Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>

魂とバター

 ( SS投稿城 )
- アクセス(251) - いいね!(3)

だいじょうぶです。 @tgyhui ★2uupGWNiAg_dzt

半分とろけた君の魂が一体どこへ行ったのか、俺はついにわかっちゃったね。
本当に?いったいどこに行ったっていうんだよ。
君の魂の半分はね、バターになっちまったんだよ!
バター?


君は怪訝そうに俺のことをにらみつけてそう言ったっけね。けれども半分魂がとろけてしまった君のにらみ顔は気が抜けていて一つも怖くないどころかもはや笑っているようにすら見えていたんだよ。


ああそうとも、バターになったんだよ。
いったい何を言ってるんだよ。お前はバターが何からできているか知らないのか。
俺のことをバカにしてもらっちゃ困るね。バターは牛乳からできている。
それがわかるならどうしてそんな推理になったんだよ。
まあまあ、俺だってこの答えを導くに至ったまでの推理があるんだ。聞いてくれ給えよ。まず、バターについてだが確かにあれは牛乳からできているな。ただ君、この世にはバターの需要も牛乳そのものの需要も大量にあるんだよ。おかしいと思わないかい?この大量の牛乳の需要をいま日本にいる乳牛で賄えるはずがないんだ。
そうなの?おれは詳しいことはわからないけどさ、日本にいる乳牛ってどれくらいなのさ。
そんなの俺も知らないよ!2万匹とかじゃないの?
よくそんなんでこの話を始めようと思ったな。
いいや、きみ、今日本に乳牛がどれくらいいるなんて関係ないんだよ。この莫大な需要に対応できるわけがない。そうなんだよ。
全く根拠がないにもかかわらずここまで強く言われるとなんだかそんな気がしてくるよ。
そうなのさ。これは俺の押しが強いからとかそういう話じゃないんだ。この話が真実だからこの話を聞いて納得してしまうのさ。それでだな、君のとろけた魂は鉄の管を通って牧場にまで送られるのだ。君の魂がとろけちまったのは5月のことだったな。想像し給えよ、初夏の牧場を!生い茂る牧草に射す日の光は暖かで、ほら、どうだいあのきせつがめのまえにあるようだぜ。
おいおい!君の魂がとろけちまってるよ!


君は知りようがないだろうけれど、俺は魂が半分になって意識がなくなりそうになりながらも心はとても穏やかで喜びに満ち溢れてたんだぜ。やっぱり俺の推理は正しかったんだってその時に確信したんだ。日の光に溶けだすなんて、魂は、こいつはまるでバターじゃないか。

ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる