Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(6) >>

クロウ──青い向日葵

 ( SS投稿城 )
- アクセス(191) - いいね!(9)

華月麗唖 ★Tablet=Wx56WeDreH




「落とし物ですよ」
薄汚れた黒い衣を羽織り、片手に子猫を抱えた一人の熟年男性が、青年の背後に向かって呟いた。
嗄れた声に気付いた男は振り返り、テナントビルの玄関口に薄べりを敷いて座り込む中年男を一瞥する。
紛れもなく、浮浪者だった。
無宿の彼とは対称的に、小綺麗な衣服に身体を収め、極めて端整な容姿をもつ青年の諸腕からは仄かな香水が空に漂っている。
──資産家。
誰もが一見してわかる、雅な佇まいだった。





「あんた、玉川学園近郊の邸宅の息子だろ」
黒ずくめの男は青年の返答を待たずにして、言葉を続けた。
そうして何か言いたげな表情を浮かべたまま、小さな猫を自身の膝の上に移すと、薄べりに置かれたいくつかの食品から一つのパンを取り上げる。
青年は煩わしそうに眺めていたが、ようやく口を開いた。
「落とし物じゃない。そいつは捨てたんだ」
「そうか。俺の名はクロウ。あんたは?」
「クロウ? ああ、要はカラスか。他人の御下がりばかりを頂いて、命を繋いでいるみたいだしな」
熟年男を軽く嘲笑うように言った後、青年は自分の姓を「皇(すめらぎ)」 と名乗った。
周囲は古色蒼然とした建物で溢れている。
廃屋と化したテナントビルの数々、主を失って寂れた店舗。それを理解した上で、皇はこの地を訪れていた。
「皇。今まで手に入らなかった物はあるか」
「不躾な質問だな。想像にまかせるよ」
クロウは薄べりの奥に並べていた複数の缶の中から一つを掴むと、皇の手元を目掛けて無造作に放った。
「ラッカースプレーか。なあ。この辺り一体の落書きって、まさか」
陳腐化した建物の全ての窓ガラスは、種々の鮮やかな色で装飾されている。
それは、非生命的な街並みが息吹を取り戻そうとしているかの様にも想えた。





言いたくないなら、描け。と、クロウは意味深な言葉を小さく吐いて皇の行動を煽った。
「いくら無人の廃ビルだからって、好き放題に落書きなんかしてお咎めを受けないのかよ」
皇は訝しげな表情で繰り言をこぼしながらも、塗料スプレーの蓋を指先で器用に弾く。
狙いを定め、僅かに残された石灰ガラスの空白に向かって、引き金を牽いた。
霧化された美しい瑠璃の色が、無機質な透明板を染め上げていく。
それは、まさに皇が欲している色だった。
クロウの問いかけが、自分の心を揺さぶるのを皇は確かに感じていた。
けれども敢えて応えはせず、ただ黙って描きたい物を探し求めている。





クロウの描く世界はどこか荒唐無稽で意図が掴めないのに、大胆かつ優れていた。
青と白群のグラディエントから生まれる、向日葵の花。
倒立世界を描いた、眩惑を呼び起こす、斬新な構図。
そのどれもに、皇は魅了されてしまう。
自分の傍らにいる皇の姿を視界に捉えたクロウは、ゆっくりと語り始める。





「俺は遥か昔、ある家の使用人として雇われていたんだ。そこには、小さな坊主がいてな」
「クロウ。次、白のスプレー貸して。──それで?」
皇はクロウの話に興味を示し始めている。
対極的な環境に身を置く二人が共に過ごす時間は、稀有な光景だった。
「坊主はこれ以上ないって位に幸福な家庭の中にいたのに、どうしても叶えられない物があると言ったんだ」
クロウはくたびれた鞄の底から、ある物を取り出す。
その指先は最も大切な物に触れる時にしか見せない様な、繊細な動きだった。
色褪せた小振りの箱に収められていたのは、年月による脆さを隠しきれないクレヨン。
「スタイラスペンを使って、パソコン上で絵が描けるこの御時世にクレヨンかよ。大事な物なのか?」
軽く笑って、クロウは本能に委ねたまま、塗料による虚構の世界を創り上げていく。
今度は鮮やかな橙色を手に取って、垂直にガラスに吹き付けた。



「ああ、勿論。坊主が俺に託したんだ。宝の様に育てられていたんだろう。ろくに外出もさせて貰えなかったみたいでな。外の世界を代わりに描いて見せてくれって」
クロウの言葉に、皇の指先が塗料の引き金を牽くのを躊躇する。
自身の胸の鼓動が波打つのを皇は聴き逃さなかった。
「俺は二年後に使用人を解雇され、次に再会した時には五歳児の坊主は高校生になってた。
俺のことを覚えている様子もなく、彼は荒廃したこの地に猫を放置しに来たんだ。
でも、俺の記憶は鮮明だった。
こうして、また坊主に出逢えた。あんたのことだよ、皇」
「クロウ。初対面じゃなかったのか……」




未だ見ぬ世界に至純なまでの憧れを抱いていた、幼少期の記憶が皇の中で想起されていく。
満たされた環境下で自覚のない落とし物も存在したはずだった。
欲しいと想う物は全てが与えられ、執着することもなくなった。
気付くと手放したはずの猫が、切なそうな声で主の姿を求めている。
抱き締めたら一溜まりもないような華奢な仔猫の体温を、皇は自分の腕の中で感じ受けていた。
「大事にしてやりな。まだ、飼い主の温もりが恋しいんだよ」
「クロウ。感謝してる」
皇の言葉にクロウの横顔が自慢気に笑った。










ページ: 1


 
 

ゴン @gorurugonn ★DjNTU7Srs9_mwG

ものすごく美しい世界観でため息が出るほどでした。
廃ビル群にラッカースプレーで描かれる青と白の向日葵と、それを描く浮浪者クロウの黒い布と片手に乗った猫、もうこの情景を思い浮かべられるだけで華月麗亜様の絵画的独創性の非凡さが伺えるわけですが、その美しさを余すところなく表現する丁寧な言葉選びが本当にすごいと思います。
年月によるもろさを隠しきれないクレヨン、とか宝のように育てられたんだろうとか、言い回しとしてこねくり回しているわけでもなく、簡潔な言葉でその状態や有様をいいえていてすばらしいです。
とにかく何よりもきれいな、という感想が第一に来る物語だったと思います。
これからも執筆頑張ってください。すごく良かったです。

2ヶ月前 No.1

華月麗唖 ★Tablet=Wx56WeDreH


ゴン様

お久し振りです!
作品を読んでいただき、有難うございます。
頂いた感想を拝読して、泣きたくなるほど嬉しくなりました。

「非凡」だなんて、私にはもったいないくらい、恐れ多い御言葉です。
文章を綺麗と言って貰えるのも、私にとっては大きな喜びです。
まだまだ至らない部分があるので、決して慢心はせずに現在も良い作品が書けるように勉強中です。

SSは久し振りに書いたのですが、書くことの楽しさを想いだせた気がします。
本当に有難うございます。
ゴン様も素敵な作品を書き続けてくださいね。

2ヶ月前 No.2

激流朱雀 @suzaku1☆92ueQETlAOJB ★Android=zjNkFrw1dC

おもしろかったです!!!!
素敵な文章にシンナーの香り漂う空気感が好きです。

2ヶ月前 No.3

華月麗唖 ★Tablet=Wx56WeDreH

激流朱雀さま

お久し振りです(^-^)/
読んでいただき、ありがとうございます。
シンナーの香り、伝わりましたか?w
私がこの世界にいたら、まちがいなく、咳き込んでいました。
気管支が弱いので。
楽しんでもらえたようで、嬉しいです。


いいね、を下さった皆さま
本当にありがとうございます。

2ヶ月前 No.4

立川寿限無 ★n5nvjwNlfC_MXH

こんばんは。真夜中に失礼します。
お久しぶりです。立川です。

ゴンさんもおっしゃっていた通り、このSSを表現する上で「絵画的独創性」という言葉を使う上で他にないように思います。それほど、この小説は読者に抽象的なインスピレーションを与えてくれる。それは、それこそまさに、絵のように。
なかなか書こうと思って書ける代物ではないでしょう。この感性。まさに華月さんだけのものです。

ただ一つ。さらりと読めるSSだからこそ、攻撃力のあるオチが欲しいところです。あまり人のことを言える立場ではありませんが、しかし、この惜しさ。これだけの表現力と感性があれば、もっとダークで心にズシリとくる結末を非常にいい形で演出できる筈です。

僕が読む限り、華月さんのその技術は長編で発揮されそうです。SSという短い枠にとらわれることなく、のびのびとキャンパスに絵具をぶちまけて欲しいと感じます。

評論家でもないくせに、たらたらと失礼いたしました。実は、上記のことは、僕がSSを書く上で大切にしていることです。しかし中々出来ないことでもあります。
難しい課題ですが、華月さんと乗り越えていけたら幸いです。それでは、またどこかで。

2ヶ月前 No.5

華月麗唖 ★Tablet=Wx56WeDreH


立川さん。こんばんは。
お久しぶりです。
感想を有難うございます。とても、嬉しく想っています。


映像や音楽をあますことなく、文章で表現することを目標としている私にとって、作品を「絵画的」と言ってもらえることは本当に嬉しい限りです。
立川さんのおっしゃる通り、最後の落ちにはインパクトが足りなかったかな、と自分でも自覚はありました。
私的には、クロウと皇がカラースプレーで落書きをしている部分を「白昼夢の中にいるような曖昧な空間」として描写したくて、ラストの落ちで「ハッと目の覚める感覚」に持っていきたかったのですが、上手くいきませんでした。
なかなか、難しいですね。

長編は今でも、書いています。
私の書く文章は、受け入れられない人にとっては、本当に気嫌いされます。
そんな中で、文章の特徴や長所を理解していただけるのはこの上ない至福です。
これからも、自分にしか書けないものを目指して頑張ります。

ご感想、ご意見を本当にありがとうございました。

2ヶ月前 No.6
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる