Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼ページ下 >>

優しさについて

 ( 詩投稿城(感想版) )
- アクセス(191) - いいね!(2)

赤い苺 ★48w4c4viKy_pzR

わたしが足りなかったのは
「優しさ」だったんだなって最近、思った。

わたしが人に「優しさ」を持てないのは、
わたしが、何時も、人に罵倒されていたからだ。
ほんとうのわたしは、優しくて人に与えることが出来る人間なのに。
罵倒のせいで、劣等感を植え付けられ、劣等感をぬぐうことに奔走していた。

他人に振り回されて馬鹿だなとおもう

相手に優しさを求めるのならば
自分も優しさを求めないとならない
持ちつ持たれつであるとおもう

相手をリスペクトしなければ
自分もリスペクトをされないであろう

これは当たり前のことだとおもう

強い人は弱い人に向かって
罵倒をしたり、こけおろしたりする

しかし
ほんとうはその弱い人のほうが
強い良いものを持ってたりするのだ

いうことを誰か教えてあげてほしい

強さは悲しみや苦しみを知ってるひとのことをいう
強さは優しさだ
勝つことではないとおもう

結局は己に勝たなければならないと思う

教えてくれた人に感謝します

関連リンク: 女子高生徒 
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる