Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(1855) >>

作詞できる人 見せ合いましょ!!

 ( 作詞投稿城 )
- アクセス(9328) - いいね!(23)

○。りりぃ+海月。○ @nazunaneko ★itt0KzJRs9_nHx

「自作歌詞書ける人、見せ合いませんか?」という記事が始まりです・・
勝手に続きらしきものを作らせてもらいました。


注意事項です。
■ 作った歌詞の感想やアドバイスを歓迎しています。
◆ 歌詞の誹謗中傷、荒らし、過激すぎるものはお断りします。
■ 必ず自分の作ったものを投稿してください。
◆ メビウスのルール厳守でお願いします。
■ それでもいいのなら Here we go!!楽しく生きましょう!

2年前 No.0
メモ2016/12/15 18:33 : 森羅ジン @humanmind★Android-TzPsizjVSW

歌詞目録

○。りりぃ+海月。○/銀魚のりりぃ

http://sns.mb2.jp/humanmind/d-90-1#S1

ヴラドゥレア

http://sns.mb2.jp/humanmind/d-90-2#S2

モーガン

http://sns.mb2.jp/humanmind/d-90-3#S3

(投稿時点現在)

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20


 
 
↑前のページ (1805件) | 最新ページ

森羅ジン @humanmind ★Android=TzPsizjVSW

かふかさん、おかえりなさい〜(*´∀`)ノ
皆さんの渾身の歌詞たちが待ち構えておりますので、急がずにゆとりをもってご覧くださいw

3ヶ月前 No.1806

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR


光る



見えなくても 心で ねぇ
捕まえたいんだ
声にならないまま
すり抜ける 青い胸騒ぎ

キラキラなんてふうに
ときめきを着飾って
誰の噂にもなびかない
誰も知らない君の
泣き顔の隣でずっと
頑張れって背中おしたい

弱音を吐くほど本気な君が好きだ


限りなく澄み渡る青の彼方へ
君を連れ去って戻れなくなってもいいから
感情に従順に素直な眼差しは
この心を掴んで離さない 離れられない

3ヶ月前 No.1807

銀魚のかふか ★iPhone=wE4k8vC4om

ありがとうございます。
皆さま渾身の歌詞を見させてもらいました!!
やっぱりいろんな人が集まってるのでそれぞれの個性が詰まった歌詞ばかりで面白いなあと思いました。
きれいな詩だったりかっこいい詩だったり、言葉一つでも込められた思いが違うってのもまた面白いところだなと。
これからも歌詞の投稿楽しみになっています(なかなか見れないけど)

3ヶ月前 No.1808

雨宿り @cd1205 ★DOCOMO=N1V0HTHVfI

森羅ジンさん

「黒のジェネシス」

言いたいこと言えないと後悔しちゃいますよね

表現が相変わらず格好いいです

口の悪いサバトさん
【暴論】

確かに暴論ですが
はっきり過ぎるくらいの想いはある意味優しさなのかもと思いました



呉羽さん

「愛」

すごく切なくて最初は失恋の詞かなと思ったんですが

悲しみの中にもっと強くて深い愛があるなぁと感じました

銀魚のかふかさん

life -超えて

果てしない大海原に旅立ち不安と期待を抱えながらそれでも前へ
全てを越えて行けるのは暖かな思い出と温もりを感じれるからなのかなと
思いました

まるで家族のような意味合いを感じます


inuさん


流した涙は宝石のように美しい
そんな意味が込められているのかなと感じました

最後の明日は青空だよって所が
凄く励まされます


ちーちょんさん

光る

着飾るより本気の表情の方が美しいと思う事ありますね
本気だから弱音も悔しさも出てしまう

でも決して恥ずかしいことではないですよね

3ヶ月前 No.1809

雨宿り @cd1205 ★DOCOMO=N1V0HTHVfI


この世界の裏側で


きっと見つからないわ
この世界の裏側にいるの

光照らす道を貴方は歩いていけばいい

一言で言えば住む世界が違うの

長ったらしく言えばあれはそうね何時の頃かしら


きっと分からないわ
この世界の裏側にいるの

キレイな夢を見ていたあの頃は遠い


愛し合っていたのよ人がどんな捉え方をしてても

増えていく傷痕でさえ輝いて見えたわ

忘れられないの
この世界の何処にいたって

今振り返っても
優しい笑顔は此所にある


別れの季節は足早に通りすぎ
静かに眠りにつくの
次はいつ目覚めるか分からないまま


誰にも言えない密かな願いを込めて
この世界の裏側で待ってる

最後までワガママな私でごめんね


でもきっと見つからないわこの世界の裏側にいるの

光照らす道を貴方は歩いていけばいい

知らない誰かと幸せになればいい

3ヶ月前 No.1810

★Android=F2B4OR78Bh

『もしも悪魔になれたのなら』

あぁ、始まりは突然だった。
君と出会ってしまった僕の悲劇。

話しかけられただけで僕は舞い上がってしまっていた。
何故だろうか?
君に話しかけられるだけで僕の心は何かに期待していたんだよ。

でも君には大事な人がいるのにどうして?
僕に話しかけてくるの?


もしも悪魔になれたのなら
君とは遠慮なく縁を切れるだろう。
悪魔にすらなれない僕だけど

君には大事な人が出来て、幸せそうだね。
君の大事な人になりたくて
胸をときめかせていた僕はどこへ行ったのだろう。
(忘れよう)でも (さようなら)どうして?
(もう話す事は)こんなに悲しいの?(ないのに)
なんでなんで?君と出会ったから
僕はとても悲しいの。
出会わなければこの悲しみは生まれかったんじゃないの?

もしも天使になれたのなら
君の事を振り向かせれたのに
なりそこないの天使よりも
本物の天使を見つけたんだね
(もう)辛いよ(君の事は)(Ah)忘れよう
でも 忘れられないの
君のことが

「大好き」

悪魔にも天使にもなれない半端者の
僕だ

(だけど)今を懸命に生きるんだ

過去にも戻れない人生だからこそ

懸命に生きて半端者は□く

3ヶ月前 No.1811

呉羽 ★KaNgl9P5Zs_keJ

雨宿りさん
確かに切ないですよね。愛の声は、届くことがないのですから。
それでも、誰かに何かを言われようとも諦めない愛が、心の中にあり続ける。
強くならなきゃって、自分に向かって言ってるみたいです(笑)

銀魚のかふかさん
お久しぶりです!
揺れ動く恋の気持ちが伝わってきます。
心配になって、心が荒れて、でも好きで。
一緒に笑いあたら穏やかな波が心地よくて。
とてもきれいで、なんだかせつなくて、甘くて、とてもッ頃に語り掛けてくる恋の詞だと思いました。

ちーちょんさん
深い愛が、にじみ出てて、なんだかもう。
心が満たされました。
大好きな人ん秋顔は、できることなら見たくない。
でも、大好きだからそんな顔も大切にしたいし、がんばれって言いたい。
でも、それ以上に、笑顔のほうが心に沁みついて離れなくて、大好きなんですよね。
とても純粋な詞ですね。

雨宿りさん(本日二回目、分けてすいません、解りやすいようにとおもったので)
愛していたころの輝いた世界はもう遠くて、それでも忘れられない笑顔がそこにはあって。
大好きだから。愛しているから。
だからこそ、その人には日の当たる明るい道を歩いても敷くて。
わがままでも、自分の愛を知ってほしくて。
思いが伝わってきます。愛情があふれだしてます

杏さん
初めまして。
実っている恋やら、遠回りしている恋のなかに突如として現れた切なすぎる恋の詞・・・!
好きなのに、その人にも好きな人がいるなんて。
世界は残酷ですよね。
だったら、好きになんてさせないでよ、って思うんですよね。
私も、そう思った時がある増した。
共感出来すぎて、画面の前で頷いてました。
純粋に応援したくなっちゃいますね。
切れ味のいい、読んでいて心地よい詞でした。

3ヶ月前 No.1812

呉羽 ★KaNgl9P5Zs_keJ

お久しぶりな挙句連投すいません。
皆さんの恋の詞を読んでいたら、私も書きたくなりました。

「告白」

初めて出会ったとき 私 貴方 怖くて
ねぇ覚えてる? 私 敬語だったよね

机、前にやってもらってもいいですか?
なんて、今じゃ考えきれないくらいに他人行儀
どうしてか、笑ってしまうでしょ
だって今の私たちじゃ そんな昔のこと
からはもう 縁遠い関係

頭、どけてもらってもいいですか?
ほらね、あの時はやっぱりどうしても敬語で
いまでは、考えきれないでしょ
貴方にそんな私 今ではさ、
こんなにも 笑顔の関係

早いものだね あれからもう一年がたつ
私 貴方と出会えて本当によかったな
そうでしょ だって あの日からもうどのくらいたつ?
貴方 私と出会えたことに感謝してね
でもいきなり すぎるのよあんな言葉
だって 好きな人がいるっていうんだから
まさか、ね

今年になってから 私 貴方 怖くなくて
ねぇ覚えてる? 一学期 謎のうわさ

ねぇ二人って付き合ってるの?
なんて、ありもしないことばかり聞かれて
そろそろ疲れてた「いいえ」何回言うの
だってあの頃の私たち そんなんじゃないし
ただの 席が隣ってだけの関係

もしかして、あの人のこと好きなの?
なんて、噂が可笑しくなっては全面否定
いまでは、あの頃のことも笑い話で
あながち嘘じゃなかったもの
こんなにも 不安定な関係

早いものだね あれからもう半年がたつ
私 貴方と話せて本当によかったと思う
違うの? 少なくとも私はそうやって思ってる
貴方 好きなひとは誰なの?
一人一人言っていく、だからほんとのこと言って
あと二人ですよ


私 意外と 鈍いところあるし
嫌いな物 多いし 割と嫉妬深いよ
「お前しかいないじゃん」
そんなことを言っては 私を困らせるの 貴方は もう

早いものね 一日なんてもう二十四時間がたつ
返事 一日待ってくださいなんて真剣なのよ
静かね? もしかして返事待ちちょっと緊張してる?
大丈夫 「付き合って?」
返事は決まっているのよ

早いものね 一日が終わるあっという間にホームルーム
六時間目 自習時間に こっそり書いた返事
終わりの号令と共に
「はい、どうぞ」
小声で言いながら 机に手紙をおいた
そんな関係

『こんな私でいいなら
   どうぞよろしく』

互いに、愛し合ってるそんな関係?
きっと 譲れない何かで結ばれてる関係
 だよね?


3ヶ月前 No.1813

瞬一 ★Android=s0PhIZKs7Q

QLLさん、感想ありがとうございました。
遅くなってすみません。

最後のサビは、泣いていいんだと解放を表現してみました。
乗り越えるためには涙も必要なときがある、ってな感じです。

確かに言葉数が少ないので、中々伝わりづらいですよね。
もう少し手を加える必要がありますね、検討してみます。

3ヶ月前 No.1814

瞬一 ★Android=s0PhIZKs7Q

『この冬が終わるように』


ずっと一緒にいられないと
ぬくもりがまた旅に出て行く

Tシャツのまま僕は
手を振るしかなかった

誰かのために愛せるだなんて
難しいよと

必要がなかった想いなどないと
何となく言い聞かせた
心を凍らせちゃう前に

いつしか冬が終わるような
出来事にぐっと
触れてみたいけれど

素っ気ないバラードで泣けてしまう
僕自身何もない日々を少し
過ごせたらと望んでる

明日の天気と相談して
出掛けようかと靴にたずねる

影に隠れたままでも
僕を待ってた

つまずいて汚れたって
一緒だよと

期待するほど外れてばかりと
嘆いても歩いてる
心をあたためるために

いつしか冬が終わるように
過去の経験に
ダイジョウブと添えて

確かな足跡を残せる
僕自身がいる
生きるためのきっかけを探してる

無理やり熱くなる事はない
疲れてしまえばきっと尽きてしまう

いつしか冬が終わる時に
他と見比べて
焦ってしまいそうだけど

確かな足跡を残せる
僕自身がいる
生きるためのきっかけはゆっくりと


※テーマは、心の立ち直りです。

3ヶ月前 No.1815

雨宿り @cd1205 ★DOCOMO=N1V0HTHVfI

杏さん
『もしも悪魔になれたのなら』

悪魔と言う言葉から君を奪ってしまおうとか
二人の仲を引き裂くみたいな事を考えた自分が恥ずかしいくらいに純粋で切ない詞でした

君の事相手にしない自分なら傷つかないけどそんなの出来ないですよね
それが好きって感情なんでしょうね


呉羽さん

感想ありがとうございます。
この世界の裏側は、この世とあの世的な感じで書きました
相手の幸せを願いながらも後を追いかけて欲しいみたいな
複雑な乙女?心ですかね


告白

出会いから告白のシーンまでこそばゆいくらい丁寧に書かれていて
ドキドキと言うよりは初々しい感じでニヤけながら読みたくなる詞ですね


瞬一さん
『この冬が終わるように』
長い冬を越えていつか自然に春が来るように
人生とはそれが出来ないから辛いですね

でも自分が歩き出そうとする切っ掛けは何時も
何処かに転がっていて

それに気付こうと思うとき
暖かい風が吹くのでしょうね

読んでいてそんな風に感じました

3ヶ月前 No.1816

雨宿り @cd1205 ★DOCOMO=N1V0HTHVfI


魚の温度


昼下がりの波際
素足の二人
気になる人はいるのかと

何気ない振り友達の延長線状

太陽が光を失ってく瞬間
長い髪風に舞う

聞こえない振りで曖昧に黄昏る
見知らぬ人の話


揺らめく魚の影
凍りつく水しぶき

干からびて逝くまでが
折り合わせの筋書きさ

どちらともなく
言葉を落として

砂の中に紛れこます
もう見つけられないだろう


水色ソーダ揺れるスカート甘い香り

出来すぎの舞台から静かに飛び降りた

送ってあげるよ
妙に明るく最後の台詞

今日はそれでおしまい
明日はきっと知らない


定まらぬ魚の影
ガラス越しは通り雨

ひどく泳ぎ疲れたら
後はまな板の恋


君の好きなバラード
流れ始める

下り坂曲がり角
虚無に目が合った


揺らめく魚の影
凍りつく水しぶき

干からびて逝くまでが
折り合わせの筋書きさ

どちらともなく
言葉を落として

砂の中に紛れこます
もう見つけられないだろう




3ヶ月前 No.1817

星神 ★Tablet=vA9ahS3TUO

お久しぶりす

星神っす


皆さんのん詞読ませてもらって何て言うか
沸き上がるものがあるなぁと

呉羽さん
告白
スゲーいいっすね
初恋ってこんな感じなんだろうなと
ちょっとじれったいくらいでちょうど良いのかも
思います

舜一さん

この冬が終わるように

切ない別れ歌だけど最後は
前向きになるのが良いっすね後
きっつかけみたいな
ものがあると分かりやすいかなって生意気ですいません


雨宿りさん

魚の温度

詩的な表現力がスタンダードで何時もしっくり来るって言うか
恋愛経験豊富そうなんですよね勝手なイメージですいませんm

3ヶ月前 No.1818

雨宿り @cd1205 ★DOCOMO=N1V0HTHVfI

星神さん

感想ありがとうございますいやいや…恋愛は初心者ですらないです…( ´△`)
でも豊富と言うことにしたい…(爆)

3ヶ月前 No.1819

森羅ジン @humanmind ★Android=TzPsizjVSW

「苦い果実」
忘れてしまった思い出追い求め
ガラクタだらけの海馬をさ迷う
不要物としてゴミの山に眠る
目覚めよ思い出 涙とともに

ガラクタ達の行進が今始まる
あるものは上に飛び上がり
あるものはその場に立ち止まり
思い思いの無秩序な感情の坩堝(るつぼ)

今だけ華やかに今だけ儚げに
積み重なるは砂上の楼閣(ろうかく)
物理法則に一点だけ支えられ
グラグラ揺れる ガラクタの樹


禁断の果実実らせて
俺も俺もと仲違い
揺れる灯火は脆く崩れる


今は亡き過去の栄華も
今は亡きかつての面影も
全てがここへ還り旅立つ
全てはここに眠りまた目覚める
ここはガラクタ達の菩提樹(ぼだいじゅ)

3ヶ月前 No.1820

星神 ★Tablet=vA9ahS3TUO

ああやればこうなるとか
後ろから囁いて
マニュアルどうりに感じてる

お前も結局そんなもんだって
都合のいい話なんだけど両成敗ってことで手を打とうか?

納得なんて出来ない
結局愛なんて試してみるまで分からないんだから

斬新すぎるリアクションをされても受け止めれるかは別のはなし

ウブで我が儘な感情が
無駄な知識で被される


まだそんな夢見てんのか
人生の先輩を気取った野次馬

ああもううるさいな
思春期止まりで悪いと言うなら御愁傷様

妥協すればそれなりの幸せ箱庭
昼下がりの騒音が日常に紛れたら


その時僕は僕を捨てるのか



題名  結婚



3ヶ月前 No.1821

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR


あんぶれら


沈む夕日に手を伸ばしても
掴めるわけがなくて
その先の暗闇に慣れるしかない

数ミリの違和感も日常になって
空気の味の違いがわかるようになった

内に秘めている
危うさを晒してしまえば
簡単に悪者になれるのに
必死に鍵をかけて
なにを守っているのかさえ
わからないままで

どうして? うまく生きようとするんだ


悲しい気持ちと裏腹にいつも
笑って自分を傷つけてしまう

死にたいなんて言えない世界なんだ

失敗した時に考えればいいのに
ネガティブなナイフが突き刺さる

手に負えない病と罵っても
たまには 生きている証だと
優しく背中を撫でてほしい

3ヶ月前 No.1822

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR


道連れ


悪魔の色 天使の羽
私は私のままで
重ねた瑠璃と背徳の唄で
奏でよう終焉の夜曲(セレナーデ)

朝露の光が眩しい
花園をくぐり抜けて
楽園を思い描く
哀れなお姫さまたち

綺麗なドレス
傷ひとつない細い腕
静かな目で見つめている
差し伸べた手に
逃げて行ったのに なぜ
肩が震えているのですか?


悪魔の色 天使の羽
私は私のままで
美しく儚い 脆く麗しい
神の支配下のお姫さまたち
痛みに怯え震えるのなら
この腕の中へさあおいで
もしまた朝日が昇ったなら
明日もここで会おう

3ヶ月前 No.1823

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR

呉羽さん

感想ありがとうございます
気がつくといつもああいう感じのものになってるんですよね…笑

告白

リアルな青春いいですね 共感ー とか思ったりして 淡々と結末に向かっていく安心感がいいなあと感じたりしました



雨宿りさん

感想ありがとうございます!
なんか深く考えすぎてちょっとお堅い感じになりましたね笑


魚の温度

細かく情景が描かれていてそれを上手に感情や物語として表している感じが流石だなあと思いました どうしてそんなに美しく言葉というか文章に変換できるのか… 羨ましいでいっぱい…

3ヶ月前 No.1824

呉羽 ★KaNgl9P5Zs_keJ

瞬一さん、
なんか、安心感というか。
大人だなぁーって思いました。
いっかいメンタルやられると、なかなか立ち直れなくて、
「誰かのために愛せるだなんて なんて難しいよ」
ってとこ、すごく好きです。
誰かのため、っていうけど、すごく難しくて。
なんか、もっと聞きたいな、って素直に思います。

雨宿りさん、
ザ・青春!を書いてみました。
初めてなきがします、そういうのかいたの(笑)

魚の温度
圧巻の一言ですね。
言葉が出ませんでした。
奇麗な詞で、その中に思いが沢山込められていて。
なんとなく切なくて、甘くて。
美しく始まり、美しく終わる。
奇麗なままで閉じ込めておきたいくらい素敵な詞です。

星神さん、
久しぶりっす!
ほんと、初々しいですよ・・・。
普段書かない恋愛ものを書いたら、なんか。
初心者感が丸出しで。

結婚
と、題していて。
でも、なんだか詞の内容からは、結婚して、人生の先輩を気取る親とか兄弟ですかね?
そこらへんから解き放たれたって感じがします。
結婚だからと言って、幸せな内容で書かないのが、斬新といいますか。
面白いし、見てから おっ?ってなります。
読んだだけで終わらせない、流石っす。

森羅ジンさん、
お久しぶりですー!
「苦い果実」
相変わらず、いつも通り。
言葉が格好良くて、ストーリー性抜群で!
読みごたえがあって、面白いなー、小説化しないかなーって思います。
今言いますけど、毎回思います。
短い詞の中に、あれだけの文章構成ができるなんて。
やべぇっすね。

ちーちょんさん、
「あんぶれら」
最初、「空気の味の違いが分かるようになった」って見て、
え、すごぉっ!って思いました。
でも、読み進めていくうちに、世界の残酷さというか、この人の苦しみが現れてきて。
あぁ、空気になってるんだ。ってわかりました。
最初の愚かな自分が、憎いです・・・っ。

「道連れ」
お姫様を見てるのは、きっと悪魔か・・・よくない輩ですね!
でも、お姫様、すっかり逃げられなくなって。
なのに、肩が震えてる。
不思議な世界観に引き込まれました。

リアルでしょう・・・
だって、あれ。
二週間くらい前の話ですから(笑)
なんか、うわぁぁぁぁぁぁぁって状態でなぜか実体験を書くという。
愚かな奇行に。
結果。
初々しい! 学生ですから・・・。(笑)

お久しぶりで、長文失礼しました!

3ヶ月前 No.1825

呉羽 ★KaNgl9P5Zs_keJ

前作の『告白』を小説にしてます。
恋愛小説投稿城で掲載してます。

「感謝の花は」

ありがとうね これからの人生
あなたのために どうか使ってください
私たちのために 数年間使ってくれただけでありがたい

結果が出ずとも 支えられたなら どんなによかったでしょう
そんな確信なんて 何処にもないので 私はとにかく不安で
答えられずに やめてしまったあの日を もっとちゃんとやれたなら
もう一度って思う その気持ちだけは ずっと忘れずに

ごめんねといえたなら どんなに よかったでしょう
何度も支えては 一緒に転んでも いつまでもきっと忘れないよ
優しいことだけが 本当に愛なんでしょうか 私にはもうわからないの

しあわせ運ぶ 青い鳥が 空へかけるその姿みて
涙流して 君と笑いあう そんな未来を 思い描いてた
簡単じゃなくても それでもいいから 君に 君に
どうか届いてくださいと 願う 気持ちが 溢れて しまうよ
きょうを きょうを どうか 一生 忘れないで

感謝の花は あの日に咲いて
一年たった 今日に枯れてゆく
何度でも 歌うよここで君たちへと
何も知らなかった私に教えてくれたものを

ありがとうね これまでの人生
その長い本の たった一ページでも
私たちを 刻んでくれるのならばそれだけでありがたい

私たちは いつか誓った思いを 叶えられずに終わってしまう
私たちは君の中の たった一つの 「storong ally」 になれたでしょうか
辛いままで 終わらせないために なにが出来るのだろうか
私が持ってる本の 中の君は 「今昔豹変記」そんな風にタイトル付けられて

幸せと言えたなら どんなによかったでしょう ねぇ
「愛歓喜」と色づいては またセピアに 戻っていくのはどうして?
辛いことを抱える それがすべてじゃない それは愛じゃない

「いいんだ」、 そう思えるはずの 虹の綺麗な色が
どうしてか 嫌に目障りに見えた きれいな空を 見ていたのに
「愛の一欠片」を 届けられなくてもいい 君に 君に
どうか見えてください 沢山の 愛が 形成す瞬間を
明日を 明日を どうか 諦めないで

感謝の花は 感情に咲いて
「ずっと好きで」 好きで たまらなかった
最後まで その「フィールド」に立てはしなかった
それでもあなたがくれた沢山の愛

感謝の花は この場所に咲いて
何年後 枯れても 再び咲き誇る
「たとえ」その花に思いがなくとも
君がくれた 愛がここには 沢山 咲いてるから
もう一度、 何度でも 叫ぶ「we want vitoria」夢なんかじゃない
「愛」を見捨てない この花が枯れるまで
だから どうか 最後に 言わせて
何年分 何人分 関係ないよ

 有難う

感謝の花は いま咲き乱れる

「」の中は、思い出の数々です。

3ヶ月前 No.1826

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR


最終電車に駆け込むホームの向かい
手を振る君の顔を見てた
強めの香水の香りが忘れられない
2番目の恋


傷つけたくない人がいる
頭でわかっているはずなのに
少しだけお話しするつもり
だったのに触れたくなるのはなぜ

飽き飽きするほど
言い聞かせてきたのに
簡単に心をすり抜ける
声を思い出して
笑顔を思い出して
また会いたくなってる


動き出した気持ちに抗えない
好きになっちゃだめなのに
手を伸ばす携帯に誰を求めているの?
もう終わりにしようって
いつも思うはずなのに
忘れたくないのは 君も同じ

2ヶ月前 No.1827

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR


pride


誰かのために生きたくない
笑う場所で笑いたくない
何も捨てられないような
お人好しになりたくない

憧れたなら近づけばいい
ときめいたなら真似してみればいい
リスクも不安も誰の為に?
自分らしさと何を天秤にかける?

悲しいと言えないのは
最終的にはエゴで
醜さをさらけ出さない
防衛本能に囚われた
魅力なんてかけらもない
何を演じているの

もっと正直に
泣いたっていいさ
一度きりの人生


迷って 踏み外した道を
進むも戻ってやり直すも
誰が決めるわけじゃない
苦労して育った花でも
いつか枯れてしまうのだから
魅せるための美しさより
強く凛と生きて 後悔しないように

2ヶ月前 No.1828

呉羽 ★KaNgl9P5Zs_keJ

ちーちょんさん、
切ない恋が繊細に書かれていて、読んでいてキュウッってなりました。
特に、少しだけお話しするつもりつもりだったのに触れたくなるのはなぜ
っていうところに共感しました。

pride
題名通りの詞ですね。
誰かのために笑いたくない、っていうのに格好いいな、って思いました。
誰かの真似をして生きるよりかは、自分を貫き通したほうが格好いいですよね。
嫌いじゃないです。むしろ好きです。

「好きでいる。ずっと」

有難うって
それだけで伝わるなら困らないけど
伝わらないから
今思い乗せて歌うよ
最後の 愛の歌


上手くいかないそんな日々の中で
解らない答まってたままで
届かない愛情を抱えているの
悲しみの中に芽生えている
愛を救い出していきたい

意味なんてないそんな日々の中で
辞書引いてまた付箋が増える
今日くらい甘んじた答えは
いらないとごみ箱に捨てていく

君が教えてくれたんだ
誰かを愛することの意味を
此処で学んでしまったんだ
愛の尊さを

何年先
僕らが 大人になって旅立っても
君が教えてくれたものを忘れない
忘れられるわけがない
此処で学んだ愛の形を全てもって
さぁ次へ出かけようか 共に

結果が出ないそればかりの中で
涙をこらえてばっかりで
辛い思いしたままでもいいの?
それでもいいそう笑顔で言える
自信持って言えるから

遠くに見えた 淡い光の糸
掴みたいから 手を伸ばしているの
それだけの単純な理由も
届かないまま消えてゆく それは
それだけは嫌だから



君が教えてくれてんだ
明るい週末がある嬉しさを
此処で感じてしまったんだ
笑顔の喜び

何年先
僕らが 悲しみに溺れていても
あの日の感動を忘れない
覚えてる
此処で学んだ悔しさも全部
次につながる波になる

君が
僕らが 目指した地点は同じ方向だったはず
今日をずっと忘れない
刻んでる
此処で感じたもの学んだもの
全部 全部持って さぁ共に
次の感動を得るために

大好き。ずっと。
伝えたい。




2ヶ月前 No.1829

QLL ★iPhone=AD7JtUAlE3

お久しぶりです。
久々に作りました。どうぞ。


killing kilt(キリング キルト)

縫って 繕って つまりは心を体に縫い付けた 今 今 解けた赤い糸を巻き取る

縫い目 返し縫い 柔らかい素肌は馬鹿正直で 痛い 痛い ボロボロの愛は 液が垂れて もう嫌嫌嫌

(ぜんぶぜんぶを愛してよ もっともっとわかってよ)

生地が足りないや

色の付かないズタボロボロの
千切れた破片(ハート)は
切っても切っても切っても切っても
いつだって

チクチクジュグ 膿を産んでく
シルクを汚して舐めとった
愛を Iを 哀を 厭いを

kilt




戻れないみたい 手を伸ばした腕が
ミシン目に沿って 優しく縫われ
どっちつかずな心 白黒の生地が

動脈にまで待ち針を留め
心肺停止 シルクも紅く
ツギハギで見繕った 貴方への愛は
完成じゃないの

綺麗な布地の裏は見ないで


測り間違ったズタボロボロの
採寸の合わない気持ちは
口から待ち針を吐き出した
どうして ねぇどうして

ドクドク毒 膿を膿んでく
シルクは ゴミ箱の中 そうやって
こんな事したいわけじゃないの
針を 私に突き立てて kilt



ちくちくたく進んでる

ハートはいつだって そうやって

君に会うがために見繕った

ズタボロボロの愛を渡したくて

どうして どうして そうして そうして




色の付かないズタボロボロの
千切れた破片(ハート)は
切っても破いて 繋いで見せて
いつだって こうして来たんだよ

チクチクジュグ 膿を舐めとって
シルクを汚して産んだ言葉は
愛を 歌った いつだって

測り間違ったズタボロボロの
採寸の合わない気持ちは いつだって
口から待ち針を吐き出した
どうして ねぇどうして どうして

ドクドク毒 膿を縫い込んだ
シルクは ゴミ箱から 拾い上げて
こんな事したいわけじゃないの
針を 私に突き立てて kilt

私を 殺して kilt


2ヶ月前 No.1830

★3DS=moCVbSE947

お邪魔しまーす
無慈悲な笑顔 というゲームを題材にしました。

【雨(うるる)】

ねぇ君はさ
あの約束を 覚えているの?

ふと 聞こえた声
水道の水が垂れる

ぽたぽた ぽたぽた
泣いていた。

あぁ 空は泣いてばかり
ーーーーーーーーー神様は泣き虫なんだねーーー

(ある日)消えた神様(像が)泣いている少女

『私はXX 君は誰?』

ーーーーーーーーー私は

  ((照))

お話、しよう 暇だし

その時君は笑った
青空 広がる
建物の中
雲が流れ

君は消えた

また話そうね
儚い思い

[コレ  様  ト  ノモノガタ ]

あぁ また雨だ
ーーーーーーーーー神様のいじわる

(ねぇ)私は(気づいたの)これは
”雨乞いの儀式□

 ((晴れになれという願い))

あの時 君と約束した
青空の下でさ
 笑おう、と
君がなくと雨が降る。

人々は雨を願っていた
天候を司る神は無慈悲に笑う
晴れが続く
そうだ 神を泣かせよう
そしたなら晴れになる
愚かな願い

そう
神 ーーーーーーーーー照様をーーーーーーーー

約束胸に秘め
空は笑うの

にこにこ にこにこ
嬉しそうに

青空が続き
ーーーーーーーーー水が足りなくなるーーーーーーーーー

私は走る
雨乞いの儀式の為に

(神と) 仲良くなり(目の前で)
ーーーーーーーーーしぬ

「それが雨乞いの儀式」

あぁまた雨が戻ってきたーーーーーーーーー



ねぇ あの約束
覚えてるよ

2ヶ月前 No.1831

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR


bloom

誰のものでもない 君の声を

探して 追いかけた ただ純粋に

求め合えることを望めたなら

泡だらけの水槽でも生きられたのに

散り際の儚さに同情をして

少しでもそばにいてくれた?

アメさえもムチだと気づかないまま

今日も優しく微笑む



何万回君と目があっても叶わないのは

ひたすら隠し続けた結ばれない恋

温かい手に触れるたびに堪えた涙も今は

綺麗な飾りだったと思える 決して

美しくない形でもいいその肩に寄り添って

そっと眠らせて 覚めない夢を見せて

2ヶ月前 No.1832

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR


rail

触れたかった でも 繊細すぎて

いっそ壊してしまえばよかったかな

トラウマだけが僕の生きる糧だと

君をずっと探して やっと見つけた

ホクロの位置も少し垂れ気味の目も

照れた時頬に手を当てる癖も 全部

あの日のままで この気持ちは変わらない



抱きしめても心だけがすり抜けてゆく

僕1人だけ見つめてくれたらいいのに

現実的な残酷さに侵されていくばかりで

うまく手を差し伸べられなかったんだ

なにも怖がらずに好きなものを好きと言えたら

この夢から覚めなかったのかな

2ヶ月前 No.1833

瞬一 ★Android=s0PhIZKs7Q

『声にしないで』


声にしないで…

逢いたい想いばかり
私を苦しめるのね
二度と叶わぬ恋でも

 あきらめろと云う
 空気感じ取れずに
 貴重なぬくもり
 奪おうとしてた

 落ち着いた瞳
 曇らせた代償は
 愛を持った熱に
 戸惑いが混ざる

もう 季節に関係なく
   行き場のない
   後悔を認めなきゃいけない
   ひとり

あぁ ため息が深くして
   空しくなる
   出逢いから恋愛に
   繋ごうとしてた事

気付かれてもいいほどに
この声を枯らして
泣いておけば良かったの?

逢いたい想いばかり
私を苦しめるのね
すでに終わった恋でも

 間違えてよかった
 行動などあり得ない
 自問自答の迷路
 まだ抜け出せない

もう 二度と会わないように
   キツく胸は誓う事
   覚悟して動いてる

あぁ ため息は白いまま
   繰り返して
   叶わずに恋してる
   いい加減に止めなきゃ

声にしないでずっと
泣きそうな気持ちが
報われる日など来るの?

逢いたい想いなんて
あなたも持っていたの?
二度と問えない言葉は…

気付かれてもいいほどに
この声を枯らして
泣いておけば良かったと

          心が持たない
      こんなにも愛してた事
       ただ忘れてゆくのね

            サヨナラ
            あの日の
              私よ

1ヶ月前 No.1834

★3DS=moCVbSE947

>>瞬一
切ない恋   みたいでいいですね〜
音つきも聞いてみたいw


【嘘と罪 】

嗚呼 僕は
悲劇のヒロインになり損ねた
罪人。
自分を偽り 愛されようとしたから
本当の僕は誰も知らない
孤独な 僕の世界
君は 手をさしのべてくれる
でも それは

 “どの____僕に?□
偽り続けた世界の中
君だけは信じてくれた
最低な僕に 恋を教えてくれた

嗚呼 君は
素直で好かれる
人気者。
僕 君 好きだけど
どうせ僕もみんなもきっと
自分が一番可愛いんだ
美しくて残酷な世界
君の 優しさが
僕の 罪を
“溶かせなかった□
輝いて見えた世界の中
僕だけが罪人だった
最低な僕の罪は消えなかった

でも あと 少しだけは
このまま____

”罪はずっと消えない□
ないもかも無くなった世界
刹那憎たらしい神の声
嗚呼 僕は 僕は 僕は
みすぼらしい罪人だッッッ

1ヶ月前 No.1835

森羅ジン @humanmind ★Android=2lLIfycDSo

「寒い冬と熱い君」

いつかの雪が降った公園で
凍えながらかくれんぼしてた
流れた涙からは湯気が出て
空を溶かして沈んでった

息が流れる 校舎の屋上
風に揺れる校旗 スカートもはためく
左手でスカート 右手で左手握って
望む銀世界の中で佇む

雪の結晶が空から降り注ぐ
太陽も寒そうに紅く紅く
自然のプリズムに光散らして
鮮やかに艶やかに
光に照らされた雪景色

風に揺られてさざめく白波(しらなみ)
掬えば溶けて流れる儚くと
風に吹かれて消える温もり
抱きしめればそこには何もない

1ヶ月前 No.1836

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR


片翼

あなたがくれた傷だから
美しいと思えたのかもしれない
言葉にすれば重くなるから
涙に変えて なかったことにしよう

溢れ出す気持ち全部
間違えることなく
伝わるわけもなくて
共感のまま留められたら
絡まった指くらい
解けたかもしれないのに

冷たい瞳に笑顔をあげたかった
ただ それだけ


泡のように儚い命のために
ゆらいで心を燃やして煌めく
切り刻まれる程の痛みでも
あなたを思えば耐えらるのに
夢見た世界で歩けなくても
間違えたなんて思いたくない
隣にあなたがいてくれるなら
それ以外は全部なくてもいい

1ヶ月前 No.1837

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR


すりかえた気持ちが
今になって
副作用に変わって
苦しさを増す
見ないふりをすれば
切り取れれば
あの頃に少しだけ
戻れたかな

傷だらけのまま走り続けて
目的も忘れて それでもずっと
前だけを見ていた
後悔しないように
飽きるほど思った
君だけを


沈む夕陽のようにさりげなく
誰にも気付かせない可憐さが憎らしい

手を振る姿を見てたかもしれない
背けた真実を受け入れられずに
頑なに追いかけることをやめなかった
辛さもきっと明日は輝くから

元どおりになれない理由を
痛いほど知っているのに
まだ 忘れることができない

1ヶ月前 No.1838

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR

spice


ダイヤの指輪なんていらない
この人生全部捨ててもいい
2人きりで逃げられるのなら


銃口を目の前に突き出された
その目の奥にある真実を
知らないふりして両手をあげる
賢い女だと思われたくない

赤い唇は毒の味がする
薄くひいても誰もを魅了する
真面目な人ほど騙されやすい
引っかかったふりしてあげる


髪をほどいたら跪いて
私の手の甲にキスをして
曖昧な笑顔も愛しい
誓ったらもう離さない
光るシルバーのアンクレット
有無を言わせない足枷
もう一度触れてみたら
戻れないところまで行こう

1ヶ月前 No.1839

銀魚のかふか ★iPhone=wE4k8vC4om

お久しぶりです。いつのまにか年が明けてしまいました。今年もよろしくお願いします。

「さようなら」

冷たい風を連れて 白い花を散らし
暮れた空に 光を灯し
気づかぬうちに 冬が来た
何事もなかったように
ゆっくり 孤独を連れて静かに忍び寄る
別れの季節

good bye 君を連れて
good bye 冬は行く
あぁ 愛を望むこと
それは愛を知ること

風も去り 静寂が訪れる
まっさらな白い絨毯 ただ孤独が佇む
気づかぬうちに 冬は来た
どちらにせよ終わりは来るもの
ゆっくり 散る花びらのよう 終わりゆく恋
振るのは右手

good bye 君は去った
good bye 冬を道連れに
あぁ 恋が終わること
それは愛を知ること

静かな銀の夢に
冷たい青い月
忍び寄り そしてハッとした瞬間...
気づけばもう 見えない距離に
去る君と孤独を背負う僕の
寂しい右手

good bye 君を連れて
good bye 電車は行く
あぁ 恋が終わること
それは愛を捧ぐこと

1ヶ月前 No.1840

森羅ジン @humanmind ★Android=2lLIfycDSo

「睦月の空に舞へ迷へ」

風が風がひたすら強く駆ける
重い重い声を牛馬の如く運ぶ
乞い願い流した涙も渇き
吹き荒ぶ(すさぶ)黄砂の中に舞い上がり絶えた

雲が雲が散り散りに延びる
寒い寒い冬が太陽を凍らす
這いつくばりかき集めた月の欠片も
色褪せたため息の中に微笑み砕けた

吼える ただひたすらに吼える
たとえ声が潰れようと
叫べ ただがむしゃらに叫べ
俺はここにいるぞと
このちっぽけな俺を新たな月に刻め

走る ただひたすらに走る
たとえ亡者がまとわりついても
壊せ ただがむしゃらに壊せ
俺はここにあるぞと
この蟷螂(とうろう)の最後の足掻き(あがき)を嘲笑え(あざわらえ)
始まりはいつも終わり 新たな月を睨む

1ヶ月前 No.1841

瞬一 ★Android=s0PhIZKs7Q

雪さん、感想ありがとうございます!
曲付けてくれる人募集中です(笑)
ぜひ歌ってみたいですね

『嘘と罪』内容はかなりダークで、自分を責めている様子が強く出てますね
でも恋を教えてくれた感謝が、少しの救いなのかもしれないですね


『snow motion』

まぶたへとコンニチハ
大人しく降る雪が
冷たい風と手をつなぎ
ごあいさつ

会いたくて会えなくて
なんて言って半年ぶり
白い妖精気取ったりで
はしゃいでる

僕よりタフな行動力
積もり積もる思い出作り
「一年中居れたらいいのに…」
何げなく寂しさチラリ

永遠じゃなくてもいい
一瞬手のひらに
触れただけで消えそうな
存在のために

繊細な想いだけじゃ
強くなれないと言った
心を持ってる君が
可愛くて仕方ない

奇跡的?魅力的?
存在は絶対的?
的を得てる表現が
たくさんあって…

踊るように過ぎていく
時間とどう遊ぼうかと
銀の髪をひるがえし
微笑んでる

風邪気味でのど痛くても
平気なフリして喋るけど
「大丈夫?無理していない?」
自然な気遣いにドキリ

永遠じゃなくてもいい
少しの熱意でも
遠慮して溶けちゃいそうな
繊細な君に

全然気にしなくても
どの季節も終わる
だけど愛する想いは
こよなく持っていたい

永遠じゃなくてもいい
一瞬手のひらに
触れただけで消えそうな
存在のために

永遠に生きてゆける
強さを今欲しい
君の切なる願いは
絶やさず守っていたい


※本当はクリスマスに載せたかったんですが、あいにく完成が遅くて(--;)
結果的に初雪をパッケージした形となりました(笑)

1ヶ月前 No.1842

雨宿り ★DOCOMO=jgMZfq4w9U

お久し振りです
今年もここにお邪魔いたします
どうぞ宜しくです
前回感想を頂いた方ありがとうございます

ちーちょんさん
spice

愛の遠飛行的な感じでしょうか
難しい事は分からないフリをする主人公がイジらしくて可愛いですね
でもだから強い意思を秘めているんだなと思いました

銀魚のかふかさん

今年もよろしくお願いいたします

さようなら


スタンダードな別れ話をベースに綺麗な言葉が散りばめられて冬の切なさがグッと増す感じはもう
センスなんでしょうね
あえて右手を振ると決めているあたり実は左利きだったりするのでしょうか?(考えすぎ?)


森羅ジンさん
「睦月の空に舞へ迷へ」

何度か読み直してるうちに。

ラップのようなリズミカルな言葉選びにも感じてきて
色んな想像を書き立てる
ギミックに勝手に驚いています(スミマセン)

侍の生きざまの様なカッコ良さを感じました

瞬一さん
snow motion

雪のように淡く大切な思いいつまでも溶けないように守っていきたい

うーんロマンチックですね
たとえ永遠じゃなくても
永遠だと思って生きるのが素晴らしいなぁと思いました

29日前 No.1843

雨宿り @jk16 ★DOCOMO=jgMZfq4w9U

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

26日前 No.1844

雨宿り @jk16 ★DOCOMO=jgMZfq4w9U

タイトル書き忘れました
「理想の季節」

26日前 No.1845

森羅ジン @humanmind ★Android=2lLIfycDSo

「誰もいない場所でワタシはワタシになりたい」

森が悲しく哭いている(ないている)
黒く息絶えてゆく苦しみに
欠けた木立が涙を湛え(たたえ)
醜い空を静かに写す

風が薫りを運んでゆく
木々の憤りを身に纏い(まとい)
孤独な世界を越えて
また孤独へと還る

旅人は星に導かれ歩む
風を避けるように俯きながら
独りを追いかけてくように
一人また一人別れてゆく

大地よ 森を海を道を今を
何人(なんぴと)たりとも拒む導(しるべ)
大空よ 風を雲を雨を夜を
幾度とも惑わす預言

孤独は諸手を広げ待つ
誰でもない孤独は待つ
誰かを見つけたいがために彼は待つ
孤独が孤独になるために

21日前 No.1846

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR

聞こえないふりをしたから
きっと 見えない赤い糸
遠くなって霞んで消えたんだ
思い出と一緒に

柔らかい指のぬくもりとか
すぐ忘れるくらい小さな喧嘩とか
意味のわからないじゃれあいも全部
君と僕にとってかけがえのないもの

どうして隣に君がいないの

不安定な形だったから
夢の中に紛れて見えなくなった
言葉にしなきゃわからない
全部伝えきれてなくて
どうしても君がいいのに
僕のこともう忘れてしまうの

17日前 No.1847

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR


後ろを向いて
耳を塞いだ それだけ
知ってるけど
知りたくなかった
ありのままで
これから先もずっと
誰でもない僕で
歩いていたかった

その手で生かして殺した
残酷な現実と向き合うのか

フラッシュバックして
制御できない感情を
泣きたいくらいの笑顔で
隠し通す毎日

自衛ばかりが上手くなって
意思が薄れてしまう前に
エスケープしよう


そんなことで
死んでしまうくらいなら
やめてしまえ 考えることさえ
一時停止してやり直す道に
戻っておいでよ
どんなときも
ひとつだけでいい意思を
強く持てよ 思い通りじゃない
ことだらけさ幸せの形なんて
人それぞれさ

11日前 No.1848

呉羽 ★Tablet=uhPLWD5dMI

えーと、物凄くお久しぶりですねー、皆さん!
2月ですが、今年もよろしくお願いしますの挨拶を言っておきますね。
少しづつになるかもですけど、皆さんの詞の感想書いていきます。

QLLさん、
Killing kilt
全体的に、闇が深いですね。
でも、ただ闇ってだけじゃなくてその中にも心があるのが伝わってきます。
布がイメージとして大部分で使われてるみたいですが・・・布からここまで想像出来るなんて、尊敬します!
繕って繕って、自分を作って、自分の汚れを拭き払って・・・人生を布に見立てるとは・・・流石です!

雪さん、
私もそのゲーム好きですよー!と言っても、実況見るだけなんですけどね(笑)
ストーリーが詞のなかにしっかり表されていて、そうだったなぁって思い出しました。
ここまでまとめられて凄いです!
その中でも、自分の解釈も書かれていて・・・ほんと、凄いです。

3日前 No.1849

革命的ラバ ★Tablet=74q2nBkNGS

PEACE

万人が心に二本の指を立てている
目を閉じて祈りを捧げる
万人が夢を見ていた
きっと誰もが同じ夢を見る

人が集まると憎しみが生まれてしまうから
だから僕はただ皆にありがとうと
言いたい
憎しみの炎に油を垂らさないように
だからこそ一言「ごめんね」だけ
言おうよ

命の鼓動が聞こえる
数十億の脈動を感じる
まだ見ぬ僕達の為に
未来を生きる子孫の為に

万人が故郷の歌を歌っている
胸に手を当て命を感じて
万人の思いはひとつ
こんな混沌の中で

人の憎しみに油をさす人間がいるから
そのために今日も僕は生きる
そして皆も生きる

母なる大地を踏みしめて
今日もまた祈りを捧げ
思いを通わせ今日も生きる
命を燃やして今日も生きる

命の鼓動が聞こえる
数十億の脈動を感じる
まだ見ぬ僕達の為に
未来を生きる子孫の為に
母なる大地を踏みしめて
今日もまた祈りを捧げ
思いを通わせ今日も生きる
命を燃やして今日も生きる

まだ見ぬ光を求めて

3日前 No.1850

呉羽 ★Tablet=uhPLWD5dMI

ちーちょんさん、
bloom
愛されていることもムチだって気がつけなかったなんて、余程その恋に溺れていたんでしょうね。
気づけない、と言いながらもそれでもいいんじゃないかとも思います。
愛って難しいですね。

Rail
純粋な片思いソングですね・・・。
愛して欲しかった、ってうより気づいて欲しかったって感じですね。
届かなくて伝わらなくて、悩んで・・・。
片思いは難しいけど、楽しいですよね□(笑)
でも、この詞は普通よりも切なさが多いですよね。
甘酸っぱいと言うよりかは、諦めの境地にある恋で悲しさとか切なさの方が上回っているような。
でも、私はこんな切ない感じの歌も好きです!

3日前 No.1851

森羅ジン @humanmind ★Android=2lLIfycDSo

「英霊の獣道」
森の奥の菩提樹の元
世に忘れられた卒塔婆
地より這い出て嘆くのは
身も心も捧げた者ら

今宵は月も目を背け
悲しみに明け暮れ塞ぎ込む
護る定めの脆い歯車は
既に力尽き待っていた

有明(ありあけ)の空に滲むは
かつて空を馳せた飛行機雲
空に憧れ空に散って
地に縛られ地に沈んでく


護るために護りたいために
生きたいために生きていたいために
今を殺して今に殺され
それでも魂はかくあれと

死ぬために死にたいために
咎は外しいざ笑い逝こう
変わらず蒼い空に願うは
遠きあの人の子守唄

3日前 No.1852

呉羽 ★Tablet=uhPLWD5dMI

瞬一さん、
声にしないで
終わってしまったことは仕方ないのに、それでも愛した人のことを思ってしまう。
自分の勘違いだったのだろうか、だとしたらなんてことをしてしまったのだろう・・・。
自分への怒りと後悔と・・・色々な感情が入り交じって涙になってその涙が報われる日を望む。
感情がハッキリと表現されていて読みやすいな、と思いました。
その中でも、色々考えされられることもあって、深い詞だなぁと感じました。

雪さん、
嘘と罪
少年は、一体何をしたんですかね・・・。
そんなにも自分を責めなくては行けないようなことをしたのか。自分に自信が持てないのか。
それでも、少女が罪から解放してくれようとした。
それでも罪は消えなかった。
小説の一部のようにストーリーがしっかりしていて読み応えがありました。
恋を綴っていてもその中にたくさんの葛藤が描かれていて、発想力も凄いなぁと思いました。

森羅ジンさん、
寒い冬と熱い君
なんでしょうね、相変わらずの世界の深さと言いますか。
私の語彙力では推し量れない何かがあるんですよね・・・。
それをお伝えしたいのですがどうしたらいいか。
綺麗なだけではなくてハッキリと言葉を紡ぐ森羅ジンさんの詞は大好きなんです!←これも伝えたかった

ちーちょんさん、
片翼
私、片翼って言葉の響きが好きで、タイトル見た時に期待を持って詞を読ませていただきました。
やっぱり期待を裏切りませんね。
純粋な恋歌ですねー、いいなぁ。
誰かのことを純粋に想えるって凄いことだし素晴らしいと思います。
なんだろう、この詞中の子には共感しちゃいます。
大好きな人のためなら、大切な人のためならこの命でもって、思ってしまうんですよね。

過去の思い出から出られないんですかね。
それでもその道が間違ってなかったって言いたくて、前を向いて、それでもまだ想い続ける。
難しい心情ですね。
それをここまで表せるのはすごいと思います、素直に。
でも人間、前ばっかりじゃなくてたまには立ち止まってもいいと思うんですよね。
深いなぁ、この詞は。

Spice
最初格好いい考えの女の人だなぁと思ったんですけど。
なんか途中から引っかかったふりって出てきて、頭いいんだなぁと、芯の強い人だなぁと思いました。
最後は、欲なんでしょうか、人をひれ伏せさせる欲。
強いひとこそ、そういった思考も持つのかもしれないですね。
全体的に、いつもみたいな甘酸っぱかったり切なかったりする詞ではなく格好いい切れ味のいい詞になっていて面白かったです!
そっちの才能もあるのでは・・・?

銀魚のかふかさん、
お久しぶりです〜!
さようなら
この言葉って本当に終わりって感じがするんですけど、なんでしょうかね。
最後の言葉を見て、さようならって愛を捧げることなのでもあるんだなぁと思いました。
終わりがそんなに簡単なわけないですもんね。
恋は苦しいです、その分楽しいです。
でも恋が終わった瞬間から、世界は変わるんですよね。
私も恋の終わりやさようならは、最後に愛を捧げる事なんだって思うことにします!

2日前 No.1853

呉羽 ★Tablet=uhPLWD5dMI

皆さんへの感想の途中ですが、私も作詞させて頂きます、すいません・・・。
今までは歌詞と題名をリンクさせていたのですが、今回はあまりリンクしてないです。
ただ何となく、色って付けたかったんです。

「色」

そんなつもりじゃなかったのに
どうしてだか言葉がすれ違う
君のことちゃんと好きなのに
なんでなんだろう想いが届かないよ
こんなにも辛いことなんて
感じたこともなかったし
難しいことだらけで怖くて
でもその感情さえも愛しくて

叶わないな
きっといつになっても君には
そんな風に
笑うからどうしたって許しちゃうな

壊れだした世界の中でもまだ
君との思い出はまだ輝いてるの
どうしても捨てられない
あなたのその声が まだ
私の中で軌道を描くの


そんなつもりじゃなかったのに
いつしかあなたが怖くなって
君しか見てこなかったからかな
今はどうしたらいいのか分からないな
こんなにも悲しいことなんて
思い出すと心が苦しくなるよ
怖いことだらけで生きたくなくなって
それでもこの命は守らないと

適わないな
君にはこの先の思い出しても
そんな風に
心に刻み着くから壊れちゃうよ



時を止めて
心の中で
そっと呟いた
ねぇ、愛ってなんだろうね?

サイコロを振って戻る
またあなたと出会う前の頃へ
そんな都合のいい妄想で
心の傷を癒すけれど でも
やっぱりつまんないよ

君の世界はまた色付いてく
僕がいなくてもいいんだね
そうやってまた涙に変わるけど
いいよ生きていても
だって君の人生で 君の世界だ


1日前 No.1854

ちーちょん ★iPhone=J1q0D2j9sR

雨宿りさん

感想ありがとうございます

雨宿りさんの歌詞の感想書きたかったのですがログインしてくださいってなってて自分がそれをよくわからないから見れてなくて申し訳ないです。。

呉羽さん

お久しぶりです 感想ありがとうございます
自分が何を書いてたかさえ覚えてなかったんですが… こんなにも考えて感想を書いてもらえるのは嬉しいことですね 自分の投稿数多いなあとか思ったりしておつかれさまです。



うまくいかない恋愛って依存とか執着心とかそういうの想像しちゃうんだけどそんな感じなのかな??忘れられたら楽なのに次に行きたいのに私にはあなたしかいないって魔法にかかってた時の自分を思い出しました…笑笑 感情がばーっと書かれていてあぁこんな気持ちになったことあるなっていう、共感しました。最後は納得したようにみせてまだだいぶ未練がある ザ・悲しい失恋な詩ですね

17時間前 No.1855
ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

 
 
レスが1855件あります。2000件を越えると記事が終了します。
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる