Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(4) >>

自由投稿&アドバイス

 ( 作詞投稿城 )
- アクセス(214) - いいね!(1)

紅花火 ★BMLR8jGKS5_Y9V

自由に歌詞を投稿して、評価やアドバイスを書いていく掲示板にしたいです!

私も歌詞を勝手に落としていくので、アドバイスお願いしたいです。


歌詞の場合は
・タイトル(未定なら無しでもOK)
・歌詞
・一言(辛口評価歓迎!や、〜で、〜な雰囲気で書きました。などなど)

評価、アドバイスの場合は
・どの歌詞に対してか
・評価、アドバイス
必ず、良いところを一言でいいので入れてください。
じゃないと、批判になりかねないので。



誹謗中傷、批判は無しでお願いします!

ページ: 1


 
 

紅花火 ★BMLR8jGKS5_Y9V

「真夏の夜に溶けた僕らとユメ」


提灯の灯り
響き渡るお囃子
すれ違う色とりどりの花達
憧れを語る君は
白い部屋にぴったりの無邪気さで
白い部屋には眩しすぎる夢だった

半年かけた完全犯罪
大人達から逃れて
君を連れてゆくよ

笑顔と光目指して
駆け回った神社の境内
一緒に食べた杏飴の美味しさ
叱られてるのにこっそり
舌を出して笑うそんな君の
横顔はまるで花火のようだった


明日の約束
今日のことになること
それさえも難しい僕らだけど
たった一夜の夏の夢
どうか神様叶えてください
最初で最期の本気の祈り

去年よりも完全犯罪
大人達を欺いて
君と僕の夢へ

夜空の下(もと)飛び出して
駆け巡った人波の隙間
一緒に眺めた花火の美しさ
僕らはもう戻らない
二人なら何処までも
ゆけるから


余韻と僕らの溶け込んだ
温い風と闇
見ているんでしょ、遠い空
神様と月


僕らが描いた世界
灰になって流れてゆくんだ
誰かの心に届け
僕らのこの手と絆
いつまでも解けることはないよ
そしてあの日は永遠となる



初めて、最後まで書いた歌詞です。
今見ると、結構酷かったり(笑)
辛口評価歓迎!

11ヶ月前 No.1

モーガン @atsuto22 ★iPhone=iV8XVPIVt6

おじゃましてもよろしいでしょうか
モーガンと申します

紅花火さん
はじめまして
「真夏の夜に溶けた僕らとユメ」
読ませていただきました。
和のテイストを感じて、お祭りの夜の提灯が綺麗に並ぶ風景が浮かびました。
完全犯罪というワードの使い方等がうまいなと思います。
自分に読解力ないからなのでしょうが、最後の「あの日」の指す場所が曖昧な気がしてしまいました。
長々と失礼いたしました。
初めて最後まで書いたものなのにクオリティが高いなと思いました。


―――――――――――――――――


[真夏のひまわり]


真夏の風に吹きつけられて
今日も僕らは明日へ向かう
壁なんてあっても関係ない
今日も僕らは夢へ向かう


夢へ向かう僕らに
吹きつける風はいつも冷たい風
その風に少しずつ立ち向かう君は
僕らのヒーロー


真夏の風に吹きつけられて
今日も僕らは明日へ向かう
壁なんてあっても関係ない
今日も僕らは夢へ向かう
最高の友を手に
今日も僕らは明日へ向かう
最後に夢を手にするため
今日も僕らは夢へ向かう


都会には夢が溢れてるなんて言うけれど
実際雑音だらけ嫌になる
都会の日曜日は
いつもの日曜日なのかな
何気ない日々がとても懐かしく思える


信じる者は救われるなんて
実際信じれるモノなんてごくわずか
だけど人を信じることで
自分を信じて行きたい

流れていく瞬間(とき)の中で
生きている意味を知る
いつか僕らはひまわりのように
上を向いて歩いていく

そして夢へと歩いていく


―――――――――――――――――

自分も、初めて最後まで作った作品です
辛口評価大歓迎です
よろしくお願いします

11ヶ月前 No.2

紅花火 ★BMLR8jGKS5_Y9V

モーガンさん。
感想ありがとうございます。
風景が浮かぶと言っていただけて嬉しいです。
ちなみに、あの日というのは「戻らなかった日」のことです。2番のサビですね。
安心してください。モーガンさんの読解力が足りないのではなく、私の書き方が単に悪いだけです。



[真夏のひまわり]読ませていただきました。
5ブロック目の歌詞が、とても共感できてよかったです。
「いつか僕らはひまわりのように 上を向いて歩いていく」のフレーズもとても素敵だと思いました。
また、前向きな感じも力をもらえるようで、とてもいいと思います。


ここから、少し辛口めに。
一つ目。歌詞としてはあまりいい出来とは言えないと思います。
何故かというと、文字数の統一性や、サビと言える部分がないからです。
冒頭の歌詞は2回使われているので、サビのようにも見えますが、
他で同じリズム感の感じられる部分がないことや構成からサビではないと考えられます。
統一したメロディーがない曲はほぼ存在しないので、まずAメロ、Bメロ、サビなど構成を考えて、
文字数を統一させる、歌詞の雰囲気を似せるなどしていけば、より歌詞らしくなると思います。

二つ目。多重した言葉を減らした方がいいと思います。
例えば、2ブロック目の「風」、4ブロック目の「日(びの発音)」、5ブロック目の「信じ」、そして全体の中で「夢」。
これは個人的な意見なのですが、あまり同じ言葉を使わないようにした方が語感がいいため。
そして、多重することによって本当に伝えたいことが薄れてしまうと思ったからです。
まあ、実際いろんな曲を聴いていて、そんな歌詞は溢れているので、私の感覚の問題なのかもしれませんが。

最後に、とても申し訳ない感想を言わせてください。
なんか全体的に文章が気持ち悪い。
多分、二つ目で言ったのと被るんですけど、言葉、フレーズの多重だと思います。
特に「夢」という言葉があちらこちらにちりばめられているので、くどいというか。
例えば、3ブロック目の「最後に夢を手にするため 今日も僕らは夢へ向かう」とか。
そんなにおかしいかと聞かれると困るんですけど、夢を"手にするの"に夢に"向かう"の?みたいな違和感があります。
4ブロック目は「何気ない日々がとても懐かしく思える」が、日曜日って特別な日という意味合いじゃないの?とか。
6ブロック目の「瞬間(とき)」って、長い時の中で生きる意味を知ったんじゃないの?という疑問があったり。



長文を失礼いたしました。
未熟者のくせに、偉そうに書いてすみません。
少しでも参考になる部分があればと思います。

11ヶ月前 No.3

紅花火 @benihanabi ★erUdI6Q2xZ_Y9V

「空色」



僕は今でも
あの日が忘れられず
幼い秘密
心に秘め続ける

この想い
あの言葉
飛行機雲にのせて
青い地球(ほし)を廻ってゆく

この想い
あの言葉
紙飛行機にのせて
青い風に流れてゆく

何時までも
あの日から変わらない
空色に
染まれ僕の心


誰も知らない
高架下の空き地
雨降りの中
二人で創った基地

この想い
あの言葉
飛行機雲にのせて
青い地球(ほし)を廻ってゆく

この想い
あの言葉
紙飛行機にのせて
青い風に流れてゆく

透明な
あの頃の心に
戻れたら
もう一度会えるかな


何時までも
あの日から変わらない
空色は
僕だけ取り残すよ



初めて、曲先で書いた歌詞です。
頑張った!(笑)
辛口評価歓迎!

11ヶ月前 No.4
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる