Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(43) >>

マイペースに自作詩投稿

 ( 作詞投稿城 )
- アクセス(377) - いいね!(2)

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR

気軽に適当にマイペースに自作歌詞とか投稿したくて作ってみました

感想書くのはあまり得意じゃないです

誹謗中傷無いと嬉しいです

ひとりぼっちは寂しいのでもしよかったら他の方も書いてってください、よろしくお願いします。

ページ: 1


 
 

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR


ワンルームテリトリー 私のお城
手の届くとこに全て置いてある

忘れたい過去が紛れ込むアルバムも
不意に飛び込む捨てられない思い出も

何十年かけて育ててきた私の世界

嫌いになりたくなんてないの

忘れられてしまうのは悲しい



どれだけ他人に憧れても私にしかなれないから
せめてこの部屋だけは私らしくあってほしい

苦し紛れの言い訳を考え続けて朝を迎えるより
玄関を出るときくらいは笑っていたい



4ヶ月前 No.1

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR


ピラミッドの一番上 裏切り者のジョーカー
逆らいきれない足枷を外して
ひれ伏せさせてみたい 跪け なんてねぇ

くるくる回る めまぐるしい
横目に知らんぷりするあの子も
1か0か白か黒か選べないでいる

天秤にかけられたら
個性なんてないも同然
発言権は遺伝子の賜物

生まれたその時から
決められた運ゲーだ

心の中で笑いながら
すずしげに安心しきってる
化けの皮を剥がしたい


その盤上で踊らされてるフリして
シーソーゲームまで持ち込みたい

平等を変幻自在に迷い込んでイエイイエイ
好奇心スパイラル見方が敵か見方か
単純で楽観的な嘘も飲み込んでイエイイエイ
手錠で縛られてるのはあんたの方さ
感覚と真実の狭間で逃げ惑ってイエイイエイ
本当の脅威の前では所詮咬ませ犬だ
理想と現実酸いも甘いも知らんぷりでイエイイエイ

チェクメイトの3秒前に逆転勝利決めてみせる






4ヶ月前 No.2

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR


暮れ酔い時の儚い夢にしがみつき ただ

騙しきれない罪を見つめて

楔に抗えぬ運命(さだめ)を捨て去り今

触れれば解けてしまいそうなほど
脆い糸だった

誰の目も構わず指の形がわかるほど
触れていたかった


月明かりが眩しいから
帰り道が見えない

もう一つの幸せから遠ざかる
貴方に手を引かれて

涙の跡が残らないように
そっと背に抱きついた

混ざり色を変え魅せる万華鏡
共に生きられますように


4ヶ月前 No.3

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR


君の幸せだけを願って

届かない星に手を伸ばす

つま先が痛くなるほど
背伸びをしても
涙が出るだけなのに

夢の中でまた会えるなら

もう一度黒髪に触れたい

言えなかった言葉も
聞けなかった本音も
今になって心を蝕む

どうしてあの時あの時間が
永遠と思い込んでたんだろう


君の幸せだけを願って
届かない星に手を伸ばす

隣を歩く僕に
明日が来なければいいなんて
肩を寄せて呟いた

夢の中でまた会えるなら
もう一度黒髪に触れたい

さよならの言葉
なんていらない今でも僕だけを
心から 想っていて





4ヶ月前 No.4

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR


もうやめて 見つめないで
あと少しだけって言いたくなる

さよならした後に気がついた
連絡先を聞き忘れたことに…

君にとっては『計画通り』なんだろう

素直なリアクション
小さな気遣い
無邪気な笑顔 全部

信じたくない 僕はゲストだって
わかっていても落ちてしまいそう


恋に狂って眠れなくても
君さえいればそれでいい
他の誰かの話なんてしないで
勘違いでも出来レースでも
君の一瞬に生きていたい
愛想笑いって暴露されても好き(好き)




3ヶ月前 No.5

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR


曖昧にこぼしたため息が

雨音にかき消される

カラフルな傘が行き交う

街の音に紛れている


チクタク1人でいる時間は
別の世界を楽しむ旅人

何色にも染まらないで
先入観なく飛びだしてみる

海の底が暗いかどうか
行ってみなきゃわからない


目を閉じて描いたシルエット

誰かと同じになれない

ちっぽけだって笑ってよ


綺麗な景色のその先で

誰にも想像できない空を見たい

本当の自分をさらけ出して

傷だらけの心を一時停止する

3ヶ月前 No.6

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR


どんな形でもいい 触れさせて
また私を愛してくれますか?
言葉にして伝えられたなら
泡になって消えてもいい


眩しくて目を閉じた
瞬間全てがなくなって
心も頭の中もからっぽ
ひとりぼっちは寂しい

鮮やかな色をつけて
気持ちが踊る夢を見る

溢れる涙ちぎれそうな心
貴方の笑顔が恋しい
狂ってしまいそう
どんなに綺麗な宝石より
貴方の手に触れたいの
それだけでいいの

3ヶ月前 No.7

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR




誰にも言えない秘密をお互いに
唇にそっとしまって
違和感が燃え尽きるまで もう
時間の問題だね

何度も時計に目をやって
絡まる指の感触が残らないように
明日になったら他人同士
丁寧な口調で笑いかけるのでしょう


その優しさが痛いから
もっともっと傷つけてよ
どうせ忘れてしまうなら
涙が出るほどキスをして
全部全部知っていたの
優柔不断なその心にも
いつか終わる恋だから
貴方で本当に良かった

3ヶ月前 No.8

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR


toxic



Dependentsyndrome戻れない
いっそ混ざり合うほど焼きつけて

Endlessaddiction閉じこめる
最期にその目にうつるのは僕だけ


甘い果実の香りに誘われて
めまいのような副作用
余すことなく抱きしめ眠る

抗えない理性に
喉は乾くばかりで
少しの優しさに
絆されそうになる


Dependentsyndrome戻れない
いっそ混ざり合うほど焼きつけて

Endlessaddiction閉じこめる
最期にその目にうつるのは僕だけ


手繰る糸の脆さを知って
離れようとしても
一瞬だけでもいい隣にいて


変えられない気持ちに
夢は膨らむばかりで
『貴方しかいない』に
侵されそうになる

Dependentsyndrome戻らない
何度も咲いて心を奪っていくから

Endlessaddiction譲れない
世界中のどこにいても見つける


無意識に求めながら
貴方の名前を叫んだ

許されることのない禁忌
それはまるで麻薬のよう


Dependentsyndrome戻れない
いっそ混ざり合うほど焼きつけて

Endlessaddiction閉じこめる
最期にその目にうつるのはきっと

Dependentsyndrome戻らない
何度も咲いて心を奪っていくから

Endlessaddiction譲れない
世界中のどこにいても見つける

3ヶ月前 No.9

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR


きらり空を飛ぶ星
もう何も掴めない気がしたんだ
夢を見て眠ってる
君に気づかれないようにdive

いつ終わったんだろう
退屈な毎日が
もう今じゃ常に赤信号
スリル満点ライフ

ロケットの上に乗っかって
ぐるぐる旅するような思考回路
息を飲むような曲芸をさ
屋上で披露してみせますみたいな


四六時中詰め込んでいた
どうでもいい不安との葛藤
もう気にしたくなくて
でっかい空を独り占めしたい
感覚に支配される窮屈さに
解放されたい気持ちでいっぱい
最善策は有言実行さ
自由に飛べる翼を持っているから




3ヶ月前 No.10

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR


ほどけない糸



淡い光の中で
彷徨いながら見つけたのは
温かい優しさ
無条件に許せる心地よさ

どこかで抑えていた
誰にも言えなくて
もうこれ以上はきっと
苦しくなるだけだからと

それなのに手を差し伸べた
あなたは儚くて優しい


傷つかない恋なんてないのかもしれない
それでも私はあなたを選んだ
許されない恋だとしても叶えたい
2人の気持ちが同じでありますように


かすれ切った声で
最後まであなたを探してた
忘れてしまうまで
その手は離さないでいたい

もうため息も弱音も
吐きたくなかったから
涙が止まらない理由は
私だけの居場所がある

どこまでも揺るぎない瞳で
あなたは誓ってくれたね

傷つかない恋なんてないのかもしれない
それでも誰より隣にいたかった
今より幸せになれる世界はいらない
全部捨ててもひとつの光に寄り添って

立ち向かった荒波に
何度めちゃくちゃにされても
これだけは譲れない
あなたを手放すことはできない


傷つかない恋があるのならしてみたい
きっと何か物足りないでしょう
悲しくて愛しくて狂うくらいの
愛に溺れてもう抜け出せなくていい

傷つかない恋なんてないのかもしれない
それでも誰より隣にいたかった
今より幸せになれる世界はいらない
全部捨ててもひとつの光に寄り添って

傷つかない恋なんてないのかもしれない
それでも私はあなたを選んだ
許されない恋だとしても叶えたい
2人の気持ちが同じでありますように

3ヶ月前 No.11

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR


心が粉々に散らばって
呼吸を保つので精一杯

どの選択肢も最後には
幸せになれる
そんな優しい世界じゃない

傷んで限界の体を起こして
ほつれかけた笑顔で
とりあえず今日だけでも
を毎日繰り返す


消えてしまえば楽になれる
そればかりじゃ楽にはなれない
もう生きることに疲れたよ
なんて こんな歌を歌ってみる

3ヶ月前 No.12

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR



全世界の人を敵に回しても
僕を貫く
曲げない 折れない心を掲げる

誰もが勧めてくれる
好きなものを
好きなれなかった

ときめいて踊りたくなる
ステージは
少し風変わりと馬鹿にされる

ワンテンポ遅れてビートを刻めば
はみ出しものだと指をさされた

それならいっそ
清々しいくらいに
自分のものに
してしまえばいいじゃないか

全世界の人を敵に回しても
白旗を上げたりはしない
息を飲んで時期を待っている
革命が今始まろうとしてる



3ヶ月前 No.13

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR


clap!clap!come here please!
一切合切忘れてしまえ
したいときにできないなんて勿体無い
今日のことは見なかった
全部夢の中に置いてきちゃったんだよ


ちぐはぐなスニーカーの色
オシャレだって笑ってよ
恥ずかしがってちゃ様にならない
前向いて目を逸らさないで

聞こえないふり
見えてないふり
知らなかったこと
にできちゃうけど

本当にそれでいいのかな
明日は我が身だ
自己防衛がエゴにならないように


clap!clap!come here please!
四面楚歌振り払って
言いなりになってる時間が勿体無い
悩むときに悩めばいいさ
今は夢の中だと思って楽しみましょう

3ヶ月前 No.14

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR


ネクタイを緩めてキスをして
帰れないのは君も同じでしょう


さよならと言うつもりが
またねを繰り返している

君の目を見るまでは
これで終わりにしよう
と決めてたはずなのに
真っ直ぐに見つめたら
逸らさないかわせない

雨に濡れたら
激しい罪悪感に襲われて
苦しい助けて
だから君を求めてしまう


どこまで逃げても報われないなら
せめて今だけは私を見て
幸せも永遠も特別もなくていいの
終電までは隣にいさせて


3ヶ月前 No.15

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR



ちょっと歩き疲れたから
1日休みたくなった
誰かが頑張った今日の分は
少しずつ埋めていくよ

自由を手に入れるために
壊してきた幸せは数知れず
差別意識は深まるばかり
でも生まれたまま生きるしかない

早くこの魅力気付いて


クロネコの瞳に囚われてみてよ
追いかけたら迷い込む世界
好奇心に従順に気持ちが傾く方へ
ここでは言葉なんて使わなくていい
全てのものが平等な世界
苦しいと思った時は光が射す方へ



3ヶ月前 No.16

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR


瞬きの空に



錆びたリングも捨てられない

君をしまうように

どうしても消せないあの日を

ポケットにしまって

こぼれて弾けないように


音もなく近づくような

不安から逃げ出したい

でも少しだけ知りたい

燃える燃える感情さえ


ah 指先から放つその色を

もっと鮮やかに映し出して

見えないなんて儚さはもう

涙と一緒に流れたでしょう


欠けたボタンも無くせない

君を思い出して

息の仕方も声の出し方さえも

薄れていくのに

この糸はほつれないまま

沈む夕日を背にして

救われない孤独より

小さく輝く星の様に

見守る術も知らない

ah繕う素顔は見せないで

受け入れた昨日に殺される

完璧になれなくてもいい?

ここではありのままいたい


誰かの理想に

寄り添えない意見に

押し殺したNoが

いつかなくなりそうだ

僕が生きているだけで

必要な代償なんて

望まれちゃいけないのに



ah 指先から放つその色を

もっと鮮やかに映し出して

見えないなんて儚さはもう

涙と一緒に流れたでしょう


ah 混り合う程美しくなる

そうやって愛されていく

おやすみ 何度夜に紛れても

辿り着けるおはようの朝に


3ヶ月前 No.17

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR


藍色の夜空に掴まれた心だ
この先真っ暗になっても
奪いたい刹那の蜃気楼をも
包み込む様な今を魅せる

深呼吸深く深く
嫌なことだけ
吐き出せたらいいのに
心配事積もる積もる
今はまだそんな
時期じゃないはずなのに

揺れて傾いて戻れないところまで来て
ふと見上げたんだ 吸い込まれそうな


藍色の夜空に掴まれた心だ
この先真っ暗になっても
奪いたい刹那の蜃気楼をも
包み込む様な夢を見せて

3ヶ月前 No.18

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR



溺れそうな



日陰の道を静かに歩く
誰にも会いたくない
そんな日も多々あって

難易度が高めの
設定なんだきっと
それでも攻略法
自分に合った生き方
を見つけたい

今までの僕自身を
「否定しながら」
はやめてしまいたい


音にならない気持ちが
もどかしくて 息ができない
時間ばかりがすぎていく
頭は真っ白になるばかり 辛い cry

正解が見つからないから
何一つとして分かり合えないな
急かさないであと少しだけ
もう少しだけ待ってて お願い

3ヶ月前 No.19

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR


輪を描いた雲をつまむような
単純な稚拙を並べて
昨日なんて思い出してみたら
3秒で終わるストーリー

深く根を張っている
古傷のようなトラウマが
暗い部屋でふと蘇る
忘れるように目まぐるしく
体を思考を酷使する日々だ



眠ったら明日が来る
そんな夜だらけだ
夢の中ではスターでも
幾千の星にすぎない
始まりと終わりとが
存在するならmaybe
カサブタだらけでいい
今はまだ飛べる少年だ

3ヶ月前 No.20

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

3ヶ月前 No.21

ちーちょん @gokotai ★iPhone=J1q0D2j9sR



何も知らないままならきっと
その手の温もりも知らなかった
褪せていくだけの希望なら
いっそ手放してしまおう

ずっと言えないのは苦しいだけだ


淡い光に消えた悲しさと
深く微睡む朝の陽が
ただ揺れている
付かず離れず
流れる涙の後を追うように

2ヶ月前 No.22

ちーちょん @gokotai ★iPhone=J1q0D2j9sR


降り積もる 止まることなく
静かに街を白く染める雪

強く踏みしめて進む
貴方に見つけてもらう為に

冷たい手を吐息で温める
もう少しだけ ここにいたい
何もなくても終わらない
肩を寄せ合う それだけでいい

2ヶ月前 No.23

ちーちょん @gokotai ★iPhone=J1q0D2j9sR


やめたくなって
苦しくなって
叫び出しそうな夜

手足の枷が重くて
自由に動けない

良からぬ想像に
支配されてばかり
首を締め付ける

上手に息ができない
狭い水槽の中で
暴れているばかりで
溺れてしまいそう
どうしても息ができない
必死にもがいている
綺麗な水が欲しいんだ
せめて少しくらいは

2ヶ月前 No.24

ちーちょん @gokotai ★iPhone=J1q0D2j9sR


リロードを繰り返す毎日だ
1ミリも景色は変わりゃしないのに
閑散とした殺風景な心のまま
一生進むことも戻ることもできないなら
いっそ殺して殺して殺してほしい

なりふり構わずギリギリで生きて
制服も妙に着慣れちゃったな
あれこれな目線は今だに見ないふりできない

壊れていく現実を
何百満開再生して
インモラルには到底
なりきれもしないんだ

崩して立て直して可愛がって
一体全体何が楽しくて生きてるの
感覚が麻痺してしまったことを
特殊性癖とでも言ってひけらかすのか

散々喚いてばら撒いた感情が
僕の中で終わらせられないのなら
張り詰めたどうしようもない思いを
受け止めて飲み下してくれよ

2ヶ月前 No.25

貴女に送るウタ ★iPhone=ZiaWHij7Dt

貴女が居たから
毎日が楽しかった
一緒に働けて良かった
貴女に抱きしめられた事
励ましてもらった事
みんな覚えてる

生きて生きて生きて生きて生きていたいの
でも思うように生きれなくて苦しい
また貴女に会いたい

貴女を思う日々
胸が苦しくなるの…忘れたくない
会いたい…貴女が好き

生きて生きて生きて生きて生きていたいの
ねぇどうしたらいいの?
なんでわたしはこんな生き方しか出来ないの?
わたしは幸せになれない?

貴女が好き…

人は一人で生きてはいけない…
ねぇどうしたらいい?
貴女に頼りすぎなの…わたし…だからまだ甘い
だとしてもしんどいよ…




作曲してくれる人いないかな


2ヶ月前 No.26

ちーちょん @gokotai ★iPhone=J1q0D2j9sR

foam


苦し紛れの言い訳だとしても(忘れたくない)
君のためなら許せたの(あの日の約束)
散り際の花の美しさを知り(苦しくていい)
傷痕を強く深く刻みつける(覚えていて)


到底理解されないことだと
わかっていたのに
触れたくてただ触れたくて
抑えきれなかった

トリガーを外して
怯えるその瞳に
321の合図でほら
引き金を引く


この鎖が幸せの対価だとしても(私が望んだ)
覚めない夢をと願った(永遠を塗り潰して)
さよならがない世界がほしい(君と離れない)
私と君だけの美しい世界(それだけが幸せ)


重い扉が少しずつ
閉じていく音に
振り返ろうとして
君が私を見つめる
「帰れないよ」

絶壁に強く咲く花のように
日陰で弱く呼吸している

拒否権はきっと
生まれた時から
ないのだから


傷つくほど強くなれるのなら(笑顔を隠して)
誰かを信じたりはしない(近づきたくなる)
甘い蜜の香りが恋しくなるから(あの優しさに)
過去に戻ってきてしまう(確かに触れたから)


苦し紛れの言い訳だとしても(忘れたくない)
君のためなら許せたの(あの日の約束)
散り際の花の美しさを知り(苦しくていい)
傷痕を強く深く刻みつける(覚えていて)


この鎖が幸せの対価だとしても(私が望んだ)
覚めない夢をと願った(永遠を塗り潰して)
さよならがない世界がほしい(君と離れない)
私と君だけの美しい世界(それだけが幸せ)

2ヶ月前 No.27

ちーちょん @gokotai ★iPhone=J1q0D2j9sR



過ぎる時を忘れ
この蝋燭が消えるまで
私のものです

大胆に華麗に
少しの優しさを残して

些細な仕草も
見逃すことはしない


鮮やかな色纏う蝶がひらひらと
夜の帳を駆け抜け行く
椿の花に劣らぬ程の美しさが
憎らしくも愛おしい

2ヶ月前 No.28

ちーちょん @gokotai ★iPhone=J1q0D2j9sR


君の声 ハロー ハロー
意味はいらない
2人だけハローハロー
笑顔になれるなら
何度だってI wanna see you

木漏れ日きらめく
坂道下って
水たまりをかすめて
振り返った先で
見たことのない景色を知った


淡く強く強く燃える赤の中にいる
あと少しで暗闇に包まれる運命を
冷静に見据えて心に焼き付けるよう


2ヶ月前 No.29

ちーちょん @gokotai ★iPhone=J1q0D2j9sR





噛みしめた痛みを 隅に寄せて
うまく吐き出す瞬間 息潜めて

真っ直ぐに歩き疲れた 夜道を
自分の色だけは見失わない様に


伸ばしきれないくらい大きな羽を
誰かに支えて欲しいんだ
伸ばしきれないくらい大きな羽だから
君の隣で休ませてほしい


こんな小さな一粒に委ねる命
こんな悲しみで壊れていく心

戻るに戻れない分岐点まで来て
なりたいものはまだ見つからない


伸ばしきれないくらい大きな羽を
広げられたら笑い合いたい
伸ばしきれないくらい大きな羽だから
1人で立てたら抱きしめてほしい


折れて治して
破れて縫い合わせて
生きたいだけ
倒れて起きて
今は痛いだけでも
まだ止めない


伸ばしきれないくらい大きな羽を
誰かに支えて欲しいんだ
伸ばしきれないくらい大きな羽だから
君の隣で休ませてほしい


伸ばしきれないくらい大きな羽を
広げられたら笑い合いたい
伸ばしきれないくらい大きな羽だから
1人で立てたら抱きしめてほしい


2ヶ月前 No.30

ちーちょん @gokotai ★iPhone=J1q0D2j9sR




ごめんねが増えていく

手の温もりだけが
心の拠り所
それだけが全てだと

それ以上もそれ以下も
見えないでいたの
私と君しかいなかった

だから苦しかった


戸惑い傷つきそれでも大丈夫と
繰り返し繰り返し君を信じてた

泣き腫らした目を誤魔化す様に
目を見てさよならってはにかむ

あの日に戻れたら君には会いたくない



2ヶ月前 No.31

ちーちょん @gokotai ★iPhone=J1q0D2j9sR


共犯


うろ覚え おぼろ月の夜
ちらつく罪悪感を横目に
赤ワインを飲み干した

人のにおい
確かに触れた
柔らかい肌に


私と貴方は有罪
どうしたって降りられない
舞台の上にいる
私と貴方は有罪
埋めた傷の分だけ愛したから
元に戻れない


陽の光 カーテンの隙間を
鋭く意表をつくようだ
ため息混じりの深い朝

霞んだ目に
うつったのは
優しい寝顔


私と貴方は有罪
目は口ほどに物を言う
両手を下ろせない
私と貴方は有罪
望み薄な勝訴の手前で
心中してみたい


2ヶ月前 No.32

ちーちょん @gokotai ★iPhone=J1q0D2j9sR


最推しに贈る歌


くるくる変わる表情が悩ましい
触れなくても
君の1番になれなくてもいいから
今日も笑っていて

誰にも負けないくらいの
この気持ち届いてほしい

全身全霊頑張る姿に萌え萌えキュン!!
ドキドキ!爆発 !止めないよNo Thank You
君以外見えるわけがないForever love!




大好きな推しの誕生日が迫っている。。




2ヶ月前 No.33

ちーちょん @gokotai ★iPhone=J1q0D2j9sR



運かイカサマか
シャッフルから始まる
一触即発ムード

瞬きも許さない
息を飲む
長い長い数分に
操られる

天国か地獄か
左右する手札に
チップを滑らせ

心が躍る方にBetする

先の読めないゲームをしないかい?
裏切り寝返りあの手この手で
最後までdealerにさえわからない
命がけのスリルがやめられない

2ヶ月前 No.34

ちーちょん @gokotai ★iPhone=J1q0D2j9sR

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1ヶ月前 No.35

ちーちょん @gokotai ★iPhone=J1q0D2j9sR


強い流れから はみ出して
深く呼吸をする
誰の僕でもない僕を歌う

歩き慣れない道
休みたくなる日もある
まだ先があるなら
どんな手段で進んでも
いいだろう?さあ
面白い方を選ぼうか


ロケットで宇宙に飛び出してみたい
きらめきに満ちた空に
淡い色を飲み込む終わらない闇に
争う一つの星になりたい

1ヶ月前 No.36

ちーちょん @gokotai ★iPhone=J1q0D2j9sR


チラチラ霞んで
瞬く度に揺れる想いなら
いっそ壊したい

心もとない灯と 今にも
涙と流れ落ちそうな
勇気だけで 歩き続けた

1人置いてけぼりの
流星群を見送る


帰る場所がなくても
生きていれば
また会えると信じている
半透明の不確かな心
曝け出すから
次こそは逃げないでいて

1ヶ月前 No.37

ちーちょん @gokotai ★iPhone=J1q0D2j9sR


思った通りにはならなくて
かっこ悪い自分と向き合う日々

忙しなく時計の針は進んで
数日前の失敗も忘れているんだ

悲しい気持ちで眠りたくない

ただそれだけ


ハッピーエンドを静かに待っているだけじゃ
何が足りないかにも気がつけないな
ありのまま 誰にわかってもらえないとしても
笑っていられたら幸せなはずなのに

1ヶ月前 No.38

ちーちょん @gokotai ★iPhone=J1q0D2j9sR


いつかは色褪せる世界
綺麗な思い出並べたって
少しずつ解けていくの?
何度でも繋ぎ直すよ この手で

嬉しいことも悲しいことも
上書き保存ばかりされて
一瞬の大切さに気づけない

足元ばかり見つめていても
仕方ないことわかってるのに

苦しいことがあった日は
何も知らない顔した君に
会いたくなるんだ


歩幅が合わない時もある
言いたいけど言えない
もどかしさと奮闘する毎日
答えの出ない未来図にも
不安な笑顔でついて来て
くれる君の隣を歩いていく

1ヶ月前 No.39

ちーちょん @gokotai ★iPhone=J1q0D2j9sR



夢見ていた
君の隣で これからを
何度でも 呼吸するように自然に
理由がある雨と
特別な流れ星
終わらない世界を願ってる

戻る勇気もない
前を向くと
決めた日があったはずで

さよならを何度繰り返しても
消えないから
また会える日までを心の中に

いつまでも輝く日々が
続いていくと信じてる


枯葉が散って 寂しくなって
また春が来る日まで
君と手を繋いでいたいから
冬を越えて暮れた空を見て
一番星が儚くても
ひとりではいられないから

29日前 No.40

ちーちょん @gokotai ★iPhone=J1q0D2j9sR


dance dance 君の隣なら
明けない 夜も 怖くない
心の火が消えないように
ステップを刻もう 眠れない
夜はまだまだ続く

スポットライトを浴びて
誰もが主役の世界
ほら見て見て少し大胆に
ドキドキするから
聞こえないようにtonight

もう全部忘れたくなる

dance dance 君の隣なら
明けない 夜は 踊りたい
後に引けない快楽の扉を
開けた 過去を投げ捨てて
未来は続いていく

25日前 No.41

ちーちょん @gokotai ★iPhone=J1q0D2j9sR



泣かないで
そばにいれなくても
ずっと想ってるから
笑っていて
誰よりも大好きな
太陽の様な温かさに
救われたから


まだ お互い
子供だったあの頃
傷つけ合い
泥だらけ 壊れた
自転車さえ
いい思い出だよ

取り戻せない
あの日々を
君を 眩しさを
どうしようもなく
募らせる


張り裂けそうな程胸に響いた
メロディはまるで子守唄みたいで
蘇る度に強く優しく抱きしめるから
泣かないよ 強く生きていける

24日前 No.42

ちーちょん @gokotai ★iPhone=J1q0D2j9sR


失った片翼を隠して
僕は抗ってみせる
摘み取られた花の
美しさと引き換えに
終わらない報復を

物心ついてから十字架の重さに
痛いほど気づかされて
刺さる痛みのコントラスト

上手く飛べない まがいものと
言われるほど目を瞑って

誤魔化すことにも疲れたから
全て捨てた 前を向く為に


終末の荒れた空を見上げて
生きる痛みを知る
傷だらけのこの片翼でまだ
不安定に飛び続ける

改革の旗をあげる
終焉のファンファーレを奏でて
皆が築きあげた歴史を
この手で永遠の眠りに誘おう

20日前 No.43
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる