Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(1297) >>

作詞できる人 見せ合いましょ!!

 ( 作詞投稿城 )
- アクセス(6128) - いいね!(20)

○。りりぃ+海月。○ @nazunaneko ★itt0KzJRs9_nHx

「自作歌詞書ける人、見せ合いませんか?」という記事が始まりです・・
勝手に続きらしきものを作らせてもらいました。


注意事項です。
■ 作った歌詞の感想やアドバイスを歓迎しています。
◆ 歌詞の誹謗中傷、荒らし、過激すぎるものはお断りします。
■ 必ず自分の作ったものを投稿してください。
◆ メビウスのルール厳守でお願いします。
■ それでもいいのなら Here we go!!楽しく生きましょう!

1年前 No.0
メモ2016/12/15 18:33 : 森羅ジン @humanmind★Android-TzPsizjVSW

歌詞目録

○。りりぃ+海月。○/銀魚のりりぃ

http://sns.mb2.jp/humanmind/d-90-1#S1

ヴラドゥレア

http://sns.mb2.jp/humanmind/d-90-2#S2

モーガン

http://sns.mb2.jp/humanmind/d-90-3#S3

(投稿時点現在)

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14


 
 
↑前のページ (1247件) | 最新ページ

QLL @0423 ★iPhone=p70BXP0IAw

灰帝シリーズ第二幕

地に足を付け這い回り、憎しみと憎悪が110万もの瞳を産む堕民。
遥か彼方天空より見下ろす都市より悲しみも怒りすら忘れ惰性と怠けが支配した黒き翼を持つ6万514人。

これは破壊と創造の物語








群青ディグリエイト





見上げる雲は晴れぬまま 流れる回廊を黙視した 堕落の歌声響き黒い羽は幸福の証とされた

雅な衣服は浮世離れの象徴 足を汚す事を知らない彼らはただ見下した世界を嘲笑う 呟いた


「生きる価値はあるのかい?」



奏でたハープ 積乱雲は何処か 構えたバリスタ さぁ火蓋を降ろそう 下天の邂逅




飛び立てディグリエイト あの群青を黒へと染めろ 弓矢を構え 撃ち方わからず 射ち落とされた angel

穿てバリスタ 一斉掃射の散乱打 蠢く堕民を貫き賜え 指揮者の開口 雨の槍は大地を砕いた angel



惰性の波に呑まれ 舞い上がれ 罪亡き罪人よ








甘美な吐息は快楽と楽観の常識 固定観念を廃止して踊り明かす赤ん坊
夜も昼も朝でさえ 怠けた王政は歓喜の罵声 生


何をしてもお構い無し 誰の命 奪おうと お咎め無し


「そんな全てが愛しく何もかも壊れてしまった退屈な世の中だったけれど なにがおかしいかなんてわからなかった(笑)」



迎え撃てディグリエイト 聡明な眼を携えて 二段に並ぶ弓矢隊 鼓動の赴くまま 狙い目 わからず敵前逃亡の angel


目を覚ませ アルテミス 戦火に対為す一条の番となれ 笑みを絶やせ 永遠に口を閉じよ 奉り挙げた angel




なにも知らない童達の未来を添えて 風に舞え








太陽覆う 天空都市

唾を吐いた 自分は 遥か彼方


最大の 最後 自業自得の崩落



その 生命は 誰に注ぐ


その悲しみは 誰にも訪れる






天地想像 駆けよ鼓動の在りし者 憎しみしか持たない110万の瞳 血を吐き 在りし日を振りかざし 今

時は 戻る――――




怠惰忘却 都市栄光 咳き込む番に落ちる逆さまの世界
何も言えない口なら剥いで しまえ
敗訴失脚の英雄像 鉄格子の中で永久に祈る

駆け登れ 駆け登れ

今 今

安堵堕落 娯楽王宮 苦しみを知らない羽の生えた6万514人
何も見ようとしない眼ならば潰して しまえ
腐敗した鉄格子 腐った英雄像は笑っていた喉に沈む願い

舞い上がれ 舞い上がれ 今


「群青のディグリエイトよ――――!!」

飛び立てディグリエイト あの群青を黒へと染めろ 弓矢を構え 撃ち方わからず 射ち落とされた angel

穿てバリスタ 一斉掃射の散乱打 蠢く堕民を貫き賜え 指揮者の開口 雨の槍は大地を砕いた angel





さぁ 歴史の窓 天の崩壊を 目にするのは君だ


2ヶ月前 No.1248

@くん ★WiiU=xdTasGHppP

歌詞名:eternity (永遠)

私は消えた
そう、私は誰にも見えない
彼は墓の前で泣く
そう悲しまなくて良いのよ
見えないけれど
感じることは出来ないけれど
彼に触れる
人はどうしても死を怖れる
そこに消えてしまった人は
ただ消えて無に帰ると考える
だけど
そうじゃないわ、私はここにいる
肉体は消えても
魂は永遠に残り続ける
貴方もきっと、永遠に残る
悲しまないで、私はここにいる
私達の全ては、どこか別の所で残り続ける
ここから先も、そしてさらに先も
私達は永遠に残り続けるのよ

2ヶ月前 No.1249

銀魚のかふか @irohasu02 ★iPad=5AvV0Fn978

「木枯らしの別れ」

もしも君がいなくなったなら ただただ別れを嘆くだろう
もしも花散る季節になったなら 私はじっと春を待つ
君の去る季節がくる前に
一人で 生きる意味を探す
一人で すべて背負う意味をを探す
そして 一人で歩み出だす勇気を

冬が来る 真っ白な冬が来る
君の指差す未来へと
たとえ道が違っても
春が来る その日まで
真っ暗な冬を 一人彷徨うだけだ

君の去った今日が虚しくて
重い足を 引きずって歩く
思い出を 思い出しながら
そして 想いを封じ込めて凍らせる

冬が来た 君の代わりに
君の目指した世界を
嘆いたとしても
あの暖かな その日が来るまで
真っ白な世界で 泣かないで

もしも君がいなくなっても きっとどこかで幸せに
同じ空 光の下で
もしも花散る季節がまた来ても 私はそっと泣いている
君の去った季節がまたやってくるから
もしも会えてもなんども別れを思い出すだろう

切ないあの言葉 またねと言う言葉
抱いた決意を胸に 吹雪を彷徨え
真っ暗な闇の中 光を抱け
一人で 生きる意味があれば
一人で 抱え込む意味があるならば

冬が終わり また来ても
君がいたあの頃を
描く道が違えども
春は何度も やって来る

君の指差す未来へと
たとえ道が違っても
春が来る その日まで

また一歩 歩み出す

2ヶ月前 No.1250

銀魚のかふか @irohasu02 ★iPad=5AvV0Fn978

こ、木枯らし要素ゼロかよ!!
受験勉強シーズンですね。
たとえ行く道が違ったら
あなたとの別れを嘆き泣いてしまうだろう。
それでもあなたを忘れない
っていうのがコンセプトだったんですが。。。
センスの中が滲み出てる感じがしますよねww

2ヶ月前 No.1251

銀魚のかふか @irohasu02 ★iPad=5AvV0Fn978

「冬の天使」

太陽へ 登ってく
一人の天使がいた
寒く 凍えたその先に
待っていたのは暗い闇
太陽目指し登ってく

ああ
私も 勇気を手にし
あの大空へと
道を歩く 君を残して
天使のように羽ばたく

太陽へ近づいてく
一人ぼっちの哀れな者
近く ごとに溶けていく
待ったいたのは灼熱地獄
太陽に燃やされて灰になる

ああ
刃を研ぎ過ぎれば
自分をも殺す
過信と 好奇心は紙一重
天使のように堕ちていく

私も君を残して歩く
雪の中に君を置いて
暗闇を彷徨う
あの天使のように光を求め
神にも触れた過ちを

意味を探す君を 置いていく
君は知るだろう
本当の私を
あの天使のように過ちを犯し
あなたを一人にした

ああ
私も 勇気を手にし
あの青空へ目指していく
光の道へ 進む君
ああ
私も 勇気を手にし
あの大空へ飛び立つでしょう
地面を 歩く君を置いて
鳥のように羽ばたく

2ヶ月前 No.1252

inu @inu2 ★CKGKvJimxY_PHR

/bird

鳥のように私は啼く
鳥のように私は飛ぶ
魂は無い
それを見つめれば 目が潰れる
貴方は 見つめること 出来マスか?
空の鋭角と地の柔さの間に 血を垂らす ぴちゃん
baby blue(fishmans) から 赤い誘惑(凛として時雨)へ
血染めの夕暮れを
鳥の爪で引っ掻いて
あぁ、愚鈍な優しさを持って生まれた貴方 私
鋭い無音が耳を刺しても、も、も
魂は死なない
あぁ、それでも
見て ねぇ、見て
青と赤のコントラストの狭間に
見つけて ちゃんと叫んで
鳥のように私は囀る
愚鈍な祈りが、が、が
孕むように

光!



/hello , can you talk with me?


歪んだ目は伏せた三日月

世界100億の灰

でHI

月の支配は冷酷な美で

太陽の支配は残酷な熱

はいんなっちゃって

はいんなっちゃって

はいんなっちゃって

もっとイって

イカレタ未来見せてよ!

空の青 海の青

僕の目が耳が鼻が口が肌があそこが

僕の 魂が

捉える世界


!君にキスして

!空に踊るんだ

だってだって僕らはずっと

祈りだって棄てらんないから

「それまじ?」「まじ」

残忍な祈り抱いて

今日のコーヒーを淹れたら

ねぇ、また、笑いたい



お久しぶりです。詩にばかりはりこんで、中々歌詞が書けなくなってしまったinuです。
でも、歌詞を書くのも、詩を書くのも、自分の中ではあまり区別がついていないというか、どちらもえきさいてぃんぐな行為です。自分にとっては。
歌詞はぽっぷに、より直接的に書けるのがやはり楽しいです(*´▽`*)
低浮上になるかとは思いますが、これからも覗かせていただきますね。

ちなみに、2篇のうち、birdの方は、昨日ついったに載せたものです。短いぽえむや歌詞を勢いでがっ!!!と書くのは、とても好きです。
では、寒くなったので、体調に気をつけてお過ごしください。

2ヶ月前 No.1253

@くん ★WiiU=xdTasGHppP

作詞名:Apostle of justice (正義の使徒)

レギオンの剣は、悪の従者に制裁を与える
天使は、人の罪を数え黒と白の天秤をかける
善行を行った魂は至るべき所へと帰る
私はただ制裁するだけだ
そこには、正義の意思など無い
だが私は神の使者だ、意思など関係ない
鉄には清められた血を混ぜ、剣を叩く
物質に、あるはずの無い力を混める
私は十字架を握り、祈り続ける
天使の槍は全ての負を浄化し
私の剣は残った意思を制裁する
悪と善などはこの世に無い
だが、私はこの道を選んだ
何故なら、その資格があるからだ
他に理由など無い
正義に落ちすぎた者は
ただ、自らの悪を制裁する身勝手な存在になる
私は、それを知っている
何故なら、私は善でもなく悪でもない
中途半端な存在だからだ
だが
だがらこそ
私は正義の使徒でいられるのだ

2ヶ月前 No.1254

QLL @0423 ★iPhone=p70BXP0IAw

フレンズレンズ


真冬に見上げた花火
ヒラヒラ 散っていく熱が ほら
君の心みたいに感じて
涙を流して 見送った




荒れた時期もあったんだ
そんな時 いつだって隣にいたよね
思い返せば 君からもらった言葉で
両手が塞がって 今 歩けない

求めた時期もあったんだ
密かに 想った時期もあったんだ
答えはわかっていたから さ
喉が潰れて 過去に 帰れない

手を振って いよう
口を隠して 言おう
気持ち 悟られないように

この世界で君に出会えて
たくさんの言葉と気持ちをもらった
でもわかっていたんだ
僕は君の1番にはなれないんだ



苦しい時期もあったんだ
自分以外が敵に見えた時期もあったんだ
目の前も真っ暗 足も踏み出せない
そんな時 いつだって 手を掴んでくれた

楽しい時期もあったんだ
肩を並べて笑えた時期もあったんだ
そんな時でも君は違う人と手を合わせて
僕の腕は 空を切った

心 隠して いよう
体 縛って いよう
独りでに 動き出す 事のないように

この世界で君に出会えて
たくさんの勇気と 絶望を知った
だからわかっていたんだ
僕が君の1番にはなれないんだ


夕立に漕いだ 走馬灯がフィルムみたいに回っては
君の1番になりたい なりたい なりたい なりたい 叫ぶんだ
どうしたらいいんですか
教えてはくれませんか

この気持ちをおしまいにしたいのに



この世界で君に

出会えてよかったと

僕は君に 言うことすら出来ずに

この世界で僕は
君の1番にはなれないこと
分かっても まだ

君の横で笑って

この世界で君に出会えて
たくさんの言葉と気持ちをもらった
でもわかっていたんだ
僕は君の1番にはなれないんだ

僕は君の1番にはなれないんだ




2ヶ月前 No.1255

@くん ★WiiU=xdTasGHppP

歌詞名:カルテルダイ プロパガンダ

私は全てを奪われた
そうさ、私は全てを奪われたんだ
だからこそ、反抗の先にあるものを怖れない
だからこそ旗を持つ
心せよ!!覚悟せよ!!!身構えよ!!!!幸福追求者諸君
我々は一片の情無く、「欲望の集塊」を焼き払う
心するのだ!!!
これより眼前に現れるは、犯罪者に非ず!!!
話し合えぬ獣也!!!!
連中に「支配」と「破壊」以外の文化は存在せず!!
美徳を語ろうとも何ら意味をなさない!!!
貴殿の権利保証に署名すらもしない!!!
これまで無事に生きてこれたのだから
この先も生きていられる保証などどこにも無い
そんな理屈などこの世のどこにも存在はしない
皆は私をどう呼ぶか?
狂人?死神?悪魔?犯罪者?
そんなものは争乱と何ら関係はない
だが、皆は私を狂人と言い迫害する
ならば私も問おうではないか
己が何をよりどころに、何を信妄している?
科学か?宗教か?法律か?それとも自分自身か?
なんと粗暴で盲目な思考か
まともではないなっと
私は、否定をする
蹂躙をする
そうさ、私は、ありとあらゆる偽善と悪人を裁く
それが
私の生き甲斐なのだ
これは
全てを奪われた私だからこそできることだ

2ヶ月前 No.1256

銀魚のかふか @irohasu02 ★iPad=5AvV0Fn978

早退しました

「マイ・ジェラシー」

今日も雨が降っていたの
だから聞いてないふりをしたの
可憐な姿で咲く君が
とても憎くかったわけじゃないの
ただ少し ムカついただけなの
嫌いじゃないの

マイ・ジェラシー 君にジェラシー
いつか枯れる体に
乙女の愛を注がれて
あの白百合のような 君と
生憎 友達なの

虹が空にかかっている
だけど心は雨模様なの
君の発したただの言葉に
大袈裟に傷ついてるだけなの
ただ ちょっと 傷ついているだけなの
そうじゃないかもしれないの

空っぽな優しさだけじゃ
信じられないよ
切ないだけ
ジェラシー感じて
ただの天邪鬼なの
Ah………

マイ・ジェラシー 君にジェラシー
いつもの帰り道
鏡合わせに映されて
あの高嶺の花の 君も
結局 人間なの

マイ・ジェラシー ジェラシー
ジェラシー……
結局 僕も 人間なの

2ヶ月前 No.1257

QLL @0423 ★iPhone=p70BXP0IAw

@くんさんへ

カルテルダイ プロパガンダ拝見しました。悟り語り調ながらもインパクトと勢いを感じる詩ですね。独特な世界観を感じます。
しかしつらっと流し見ると歌詞というより小説、文行から語り読みにも見えてしまいがちかもしれません。
もちろん発想や感性は素晴らしいと思いますが!どこかに韻を踏む場所を設けると一気に歌詞らしくなると思います!

かふかさんへ

早退ですか?!体のご加減がそぐわないのですか、、?養生なさいますよう。
マイジェラシー拝見しました。
高嶺の相手に想いを馳せる歌詞ですね。バラードとポップの間らへんの曲調ぽくなりそうな感覚。
歌詞全体としては心の葛藤を中心に構成されていますね。少しいじらしい乙女心を感じます。のですが、最後の一人称で僕発言で
男(□□ω□□ )!?
とビックリ要素を含ませるとはやりますね!笑
オトメンかな?そんな歌詞もあり!笑

2ヶ月前 No.1258

@くん ★WiiU=xdTasGHppP

作詞名:エルピス (希望)

私は貧民だ
皆は私達の生活を貧しいと言う
確かに貧しい
ある一人の友人はそれに嫌気をさし、私達を売ったのだ

私の友人達は「肉の売価」と「穴の従者」へと変貌した
そして、貴族たちは私を使い
最高に愉快な闘技場を開いた
愉悦と恐怖と昂りが入り交じるなか
私は心を捨てた

私は気がついたら
貴族を炭にして、ただの炎へと変えていた
私は虫の様な眼を持ち
ただ、願ったのだ
善人になればと

人を滅した私に、善人を語る資格など無い
だが、それでも恋い焦がれた
だが、それを望んでいたわけでもない
憧れたのだ

私は、貧民でも良かった
ただ、まわりにいる談笑する者達を見て
まわりの景色を見て
昆虫を見て
魚を見ているだけで、満足する
つまらない男なのだから

そうさ、それが私にとっての希望なのだ
ただ、実感したいだけなのだ
触れてるのを、感じてるのを、見ているのを
生きている実感が
私にとってはこの上ない幸福なのだ

2ヶ月前 No.1259

QLL @0423 ★iPhone=p70BXP0IAw

蛆歌(ウジウタ)


皮膚を食い破った くしゃくしゃと
口から溢れ出した蛆虫は
蒙昧官能 脳幹堪能 這いずり尽くして吹き出す愛


思考を炙り捻った ぐちゃぐちゃと
涙腺から垂れ流した汁液は
需要などない されど消えない これが模倣のような感情の果てなのか

許されたいだけなのに 死に座した心が邪魔をするの
止めどなく壊れていく 思考経路が 行き着く先は どこなの


これは愛なんかじゃない

これは愛なんかじゃない


これは愛なんかじゃない

これが愛なんかであるはずない




肉体的に限界を迎えて 錆びた心から生まれた生命は
起承転結 因果応報 私の絞りカスの具現化でして
胎児にも限界を迎えて 消えた心から生まれた産声は
期待されたい されど表現できない
その甘い戯言の執着に終わりはあるのか

どの自分にも終焉(おわり)が在るように ただ存在を聞いて欲しいだけなのに
形に嵌った命の在り方は 簡単には変わらないよ

それは 愛なんかじゃない

それは 愛なんかじゃない

それは愛なんかじゃない

これが愛なんかであるはずがない


美しいほどに尖っていて
なんだか痛々しく咲いていて
助けようにも拒まれて
エンドロールは目前

一人一人は悲しくも無力で
抱きしめようにも掴めなくて
屍から這う蛆が君のようで
その愛を飲み込んだ

それは愛 じゃない


それは愛なんかじゃない

これは愛なんかじゃない

愛 なんかであるはずがない


君が生み出したものが欲しくて
君が私に残した物が欲しいだけで
この蛆が私に教えてくれるの きっと
君を愛してた 君だけを愛してたと

君に誇れる私になりたかった
私の柱が君のように 強く 強く
なのに君を失った私は もう
これが愛 なんかであるはずがない

その蛆を飲み込んだ


それは 愛なんかじゃない

それは 愛なんかじゃない

それは愛なんかじゃない......

2ヶ月前 No.1260

@くん ★WiiU=xdTasGHppP

作詞名:Transcendence (超越)

人々は憧れた
神と言う万能の存在に
私は憧れた、超越した存在に

この世には
触れてはいけない絶対的な領域がある
それに私は触れた、何故か?
私の望みを産み出すためだ
絶対的な超越した存在を

人は私を悪魔と呼んだ
クローン人間を産み出し
人工知能を産み出し
不死を産み出した

私は産み出した全てを私のものとした
結果、私は神にも並ぶ存在になったと自惚れた
だが、間違いだった
触れてはいけない領域を越えたと
私は勘違いをしていた

そもそも、その領域に触れないために
気づけないようにされていることに
私は気づけなかった、その領域は
さらにその先に存在することを知った

そして、私はそこに触れることさえ出来ない
そのことさえも知ってしまった
そうさ
人が考えたものなど、通用しないのだ
そう知ってしまった
何故なら、それを超越した存在なのだから

2ヶ月前 No.1261

@くん ★WiiU=xdTasGHppP

>>QLL さん


アドバイスありがとうございます!!mーーm
これで詞っぽくなったでしょうか?。
それと作詞の感想をありがとうございます、すごく嬉しいです!!(語彙力の損失)。

2ヶ月前 No.1262

inu @inu2 ★CKGKvJimxY_PHR

/ららら


湖水の色に
沈む
君の血
飲みたくて
浮遊する 目
刺して
目刺し 、ふふふ

少女は凍りの中で
あの日
血が噴くまで
刺された
あれが「真実」

ふふふ

ブラッディ・マリーを飲む
君の喉元への欲情
嘘で出来た
貴方を解体してあげたいな
意味判る?

貴方を刺殺するのは簡単だろう
貴方は貴方でしかないから
そして
貴方は一本の花になるだろう
貴方の望んだ白い花になるだろう
そして 咲き 空に揺れて 枯れていくだろう

僕の左目

宿り始める無限

あの痛みを忘れるな
あの痛みを忘れるな
あの痛みを忘れるな
あの痛みを忘れるな

それこそが君を君たらしめるよ 貴方を貴方たらしめるよ

そして絶望とダンスする権利が与えられるだろう

踊れ

全ての手よ 踊れ

そこに悲劇を見出すまで

嗅覚 脳漿

その暗闇に あなたは取り残される

その時 聞こえない悲鳴が雷鳴となって空を打つかどうか

ふふふ、ららら

僕はここで歌ってるよ 折れた足をそのままに

2ヶ月前 No.1263

森羅ジン @humanmind ★Android=TzPsizjVSW

「真夏の舞踏会」

(ゆっくり)
信じたくない あなたが
お星さまになったなんて
8月半ばの昼下がり
全ては朱と染まりめくるめく

(一気に速く)
付き合って5年目
そろそろ結婚も考えてたね
全部全部知ってるんだよ
お節介なお母様のお気遣い

指輪も内緒で買っていたの?
サイズが一つ大きいけどね
もう葉書も書いていたの?
いつも先走っていたあなたらしいわ

結婚式は夏のハワイ
教会で鳴り響く祝福の鐘の音(ね)
ガチガチに緊張している
あなたを見ることはないのね

ビーチで夜空を見上げたら
大三角、南十字、宵の明星が輝く
昼間のビーチの温もりが
隣のあなたを蜃気楼で隠す

「死が二人を別つまで」
誓う前に別れてしまった
夜空を見上げているのに
どうして涙が流れてるの

あなたがいなくなった私の隣は
誰が占めるのかしら
それがどんなに心を揺すっても
あなたをいつまでも見続けます

(かなり遅く)
例え星になったとしても
I wish upon a star.(星に願いを)

2ヶ月前 No.1264

@くん ★WiiU=xdTasGHppP

歌詞名:End point of justice (正義の終着点)

私は剣を持った
剣を掲げ、馬を走らせた
十字架を背中に刻み、祈った

私は正義ではないと
皆もそれを理解している
人を亡き者にした私には
それを語る資格はない

だが掲げる
そして大声で言う

我々は悪者(あくしゃ)を罰する!!!
我々の宗教、聖書を認めないものは
全てが悪である!!!!
もう一度言う!!!
罰するべき悪である!!!

木の棒に縛り付け、赤い炎で焼く
偽善者の罵りを浴びる

それが神の使徒がやることか!!
っと、だが、私に選択肢はない
宗教が、あそこだけが
私の居場所なのだから

私は教会で祈る
太陽の光が射し込む十字架の神の前で
膝をつき、祈る

どうか、私に救いを
どうか、私に罰を

私は、また人を殺めてしました
どうか、罰を

信じれば、そこにあると私は願い
祈りを捧げる

どうか、醜い私を罰しろと

願うのだ

永遠と

1ヶ月前 No.1265

ユキ ★Android=mUyo9AZ9g9

無題

あぁ先生 綺麗事は
もう飽きました
くるくる回る世界の中心に
いるのは誰なの

悪役 ヴィラン 敵
正義 ヒーロー 味方
境目はどこなの?

やっていることは同じようなのに

世界征服 いつできるの
悪を無くす いつできるの
答えのないもの掲げて
馬鹿みたい 馬鹿みたい 馬鹿じゃないの
悪役も正義も 同じようなものじゃない

あぁ神様よ 正義は
もう飽きました
くるくる回る世界は誰の
ものなの

命 ライフ はーと
死 デス エンド
廻り終わるのは
いつなの?

だれかのために 命 を
すてれるの?
口だけじゃないの?
分かりきったこと
口にして
馬鹿みたい

あぁいつまでいきれるの
ニンゲンは生まれた時には
もう 死は 確定
愛する人も 嫌いな人も 優しい人も
あなたもみんな死ぬから

あぁこんな私にもいつか
死はくるから
今を生きればいいのかな


1ヶ月前 No.1266

銀魚のかふか @irohasu02 ★iPad=5AvV0Fn978

いつもありがとうございます。
おかげで体調も良くなりました。
世間はクリスマスで浮かれてますが、
私も浮かれています。
そんな時期ですが新しいシリーズ物を始めたいなって。

[はじまりの願い]

もしも願いが 一つ叶うなら
君は何を願う?
そっと囁いた 声が聞こえた
きっと気のせいだ 空耳だ
でももしも叶うなら
絶望した僕の願いを叶えられるなら
ただ一つ……

小さくなった空に 大きな鳥が飛ぶ
悲しみが僕を包み 静かに呑み込んでいく
君はただ僕に微笑んで
赤い紙からできた 飛行機が世界を旅して落ちていく
僕もそのひとりになるんだ
小さな僕に 大きな絶望が
僕はまだ死にたくない
君にまだ言えてないのに

もしも願いが叶うなら
僕の全てをかけていのるでしょう
もしも願いが叶うなら
僕の全てを捧げていのるでしょう
僕の願いを叶えてください

小さな君の背中に 大きな弾が襲った
痛みが君を襲い 静かに息を止めていく
僕はただ君を見つめていた
日の丸掲げて 僕らは足並み揃えて歩いていく
悲しみ背負って墓場を探しに
小さな僕らに 大きな力が
僕はまだ死にたくない
君はもういないのに

もしも願いが叶うなら
争いごとなど惨めだと語るのだ
もしも願いが叶うなら
一人の人を救う力をくれ
もう苦しみなど感じたくない

最前線の死に損ない
傷口から血が滲む
幻に 君が見えた
もっと近づいて
もしも願いが叶うなら
もしも願いが叶うなら
ただ一つ
真っさらな世界を
願う


太陽の色 空の色 夜の色が すべての思いの気持ちが消えて
静かな白がやってきた
もうなにもない
人も 建物も 争いも 平和も
ただ 僕だけの世界がやってきた
これで望み通り
祖国へ戻ろう
戻ろう

君がいるはずの愛しい祖国へ

1ヶ月前 No.1267

闇月 @warabimoti ★Android=xdCufVxL3h

お久しぶりです。メリークリスマスイブ!!
プレゼントにはコピックをもらいますうふふ。

かふかさん
[始まりの願い]読ませてもらいました。
これは…戦争中の話ですか?
「もしも願いが〜叶えてください」に、切なる想いが込められててもの悲しいですね。

ファンタジーシリーズ第二回。【終焉<おわり>を告げる鎮魂歌】から続いてます。


【壊れた世界】

The silence was broken
(沈黙は破られた)
Foots steps of the extinction approach
(滅<ほろび>の足音が迫る)
Give sacrifice to me!
(我に生け贄を捧げよ!)

闇へと満ちたりし紅き月の夜
血に飢えし獣は騒ぎ出す
天から差しこむ一筋の陽光<ひかり>も
暗雲に飲まれ姿を消した

悪魔の円舞曲が終わる時
この世界も終わると
鎖に繋がれた魔物は嘲笑う<わらう>

(始めよう 真夜中の宴を)

(太陽は墜ち、二度と昇らぬ)

(冥府の門を解き放て)

この世は狂気じみた幻影
月光のように脆く泡沫で
手を触れただけで壊れてしまう
まるで神が造った硝子の匣庭
命など全て人形ならば
生きる意味はあるのか
━━━捜セ……

Before the last light disappears
(最後の灯火が消えてしまう前に)
━━━捜セ……
(真実を 失われた約束を…)



1ヶ月前 No.1268

ユキ ★Android=mUyo9AZ9g9

闇月さん
メリークリスマスです。
作詞すごい出来ですね!
すいません。
私に語彙力があれば(ノ`△´)ノ
だれかオラに
語彙力を〜〜
ファンタジー感あふれています
最高です

1ヶ月前 No.1269

銀魚のかふか @irohasu02 ★iPad=5AvV0Fn978

闇月さん
メリクリイヴですね~~お久しぶりです。
はい。あの歌詞の中では戦争が起きています。
時代は一応昔です。
【壊れた世界】、読ませてもらいました。
心が躍る!血が疼く!やっぱりワクワクしますね。
日本語の部分も英語の部分も闇月さんの詩は神々しい感じがします。

1ヶ月前 No.1270

闇月 @warabimoti ★Android=xdCufVxL3h

ユキさん
メリークリスマス!ケーキは食べましたか?(^^)
ありがとうございます!嬉しいです!
最高だなんてもったいなき御言葉…!
ユキさんの歌詞もとてもすごいですよ!
私もたまにこの世界は綺麗事ばかりだなと思うので、心に染みました。

かふかさん
メリクリです!!
やはりそうですか…単語が戦争中ぽかったので…
感想ありがとうございます!
よっしゃ、踊らせ疼かせたぞw
ファンタジー最高っす。



1ヶ月前 No.1271

ユキ ★Android=mUyo9AZ9g9

メリークリスマスです!
ケーキ食べましたよ!
ありがとうございます。
時々考えることなので
なんかスッキリしました。

1ヶ月前 No.1272

銀魚のかふか @irohasu02 ★W0XEA3v4Bt_PHR

シリーズもの第一弾

「きみのおもいで」

今日人類は絶滅したよ
白く暗い 新しい冬が来たよ
お月様はそれを見てた
落っこちた太陽を焦がれながら
バカな争いをお菓子片手に観戦してたよ
だれかの涙と 流した血が絡まって
熱く燃えた心を 打ち抜いた
僕は一人で瓦礫の上
生き残った死にぞこない

静かな白の中 永遠の孤独の中で
全部僕のものだよ
ここに残った記憶も 瓦礫の山も
みんな みんな
空っぽになった心と 両手いっぱいの宝物
遠かった惑星もこんなに近くに見えるよ
あともうちょっとでUFOも見えるよ
でも地球は死んでるよ
僕しかいない

昨日人類は絶滅してたよ
黒く明るい 大きな爆弾がおちたよ
お月様、それ見れなかったって
彗星が気まぐれにやってきて
意味のない争いに構ってられなかったってよ
だれかの悲しみと 怒りだけが絡まりあって
やさしさでさえも 首を絞めた
誰かの記憶がよみがえる
僕はただのしにぞこない

煩い空の下 地上は車がにぎやかに
僕は母さんと手をつなぎ
そこにあった八百屋に 足運ぶ
ぜんぶ ぜんぶ
懐かしい記憶と からっぽのかばん
もう海王星でさえも こんなに近いんだよ
もう宇宙人もやってきたんだよ
でも僕しかいないんだ
ぼくしかいない

夜の果てに お月様は輝いた
永遠に輝いている
僕の心には嵐がやってくる
ここには永遠に昼は来ない
昼なのに夜なんだ
死にぞこないは一人で泣いている
お月様は僕を見てほほ笑んだ
ただ一人の人類よ
あなたは孤独の星の一つ
何を望む?

静かな夜の空 永遠に涙を流し
全部僕のものだよ
ここに残した想いも 瓦礫の山も
みんな みんな
空っぽだった心と 両手いっぱいの思い出
もう宇宙人がいっぱい責めてくるよ
でもここにはなにもない
僕しかいないんだ

文明はいつしか栄え、そして消えていく
諸行無常が世の定め
消えることなきおもひを
いつまでも胸に
あなたはもうここにはない
いつまでも探し続ける
あぁ、天使の歌が聞こえる・・・・

―――−‐ ‐−―――
人類最後の生き残りと、陽気な月の話。

1ヶ月前 No.1273

銀魚のかふか @irohasu02 ★W0XEA3v4Bt_PHR

新シリーズは停止(いきなり)

クリスマスですね・・・クリスマスですね・・・・
っつーことでひとつ。

「セイント・ブラック・ハート」

今日は聖なるクリスマス
町はにぎわい 人は歩く
僕は一人で下を見る
どうせぼっちだ いつだって
壊れかけの心をどうにか留め
前を向いたその瞬間
好きなあの子が知らん誰かと手をつなぎ
繁華街を歩いてる
ほつれた僕の心と反対に
つながる二人の愛情が
こんなクリスマスなんて最悪だ

メリークリスマス 黒ずんでく心
まさかなんて 思わないさ
セイントクリスマス 僕は不純の悪魔だ
あんなやつら [検閲]ねばいいのに
こんな気持ちにさせるなんて
日本なんて滅べばいい

骨の髄まで黒くなった僕の心
だれもすくっちゃくれないさ
ここは恋人たちの聖地
電球が光ってるだけの木を眺めて
きれいだねとキスしてる
僕は一人で爪を噛む
そこでさっきのあの子が来た
赤い花束もらってさ
僕を横目に見て
逸らしたんだ

ブラッククリスマス 闇へ落ちろ
地獄の底まで 叩き落された
バッドボーイ 僕が何をした
あんなやつら [自主規制]
憎しみは連鎖していくのだ
地球もろとも滅ぼすぞ

あぁ ジーザス
あなたの誕生日が 恋人の聖夜ですが
不満ありませんか つらくないですか?
あとあなたの奥さんは結局いるんですか?
そうだいっしょに地球を滅ぼしませんか?
あぁ ジーザスクライスト!
絶望のクリスマス チキンが食べたいな
そうだ ケンタにいこう
そのあと地球滅ぼそうかな
で なんで滅ぼそうとしてたんだっけな

メリークリスマス 忘れかけたその矢先
まさかなんて 思ってたけど
バッドクリスマス 不純な愛の二人組
あいつらいますぐ [検閲]ねばいいのに
さてこの気持ちはどうするか
とりあえず家を燃やそう

そうだ 二人の愛の巣を
燃やそう




―――−‐ ‐−―――
可哀そうなクリスマスの話。
だいぶふざけてます。

1ヶ月前 No.1274

銀魚のかふか @irohasu02 ★W0XEA3v4Bt_PHR

シリーズもの第二弾

「ふたりのおもいで」

ふたりでひとつ
酷く冷酷な魂が戦火の中を歩く
正義と正義がひしめき合ったあの場所で
同じ顔 同じ色 同じ心のふたりは
今日 人を殺した
いくらそれが残酷でも
正しいことであることを知っている
真実だけを貫いて

一人分の血だまりが
二人の影を赤く染めた
脆く醜い人類を
いったい誰が裁くだろう
答えは誰にも分らない
僕らの今日に 明日は来ない

ひとりではんぶん
いつしか国境に隔たりができた
正義が悪を閉じ込めてしまうために
同じ空 同じ闇 同じ痛みの続く世界
死んだ彼らに 冥福を
いくらそれが正義でも
間違いだらけであることを知っていた
真実だけを噛み締めて

僕らはいろいろなことを知っている
若くしていろいろなことを経験した
若くして知りたくないことを知った
自分自身を鍛え上げた
それがいくら残酷だとしても
本当に正しいことだった
それがいくら正義だとしても
本当に間違っていた
人は虚しく、そして無様だ
強く冷徹な精神を僕らは持っている
ただ生きることだけを問う
ぼくらは何も望まない

二人分の魂が
一人のように成している
消えて儚い生命を
いったいだれが守るのだろう
答えを求めて生きていく
僕らの明日を 待つだけだ

ひとりになった
正確で残酷な決断を下した
正義が悪を閉じ込めたあの扉をこじ開けた
同じ声 同じ顔が 同じ心の二人は
今日 ひとりになった
いくらそれが冷酷でも
正しく生きるために実行した
真実を見つめていたんだ

一人分の魂が
一人の影から離れてく
脆く儚い人類を
見つめた二人が離れてく
この国境を越えていく
僕の今日に 明日はもうこない

もう一人の僕がいないから

それでも僕は何も望まない

愚かものになるつもりはない

―――−‐ ‐−―――
戦火を生き延び、人を知り、生きることに問い、
正しく生きてきた双子の話。

1ヶ月前 No.1275

@くん ★WiiU=xdTasGHppP

作詞名: saint (聖女)

願人(がんじん)は自らの財を持って欲罪を満たす
知人(ちびと)は己の知欲を満たすため禁忌に触れる
世人は己の望みなく人形の様に流されいずれ果てる
欲人は己に無きものを知り、恨みを吐き出す

神は全てを傍観し、信じる者に答えを授ける
上人(あがりびと)は創造主の世へと招かれる
聖女は現世(うつよ)に身を置き、道を与える

ああ、聖女は清らかで美しく、慈悲深い
正義を語る偽善に本来あるべき道を与え
善者に慈悲深い救いを与える
願人に自らの望みの本質を教え
知人にこの上ない叡知を授ける
世人に喜びを与え、自らの意思を呼び覚ます
欲人に自らの善きものを教え、恨みを無くす

ああ、慈悲深い聖女、彼女は誰よりも静寂
誰よりも美しく、世にあるべき道
歌は誰よりも美しく清らか
彼女は結晶の様に美しい涙を流し、語る
踊り、舞、伝える、知るべき道を

ああ、美しき聖女
聖火を体に宿し、輝ける者
彼女は朽ち果てることなく
永遠に残るだろう

1ヶ月前 No.1276

QLL @0423 ★iPhone=p70BXP0IAw

黎明と月ノ華


泣いた痕に出来たシミに
君の言葉を塗りたくって
多くは語らない私だから さ
胸が痛い 夜が続く

不安に駆られて文字を押せども
くだらない 内心が邪魔をして
「どうせ言っても わかってくれぬ」と
臆病風 滲む後悔

形ある 今が汚れたままなら
淡い 淡い 願いよ届けよ

時期に終わる この身体を脱いで
君に会いに行きたい 会いに行きたい




君を怒らせたまま数ヶ月経って
未だに出口が見えなくて
ここまま消えるのかな 存在まで
竦む足 ズレる火の花


暗い夜道を照らしてよ


腕に包む 過去が腫れ物なら
冷やし 触れて あやしていこうか

涙霞む 夜の月 見えぬ夜明け
さらばだ 手繰り寄せた 言葉

暮れた 夕の月





ごめんね と言いかったんだ





それでも まだ 君が大切だから



まだ




時期に沈む
月を眺めて 涙

君は 私は 何を想うだろう

明けの黎明 帳の奥の感情が

未だに まだ 君を覚えていて

「形ある」 今が汚れたままなら
淡い 淡い 願いよ届けよ

時期に終わる この身体を脱いで
君に会いに行きたい 会いに行きたい

思い出せる 感情が燻って
未だに 出口が見えないけれど
またいつか 君と話せる ように

今も空の下土の上

この星に しつこく 生きるのです



1ヶ月前 No.1277

闇月 @warabimoti ★Android=xdCufVxL3h

大晦日ですね。今日から田舎に行くので数日間メビに来れません。皆さん、今年はありがとうございました!!
良いお年を!来年も宜しくお願いします(*´ω`*)

かふかさん
今年もありがとうございました。
「ふたりのおもいで」読ませてもらいました。
一心同体の双子の話か…双子ものはいいですよね。
「いくらそれが残酷でも
正しいことであることを知っている
真実だけを貫いて」
読んでいて燃えました。

@くん
始めましてですかね。
Saint(聖女)読ませてもらいました。
もうカッコよすぎてどうコメントすればいいのか…!
「願人は〜吐き出す」が特に好きですね。
吟遊詩人が吟っているかのような、この世の真実といった感じです。

QLLさん
お久しぶりです!
すみません、タイトルの「明」の前の漢字がどう読むかわからないのですが、
彼とケンカしてしまったけど、やっぱり彼が大切で仲直りしたい、けど素直になれない葛藤が伝わって来ました。星月に願いは届くでしょうか。

1ヶ月前 No.1278

@くん ★WiiU=xdTasGHppP

>>闇月さん


何かもう、ありがとうございます(語彙力無し)。そこまで言ってくれると、もう、何て言うか、嬉しいです、凄く嬉しいです。

1ヶ月前 No.1279

銀魚のかふか @irohasu02 ★iPad=5AvV0Fn978

あけましておめでとうございます。
いよいよ私も本格的に忙しくなってきます。
なかなか来れないし、来れても感想もかけないと思いますが
何卒よろしくおねがいします。

さて、私はもう外に出なきゃなりません。
だいぶ前に作ったものを貼って華麗に去ることにします。
今年もよろしくお願いします!adieu!

「Girl of Night」

眠れぬ夜に飛び出した 少女
潜む恋心掻き出した 焦燥
迷い込んだのは星の迷宮
夜の世界をさまよい
恋の闇から解放 待ち望む
そうよ 走り続けて

DISCO STAR
情熱感じて キラキラ激しく
踊り明かして
Girl of Night
何も考えずに

寂しい夜に彷徨う 迷子
見えぬ誰かの声に 誘われ
迷い込んだのは月の花園
太陽から隠れて歩く
真の愛の鳥籠を 求めて
もっと 走り続けるの

Night star
鼓動を高めて ギラギラ輝く
踊り明かして
Girl of Night
全てを忘れるのよ

Dream star
感情荒ぶり キラキラ激しく
眠り明かして
Good Night
夢の中で

DISCO STAR
情熱感じて キラキラ激しく
踊り明かして
Girl of Night
何も考えずに




明るいアダルト。アイドル?ってことはないけど…

1ヶ月前 No.1280

三回半えびぞり @m060620 ★NNjBFvKanC_mgE

自分の創作キャラのキャラソン?
あくまでもイメージですけれども。
第1弾【カウンセラー】、第2弾【恋人】、第3弾【鑑定士】、第4弾【気象予報士】、第5弾【神】、
第6弾【ヒーロー】、第7弾【ネイリスト】、第9弾【スケット】、第10弾【イラストレーター】、
第11弾【配達員】、第12弾【漁師】、第13弾【教師】、第14弾【自称冒険家】、第15弾【パティシエ】。

という訳で、ラスト。
最後は【棋士】さんです。



「超逸材の棋士として」
歌;戦場ヶ原桂馬(超逸材の棋士)

みっともない 棋譜なんかさ
残せないのが 肩書の
せいだと言うなら 吾輩は
肩書にあった 行動を
やってやるのさ それが使命

上には 上へのプライドが
果たすべき 課題があるのだと
下の者は 口々に言うけど
そんなことは 分かってる

吾輩より この肩書に
似合った 女が居たのだ
しかし 吾輩のせいで
肩書を手に入れたのは 吾輩

罪悪感 いっぱいだと
後悔は 尽きないけど
反省は してるばかり

でも 後ろばかりは 見れない

彼女に 恥をかかせるな
彼女に 誇れる自分だと
吾輩だけは 突き進む

記事にも載らない あいつのため





名前;戦場ヶ原桂馬
称号;超逸材の棋士
世界最高峰のコンピューターとの将棋バトルにて勝った実力を持つ【超逸材の棋士】。
将棋の駒を触ると自然と勝つための道が分かるらしく、将棋の駒を使った実戦では無敗神話が語られるほど強いが、逆に駒を用いないネット将棋では驚くまでに弱い。
将棋の駒を使った独特な例えをして話し、「棋士道精神」と称して正々堂々を心掛けている。

1ヶ月前 No.1281

森羅ジン @humanmind ★Android=TzPsizjVSW

自分で言うのもなんですが、これが今現在の全力です。多分、しばらく投稿だけでなく閲覧すらも出来なくなると思うので、これを遺します。

「逝く者へ捧ぐ天上の華」
泡沫(うたかた)の時が流れ 貴方は何処かへ逝ってしまう
追い駆ける だが追い付かない
忘れじの時の名は 華の記憶と共に散りゆく
廻る廻る命の輪 華は儚く咲き誇る

寂しげに首を傾げる 枯れると知るかの仕草か
ずっと前に交わした約束 未だに覚えておりますか
花占い信じらんそっぽ向く 私は貴方を慕ってました
星が落ちる最後の夜(よ)も 貴方の背中は広い

熱い鼓動が伝ってゆく 抱き締められた私は
貴方の胸を涙で濡らす 漏れ出る(いづる)嗚咽も押し殺し
想いは確かに溢れ出る(でる) 貴方は私へ笑いかける
私の心はときめく 私の魂は貴方と共に

共に共に飛んで逝きましょう
最後のその瞬間(とき)まで
握ったその手は熱く固く
燃えるように吹き上がるよに
貴方は夜空へ還ってく
空に咲き誇るは大輪の華

1ヶ月前 No.1282

くろしお @blacksalt ★PpjldZKZJ2_8gk

歌詞は初投稿です。よろしくです。



僕らは強くて弱いんだね
なんて簡単で単純わからなくて
笑顔と諍いとまた笑顔の間の世界
後になって笑いこみあげてくる
大人のいうことはどうなんだろう
なんて難しい首の角度90°
曖昧と大切と適当でできてる世界
ハイになって空に手をのばして

いつだって翼をたたまないで
大空に包まれてたい 絶対
呼んだって帰らない日々全部
目に焼き付けておきたい

時間は遠くて近いんだね
なんてすばしっこい秒針追いつけなくて
焦燥と油断と鈍感の間の世界
怖くなってなぜかため息も出る
大人のいうことは正しいんだね
なんてつまらない理論固め機械チック
歯車と数字と四角でできてる世界
嫌になって空に逃げたりして

いつだって明日を見失って
雨雲にのまれたりして 泣いて
夜空だって曇りだって全部
好きになったっていいかな

どこからが空なのか 知らないでしょ
空気は透明で何も教えてくれないの
ここからが空ですと言われても
空気は透明で何も証明できないの
ラインはなくても 目指すとこがあるんだよ
わかりにくくてごめんね だけど試してみたいの

そういつだって翼をたたまないで
大空に包まれてたい 絶対
呼んだって帰らない日々全部
目に焼き付けておきたい
いつだって翼を風になびかせ
青空の一部でいたいみたい
なんだっていいじゃん制服のまま
空にとけてていいかな

空にとけてていいかな

26日前 No.1283

くろしお @blacksalt ★PpjldZKZJ2_8gk

ループとエンド

永遠に生きられるならどうしたい?
なにも思いつかなくてさ
それはそれで無理があるでしょ
だけど私は賢くないからさ

ループ ループ ループとエンド
終わりが繋ぐ始まりが繋ぐ
ループ ループ ループとエンド
廻り廻りもとの場所へ帰りたいな

いつまでも生きられるならどうしたい?
どうもこうもわからなくてさ
それはそれで問題ばっかで
なんちゃって現実逃避もいいとこ

ループ ループ ループとエンド
命が伝う足音が伝う
ループ ループ ループとエンド
回り回りあなたのとこへ戻りたいな

時間は非情にも移り変わって
私だけ取り残されたまま
カレンダーが何万周しても
ただただ取り残されたまま

いつかいなくなることくらいわかってる
すべて終わるってどんな感じ?
それはそれで楽しみなんて嘘?
とかいって静かに生きていく

ループ ループ ループとエンド
言葉が変わる見た目が変わる
ループ ループ ループとエンド
忘れ忘れたまに思い出したりしたいな

その想いだけはおんなじまま

26日前 No.1284

銀魚のかふか @irohasu02 ★iPad=5AvV0Fn978

実は受験生でした、息抜きです。

「Regulus」

星が瞬く空に 美しきあなたが見える
愛しき祖国へ 思いを馳せて
白い鳥が赤く染まるように
我が軍は屍の絨毯を進むだろう
そして全てが終わる頃
我らは祖国へ帰れるだろう
生きていれば帰れるだろう

あぁ いつまでこの無意味な戦いを続けるのか
こんなにも神は野蛮で無情であったろうか
あぁ 我が神よ 御許に近づかん
この小さな王は ただ母の腕の中 寝かされるのみか
閉ざされし愛を救い出せぬままなのか
なぜ何も感じない あなたは一体何をお望みなのか
私はただ怯え震えることしかできない
私にはわからない

熱きこの愛国心 胸に伝わる轟音
勝ち誇れこの国を
我らが誉れ この王を
全ての進みは 王の功績
文化よ 永遠に咲き誇れ
軍隊よ 永遠に歩み続けろ
死に絶えるまで 御国のために

神よ お救いください
我が祖国の心を 私のすべてを
閉ざされた妹の瞳を
煉獄の業火よ 焼き尽くせ
我が道を妨げるものを
茨の隔たりを 悪をすべて

腐敗した正義の名の下に
政権を振り翳せや レグルスよ
夜空を仰ぎ 風を読むのだ
さすれば汝、救われることであろう
ただ突き進め 己の道を



♪───O(≧∇≦)O────♪

描いている漫画から あらすじ
太陽の王国、科学の発展した国があった。
そこにいる民を統べる次期王であり軍隊長を務める青年。
彼は女王である義母に完璧を求められ生きてきた。
溺愛する妹も今では光を失い、義母の操り人形となった。
そんな絶望の海へ沈んだ彼がすがり続けてきたのが神であった。
彼は熱心な宗教徒として有名であった。
ある日、彼は神によるお告げを聞き、悪を滅ぼす聖剣を手に入れる。
使い方によっては己を滅ぼすであろうその代物。
月と太陽、科学と魔法の対立により悪化する戦争。
そこに意味がないことは誰もが知っていた。
迫害される魔女やエルフ、戦いの中死んでいく兵たち。
戦果の炎の中、彼はあの聖剣を持ち、歩み続ける。
祖国の為、悪の斬滅のためとー…



23日前 No.1285

@くん @akitagawa ★WiiU=fmANEEbXwW

作詞名:世界を捨てた男

ある男性は言った、私を友だと
ある女性は言った、私を恋人だと
ある政治家は言った、
私を裏切り者と

彼女は写真を見せて私に語る
過去を、出会いを、歩みを
熱の籠ったそれに私は後ずさりした

男性は軍服と写真を見せて語る
戦歴を、勇姿を、誓いを
私はそれを全て否定した

政治家は言った
私を裏切り者と

違う、それは私ではない
私であって私ではない
だが皆は私をこう呼んだ、世界を捨てた男と

脳裏に渡る
黄色い煙の中で破滅していく世界を
私はそれを呆然と見た

違う
これは私ではない

だが皆は口を揃えて言った、

世界を捨てた男と

22日前 No.1286

銀魚のかふか @irohasu02 ★iPad=5AvV0Fn978

墓場の土産話

教会へ行こうぜ
祝福されにいくのさ
小鳥は歌い 花は咲き乱れ
愛の誓いを紡ぐのさ
たとえ皆がそれを望まなくても
二人手を繋ぎ 見つめ合い
愛を築くんだぜ

もし俺が死んだとしても
レースの白い服を着させないでくれ
真っ黒なコートを着せて
真っ赤なトゲ付きの薔薇を放り込んでくれ
できれば化粧もしないでくれ
炎で焼かれるまで
泣かないでくれ

そうだ教会へ行こう
祝福の名を受けに
空は晴れ 心は弾むばかり
愛の歌を育むのさ
例え皆んながそれを望まなくたって
二人の愛は永遠に 紡がれる
恋は盲目そして不死

例え俺が死んでも
忘れずにいてくれるなら
他に男を作って
幸せになるんだ
それで いいんだ
そろそろ迎えの炎が魂を焼き尽くす
これでお別れだ
あの愛を忘れることはない
近いは永遠だ

21日前 No.1287

九尾@救☆2e/K1B6TGA2 ★af4dS83OFZ_mgE

初めて作るので変な所があるかもしれません。

普通

「普通」ってなんだろう

「普通」は「普通」じゃないのかな

でも、本当に「普通」は「普通」でいいのかな

もしかしたら、その「普通」が「普通」じゃなかったりして

「普通」は…「当たり前」といういみなんじゃないのかな

でも、その「当たり前」が「普通」じゃないかもしれないね

だって、自分の中の「普通」がほかの人から見ると、「普通」じゃないかもしれない

たとえば、たくさん勉強している人の「普通」は間違えなくて「普通」。

でも、あんまり勉強していない人の「普通」は間違えるぐらい「普通」。

本当に「普通」ってなんだろう

18日前 No.1288

雨宿り @cd1205 ★DOCOMO=N1V0HTHVfI

かなりお久し振りです
最近は余りに忙しくて来られませんでしたが一段落ついたのでお邪魔いたしました。

銀魚のかふかさん

Girl of Night」

弾けてますね!劣情的に投げやりな雰囲気も好きです
この「寂しい夜に彷徨う 迷子〜」の下りが
本当は純粋な愛を欲しがっているのかな?と色々考えさせる詞ですね


Regulus

軍人の悲しみですね
機械に支配された世界で、いるかもわからない神にすがり付く
追い詰められているなぁと感じました
まぁ戦いに身をおくものはいつでもギリギリですよね


墓場の土産話

死してなお相手の幸せを思い続ける、愛ですね
彼の魂が満たされているのでしょうね

カッコいいです

17日前 No.1289

雨宿り @cd1205 ★DOCOMO=N1V0HTHVfI

三回半えびぞりさん

おぉーついにパーティーが揃いましたか!
実に個性豊かなキャラクターばかりですね

超逸材の棋士として

一体彼に何があったのでしょうか?
気にります

「記事にも載らない あいつのため」

意味深ですね〜



森羅ジンさん

逝く者へ捧ぐ天上の華

言葉が美しいですね
何となくお七の話を思い浮かべました
最後は潔く儚く…粋ですね

くろしおさん




思春期のモヤモヤを
何処までも透明な世界観で描いている感じが良いですね特に
「なんて難しい首の角度90°
曖昧と大切と適当でできてる世界」
この表現良いですね
心にストンと落ちます


ループとエンド

永遠に生きるれるとしたら生きてみたいです
その代わりこのままの身体や心を保てるならですが…
でもきっと飽きます
色々考えさせる詞ですね


17日前 No.1290

雨宿り @cd1205 ★DOCOMO=N1V0HTHVfI

@くんさん
世界を捨てた男

人にはいろんな側面があるそんなメッセージを感じましたが
もしかして記憶喪失した男の話なのかと思い始めて来ました
耐えられない記憶なら無くしたいですね



九尾@救さん

普通

本当に普通って難しいですね
私は大多数にとって都合の良い流れを普通と思うことにしてます
この流れ問題なく
そう思うことがみんなにとって普通にしたいんだと思います、意味解らなくてスミマセン…

17日前 No.1291

@くん @akitagawa ★WiiU=fmANEEbXwW

作詞名:Passion(激情)

ある時、私の友は言った
怒りを顔に出し強い口調で
俺はお前を許さないと

私はそれが分からない
私には冷たい感情しかない
だからこそ、激情を理解できない

そうさ、私は制御を失わない
常にそうであるように正気を保つ
ああ、そうさ、私は制御を失わない

隣人は私の頭に卵を投げた
見知らぬ男は怒り、空き瓶で私を殴った
喧嘩に絡まれ、青アザが出来るほどに殴られた

だが私は怒ることはない
そこは常に冷たかった
そうさ、私は制御を失わない

激情を制御し続ける
この身が滅ぶまで

そう
私は制御を失わない
永遠と

11日前 No.1292

@くん @akitagawa ★WiiU=fmANEEbXwW

作詞名:ハシオンリーヴ(灰色の大地)

「私の世界は花だ、良い香りがして、美しい。だが常に思うのだ、その地面には、時間の歯車が存在すると。だから私は、永遠に咲き続ける白い花が欲しい。」


そっと、進む
目を開けて、起き上がる
前を向き、灰色の大地に、足で立つ
波打つ海の先に、巨大な手が見える

私は、体が沈もうとも、前へと進む
呼ばれているんだ
全てが無くなってしまう前に
全てが移り変わってしまう前に

進み続ける、骸骨が沈んでいる海を
黒く、灰色の海を
そして、手のある大地へ立つ
その先にはトンネルがある

できるだけのことはした
だからこそ、呼ばれているんだ
太陽は光の波を発生させ
外にいる人々を灰にした

トンネルの中に進む
人々が集まり、カプセルの中に大人を入れる
そしてそれを、地面に埋めていく
白い鉄の箱の中に、知恵を全て入れる

そうさ、無くなる前に、残さなくてはいけない
全てがなかったことになる前に
私達は、私達の証を残すために
そして、受け継がれるように

赤子を小さなカプセルに入れ、地面に埋める
食料と、水、精密機器をカプセルの中に入れ、地面に埋める
電子時計は7時を示す
滅びは進み続ける

何もかもが無になる前に、全てを託す
そして、太陽は赤い波を発生させ
全ては灰色となった











11日前 No.1293

@くん @akitagawa ★WiiU=fmANEEbXwW

ハシオンリーヴのシリーズ2作目

作詞名:リコインズライラル(海の世界)

「私は大地を現世と例えた、そして海だけの世界をあの世と定義する。何故なら、死者が流れ着き、永遠と還るからだ。そしてその世界には、歯車がない。」

私は、海へと沈んだ
目を開けて、泳ぎ、這い上がる
海の外は、薄い霧の世界
太陽は薄く光を通す

巨大な未知の魚が泳いでいる
骨が透けて見える
私は、大地を探し求めて進む
霧から抜けて、私は唖然とした

魚は音色を奏でて、沈んでいく
大きな海の穴が、私を沈ませる
そして落ちていく、吸い込まれるように

そして目覚める
焼けた、灰色の大地
私は足で立つ、そして、太陽を見上げる

そこには、船が見える
そこから、巨人が顔を出して
私を見た、突然、雨が降る

それは、重りのように当たり
船は崩壊した
時間の波が発生し、全ては灰になった
崩壊し、墜落した船の前にある男性が立っている

その男性は私を指した
そして、私は涙を流した
楽なやり方だった
楽なやり方だったんだ

それが無くなり
我々が残るのだから

やったことは、無かったことにはできない

楽なやり方だったんだ

楽なやり方だった









11日前 No.1294

@くん @akitagawa ★WiiU=fmANEEbXwW

シリーズ3作目

作詞名:トラベナアリム(泥の世界)

「友人が底無し沼に沈んだ時、恐ろしい顔で私の足を掴んだ。その時から、私は泥が恐ろしくてしかたがない。だが、一番恐ろしかったのは、足を掴んできた友人だった。」


カプセルの中にいる人々は
地面から這い上がり、外に出た
人々は赤子を機械の中に入れる
突然の号風で泥が発生する

そして、それは突然やってくる
泥は人の形を模していき
それは人々の足を掴み引き摺っていく
その人々は体が干からびていき
泥へと変化した

ある男は何かの物を投げる
それは大きな音をたてる
泥はその音へとよっていき、飲み込んだ
盲目なそれは、音しか知らない

人が残したその存在は
後になって還ってきた
生に執着しすぎたそれは
人の形を見せて、飲み込んだ

楽なやり方だった
残すためにしたそれは
私達の害となって還ってくる

望んだものではなく
それは最悪となって還ってきた
望まなくとも、そうなってしまった

夢を見ていたのだ
そうはならないと、信じていたのだ

望んでなどいなかった
そうなってしまったのだ

望んでなどいなかった
望んでなどいなかったんだ

11日前 No.1295

@くん @akitagawa ★WiiU=fmANEEbXwW

シリーズ4 完結

作詞名:エタナーレイ(終息と消滅)

「私は考えていた、気になることを探求し続けた。だが、私は終わりに抗うことなど出来なかった。だが、こう信じたい、全ては終わることがないと。」


巨人達が巨大な手の元へと歩く
人形の泥はその歩く音に誘われる
巨人は泥に次々と飲まれていく

全てが、終わっていく
川音をたてて、泥へと化していく
私は一人、それを呆然と見ている
終わるまで、私は見続ける

無くならない何かにしがみつきたい泥は
無くなる存在に執着する
それが無くならないと信じて

巨大な手は形を崩していく
そしてそれは泥へと還っていく
その泥は太陽に向けて伸びていった
それが無くならないと信じて

私たちが残したその存在は
太陽を飲み込もうと手を伸ばす
還ってきたそれは、手を伸ばす
無くならないと信じて

私は泥の中に青白く輝くカプセルを入れる
それが、消えるために
それが、消え去り残らないように

巨人は全て飲み込まれ、泥は太陽へと
手を伸ばし続ける
そしてそれは太陽へと触れた

そして、太陽と泥が融合した時
青白く光を発生させ、赤色の波が太陽から発生し
泥は溶け、消滅した
泥の中から、顔が浮き出てくる

涙を流した人の顔が
彼女らは、執着し
そして滅んだ

自ら進んでいき
ただの泥へと変わり
消えた

雨が発生する
それは泥を発生することなく
ただただ降っていき
止んだ

太陽の光が私を照らす
私は、膝をつき
泣き崩れた



11日前 No.1296

雨宿り @cd1205 ★DOCOMO=N1V0HTHVfI

アンハッピーバレンタイン

あなたの事は勿論嫌いじゃないの
ガンジガラメの感情くそ食らえ

ハート型に彩られたチョコレート
吐き気がしそう


めんどくさいな
あげなくてもいいよね

こんな事やらなかったくらいで嫌いになんてなるわけ無いでしょ


ああ〜
今その手に隠した影

聞いてもないのに義理チョコだしって

戸惑いながらも少し嬉しそうに
呟いたあなた

バカバカバカバカバカバカバカやろう

私私私私私私私私私私私私私が悪いって言うのか?

こんな風習消えてなくなれ

アンハッピーバレンタイン


今から作ったり
何処かで買うなりするのはカッコ悪いから


いっそのこと振ってあげる意地を張ってサヨウナラ

そんなにチョコレート欲しいなら
くれる子と付き合えばいい

大嫌いなのに結局気にしているのは私なの


バカバカバカバカバカバカバカみたい

私私私私私私私私私私私私私は悪くなんて無いわ


君がはっきり言えば許してあげる
チョコチョコチョコチョコチョコチョコチョコチョコなんかより

私私私私私私私私私私私私私が欲しいって

早い話愛し合いたいだけなのにさ


いつもアンハッピーバレンタイン

いつかハッピーバレンタイン




「パレンタインって面倒くさいです」

8日前 No.1297
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる