言えば甘いのも苦手だったななんて言って
 キャンディを歯でゴリゴリと噛み砕いた
 周りに人が居ないのを良いことに
 荒々しく削られたキャンディの付いていた棒を
 甘いのが苦手だと言うことを悟られないように
 道端に捨てた



7ヶ月前 No.21

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0




 暖かな夏のそよ風が腐敗した匂いを運ぶ
 大嫌いだったアイツが死んでざまぁみろって思った
 周りが泣いてる中、僕はどうしても泣けなくて
 むしろ、笑いが込み上げてきそうだった
 葬儀場を抜けて一気に笑うと
 次に込み上げてきたのは形容しがたい虚無感
 嬉しかったはずなのだ
 忌々しいアイツが死んでくれたことで
 楽しかったはずなのだ
 大嫌いだったアイツがあっさり死んでくれたことが
 笑ってしまったはずなのだ
 それなのに
 心を開けるこの虚無感はなんだ


7ヶ月前 No.22

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0




 「音を連ねる。」

 五線譜に描かれた記号を目で辿り、記憶する。
 記憶した事を手探りになりながら指を動かす。
 五線譜が描かれているのに、弾くための何かはたったの4本。
 目立ちはしないけれど
 それでも私はこの楽器と共に居る。

 低く重量のある激しい音。
 時にしなやかさを見せるその音に私は聞き惚れる。
 聞き惚れ、そして真似てみる。
 プロになるつもりは無い。
 金にもならないことをやって何をしているんだと言われるが、
 自己満足くらい、好きにやらせてもらってもいいだろう。
 自分の好きな道を選んでもいいだろう。
 ロッカーを目指しているわけじゃないけど、
 誰かに作られる道なら死んだ方がマシだとすら思ってしまう。

 出会いはずっと昔。
 何度も指に水膨れが出来て、血豆ができて、
 痛くてやめてやろうとも思ったことがある。
 実際、私はその楽器と一時期離れていたこともある。
 それでも私は、心のどこかでその楽器が恋しくて、
 忙しくなればなるほど、楽器に触れてしまう。
 指先がボロボロになっていく。
 剥けていく皮は成長を表す。
 読めるようになった楽譜は記憶を連ねる。
 記憶を連ねて手探りで指を動かす。
 それが何かの真似事でも、
 自己満足の為に私は描く。

 自分で言うのもなんだが、芸術的な方だから、
 こういうのは、苦手ではない。
 指は真似事を記憶していく。
 その度に何かを怠って失敗をする。
 それさえも指は記憶して、学習していく。
 私の頭よりも何倍も賢くなっていく。
 指は音を覚える。

 動きを覚えた指は音を連ねる。


6ヶ月前 No.23

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0





 優しいと言われる。
 それは本当に優しいことなのだろうか、
 それは本当に貴方の望む優しいなのだろうか。
 人にとって優しいの定義は変わると思う。
 人にとって優しいの定義は違うと思う。

 貴方の言う優しいの意味が、
 悪い事なのではないかと私は疑う。
 だって貴方は優しくないから。
 だって貴方は優しくなんてないから。
 ただ、そんなこと案外どうでもよくて。
 優しいね、なんて言われた時に
 私は心の中で毒づく。

 死んじまえ




6ヶ月前 No.24

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0





 何がしたいのかよく分からない
 それはよく言われることなのだけれども、
 何がしたいのかよく分からないのは、
 他でもない自分自身だ
 何がしたいのかよく分からない
 好きな事もある、趣味もある
 ただ、それがしたい事なのかは分からない
 これからどうしたいのか分からない
 敷き詰められたレールの上は歩きたくないと突っぱねてみるけど
 それ以外に私の歩く道はない

 レールの少しずれたところを歩く事は出来るけど
 そこを飛び出して歩く事は出来ない
 いつの間にか私は歩き方を忘れてしまっていたようで
 いつの間にか私は自分である事を忘れてしまっていたらしい
 アレがしたい、コレがしたいという夢はあれど
 それを叶えようと努力しようとすることを
 私は諦めてしまっている
 ただ、どうせ叶わぬ夢を追うくらいならそれが一番幸せなんだと
 私はそう考える

 そのはずなのに、私は今
 全く幸せではない
 人とずれたところを歩いてみても
 幸せになれない
 レールの上を歩いても幸せではなくて
 人とずれたところを歩くことが幸せになれないのであれば
 今1度
 やり直してもいいのかと考える






6ヶ月前 No.25

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0







 私の生き方に正解や間違いはない。
 それと同時に、希望や救いもない。
 分かっているんだからなんとかしなければとは思っているけれど
 そんな簡単に人生がそう事を運んでくれるわけがないということを
 私はこの世界の誰かと同じくらいにわかっている。
 その誰かのことを知っているのかと問われると
 少し答えかねることはあるけれど
 その誰かは私と同じように世界を憎んでいて
 世界を嫌っていて
 自分を嫌っている

 私のこの思想の始まりはその誰かからで
 私のこのネガティブの始まりもその誰かからで
 都合の良いこの考え方は紛れもない自分で
 何事も自分が悪いことを
 その誰かのせいにして
 誰かの考え方を推奨して
 一人勝手に救われた気分になる。
 こういう意味ではきっと
 私は救われているのだろうけれど
 救いという甘い言葉に惑わされたもっともっと違う何かだということだって
 私は理解しているうえでこんなふうに考える

 人は私を愚かだというが
 愚かだと思うのならば勝手に言ってるといい
 自分勝手な私は
 何もかもを人のせいにする私は
 勝手に救われたような気になっている私は
 お前の方が愚かだと私は考えるから




6ヶ月前 No.26

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0




 明日もしも世界が終わるなら
 僕はあの歌を口ずさむ事にしようか。
 この世界を嫌っていた歌を
 この世界に存在するものを嫌った歌を
 この世界に生きる己を嫌っていた歌を
 それを聞いて誰かが涙してくれればいい
 それを聞いて誰かが同調を示してくれれば
 それ以上に僕は望むことはないだろう
 僕はこの世界の終わりを心から望む
 僕はあの歌を口ずさむ日をずっと待っている



6ヶ月前 No.27

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0





 ああ、この歌好きだって、イヤホンに繋がれたスマートフォンをなぞりながらそっと考える
 こういう文章書きたいななんて思って、歌詞を調べてみたりして、音楽の曲調や特徴を一通りことばにまとめて見る。

 いざ文章にすると、それはもはやただの盗作の域で
 自分にはあんなに誰かの言葉に響く言葉を紡ぐことは出来ないんだと深く深く思い知る。
 今更わかったのかよと空が歌うけれど、馬鹿な僕達は、それを見て見ぬ振りして、聞いて聞かぬ振りをして生きているんだろう。
 自分を否定する声が嫌で、卑怯な僕達は、それを見なかったことにして、聞かなかったことにして、また何度でも何度でも醜いほど足掻くのだろう。

 ああ、この歌好きだって、イヤホンに繋がれたスマートフォンに映し出された画面の歌詞は「足掻け」と歌う。
 それじゃあ、空の僕達を嘲笑う声は無視をして、

 せいぜい、出来る限り足掻いてみようか。




5ヶ月前 No.28

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0




 「離れないで」
 私が歌うと貴方は「離れないよ」と優しく唄う。
 この命ある限り、時の流れに逆らわずに進む命の灯火をぼんやりと想像して、永久の命は望まぬとも、貴方の側を私は望む。それを歌にすると、貴方は優しく「離れないよ」と笑う。
 それでも私は貴方を信用しきれるほど優しくよく出来た人間ではないから、「離れちゃ嫌」と歌うと貴方は「待っていて」と意味のわからない言葉を呟いて、そっと背中を向ける。

 「離れないで」
 「離れないよ」
 「離れちゃいや」


 「待っていて」




5ヶ月前 No.29

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0




 消えたくなって言葉に出した
 「死にたいな」
 って。

 そんな事を言う誰かに苛立ってしまって
 自分のことは棚に上げて分かったように説教をする。
 自分勝手な僕ですが、
 人間というのは本来自分勝手で気ままな生き物だと
 僕は思うのです。


 君が隣で目を開けて息をしなくてもいいから
 僕は君のそばにあってほしいと願う。
 君が息をしなくてもいいから、
 代わりに僕を生かしてくれる何かの理由をくれる君が
 僕のそばにいてくれれば、
 もうずっと眠っていてくれても構わないから。


5ヶ月前 No.30

@akira0908☆G2g5KGLD3yBo ★Tablet=UIgVrM4Ag0




 最近有名になったバンドの音楽を聞いて、
 何か知ったようにオレは
 「このバンドも終わりだな」
 なんて上から目線な言葉を投げ捨てた。
 イヤホンから流れる音楽は紛れもなく「このバンドも終わりだな」と吐き捨てた最近有名になったバンドの昔の歌ばかりで、
 オレは素知らぬ顔で「もう終わったな」なんて言いながら
 今でもオレを勇気づけてくれる曲を流す。

 「昔の方が良かったな」と
 オレではない誰かが言った。
 お前にこのバンドの良さの何が分かるんだとは思ったんだが、
 「このバンドも終わりだな」
 なんて言ったオレも、「昔の方がよかったな」とオレではない誰かと同じで周りの人間からすれば紛れもなく知ったかぶりの可哀相なニワカ。
 オレは素知らぬ顔で「そうだな」と相槌を打って、
 今でもオレを勇気づけてくれる曲を流す。

 「歌い方が変わっちまったと言われちまった」
 とバンドのボーカルが皮肉な曲を出したかと思えば、
 オレもオレじゃない誰かも
 「この感じがこのバンドだ」
 と勝手に信仰して、皮肉を歌ってからは誰にも目を向けられなくなったそのバンドは苦々しい世界の皮肉ばかりを歌っていたが、
 その声は確かにオレに響いていて。
 オレは素知らぬ顔で「ああ、これだ」と思って、
 新しくオレに希望を与えてくれた曲を流す。




5ヶ月前 No.31
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。