Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(1) >>

 ( 作詞投稿城 )
- アクセス(122) - いいね!(1)

むはははにゃんこ @10nyaaa ★iPad=wkGhYWHSPo

空の星が輝いて
涙も乾いて
ついさっきまでの
幻想も消えて

次の日の朝起きて
窓開けて空見上げ
戻って来たんだと やっと
やっと気づいた

もっと計画立てていれば
こんな思いすることなかったのにね
もっと考えてさえいれば
戻ってくることなんかなかったのにね

君が消えてから僕は何を考えていたのだろう
さよならも言えずに消えるなんて卑怯
せめて、せめて言ってくれれば
僕もついて行ったのに
残されることなんてなかったはずなのに


またいつも通りの生活が始まった
僕は何の希望も見出せない
なぜならまた、恋い焦がれているから
またあの幻想的な世界に行きたいから

罪を犯すと無の世界に行く
そう聞いても僕は変わらなかった
実際そうなのは知っているのだけど
やっぱり君と会いたくて、ね

君が消えてから僕は何を考えていたのだろう
さよならも言えなかった、哀しかったよ
ずっと、ずっと一緒に居ようと
約束したよね?
残されることなんてなかったはずなのに

そして僕はまた罪を犯した…

また目が覚めた
夕空に鳥が飛び
目の前の海に夕日が沈む
ああ、また失敗したのか

ごめん、僕はまだここに居ることにした
まだここにいないといけないようだから
もう少し、あと少し待って?
その時が来たら、確実に君のところに行くから
花園で微笑んで僕を出迎えておくれよ


今僕はここで笑って居る
それは君のおかげだね
ありがとうは今は言わない
再び君と会うときに言うよ

僕の横をそよ風が通り過ぎて行った


ページ: 1


 
 

むはははにゃんこ @10nyaaa ★iPad=wkGhYWHSPo

感想よろです!わかりやすかったかな。というかよくわからんと思う。すみません。

3ヶ月前 No.1
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる