Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(221) >>

あなたに歌って欲しくて

 ( 作詞投稿城 )
- アクセス(2042) - いいね!(33)

愛里棲 ★Lw9tq.r5aGQ

個人的に歌って欲しい誰かを特定もしくは想定して詞を作ります。批評、感想、歓迎します。タイトルも。

                            

1、こうして 貴方と肌寄せていても
  心まで 抱き締め合えるまでは 遠い

 風は冷たいけれど 

 闇に落とす 苦い記憶の中に
 蘇る日々を どうか信じて

 愛している 貴方を
 涙から 始まる

2、どんなに 貴方を想っていても
 傷ついた 心許せるまでは 遠い

 風は冷たいけれど

 夜を照らす 淡い光の中に
 蘇る日々を どうか信じて

 震えてる 唇に
 記すのは 愛だけ

2009/02/09 15:00 No.0
メモ2015/04/23 08:27 : かりんとう★PCIZI5qIX3_gpV

例えば、既に歌手の方が歌われてるメロディに言葉を当て込む方法もやっていこうかと思います


アンサーソングとして成立出来たらと考えてみたりー


閑話休題


此処のタイトルどおり

私には歌って欲しい人がいるー作詞をしてる理由は純粋にそれだけだ

主張するものもなし、目標もなし、ましてやノートに書き溜めることもしない

言葉に関わってるわりに何処か冷たく突き放してる

何故だろうー


何やら途中からいろんな人が書き込んでるね

ページ: 1 2 3


 
 
↑前のページ (171件) | 最新ページ

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

約束して待ち合わせたなら
言い訳出来ない
会いたい時に会える偶然
きっと相性良かったから
そう言うつもり

約束しないで待つつもり
誰にも言わない
一途さ隠し通せばいい

4ヶ月前 No.172

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

この空の遥か彼方に飛ばすしかない
叶わぬ想いは永遠の祈り
時が過ぎ記憶が薄れても
確かな言葉の温もり
優しい肌の労り
一瞬のときめき

そして終わる夢

この夜の静けさに紛れ隠してる
叶わぬ願いは明日へ捨てて
風が吹き今をかきけしても
確かな涙のあとさき
優しい声の労り
一瞬のステージ

そして終わる恋

4ヶ月前 No.173

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

閉ざされた未来が見える
丸い水晶の中
愛されるつもりはない
それは過去からの約束

一人きりで果てる未来
反射して光る
言葉が声がこだまする
昨日も今日も明日も

なんの為に生きるのか
綺麗な空を見ていたいから

4ヶ月前 No.174

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

最期の休息

もう いいよね
これからはもうない
此れまでもいらない
諦めているわけじゃなくて
あきれられているだけ
怖いものだらけの世の中で
生きてこれたのも
君のおかげ
口先だけの感謝より
もういいよね
此で終わりなんだ

4ヶ月前 No.175

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

あなたにラブソングは似合わない
ましてや応援ソングなんて
ただ一つ別れのロンリーソング
私だけの為に聴かせてほしい

どんなに時が流れ過ぎて
流行りに浮かれ 熱狂のモブには
肩透かし食らう
綺麗な言葉綺麗なメロディ
綺麗な声のあなたが耳元で癒してくれる

あなたに似合うジャンルなんてない
ましてやカラオケソングなんて
ただ一つ孤独まみれonlyソング
最期のその時に聴かせてほしい

こんなに愛し求めても
流行に嫌われ 取り残され
疲れてしまう
綺麗な声で綺麗なメロディ
哀しみの真ん中に聴かせてほしい

4ヶ月前 No.176

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

一瞬も見つめ合えない
目を反らすのが上手い人
一瞬の隙も見せないで
心奪う人
忘れて仕舞えばいいのに
忘れて生きてはいけない
貴方はありふれた私の名前だけ覚えて
顔は忘れてゆける きっと

愛しても黙って生きてゆく
愛されないなら仕方ない
私はありふれた貴方の顔忘れない
似た人見てしまう きっと

4ヶ月前 No.177

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

誰も知らない 誰も見ていない
其所で孤独が生まれる
人ゴミに紛れて消えられたらいいのに

悲しさと悔しさのスパイラル
自分を現すDNA
憧れることに夢中なら
羨むこともないよね

誰も見ていない 誰も聞いてない
孤独は溜息の中に
記憶に縛られる癖は抜けない

優しさと温もり重なる
願いを殺すリアル
気晴らしだけの人生に
悩むなんてバカだよね

4ヶ月前 No.178

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

たぶん 言葉にはしないでしょう
触れてはいけない 記憶がある
好きなもの 嫌いなもの
変わらないから

きっと 愛されはしないでしょう
知らないふりで 嘘つき通す
最初から 最後まで
守りたいから

時代遅れの純情がはにかんで
目を反らす
壊れものの一途を
もて余す
いつになったら女になれるのやら

世間知らずの純情が走り出す
目を凝らし
壊れものの一途を
追いかける
幾つになっても女でいられるかしら

3ヶ月前 No.179

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

退屈な日常 いつも独り言
声を出さない 笑わない時間
終らない
いつか耐え難い 淋しさに
追われて 襲われて
押し潰されて 生命消える前に
貴方に会いたい

気だるさの中目覚め 悪夢を引き摺って
声をからして 哭いてたみたい
終らない
そして未来から やって来る
不安に 脅されてる
追い詰められて 泣き出す前に
貴方に会いたい


3ヶ月前 No.180

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

気が付けば 初めから
諦めて俯いて歩いてる
この道
誰もが悩んでると判ってる
いい話は他人事
悔しさは自分のせい
そうしていれば
明日に希望しない
もしも
ライト落として余韻涙する
私を見つけられたなら
笑いかけて いつか

振り向いて思い出せる
懐かしい記憶一つもなくて
生きてる
カレンダーに記す予定もない
優しさに恋するだけの
日常は空しくても
そうしていれば
誰かに期待しない
もしも
眩しいライトの光が隠す
涙を見つけられなたら
笑いかけて ほしい

3ヶ月前 No.181

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

そうなることは おりこみずみ
哀しい結末へ 駆け足で急ぐ
誰も引き留めない
心が凍てつくような 瞬間
他人事と思えたらいいのにね
例えば それは 孤独さえも
見つけられない 深い闇

こうなることは 予定通り
遥か昔の自分 そんな予感してた
誰も追いかけない 目を合わせない
涙はすぐに乾くと 言ってた
シナリオのストーリーならいいのにね
例えば それが 孤独さえも
見つけられない 闇の底

3ヶ月前 No.182

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

きっと いつか と歌いながら
言葉で自分騙して行く
それでも 聴く人は無垢なまま
救われるのかな
日常と非日常が交差して
入れ代わる度に
憧れの現実が平凡な日々に
忙殺されても まだ
きっと いつか と泣きながら
言葉で諦めかける前に
今でも 待つ一途さに
エールを贈るよ

3ヶ月前 No.183

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

夜毎の乱痴気騒ぎ 繁華街はパーティ
入れ替り立ち替る 終わりない闇の底
疲れる程 眠れない程
魂を削る程 居る場所じゃない
呆れる程 青臭い 言葉じゃ
やるせない 癒せないとしても
目を閉じて もたれていよう
今から 始めよう 二人のために

3ヶ月前 No.184

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

怨みごと言わないように
我慢は禁物
愚痴で誤魔化して
ため息で終わらせたい

願いごと言わないように
期待は禁物
泣いて誤魔化して
ストイックで終わらせよう

前も 今も これからも
孤独に絡まれる人生だから
群れて戯れる 夢さえ見ない
それでも誰かを好きでいたい

3ヶ月前 No.185

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

嫌な記憶はそう今でも
夢の中で繰り返す出来事
ふとした時に思い出して
予測通りの不幸に嵌められてゆく
初めから諦める癖が抜けない
そんな哀しい女だから
優しさに泣いてしまう
見られるくらいなら
闇の底に沈みたい

3ヶ月前 No.186

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

仕方ないよ 一人だから
不安な夜は 彼の言葉で
慰められたい
彼の歌声エンドレスにして
諦めてるよ 終わらない
孤独な時間 泣きながら
愛する人もいない
愛されることもない

仕方ないよ 聴いている
だけ

3ヶ月前 No.187

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

天を仰いでも 消え去りはしない
身に付けた 哀しみは
風に吹かれて 立ち去るような
傷みは残さない
ただ一人の為に 生きられたら
良かったのに

好きな言葉を並べて 化粧しただけよ
それをみんな 嘘と呼んだ
雨に打たれて 流れるような
涙は見せたくない
ただ一人の愛 出逢えたら
良かったのに

3ヶ月前 No.188

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

黙り込む時間が私を育てた
愛されることに憧れた 少女は
騙されることに慣れた
しゃがみこむことで堪えた
愛されることは諦めて
泣かされることに慣れた
もう そろそろ いいよね
亡骸を捨てに 行こう

3ヶ月前 No.189

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

嫌われることで許されるのカモシレナイ
哀しむことでやっとバランスが取れる
誰かに打ち明けたなら
試練だから 運命だから 仕方ないよ
言われたつもりで うつむきます

見つめあって愛される夢だけ見てる
諦めることでやっと自分らしくなる
溜め息も呟きも
目を閉じた 闇の底に 落としてく
孤独は優しい 私にとって

3ヶ月前 No.190

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

絡み付くのは 嫌な記憶
絡みつきたい その素肌に
すがり付きたい 夜に
泣いている 夢を見る

幼心の願いごとは ただ
愛されたい 愛したい
愛だけそこにあればいい
愛が貴方であればいい

もう遅いから 眠りなさい
絡みつきたい 眠るまで
すがり付きたい その言葉に
目を覚まさない 夢の底

女盛りとうに過ぎて 今
愛されない 愛せない
愛だけが此処にないことを
知っているから 哀しい

3ヶ月前 No.191

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

昨日までの話を聞いている
それが理由なら仕方ない
静かに 穏やかに 終るのを
見てる
いつからか 噛み合わない
時間 愛はもうない
昨日からの雨が続いている
二人の明日はもうこない

いつからか すれ違う
言葉 愛はもうない
明日までに晴れそうもない
あの日の二人に戻れない

3ヶ月前 No.192

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

生まれて来なければ
こんなに悲しくなかった
それでもいいよと
抱かれる 愛は
私じゃなかった

イヤリング外す時の
指先の温もりは
イヤリング着ける時に
解る 横顔の冷たさ

真顔で聞いてみたい
生きていてもいいですかと
許されない罪
抱かれる 夢は
私に罰が下る

ドレスコードに拒まれ
入れないゲートの前
背伸びして届く場所
なんて 私にはないと



3ヶ月前 No.193

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

誰かに解って貰えるなんて
我が儘いうつもりもないのに
退屈しのぎその場凌ぎの
まやかしに 泣きそうになる

振り出しに戻って やり直せる
人生ない代わりに
死ぬまで貫き通せる
孤独が ほら騒ぎだした
これ以上 優しくしないで

僅かに残る希望のかけら
出来すぎた物語の最後に
置き去りにして 捨ててしまいたい
潔く 立ち去る為に

自分を愛し許せるまで
大人になるまでに
さっきまで隠し通した
孤独が 今暴れだした
これ以上 優しくしないで

3ヶ月前 No.194

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

何かの間違い いいえ
誰かのシナリオ通り
あんなに愛し合えた筈なのに
私は射ない

スポットライトの中 無理して微笑んだ
怖くて泣いたのを 誰も気付かない
そう あの時から終わりが始まる
転げ落ちて行く 速さに怯えてそれから

誰かの差し金 それが
仕掛けられた罠だった
信じて身を任せたその時に
貴方がいない

サーチライトに追われ たかれるフラッシュ
怖くて震えてた 悪夢にうなされて
今 あの日から今日までのできごと
転げ落ちてながら 止める術もなくこのまま

2ヶ月前 No.195

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

生まれて初めて 今まで
生きたこと 褒められたから
嘘でもうれしい
生まれて初めて これから
生きてること 感謝したから
何もかも終わって いい

否定の言葉で 今まで
生きたなら 嫌いになる
それは悔しい
簡単には 信じられない
生きてること もう充分
何もかも終わって いい

2ヶ月前 No.196

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

私は嫌われた方がいい
彼の好むtypeと違うから
傷付いて 癒やせない
怒りがこぼれ始める
賑わう街の片隅から
諦めたように落とす 眼差し
は 革命を誘う パピヨンに
変わる 飛び立つ
年老いた少年

私は出会わない方がいい
彼の邪魔になるだけだから
似ている 痛み抱える
二人なら潰しあうだけ
冷淡な街の空気が
弾き出す弧光の 眼差し
が 哀しみ誘う パピヨンに
変わり 飛び立つ
未来捨てた少年

2ヶ月前 No.197

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

傷口にすりこむ 優しさ
しみて痛い
だけど あのこは 助けと
いつも 微笑んだ
瞳が泣いてた

もう少しだけ そばにいて
話を聞いたら良かった
戻せない 時間のケージに
囚われて生きる
運命がここにある

傷痕がうづいてる 後悔
しみて痛い
それは あのこを 守れ
なかった 当然の
罰だからいいの

もう少しだけ 離れずに
心が知りたくい今でも
忘れない あの日のことが
記憶に突き刺さる
人生がここにある

2ヶ月前 No.198

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

あなたの哀しみが 運命を決める
私の心離さない
出会えるまで

罪があるから受ける罰なら
それは仕方ない
逃げきって笑う人の前では
話せない 真実

あなたの優しさで 魂が震える
うづいてる傷が
癒えるまで

嘘があるから今の暮らしてる
それは仕方ない
嘘突き通してる人喉仏前では
許せない 真実

2ヶ月前 No.199

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

過去から追われて逃げ出した
今があるから
未来から下りてきた
あなたに会えた今がある

笑って流せる程 大人になれなくて
ビクビクしながら どうしよう
怖くて泣いて自信がなくて いた

悪夢にうなされ飛び起きた
夜があるから
ぎゅっと繋いだ掌
朝陽とあなたが眩しい

2ヶ月前 No.200

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

何故なんだろう
ありがとうって 言われたら
さようならって 聴こえるんだ
誰かに心許したら 盗まれたもの
自分で取り返すまで
誰にも見られたくないもの
何故なんだろう
あの時言った いつかの意味が
貴方には 今もに聞こえた

さっき聴いた今もの意味が
私には いつかに聞こえた

2ヶ月前 No.201

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

哀しみの身代わりに落とす涙
涙にもならない 果てない孤独に
食い縛りながら
しゃがみこむ
膝間付いて俯いてでしか
云えない 言葉が街を流れる
あなたが 歌ってくれる
メロディに癒されるなら
其れが一番いい

優しさの身代わりに見せる笑みに
涙にしかならない 尽きない想いを
見上げる空の彼方に
飛ばしたい
背伸びしてよろける程遠い
言いたい 言葉がまだ此処にある
あなたが 歌ってくれる
心に色をつけて行く
其れが一番いい

2ヶ月前 No.202

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

傾いた道標 雨に打たれて
案内を拒むみたい
手を繋いで 向かう先に
もうこれ以上何があっても
戻らないと誓う

新しい世界なんて 初めからない
片隅に置いた記憶
辿るだけ 逸る先に
もうこれ以上なくすものが
ないから大丈夫

よく晴れた日に二人 出逢えた朝に
繋いだ手を 見て笑った

2ヶ月前 No.203

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

忍び込んで 見つからぬように
逃げてきた
最初で最後のフォーマル
話しかけず 交わす合図だけ
信じてた

壊されないように
守ることだけ
約束して 別れた

哀しくさせる 時間の経過に
押し黙る
最初で最後のセレモニー
泣いていた 優しさはもうない
終るだけ

忘れないように
きっと生きると
誓い立てて 離れた

2ヶ月前 No.204

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

泣き叫ぶような声で歌っても
立ち止まらせ振り向かせ 手を差し伸べる
ことはないでしょう
荒んだ街は通りかかる
優しさなんかない

風にかきけされてく願いごと
立ち竦みしゃがみこむ 冷たいほほを
両手でかくして
通り抜ける通りすぎる
哀しみだけが今

2ヶ月前 No.205

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

邪魔なのは 人の視線じゃなくて
今 近付けない ためらい
急がなくちゃ また離れてしまう
邪魔が入る 降りだした雨が作る
距離 umbrella 感じる
呼吸までも 逃したくない

2ヶ月前 No.206

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

その時が来たら この街を出よう
新しい生き方 手に入れるために
さっきから聞こえる
騒がしい出来事 こんな日常から
君を連れ出そう
ため息つく前に
疲れきってしまう前に

これから始まる 君だけの時間
新しい笑いかた きっと見つかるさ
意地悪な眼差し
誰も彼もが レッテル貼り付け
ケージに閉じ込める
哀しい決心して
泣きだしてしまう前に

2ヶ月前 No.207

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

そのままでいいんだよ
誰にも何も言わせない
今が忘れられないことで
泣いていても
ここから始まる明日には
二人でいること
約束

いいことなんてないと
何も見えない聞こえない
思い過ごしだった変えて見せる
泣いていても
信じてほしい
誓うよ

1ヶ月前 No.208

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

今思うと厳し過ぎたのかな
言葉も優しさも温もりさえ
なくしていたのに
ただ 今言えること 言いたい言葉
ラブレターにして 届けたくて
いる
あの頃の自分に そのままでいいんだよと
あの時の 哀しさ悔しさは
出逢えた未来の今を照らすエナジー

あの頃の自分に 刺さった棘は抜けない
あの時代の 生意気いたらなさ
笑いながら噛み締める 昨日の涙

1ヶ月前 No.209

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

過ぎれば忘れてしまう
忘れたくないと思っていても
タイムスタンプ 押した日付けだけが
永遠の瞬間
何の色にも染まらない 純な感性
後から 重ねて塗り潰した
後が残る

待ち合わせしない でいよう
忘れられないなら きっと会える
タイムスリーパー 思い続けるなら
永遠の瞬間
圧し殺して黙った 純な感性
誤魔化し 目を反らしてた日々に
さよならを


1ヶ月前 No.210

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

たった一言で気持ちは変わるのに
言わせたい タイミング外して
泣いてばかり
きっとそんな期待はいつも
言われたい でも叶わない
愛されない

躊躇うことさえまるで
忘れたように
初めから諦めている
どうせこんなものさって

1ヶ月前 No.211

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

記憶に焼き付いた 出来事に
うなされるみたいに
目に映る 景色が痛みに変わる
そうなんだね
話ならいくらでも いつまでも
聞くよ
君の心が安らぐまで
僕も笑えないんだ

そうなんだね
特別なことじゃない でも君の
ことは
僕の特別な人だから
今夜はおやすみ

1ヶ月前 No.212

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

いつかしなやかに 強かに
そして鮮やかに
笑える力がほしい

まだ幼い そんな気がする
どうにかなるさと 思えなくて
どうでもいいから 今があるとしたら
誰にも近付けない 離れて見てるだけ
フレーム中に 憧れ閉じ込めて

まだ拙い そんな気がする
嫌な予感悪いこと 絡み付く
どうしたらいいのか 抜け出せない
片隅で朽ちてゆく 廃墟に馴染むよに
こんなにも 惨めだなんて

1ヶ月前 No.213

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

いつまでも 話し続けていた
今この時を 逃さないように
これ迄の不運 忘れたくて

明日から眠りが
明日からの目覚めが
悪夢吹き飛ばして
爽やかな風 吹き抜ける
予感

悲しみ 灯を灯した心
消しにきた人 これからの未来
見えるように なれそう

肌に染みる真実に
昨日からの自分が
脱ぎ捨てて歩く今
鮮やかに 生まれ変わる
予感




1ヶ月前 No.214

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

ホンとの気持ち 見抜かれぬよに
会う日の仕草を変える
好きな気持ち 隠すために

憧れは永遠
生きる為に見つけた 光
刹那さは特別
悲しいと言えない
闇に一筋射し込む 光
なんです

1ヶ月前 No.215

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

隠し通せる 現実は きっともうない
靴紐ほどける 早く 綻び始める
知らない振りで 黙って笑う
敵わない

忘れたい 過ち 謝るより
信じられる 今を生きていきたい
ただ 其だけ 未来に誓う

29日前 No.216

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF


すがるような眼差し 向ける
捨てられた仔猫 みたいに
声かけて 手を差しのべる
許されないこと

誰かが見てる 気がして
目を反らして しまう
そうして 二つの心は壊れてゆくのか

突き放す 時間 夜が深くなるまでに
付き合わす 言葉が 噛み合うまでは
また 此処に来てしまう


17日前 No.217

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

そして いつか 気づく時が
来るとしても
何もかもが 遅すぎて 間に合わない
取り戻せない やり直せない

ただ 言葉をなくして 泣いているだけ

それは とうに 諦めていた
忘れられず
何もかもが 愛しくて 哀し過ぎて
追いすがる 立ち尽くす

今 出逢ってしまった 過去と未来が

16日前 No.218

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

疲れすぎたせいなのか
悪い夢が醒めない
去り行く人の背中さえ
追わない 追えない
廃れ行く 街並み
虚しさは 風に化わる
そして 一人歩き出す

何処へ向かえば会える

3日前 No.219

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

眩しさにうつ向いた 心
項垂れて生きるイメージに
とらわれた時
耳許に流れたメロディに
泣かされて 空を見た
歩き出せる あと少しだけ
そんな気がした

3日前 No.220

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

身を任せる恋は終わり
心は残される
去り行く 幻
優しさが身にしみるなら
愛に変わるまで
泣き暮らすでしょう

2日前 No.221
ページ: 1 2 3

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる