Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(156) >>

あなたに歌って欲しくて

 ( 作詞投稿城 )
- アクセス(1522) - いいね!(22)

愛里棲 ★Lw9tq.r5aGQ

個人的に歌って欲しい誰かを特定もしくは想定して詞を作ります。批評、感想、歓迎します。タイトルも。

                            

1、こうして 貴方と肌寄せていても
  心まで 抱き締め合えるまでは 遠い

 風は冷たいけれど 

 闇に落とす 苦い記憶の中に
 蘇る日々を どうか信じて

 愛している 貴方を
 涙から 始まる

2、どんなに 貴方を想っていても
 傷ついた 心許せるまでは 遠い

 風は冷たいけれど

 夜を照らす 淡い光の中に
 蘇る日々を どうか信じて

 震えてる 唇に
 記すのは 愛だけ

2009/02/09 15:00 No.0
メモ2015/04/23 08:27 : かりんとう★PCIZI5qIX3_gpV

例えば、既に歌手の方が歌われてるメロディに言葉を当て込む方法もやっていこうかと思います


アンサーソングとして成立出来たらと考えてみたりー


閑話休題


此処のタイトルどおり

私には歌って欲しい人がいるー作詞をしてる理由は純粋にそれだけだ

主張するものもなし、目標もなし、ましてやノートに書き溜めることもしない

言葉に関わってるわりに何処か冷たく突き放してる

何故だろうー


何やら途中からいろんな人が書き込んでるね

ページ: 1 2 3


 
 
↑前のページ (106件) | 最新ページ

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

殺気を連れた風が頬を刺す
もう何処にも逃げられないと
脅されても
これ以上泣かせたくない
あなたと
闇に隠れるクライマックス
昨日は捨てて

4ヶ月前 No.107

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

今夜も 明日も 曇り空
眩しい日射しの季節はない
あなたの言葉で気持ちは陰る
今夜も 明日も これからも
眩しいあなたの幸せは
見知らぬ誰かのものだから
今夜も 明日もも 返らない

4ヶ月前 No.108

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

自分でさえ見えない
傷痕が疼いて 痛むなら
もう 暫く此処に居ていいよ
時間の壁が引き裂いたあの時
お互いに知らされずにいた
愛おしさは今この胸に込み上げるのに
誰にも気付かれない
ままに

突然に甦る
傷痕が眼を覚ます
もう 暫く泣いていていいよ
記憶の風が吹き荒れたあの頃
お互いに見失っていた
愛おしいさは今本物に生まれ変わるよ
魂の片割れが
此処に

4ヶ月前 No.109

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

長い長い人の歴史を押し流してしまいそうな
昨夜から降り続く雨にまた
期待をかけている
誰一人も訪ねて来ない部屋のわけは
決して止まない雨のせいじゃないと
知ってる
深い深い人の想いを押し流してしまいそうな
時も風も吹いてはくれない

4ヶ月前 No.110

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

つかれた嘘が優しさだった
其が真実でも裏切りでも
泣くしかないから
噛み合わない言葉の切れ端が
刺さって痛くて

触れ合うことも許されず
憎しみ残す程向き合えない
俯いて止めた
明日見る夢は昨日のうちに
踏み潰したから

4ヶ月前 No.111

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

雨に流されて消える それは愛の残像
瞬きして記憶に止めたいのに
やっと出逢えたと思ったのに
彼に手を引かれて来たのは
別れましょうって云わせる為の
スライドショー
もう 会えないのかな

時に流されて消える 彼が過去になっても
忘れないから今も進行形
きっと思い出にならない
だから語ることもない
別れましょうって言ったのかな
スローモーション
まだ 泣いてるみたい

4ヶ月前 No.112

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

悲しみを噛みしめている
心は青ざめて震えてゆくのに
隠して騙して気にしないでいられたら
いいのに 駄目みたい
せめて最後くらいかっこ付けて
いい女になりきりたかった
だから 視線外し何も言わず 頷いたけれど

刹那さに泣いてるのさ
言葉は精一杯強がり集めて
憧れ愛しさありふれた感情全て
残ってく 駄目みたい
そして最後は笑って差し出した
いい女に見せたかった精一杯
そうよ 手の温もり忘れない それがすべて

4ヶ月前 No.113

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

誰に嫌われても
誰かに憎まれても
君が笑ってくれるなら
それが一番いい

人知れず泣いてること
横顔に描いてある
人知れず君を守りたい
望まれなくても
昨日の哀しみが明日に繋がらないように

3ヶ月前 No.114

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

別れる為に出逢い
失う為に今始まる

それが運命なら 運命じゃなくても
忘れたくても
覚えていても
忘れたことにして

風にさらわれるように
季節は廻り
巡り合わせの偶然は奇跡
それが運命なら そう信じたい
これまでのこと
これからのこと

3ヶ月前 No.115

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

別れても 離れても
時間を越えて また会えると
信じてる
スレ違い 行き違い
焦って決めた 応えも次に
繋がっている
もし 腐れ縁であってもいい
ループしながら 思い悩んだ頃に
きっと 会える
シンクロニシテイ 偶然は奇跡じゃない

3ヶ月前 No.116

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

モザイク コラージュ
恋に疲れた心で
壊れた破片集めてまた
組合わせても 未完成なまま

かたときも忘れなかった
耳に残された言葉は
何度もこだまする
いつしか記憶から消えてくのなら
せめてかき集めて胸の奥に
しまって おきたい

3ヶ月前 No.117

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

あと少し時が立てば
人生の時間は終る
決められた運命さ 仕方ない

もう少し生きたかった
なんて思わないほど
愛した人がいたから いいよね

あと少し時が過ぎて
思い出せる記憶も薄れ
叶ったことだけ 数える

これから向かう先は
高く深い新世界
愛した記憶だけ 今ここに

3ヶ月前 No.118

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

誰が裏切ったの 一人残されて 今
泣いちゃ駄目だよ 負けちゃ駄目だよ
誰が仕掛けたの 闇に置き去り ほら
真実も嘘も 見えない

いつだって痛い記憶が足枷に
昨日も今日も明日も過去も未来も
縛り続けるのは 自分の弱さだって
知ってる

誰が仕組んだの 孤独が囁く 今
泣いてもいいよ 今夜は特別
誰に騙されたの 仕方ないこと でも
優しい人は いない

3ヶ月前 No.119

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

はりつめた気持ちが溶けて行く
重く暗い空切り裂いた
声が聴こえたから
それは私だけの小さなときめき

スポットライトの中に見つけた人

日常に疲れてうつむく
人の中に埋もれながら
声が聴きたくて
それは私だけの安らぐ瞬間

マイクスタンドの前に見つけた人

3ヶ月前 No.120

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

遥か彼方を見ているわけじゃない
あなたの遠い未来のいつかに
自分を探しみただけ

街は今夜も眠る夜を忘れ
悪い夢ばかり見せる
明日は永遠に昨日の続き
今日は明日の予告編
簡単に因果は壊せないから

目を細めても凝らしても見えない
自分の遠い過去の傷みから
あなたを見失うだけ

2ヶ月前 No.121

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

待ち疲れて眠る幼子のように
寄り添って生きられない
人を思い続ける 今夜も

誰かを愛するその人が好きで
誰かを不幸にする姿は見たくない
から
孤独という時間
孤独という空間
を選んだだけのこと

それでも待ち続けて泣いてる
幼子の髪撫でるような
ほんの少しのぬくもり
夢見て微睡む 今夜も

2ヶ月前 No.122

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

風に揺れる か弱き花のよう
そこで咲いてちゃ
踏み潰されそうさ

細い肩に 降り積もる
哀しみは冬に溶けない水になる

誰も見ない 見えない
差し出した掌さえ 遮る
何が君の行く手を奪う

風に揺れる 心震わせる
目を離せない
僕は恋に落ちる

細い腰にくい込むライン
哀しみは夜に悪い夢見せる

あんなこと こんなこと
話さなくていいから
君の背中に手を当てる

一緒に歩いて行こう

2ヶ月前 No.123

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

迫り来る不安を闇に託して
許される筈もない
言葉だから 呑み込んで
堪えた

明日には忘れたよといい放つ
何時でも陽気な彼に癒されてる
新しい今が始まる予感

秒刻みに時を操る摩天楼
打ち明けたくない
思いだけに 嘘ついて
堪えた

昨日から大丈夫と言われてた
何時でも陽気に笑っていたい
新しい今を生きるために

2ヶ月前 No.124

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

誰かが笑うなら 誰かは泣いてる
それは仕方のないルール
恋してるその時に 泣いてる

思い出はいらない そう思えたなら
今 恋が愛に生まれ変わる瞬間

その人目を見つめ あなたが笑うなら
その人の手を引いて生きるなら
試されてる自分に 泣いてる

明日強くなれる 自分信じて
今 恋が愛に生まれ変わる瞬間

2ヶ月前 No.125

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

最後に読んでと渡したメッセージ
貴方の物語 半生のレビュー
いいえ それはラブレター
違う きっと遺書の替わりになる

去っていくから残してく
消えてゆくから捨てて行く
言葉はもう意味をなさない
空に翔ばそう

愛だの恋だの優しさぬくもり
微睡みに見る夢 フィンタジー
いいえ トラジディ
違う 孤独が言わせる戯言

イメージをかたちにして
祝福のシャワー浴びる
憧れは言葉にならない
風に翔ばそう

2ヶ月前 No.126

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

雨降る夜更けに たどり着いた部屋
冷えきった身体を温めて欲しい
それ以上外に要らないから
静かな夜更けに響く 気取った
囁き 予定外のオプション

心ごと凍りつく 私はシルクのシーツ
有り余るエナジーもて余す
温かいブランケットの貴方

雨止みそうもない 朝に絡み付く
伸ばした腕もを振り切って
これ以上求めないように

心ごと溶けて行く 私はシルクのシーツ
ひとときを感じるのに
背を向けて眠る罪な貴方



2ヶ月前 No.127

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

あんなことがあったから
なんて
記憶してる人がいる
それよりも今を
生きていたい

あんなめにあったから
なんて
見ている人達がいる
そんな視線にさらされても

心潤す歌がある 心通わせる歌がある
歌い続けていればいつか
笑い飛ばせる 自分に会える日まで

どんな惨めな仕打ち受けていても
恥ずかしさに俯いても
一つ残らず今を生きる
エピソード

心育てる歌がある 心癒される歌がある
歌い続けて行く私
信じ会い笑う 人に会う日まで


2ヶ月前 No.128

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

不幸な過去を生きる 可哀相な自分
だから 守ってと言ってた あの子
繰り返す度に 増えて行くエピソード
だから 支えてと泣いて見せる

頷いて聞いてくれる 人に囲まれ
孤独 知らないまま寂しいと
繰り返す度に 増えて行く仲間
結局 愛され自慢だった

不幸なエピソードなら なかったことに
しないと生きられない
話す相手もいないし
話すつもりもない
明日も昨日の続き 今日はリハーサル

2ヶ月前 No.129

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

貴方を知るまで 世間知らずな女だったから
貴方に声かけられ 一瞬のクライマックス
ひねくれた心の雁字搦めの 糸ほどけた

貴方を知る程に 惨めな自分が俯く
貴方に肩抱かれて 一瞬のクライマックス
一生一度の夢物語 噛み締めた

それもこれも過ぎて仕舞えば其所にいない
誰もいない

2ヶ月前 No.130

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

いらないこと 言いそうで 嘘をつく
一度嘘ついたなら 戻せない

過去からのメッセージ
記憶に怯えて
幸せになれない なるのがこわい

よけないこと 言いそうで黙りこむ
ため息数えて 壊す時間

自分語りなど出来ない
思い出一つも
つまらない女 なるのがこわい

2ヶ月前 No.131

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

デイドリーム 貴方に愛される幻
デイドリーム 貴方と歩きながら

やっぱり 独りなの もて余す黄昏
話し相手さえ 見つけられない
このまま生きるのは 不安しかなくて

デイドリーム 貴方は架空の恋人
デイドリーム 結ばれることない

やっぱり 独りきり 眠れない夜
ため息が溢れて 化石に変わる
過去からの伝言に 耳を澄まして

2ヶ月前 No.132

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

ムードで落とす 思わせ振りし掛けて
本気にさせるまでが 恋だと 呼ぶ人に
恋をした

言葉は希望だけ 喉が乾いたらキス
気が合えば恋だって 信じないから
大丈夫

2ヶ月前 No.133

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

急ぐことないさ 焦ることない
いつか果てる 解ってる
誰より儚く 誰より寂しく
生きたとしても うまくやれるさ

嘆くことないさ 鳴かなくていい
どうせ果てる もうすぐに
誰より惨めで 誰より哀しく
終りが着ても 笑ってみせるさ

ああ 闇を引き裂く 彼の声が聞こえる
今 夜を駆け抜ける 彼が見える

2ヶ月前 No.134

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

運命があるのでしょう
折角 出逢えたのに別れてしまう恋人達
隣り合わせに生きられなくていい
どうせ 選ばれないのなら
今は 遠くから見てる
いつか 話せる時が来ても
きっと 泣いて言葉も声もなくすこと
解ってるから

それも運命でしょう
それでも 同じ時代空の下生まれたことすべて
憧れが 消えぬよに
目覚めない夢でいい
それは 心の支え生きるあかし
彼の 溢れるエナジー眩しさに
空晴れ渡る

1ヶ月前 No.135

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

そうやって 八つ当たりなんかして
見透かされているのに
いつまで隠し続けるの
黙っていても 顔に書いてある
愛しさ 儚さ 悲しさ
そのすべての思いが駆け巡るから
再会なんてしなければ良かった
誰もが自分より幸せに見える
瞬間が 永遠に変わるから

どうやって 忘れようとしても
なかったことに出来ない
さっきまで笑っていられたのに
声も言葉も 奪われてしまう
優しさ 温もり 残り香
そのすべての記憶に引きずられながら
出会いがしらの戸惑いさえも
誰もが自分だけ不幸に見える
瞬間が 永遠に変わるから

1ヶ月前 No.136

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

多分 記憶喪失なの
過去も未来も信じない
今だけ 生きていればいい
悪い噂 嫌なデキゴト
逃げ出言い訳は溢れている

この街から脱け出しても
次の街できっと同じこと
繰り返すから

多分 旅人になる
行方不明が名前になる日まで

1ヶ月前 No.137

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

風が季節を変えて行く
風の冷たさ肌に沁みるように
悲しい人は腕を抱えて
澄み渡る高い空を見る
何があっても気持ち変えない
失うものの大きさ深さに
今もこれ迄も
悲しい人は静かに笑うのに
涙は落とさない

時が記憶を変えて行く
忘れられるから生きて行けるのに
悲しい人はため息を呑む
晴れ渡る遠い空を見る
新しい自分に出会えるまで
失う人の大きさ深さに
今もこれからも
悲しい人は心うつむく
言葉は落とさない

1ヶ月前 No.138

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

闇に目覚める野生の魂
煌めく街の賑わい賑わいに集まる
奴等に 火を付けて立ち去る
コヨーテ
あの日あの瞬間 傷みに歪ませた頬
見せしめに晒されてから
真昼の日差しが眩しくて
目を閉じて微睡む 私

闇は隠してくれるから好き
謎めく悩ましく巻き込まれても
奴等に 心落とさない絶対
コヨーテ
あの日あの瞬間 刻まれた誓いは今
悲しみに染まる馬鹿な女
微睡みの中で 私

1ヶ月前 No.139

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

その一言で 心は破滅する
だから 聞かない会わない
裏口扉開けて非常階段かけ降りた

無責任に愛を語らう人程
何故 いつも魅力的に映る
いつまでも大人になれない
焦りが 終らせる
恋愛一歩手前

その一言が 多いせいいつも
だから 悔やんで泣いてる
裏口扉閉めてため夜風にとばす

言葉なしで愛し合えない
何故 いつも遠ざけてばかり
明日はと意気込むわりに
焦りが 終らせる
失恋一方通行

1ヶ月前 No.140

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

この投稿はフィルタされています。表示するにはアカウントにログインして下さい。

1ヶ月前 No.141

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

夕闇に背を押されたなら
そんな予感
急ぎ足で帰る部屋には
淋しさが手招いて待ってる
一人でいても 誰かといても
冷たい夜風が体ごと凍らせる
夜明けまで 眠れない

朝陽が射し込んだなら
そんな予感
眩しさに気を取られて
躓きよろけてしまう
一人は怖い 明日が怖い
なかったことになる現実見せられ
夜更けまで 動けない

1ヶ月前 No.142

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

衝撃的な 劇的な 出会い夢見るよりも
退屈を日々を楽しめるように

どうせ過去の記憶は嫌なことばかり
覚えているから
思い出したくない 流してしまいいたい

きっといつか次の出会いが忘れさせて
くれると信じていなきゃ
やってられない
ついてない

どうせ今は冴えない自分でいても
人生が終る頃
笑いながら見てる 聴いていたいから

きっといつかそんな不思議な縁
の恵み信じていなきゃ
やってられない
ついてない

1ヶ月前 No.143

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

何事も初めから諦めている
それでも
彼の声に言葉に癒される
何もする気にならない無気力に項垂れ
それでも
彼を見てる時だけ 生まれて良かった
生きてて良かった
そう思える

過去から逃げ続けているから
誰とも
話さないまま過ぎる日々に
自分の人生なかったことに
それでも
彼を見てる時だけ 生まれて良かった
生きてて良かった
そう思える

1ヶ月前 No.144

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

もしも 運命に引きずられ
魂が震える程 熱い人に
出会えたとしても
彼は 私を選ばない
そんな気がして 涙落とすでしょう
いつか 運命に騙されて
愛を嘲笑う人と
すれ違うだけで
わかる 生まれた意味
肌に沁みて 涙落とすでしょう

1ヶ月前 No.145

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

化粧は嫌い 匂いが駄目なの
出来れば 仮面で隠したい
表情 揺れる感情
ネイルカラーをピンクから
ブルーに塗り替えるから
お願い わかってほしい

化粧は嫌い 肌が呼吸困難
苦しい サングラスの下
症状 落ちる感情
リップカラーの色抑えて
見透かされたとしても
お願い 知らないふりで

1ヶ月前 No.146

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

泣く時は いつも 一人
ひっそり
悲しくて 悔しくて
寂しくて

泣かない 自分で 居るために
意地張ってたら
いつのまにか 笑い方
忘れてた

誰かが気にかけてくれる
人になれないなら
それが一番 いい

夢の中で いつも 一人
泣いてる
虚しくて 切なくて
怖いから

泣けない自分でいることに
なれることない
最初から諦めて
生きているだけ だから

1ヶ月前 No.147

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

特別な感情に巻き込まれない為に
いつも明日に期待しない
特別なsituation出会わないように
いつも其処に愛じゃなく
孤独見つめているから
天の邪鬼でいられたらいいのに
育ちが阿婆擦れであれば良かった

天の邪鬼でいることになれたなら
育ちが擦れっ枯らしであれば良かった

1ヶ月前 No.148

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

退屈がそうさせる
見つめてしまう
孤独がそうさせる
見とれてしまう

愛じゃなくてもいい
触れてみたい衝動
今じゃなくてもいい
気が向いたら 会いに来て

1ヶ月前 No.149

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

目覚める時間が擦れて
会話が噛み合わなくなっても
まさか 隣りにいる人が
私じゃなくなるなんて

悪い夢にうなされるみたい
次の言葉が出てこない

互いに寝顔見つめてた
さよならと語りかけながら
まさか 違う明日夢見て
選んだ私達の現実

よくあることだよだなんて
言われたくなかった

1ヶ月前 No.150

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

風にほほ晒し乾いた肌がこれ以上
夜に凍えて仕舞わぬように
両手で抱えながら
いつのまにか何時からか一人
眠れずに街を歩いている
出逢うすべてのものが愛おしい
そんな気持ちになれるまで

風が消して行く傷痕がまだ疼く
時に埋もれて仕舞わぬように
指先でなぞりながら
昨日から未だ逃げ出せなくて
変わらず無垢な夢の途中
失うすべてのものが愛おしい
泣き出しそうそんな気持ち

1ヶ月前 No.151

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

星明かり恋しくて 眩しすぎる
街灯背中に 夜の闇に向かう
待ち合わせて 待ちぼうけて
会えずに別れた 運命の人
探すみたいに

月明かりの陰に 静寂を笑う
街を洗う雨音 聴きながら夜へ
待ちきれずに 過ぎて行く
思いは遠ざかる 運命の罠
かかるみたいに

24日前 No.152

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

無邪気になってゆく
誰かを好きになれば
それ以外のすべてを
なくしても

すがり付きたい
言葉に温もりに
一瞬が永遠に代わるまで

裏切るつもりもない
誰かを好きになれば
感情が先走る
止まらない

愛し抜きたい
叶わぬ現実に
思い知らされたとしても


18日前 No.153

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

そうさ あの日は 無様に泣き濡れた
誰も彼もが堪えて震えた日
いつか なれるさ 思い出に代えて
後悔も嘘もみんな
待ちあわせている 約束の日に向かって
歩き出すんだ

まさか こんなに 思い知らされる
待ち構えていた運命に墜ちた
いつか 出会うさ 傷跡隠しても
いつも優しいあの人
待ち焦がれている 高くすんだ空
見上げるのさ

12日前 No.154

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

ため息混じりに 話すくらいなら
もう 駄目だね
後悔はしない 笑い話にも
しないつもり

風化してきっと記憶に残さない
そう信じてる
愛は私に冷たい 爪痕さえ
残さない

街の風景が 変わりすぎるから
もう 駄目だね
いられないのさ 時代に見棄てられ
行くみたい

フェイクニュースに巻き込まれ
真実が見えない
愛は私に冷たい 振り返る
こともない


11日前 No.155

かりんとう ★Android=Z5Reg3vHhF

目眩の渦に捲き込まれてゆく
そんな感覚 してた
一人 残されてゆく
現実にしゃがみこむ

もう若くない 時間を先送り出来ない
今から会えないのなら
この先もあるはずもない
愛れていなくても愛してた

悲しみの雨に打たれ続ける
悪い夢 見てた
一人 遠ざかる
風景に立ち竦む

もう戻せない 明日も昨日もこの場所に
引きとめる言葉もない
愛していてると言えない

3日前 No.156
ページ: 1 2 3

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる