Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(251) >>
★この記事には「性的な内容」「ショッキングな内容」が含まれます。もし記事に問題がある場合は違反報告してください。

作詞練習(関係者以外書き込み遠慮)

 ( 作詞投稿城 )
- アクセス(1194) - いいね!(2)

M.sEtU ★DOCOMO=1e1Pjvp7N7

題名の通りに作詞練習場所です。
某音楽サークル関係者以外の書き込みはご遠慮戴いてます。

M.sEtUは酎二病患者です。

6年前 No.0
ページ: 1 2 3 4

 
 
↑前のページ (201件) | 最新ページ

Namari ★Tablet=aRDWWnmM5x

苛まれた感情も 愛するような人影も 夢の様な昔話も
過ぎた時間に自分を閉じ込めながら 今に至るまで磨耗した
身体の彼方此方が苦しくなって 細胞の一つ一つが悲鳴を上げて
それでも幸せに成りたい 身体は必死に生きていたいと叫ぶ

だったらなんで彼方此方痛いんだ 魂を千切って投げる度に
なんで彼方此方痛くなるんだ 記憶の片隅に居座った闇のせいかな
はたまた 彩りに溢れて光り輝く昔話の一々のせいかな
苦しむことが生きること 傷ついていくのが生きること だからかな

悲鳴を上げながらもがく姿 死にたくないよって もがく姿
嗚呼 美しいな 綺麗だな ボクが無くしたいつかの姿 昔話の様
ズレていく 少しずつ 確かに少しずつ ズレていく
嗚呼 生きていたいと想いたい 生きていたいと叫びたい

5年前 No.202

Namari ★Tablet=aRDWWnmM5x

冬が終わる瞬間を

夢から覚めると 例えてみる

5年前 No.203

Namari ★Tablet=aRDWWnmM5x

綺麗なモノ 柔らかなモノ 素敵なモノ
時間と共に汚れて 固まって 無くなる

嗚呼 ボクを汚して ボクを崩して
柔らかな姿を殺して汚い世界で 生きたい

5年前 No.204

Namari ★Tablet=aRDWWnmM5x

鏡に囲まれた部屋の中 右手を挙げれば左手が挙がる
笑顔なのか なんて汚い姿なんだろう ゲシュタルトが死んだ
上下が違う 鏡の中に居るボクは 真っ逆様に落ちていく

理想は現実に刈り取られていく 夢見る暇なんて1/4時間だけ
悲しいかな 夢から覚めた時の安堵感 逆様にしたら 不安定

気付いたらボクの姿に罅が入った 割れて笑顔が広がって
バラバラのパズルを無理矢理はめ込む様な焦燥感 熱いよ 熱い
無限に矛盾を重ねては 夢から覚める時を待っている 独りぼっち

5年前 No.205

Namari ★Tablet=aRDWWnmM5x

五月雨が五月の病を運びます


振り落としてスッキリしたろう?


お陰様でボクら皆灰に沈むよ

5年前 No.206

Namari ★Tablet=aRDWWnmM5x

幸せを与えたいなら 幸せを得なさい
幸せにしてあげたいなら 幸せに成りなさい

持ってないモノは 与えられないだろう

5年前 No.207

Namari ★Tablet=aRDWWnmM5x

ありったけの言葉を並べても
どんだけ近くで囁いても
残響にだって成りゃしない

アナタとアタシは同じだよなんて
共感したなんて誰もが喜ぶだろうさ

そんな言葉は望まない
そんな言葉は綺麗じゃない

ボクが望むのは唯の一つだけ
アナタは悪人だと言っちゃえよ
そして原型も無いくらいに
擦り潰されてくれればいいよ

時間は凶器で想い出は傷口
酷く深くシみるのさ

5年前 No.208

Namari ★Tablet=aRDWWnmM5x

雨降りの最中 香る濡れた空気の匂い
懐かしい気持ちを連れて今を笑う
雨雲は夜暗く 鉛色に世界を包み込んだ

愛の最中 ボクを愛した最中が遠い
抱く瞬間は千秋 去った時間は昨日の様
愛して愛して愛して愛して 実り枯れる

嗄れた声が響く頃 去る想い出の傷を
身勝手にも懐かしいと 指でなぞる
きっと幸せの日々も 懐かしくなぞって

感傷にも似た自嘲を顔に張り付けるんだ

5年前 No.209

Namari ★Tablet=aRDWWnmM5x

例えばボクが烏だったとして カァって鳴ければそれだけでいいさ

したなら茜空に飛び去って ゴミを喰わずに死んでいけるのにさ

5年前 No.210

Namari ★Tablet=aRDWWnmM5x

荒れた波間に流されるアイデンティティ

5年前 No.211

Namari ★Tablet=aRDWWnmM5x

人を愛しすぎて 憎しみに裏返った
人を憎みすぎて 愛しさに裏返った
そんな瞬間に感動は肥え太って どっちつかずに成った
愛しきれずに 憎みきれずに またどちらも正常なまま

殺してしまえば 感情はどちらかに転ぶんだろう
死んでしまえば 感情はどちらも亡くなるだろう
裏に成るのもいい 表に成るのもいい どちらかに成りたい

5年前 No.212

Namari ★Tablet=aRDWWnmM5x

(夢のさ)


街灯華やかな冷たい光 消え欠けて
鳴り止まない足音 あっちこっちへと
時計の針が20時頃に 遊ぶ
蛾が集まる殺虫光 光の瞬間 闇一色
オイルにまみれたなら 少なくとも
焼却炉に惹かれて 生きれたのに

廃墟の高層ビルから 飛び降りたいと想う
広がる鉛色の夜景色 抱かれ 潰れて 眠る
廃墟の高層ビルから 飛び降りたなら
そしたら 消える意識が愛おしいまま
すっかり憎む事を忘れられる気がして

眠れない天井 美しい姿を憎みすぎる
耳に入る死体の声が 目覚まし時計を壊す
街明かり 明日生きている為の切符は
夜 夢の中 あなたを殺して笑えた時に
夜 夢の中 死んだ瞬間に生きていける

テレビの砂嵐や iPhoneの画面や
千切れたイヤホンのモスキート音が
眠れない意識を反らして 脳以外眠れる
ボクの死ぬ瞬間を夢にして 綺麗な姿でも
首が無くなっても バラバラでもいいよ

朝が迎える人は こんなにもずっと綺麗なのに
何処か鬱気な顔をして 街の歯車に成るんだ
きっとそんな 景色なんだ

5年前 No.213

Namari ★Tablet=aRDWWnmM5x

置いてきた激情と一緒にI can fry!

5年前 No.214

Namari ★Tablet=aRDWWnmM5x

廃墟のベランダに差し込む西日 陰の裏側まで照らして
まるで今にもすっかり ボクの居場所まで燃やしていく様
鉛色の天井が今にも崩れそうな恐怖感 添い寝 夢は見ない

午前3時頃 痒みだす身体中を98℃の熱湯で焼いていく
痛みの向こう側に意識を反らす どうせ脳髄までは伝わらない
そのまま火傷の痕を冷めた空気が連れて行ってくれたなら
傷ごと意識も消えれるのに 添い寝は恐怖感とだけだから許して
炭に成るまで燃やされたなら その時初めて笑える気がして

5年前 No.215

Namari ★Tablet=GNhhthWboj

廃墟の屋上から飛び降りたなら

真っ暗に総て消えていけるんだ

5年前 No.216

Namari ★Tablet=pqdL8tiVHk

生き場の無い蝶々達が 火の周りをクルクルと
鱗粉が燃えて輝いて 暗い世界を彩った
羽が焼け落ちた蝶々達は 死に花を遊に咲かす

綺麗な姿で飛べても 観るモノが求める姿じゃない時
たった少し汚れた一カ所から 色が抜け溶けていく

月夜の淡い光達が 作られた光達に隠されて
陰に輝く闇達と 生き辛いワルツを踊る
隠された光達はもう 照らす事も照らされる事も無い

どんなに綺麗に輝いても 強すぎる目映さに劣った時
たった少し暗い一カ所まで 同じ暗さに陰っていく

5年前 No.217

Namari ★Tablet=pqdL8tiVHk

幸せ者達はチヤホヤ欲しさ故

哀しい過去を欲しがる

不幸を前にしなければ

死にたくないと想えないみたい

5年前 No.218

Namari ★Tablet=pqdL8tiVHk

不安定な感情を 夜空の風に例えて
寒空の中どれほどに変化して 終わらずに

時計の針が回ることを止めた時 きっと
最後の夜空は 何よりも美しく成る

零時の景色 ボクの心は昇華して溶ける
暗く続く空の彼方に 安らぎを記して
堅く閉ざした柔らかい姿を 撫でるよ

悲しいほどに敏感で 寂しいほどに純粋で
狂おしく愛おしいほどに 優しすぎた

剥き出しの心と最後の夜空 美しいな

5年前 No.219

Namari ★Tablet=pqdL8tiVHk

ボクのいない朝は 今よりずっと素晴らしくて

全ての歯車が噛み合った きっとそんな世界だ

5年前 No.220

Namari ★Tablet=pqdL8tiVHk

生きたいよ〜 生きたいよ〜

精一杯な泣き声上げながら放り出される

死にたくないよ〜 死にたくないよ〜

必死に呼吸を繰り返しながら喚く

生きていたいよ〜 生きていたいよ〜

普通の最大欲求を金の力で繋ぎ止める

死にたくなるよ〜 死にたくなるよ〜

金を持たざるモノ生きるべからずの張紙

どうでもいいよ〜 どうでもいいよ〜

街中に張り巡らされた張紙で鼻をかむ

もう死にたいよ〜 もう死にたいよ〜

花粉症こじらせて呼吸困難で緊急入院

うごかないよ〜 うごかないよ〜

意識不明の植物人間に成って初めて

あ〜しあわせだ〜 あ〜しあわせだ〜

5年前 No.221

Namari ★Tablet=pqdL8tiVHk

何度も死ぬうちに生きることを諦める
何度も死ねないうちに死ぬことを諦める

したならこだわりのない精一杯を諦める
したならこだわりのある精一杯を見失う

負の連鎖をグルグルグルグル回るうちに
明るい世界を全て見失っていくんだ

5年前 No.222

Namari ★Tablet=pqdL8tiVHk

空の青さを冷たさとして 気付く景色の虚ろさを知った黒猫
真夜中に隠れながら 知らない振りをする人々の群れ
なんて悲しい空なんだろう 細く呟く口を雨水で潤した

冷えた身体を抱き上げる人はいない 残飯の中に横たわる
たった一つ確かな姿 ボクは一人だ 誰にも見えないまんま

道の真ん中に横たわる いつ轢かれるか分からない世界
千切れた尾を舐めながら 道端に積まれた死体に鳴く 起きてよ

アスファルトの熱に足を焼かれる 嫌う水が輝いて魅えて
水面に映る銀色の猫 嗚呼これがボクなんだ 綺麗な黒猫は何処に
深く暗い水底に確かな光が見える 飛び込めば手に入るかな

天使の顔した悪魔さん 輝く闇を光に例えてしまったら
こんな世界に降り注ぐ光は一体 何を焼き尽くそうとしているのかな

天使の顔した悪魔さん 嘯く闇しか知らない銀の猫は
すっかり輝く闇に染まったんだ アナタしか居ない 連れていって

5年前 No.223

Namari ★Tablet=pqdL8tiVHk

蔓延る鉄仮面 心に岩を纏いませう
ただの散歩ですらも心身共に腐らせるから

不信を鎧と比喩してみれば見えるでせう
信ずる人は莫迦を見る 何故も何もね

信ずるは大抵 相手は人だから

アナタを殺す方は一つ 能面を纏いませう
純粋無垢な心を腐らせる 見るも耐え難い
覗き穴を樹脂で埋めなければ 自分も腐る

信ずる大概 理想も大概 若年悲しいかな

愛を下さい 美しい姿でありたいのです
残飯を漁る鴉の様に 生きる執着と
石を投げつけられる黒猫の様に 誇りを

でも 廻れど 廻せど 大概なのでせう

5年前 No.224

Namari ★Tablet=pqdL8tiVHk

(叫び声を上げても 独りぼっちの世界

輝いて見えない程 暗い闇の中を歩いてる

引き裂かれた感情と 溶けきった瞳

ボクは一体いつまで 何処に向かうのだろうか

無音の風が吹く 揺れる前髪がブラインド

見たくない 聴きたくない 知りたくない

歩くだけで心が腐り落ちる そんな世界だ

光一点 まだ見えない 偽物で溢れた瓦礫

無表情に流す涙 アナタは何処に向かうの

幸せなボクが立ってる位置すら 危ういんだよ)

5年前 No.225

Namari ★Tablet=pqdL8tiVHk

瓦礫、世界、表裏、色々といいながら鉛色
枯れた花々を愛でながら、自死、他殺、金欲
世界はなんでか、アタシとアナタに冷たく映る

遺伝子レベルで兵隊よ、命を最大まで輝かせて
生き残りたい、死にたくない、正当防衛、さぁ

アタシの命は何処までも、アナタの命を抱き寄せて
許可無く戦死はいけないよ、呟く様に響く声
火薬、銃弾、戦場、目指すは死体と瓦礫の山々よ

なんでかな、クソッタレな世界の中でも、ねぇ
アナタとならアタシは光り輝く、撃つのも死ぬのも
平気なの。

5年前 No.226

Namari ★Tablet=pqdL8tiVHk

千切れた高圧線から漏れる光 触れたい
建ち並ぶ電灯と電柱 間の闇 発光したい
螢の様な熱の無い光を キミに触れる余地がある光を

人工的な世界 人工的な言葉 人工的な感情 足らない
ボクの遺伝子から切って溢れ出す 言葉じゃ足らない
愛してるで満足なら それで事足りる程度の深さなんだろう

部屋の中 暗く輝くボクの魂百まで 違う光でかき消してくれよ
部屋の真ん中で深く深く落ちていくボクを 照らしてくれよ

ボクとは違う輝きで 重く輝く光じゃなくて アナタの姿で

だって アナタの姿の方が ひたすらに美しいもの

5年前 No.227

Namari ★Tablet=pqdL8tiVHk

ネットでしかデカい面出来ないって切ないな
わざわざ嫌いな場所まできて文句かましたり

ホンマにわざわざご苦労様です(笑)

5年前 No.228

Namari ★Tablet=pqdL8tiVHk

遠く果てない空 手を伸ばして
掴めるだろうか 果てしない程に

闇深く アナタは光り輝いて
助けてと呟くボクは ひたすら夜

愛しています 浅くも儚い言葉は
アナタと共に 空をも飛べたならば
必要無いだろうね きっと いらない

信じられない迄に 幸せなんだ

どうしたらいいんだろう 怖いんだ
いつか尽きてしまいそうなアナタを
今 引き裂いてしまいそうなボクが

ボクはアナタの全てを欲しがった
アナタもそうで有って欲しかったよ
探してくれないかな ボクの宝を

それはとても貴いモノなんだ
浅く儚い一言をも深く惜しむ程に

5年前 No.229

Namari ★Tablet=pqdL8tiVHk

音の無い街中 張り巡らされたレール
一つの大きい屋根 此処は一体何処だろう

逃げ場も無い 痛みもない 動かない
言葉巧みに無くしていくから 極まらない

彼処の空気を吸いたいな 枯びた木陰
瓦礫を張り巡らせた 名前が付かないように

此処はボクだけの世界 たった一つの楽園
愛しているなんて言う人には入れない 木陰

思い出は既に夢の中 遙か彼方に曇る
目の中に在る 耳の中に在る 言葉には無い

もう何処にも無い たった一つの楽園

5年前 No.230

Namari ★Tablet=pqdL8tiVHk

感極まる事を 言葉に成らないと訳す

嬉しすぎて 言葉に成らない
悲しすぎて 言葉に成らない
楽しすぎて 言葉に成らない
寂しすぎて 言葉に成らない
好きすぎて 言葉に成らない
嫌いすぎて 言葉に成らない
愛しすぎて 言葉に成らない
憎みすぎて 言葉に成らない

感極まりすぎて 言葉に成らないんだ

だから

感極まった感情は 言葉にしたくないんだ

5年前 No.231

Namari ★Tablet=pqdL8tiVHk

寂しさに固まる身体 傷付けていく
手首を切る激情と 血を止めたい冷静な吐息
嗚呼 足りないよ
嗚呼 でも戒めたい

悲しさに死ぬ心 罅割っていく
共感や共鳴を浅はかと 求める心が矛盾する
嗚呼 易く添わないで
嗚呼 でも温もりが欲しい

無くしながら得たかったモノ 刻みつけて
輝く白い闇に 光を思い出しながら
馳せる心が墜ちていく

いつか舞い散るこの想い ならば
今 砕け散って 吐息にのせて

5年前 No.232

Namari ★Tablet=pqdL8tiVHk

ボクの言葉に意味は無いだろうね。
きっと芽吹く言葉には成らないんだよ。

枯れ葉が愛しく暖かいと感じるんだ。
きっと言葉に成らない美しさがあるから。
ならボクの放つ言葉もいつか最期には、

美しい枯れ葉に成ってくれたらいいな。

5年前 No.233

Namari ★Tablet=pqdL8tiVHk

廃墟の街中に寝転がる 飛び散る悲愁を感じる
点滅する信号機 進まずただその場に立ち尽くす
枯れきった街並み 孤独の中に蛍が舞い戻る

熱の無い光が暖かい 満月まですら保たないのに
淡く儚い姿に憧れて 蛍の様に美しく成りたいと

死ぬまで愛することが出来るなら 闇すら尊いと思う
終わるまで続いていく輝き 熱く爛れていくけど
いつかその瞬間に 熱の無い光の中にきっと
愛し尽くした果て 温もりの最期が迎えてくれるよ

5年前 No.234

Namari ★Tablet=pqdL8tiVHk

頭の中には理想論と楽観論
心の向きは合理的で悲観的

どうしてこうも両極的か

痛む心はまだある

まだ失望が出来る
それだけ希望を信じてる

けど楽に成りたいとも思ってる

絶望しきった世界がある
麻痺した感情がいくつもある

盾を貫くことも矛を防ぐことも
未だに出来ないままでいる

もう助けてくれる人は居ない

どちらに転んでも不思議じゃない

恐いなぁ

5年前 No.235

Namari ★Android=5F5stbQNwc

壊れた瞬間はいつだって怖く
気の鈍い心にも深く深く突き刺さる

咲いた花が散る瞬間を美しいと云う
けどそれは壊れた瞬間で死んだ姿
地面にこびり付いた花弁が怖い

死ぬ瀬が美しいと云うのなら
僕は怖いと目を逸らして

世界は狂ってると泣き叫ぶよ


━━━━━━━━━━━━━━━━━

携帯壊れて生き返った。
メビとリアルを切り分けてるからか
割とよく言葉を間違える昨今。

5年前 No.236

Namari ★Tablet=lqehpuwCKr

人生をやり直せるものなら、中学生からやり直したい。
日々の怠惰と無感動、無知、無私、罪悪感、劣等感、他多々。
何を思って今に至り、こんな死んだ自分に成ってしまったのか。
俺は一体何処で何を間違えて、挙げ句の果てに無くしていったのか。

応答は無いさ、俺の裏を全て知ってるのは俺だけだから。
歪んで軋んだ軋轢だらけの心内、幸深かった思い出は遙か彼方。
他愛ない会話すら尊く感じて、他愛ない歌すら綺麗事に聴こえる。

優しい人さ、俺はいつも間違って、認められない恐がりさ。

5年前 No.237

Namari ★Tablet=lqehpuwCKr

ふとした瞬間に消えていく不確かな情
生涯に一人だけを深く確かに愛せたなら

後はもういらないよ

5年前 No.238

Namari ★Tablet=lqehpuwCKr

不確かに霞む情をあと何回重ねようか
確かに愛した一人を裏切る様にあと何回

抱いた数だけ心の価値が死ぬ

5年前 No.239

Namari ★Tablet=lqehpuwCKr

例えばボクが道からはみ出したとして

見捨てて道を歩き続けるキミが好きになるだろう

5年前 No.240

Namari ★Tablet=lqehpuwCKr

ヒビが入った 隙間から漏れ出してくる感覚
得体の知れない何か 這いずり回って食い散らかす
あっとも言わせない間に 為す術なく消えていく
純潔な情と清廉潔白 無垢な心と真っ直ぐな瞳

瓦礫が降り積もる 整備されればされていく程に
必要ないと壊されていく 綺麗なまでに砂漠が広がる
水と愛で満たされても 理解出来なく成った身体が悲しい

5年前 No.241

Namari ★Tablet=lqehpuwCKr

心清らかな幼心 深く成るにつれて汚し方を知る

それはまるで地雷を踏み抜く様に一瞬で 確実な傷

避けようも無く無意識に 人の心を真っ黒に焼く

知らずに済んだなら 少しは安らかな日々に成ったかな

5年前 No.242

Namari ★Tablet=lqehpuwCKr

たった一人で歌うことは 悲しくなかった
誰も聴かない歌声を 一人で聴いてたさ
綺麗な歌声で 整った歌声さ 満足だった

自分が自分に縋り付いて歌う様 知るか
滑稽かい そうかいそうかい 知るか
自分を置いて行く 友を呼び止めようとね
知らねーさ いつでもそうさ 異端者さ
好きすぎて怪訝に払われる 知らねーよ

夢は夢 現に夢を語れば夢遊病患者扱いで
いつの間にか歌声は濁声に 楽観曲は臭う
臭ぇよ 臭ぇよ 肥溜めみたいに臭ぇんだ
ただの一言信じた そんだけで糞に塗れた

もうね 理解されたいとかって阿保らしい
好き勝手歌う 好き勝手歌ってやるよ
お前が好きだった歌声はもう何処にもねぇ

デスボイスで雑音喚き散らしてやるから
せいぜい高性能な耳栓で耳塞いどけ

5年前 No.243

Namari ★Tablet=lqehpuwCKr

綺麗すぎたアナタを汚す

だって綺麗すぎたから

ゲシュタルトが憎くなるくらい

5年前 No.244

Namari ★Tablet=lqehpuwCKr

波風が攫う 日々に溢れた喧噪を慰める
ボクは独りだ それだけは変えずに

夕日が光る 来る朝日が淡く見える程に
ボクは独りだ それだけは照らさずに

廃墟が泣く 腐り落ちる身体を繋ぐ様に
ボクは独りだ それだけは腐らずに

ボクは独りだ それだけは

4年前 No.245

Namari ★Tablet=lqehpuwCKr

勘弁願いたい程の雑念やら思考回路のショートに伴い停止中
観念しました 彼方から聞こえるアナタの清い声にお手上げ
莫迦にしようってんじゃないんだろうね 只ね 糞みたい

暗い夜道は危ないけど 自身が歩くには快適極まるよ
何に喰い殺されたって夜空は綺麗さ 仰向けに死んで浮かぶのさ
そしたらまぁ 落ちた枯れ葉みたいに擦り潰されて仕舞いさ

アナタは何時でも輝かしい ボクの目を潰す勢いで照らす
愛に適って盲目的にはね 実際は陰日向で休みたいだろうに
そんなもんか 人間 感情と理性で生きる 矛盾してんだ 元から

4年前 No.246

Namari ★Tablet=lqehpuwCKr

ボクが怒鳴ればアンタは思考回路のブレーカーを落とすだろうね
都合と性能のいいミュート機能を持ってるんだからさ
効いちゃいないよ ボクの恫喝なんかは 蚊の羽音にさえ劣る

只さ たまにくらい聴いてくれはしないんだろうかと
たまにくらい怒鳴らなせてくれはしないんだろうかとね
アンタの中でボクはセロハンテープ以下の役立たずだろうが
その高慢を張り付ける顔に 汚い唾を飛ばさせてくれないかい
わざわざ神経逆撫でてまでもアンタは怒鳴り散らすだろう
対等じゃない 対等じゃないよ いつまでたっても対等じゃない

悲しいね

4年前 No.247

Namari ★Tablet=lqehpuwCKr

忘れられない言葉は大概

心を癒してくれた言葉か

心に傷を入れられた言葉かな

忘れられない言葉は大概

そんな二択の矛盾を作るよ

忘れてしまった言葉は大概

心を癒しきれずに傷口を抉る言葉

忘れてしまった言葉じゃないな

忘れてしまいたい言葉かな

4年前 No.248

Namari ★Tablet=lqehpuwCKr

喘ぎ声で何かを叫べば 鼓膜を汚す様な淫猥しか飛ばないな
痛いし辛い 色を無くしていくってのはどうも削られて
心安らかな時間とか 何気も他愛も無い時間とか 常識とか
全部モノクロに見えてくる 傍観者にしか成れなくなる

これがいつぞや聞いた柔らな心かと 気付いた時には傷しかない
言うは易とはよくも言うか 糞みたいな妄言は最早麻薬だ
気色の悪い厚化粧で隠すしかないのかい 下手糞な俺にどうしろと

まぁ それが上手な人ほどゲスにしか見えなくなるなら救われる
一進一退も綺麗さっぱり消え失せて 傍観者も板ってもんさ

4年前 No.249

Namari ★Tablet=lqehpuwCKr

理想的な人ってなんだ アナタ以上を知らないってなんだ
そう言い放てる根拠はなんだ 貴方以上てなんなんだ
自分に優しい人なら理想的と言うんだろうが 笑わせるなよ

それが常識的な審美眼なのかい なら側に居るといいさ
ものの一月で知ればいい どれだけ汚いモノを理想的と勘違ったか
その上で愛すると言うのなら その愛を信じてアナタを愛せる

保たないさ一月と 愛する故の盲目に酔いたいだけなんだろう
見ない振りだっていつまでも完璧にはこなせないだろうから
知ってほしいモノほど誰しもが目を逸らすだけさ そうだろう

退廃した思考回路を正常に戻せる程の愛を持てるのか現代人

4年前 No.250

Namari ★Tablet=lqehpuwCKr

なんやろうな、此処にあーだこーだと戯れ言投下し続けんのもちゃんちゃら阿保臭なってきたな。
自己満と現実逃避とストレス発散の為に下らないこと書き続けたな、自分の限界を一々確認するみたいやったな。
抑圧された挙げ句存在価値を卑下するような生き方しか学べなかった、心底から残念なくらい人間だった訳や。

来世はヒグラシか彼岸花に生まれてきて、短い命を最大限に輝かせてから立派な死に光を放ちたいわ。

4年前 No.251
ページ: 1 2 3 4

 
 
この記事は作詞投稿城過去ログです
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>