Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(12) >>

流れ星、見いつけた

 ( 詩集つむぎ城 )
- アクセス(175) - ●メイン記事(12) / サブ記事 - いいね!(3)

紅音 @yuduriha☆bxmPN6es.0dh ★DWdXhdgf4T_xX0

ねえ、毎日、空見てる??
いつからだろうね
君が空好きになったのは
空なんて、どうでもいいんだ
そんな遠いところなんて
僕には関係ないんだ

ねえ、昨日、流れ星見た??
いつからだろうね
君が星好きになったのは
星なんて、どうでもいいんだ
願い事なんて
僕には関係ないんだ

ねえ、なんで、空見ないの??
いつからだろうね
君が空好きになったのは
僕なんて、どうでもいいんだ
美しい物なんて
僕には関係ないんだ

あのね、流れ星にお願い事、いえたよ!
君は無邪気に言う

4年前 No.0
メモ2015/06/13 20:20 : 紫陽花☆bxmPN6es.0dh @yuduriha★t58dige84l_mgE

初めまして!

紅音(あかね)と申します。

詩を投稿するのは初めてなので、

少しおかしい部分もあるかもしれませんが、

よろしくお願いします。


お暇な方は、ぜひコメントお願いいたします。

まってます!

ページ: 1


 
 

紅音 @yuduriha☆bxmPN6es.0dh ★DWdXhdgf4T_xX0

「夢」

ねえ、一人ぼっちにしないで
なんで??なんで??
いっつも君は私に話しかけてくれるのに
なんで私は話せないの??

ねえ、一人ぼっちにしないで
ねえ、どうして??
いっつも君は私に話しかけてくれるのに
どうして朝は廻って来るの??

ねえ、一人ぼっちにしないで
なんで??ねえなんで??
君と離れたくないのに
どうして昼なんてあるの??

ねえ、一人ぼっちにしないで
うそでしょ、なんで??
君は私に話しかけたね
もう君とは話せないと

ねえ、一度だけでいいから
君の姿が見たい
君と話したい
自由になりたい

夢の中で――

4年前 No.1

紅音 @yuduriha☆bxmPN6es.0dh ★iz14V1gysA_xX0

「独り」

僕は独り道を歩く
誰にも声をかけられずに
ただ下を向いて歩くだけの人生
誰にも気づかれずに
自分は別に死んだっていい
ただ独りなだけなんだから
そもそも生まれてこなければよかったんだ
生まれてきても何の得もしない人生
誰か買ってください
当たり前だよね
こんな自己中だらけの人生
買ったって損するばかり
人間は皆損なんかしたくないんだよね
私も悩んでるだなんて
慰めとかそんなのはどうでもいい
僕が独りなのは
君と関係ない
そっと独りにしていてくれ
そうやって僕は
少しづつ孤立していくのだろう
だから永遠に独りなのも
運命なのかもしれない。

4年前 No.2

紅音 @yuduriha☆bxmPN6es.0dh ★MLlzXSWGib_xX0

行先もないのに歩いている
ばかばかしいね
自分で自分を責めるように
君は私の気持ちに気づいていない
私は今自分をけなしているけど
君はその通りだという風に笑う

君は笑う

でも、

ほんとに行先ってないのかな
ほんとにばかばかしいのかな
ほんとにその通りだって思ってるのかな

生まれたから、生きている。
生きているから、進んでいる。

人間って、常に進んでるんだね
それは夢に向かってかもしれない
それは死に向かってかもしれない
でも進むしかない

進むしかないんだ。

4年前 No.3

紅音 @yuduriha☆bxmPN6es.0dh ★mGUjqQN8a4_QPy

夢から覚めた
また夢だった
終わることのない夢
私が今ここにいるのも
実は夢の中なのかもしれないって
幼いころ聞いたお話のように
ある日突然覚めてしまうのかもしれないって
たとえ私という夢が覚めても
誰も気にしないかもしれないのだけれど
それでいい
誰にも気づかれずに
ひっそりと消えていきたい
そして誰かが気付いた時に
思い出してもらえる人になりたい

4年前 No.4

紫陽花(紅音) @yuduriha☆bxmPN6es.0dh ★pYdpUGQ0BV_mgE

「流星群」
空に瞬く星を見て
君は笑う、無邪気に笑う
私もいつかああなりたいと
あの人もああなったかと
だけど僕は分かってる
誰も星には届きはしないと
誰も星にはなれやしないと
知ってて君は星を愛する?
知ってて僕は星を嫌わん

空に輝く星を見て
君は泣く、季節を知って
私もいつかああなりたいと
あの人もああなったかと
だけど君も分かってる
自分はすべてを知りはしないと
自分は星にすがっていると
知ってて僕は星を嫌わん?
知ってて君は星を愛する

嗚呼僕たちは、星にはなれぬ!
嗚呼僕たちは、宇宙の塵だ!
嗚呼僕たちは、彗星群だ!
尽きる時こそ光って見える
自らを、星だと信じて。


注:宇宙の「塵」とは、「見えないほど小さい」の意です。誤解を招かんように。

3年前 No.5

紫陽花 @yuduriha☆bxmPN6es.0dh ★t58dige84l_mgE

何もしないまま
ただ
突っ立っている 私
もう
こんな世界などいやだという風に
嘆く
手を空へ 神様へ

目を開けると
そこはベットの上
またつまらない
一日が始まる

便乗して
流されて
指差されて
笑われて

口を開けば
暴言 謙虚 嘘

私も みんなも
変わらないまま

あの人も
私を笑ったあの人も
夜になれば
嘆くのだろうか
そして朝
同じことを
また 繰り返すのだろうか

それは ある日突然終わる
そんなこと思わないまま
嘆く ひたすらに

ああ、あの人は
元気にしているだろうか?


**********
小学校→中学校でノイローゼたまってます 笑.

3年前 No.6

紫陽花 @yuduriha☆bxmPN6es.0dh ★t58dige84l_mgE

「生き残り・ゲイム」

社交辞令切って貼って並べてさ
コピーをオリジナルだと嘯いて
ウマシカ共は谷に落ちて消えてった
僕たちはみんな畔道の上
一度落ちれば泥沼さ
模範だっていつか古び壊れるんだ
そうさ僕らを
道連れにして

いやだ
怖いよ
落とさないで?

そうやって
寄生して
イレギュラーを怖がって

泥沼にはまっていく
足元には何もないんだ

それなのに
どうして僕は此処に?

それは
それは
それは
きっと――?

********
これはもう僕らの日常さ。

********
大富豪(トランプの遊び)ってさ、同じ数字が4つ集まると革命が起こせるんだよ!
じゃあ、持ち札が弱いときは革命を起こせばいいんだね!
そうだよ。
「起こせるんならね」

*********
嘯くはうそぶくと読みます。

3年前 No.7

紫陽花 @yuduriha☆bxmPN6es.0dh ★3AORcr2zMo_91p

「     」
雨が降ります
僕は独り
ずっと 立っています

雨はこんなはずじゃなかったと
嘆く 後の祭り
空っぽの心は
詩など 忘れました
希望の花は 渇き
ひび割れた 器で
愛が 足りずに 滅びました

雨乞いをするのです
虚空にすがるのです
水がこぼれるのです
これは 涙?
この気持ちは 何?

言葉が足りないのです
忘れてしまったのです
のです
のです
のです

悲しいはsad
嬉しいはglad

日本語はないのですか?
言いたいことはこれだけですか?

【超放置からの復活ですw過去ログ行ってるかと思ったー 駄作でごめんなさい】

2年前 No.8

紫陽花 @yuduriha☆bxmPN6es.0dh ★iPhone=sU7sGc09Wq

花火が上がって
君は 綺麗だねと言いました
虚構の出来事です
嘘は誰でも作れます

花火を見て君は
綺麗だね と言われました
僕に
僕が言ったと 君は思っています
僕はそこにはいません

ここは現実では無いのです
ここは知らない場所です
話したいことはありますか?
何もかも忘れましょう
目隠しを取らないでください
重さもいつかなくなるのです
その日まで1日1日を
数えることができますか
反対するのを忘れないでください
誰もが世界を信じたら
新たなる嘘が生まれるのです


/お久しぶりです。自分でも何言ってるのか分からなくなりそうだ…テクノとか二次元とかVRとか、そう言う話です。

1年前 No.9

紫陽花 @yuduriha☆bxmPN6es.0dh ★iPhone=sU7sGc09Wq

雲がーー、
君が言いました
赤い色の雲よ、と
君の声は鈴が走る
僕は頷きます
言葉は出ません
大丈夫よ、と君が言います
歌い方を忘れた鸚鵡

雲がーー、
と君が言いました
お菓子のような雲よ、と
君の声はそよ風が走る
その中を
一陣の木枯らしが吹き荒れます
僕は口をつぐみました
大丈夫、頑張って、と君が言います
笑い方を忘れた仮面

駄目なのです
喋れないのです
一言も

それが
誰かを傷つけるのを知っているから
それが
誰かを傷つけたのを知っているから

あの人が笑うと
辛いのです
僕も昔はそこにいました
今でも居たいと思うのは
僕の自分勝手です
せめて許して下さい、
あの言葉を

それすら、
声に出せないのです

君にも
言えないのです

1年前 No.10

紫陽花 @yuduriha☆bxmPN6es.0dh ★iPhone=sU7sGc09Wq

シャボン玉
ぱちりと、割れて
いや、
割りました
わたしが
それ、私が突き刺しました
鋏で
そう、持ち歩いていてね。
護身用なの。
誰にも触られないように。あはは。

それから
石鹸の液が飛んだ
私の白い服に
染みをつけました
実は染みだらけなの。
いつもこんなことばーっかりしてきたから。

それは良くないよ
昔のこと。

今のこと。
わかる?今は、すっかり自由になったっていうこと。

シャボン玉を大きくしようとした馬鹿がいました
壊れないように何やら混ぜたのもいました
割れないことなどありえますか?
私は割りました。
私が割りました。
その子の小さい唇が
頑張って作ってくれたシャボン玉を、
わたし、壊しました。
わたし、それから別のとこへいきました。
そこでも、別のシャボン玉をつくってはこわしました
いまは、必死で囲い込んでいます。
残ったわずかなシャボン玉を、破らぬように。

でも、やり方がわからないの。困ったわね。

1年前 No.11

紫陽花 @yuduriha☆bxmPN6es.0dh ★iPhone=fMiY4NgxG6

ばいばい
無邪気に交わした挨拶が
いつか
いつか乾いたものになって
落ち葉を振るように
がさがさ がさがさ
こぼれてしまうのね

少女が無邪気な目で
さよならって言ってくれたから、これ、あげる
私は笑えませんでした
隣の君は誰なんでしょう

無邪気とは
邪気を知った哀れなにんげんが
こどもを羨んでいうことば?

言葉が
つらい、苦しいよ、
肩が
鎖のように
真冬のセメントのように
固まる

ぼろぼろになって
誰かに見て欲しくて
こんなのになっちゃったの、
何があったの、大丈夫だよ、
私の中で泣いているきみを
アイロンをかけるように
ゆっくり ゆっくり
しわを伸ばしていく。

わたしは、

11ヶ月前 No.12
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる
注…感想・コメントはこの記事ではなく、サブ記事に書き込んでください。