Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(5) >>

女子高生徒

 ( 詩投稿城(感想版) )
- アクセス(111) - いいね!(1)

ひよ @hiyojirou ★iPhone=rIwCZKXvvH

おいで、と手招きされ
後退りしながらも疼く心に促され

触れる
触れ囚われる

触れた先から炎が息吹く
巻き上がる熱に全身を焦がしながらも
深淵の泉は静かだ

たった一雫
落ちてくるその一雫を待ち望んで静寂を保っている

拡がる波紋が
全てを解き放ち全てを喪失し
『全て』が何も無いのだと言う事を
知りもしない頃から本当は気付いている

獣は身の内の其処彼処に潜んでいて
破壊衝動に恍惚としながらスカートの奥を
疼らせている
震わせている

陰獣をすました顔で匿っている
荒ぶれる獣を飼い慣らす術を試す時期

哭くや蒼き頃

9日前 No.0
ページ: 1


 
 

赤い苺 ★48w4c4viKy_pzR

ひよさんのこと
少し知ってるので

自分には、深い悲しみのように思えます。
でも、世の中には鈍感な人間が居ます。
とても、健全で、貴女が綺麗な人だからこそ、感じる感情なのかなと思ったり。
言葉には無いトラウマだったりするのかとおもうし、

自分も、鈍感じゃないから、
同じ立場だったら、何かを捨ててしまうように思います。
そして、何かを捨てたために大きな夢を無くすように思えます。
でも、いろんな体験と時間との間で「忘れる」という能力を持って
次第に自分をゆっくりと、無垢なもの、取り戻してゆくんじゃないかな。
神様が居れば、愛する人を与えたり、するんじゃないかなとか、、、わたしはそうでした。
ほんとうは、この感想もわたしが云える立場じゃないのを解って、書いてます。
本来の本当の貴女が、一刻も早く取り戻せたら良いです。
忘れるってこと、、大事ですね。

火傷の傷跡あります。傷は残ってます。腕に大きく。
心の傷ってのは本当に残るものですね。
幸運を願っております。

3日前 No.1

ひよ @hiyojirou ★iPhone=rIwCZKXvvH

赤い苺さん


いつも暖かいコメントをありがとうございます。

なんだか、心配を掛けてしまったようです…。
ごめんなさい。
読む人によって、気遣いをさせてしまう様にも受け取られるのかとも思い、興味深くもありました。

赤い苺さん、大丈夫です。
この詩は、私の傷を言の葉に載せたものではありません。優しい思いやりの言葉が嬉しくもあり、申し訳なくも成りました…。

これは、私の中のオンナの部分を…思春期の頃の芽生え始めた情念みたいなものを、最近読んだ書物に感化されて創ったものです。

私は性を、愉しむものだと思っています。
それを公言する事に、躊躇いを持たずにいられる環境の中で思春期を過ごしました。

なので、この詩の主人公である女の子は、
芽生え始めた自分の中の獣を飼い慣らす術を知っていく過程での葛藤と言うか、思惑と言うか、そういう事を謳っています。

けれども、こんなに不安や心配を掛けてしまうという事は、表現がまだまだなんだと反省しております…。

すみません。
読んでくださってありがとうございました♪

2日前 No.2

赤い苺 ★48w4c4viKy_pzR

★そうですか。お元気でいてくださって良かったです。
今後は、創作物だとおもって鑑賞させていただきます。


私は性を、愉しむものだと思っています。
それを公言する事に、躊躇いを持たずにいられる環境の中で思春期を過ごしました。

なので、この詩の主人公である女の子は、
芽生え始めた自分の中の獣を飼い慣らす術を知っていく過程での葛藤と言うか、思惑と言うか、そういう事を謳っています。

★わたしは生理になったとき泣きました。
嫌悪感があったんです。なので、愉しむってことも拒否してました。
けど、子供のころのほうが、ほんとうは本能に一番近いと思います。
大人になれば、性は「守り」の姿勢に入ってしまいます。
母から聞かされた怖い堕胎の話などで、幸運にも、怖がってました。
忘れてるのかもしれないですが、子供のころのほうが性に興味があり官能を感じるものですよね。強く深く。
思い出すとそう思います。中学よりも小学生のころのほうが強いように思います。

2日前 No.3

赤い苺 ★48w4c4viKy_pzR

なんどものレスになり申し訳ないです。
わたしはこのレスでもうこの詩にはレスを書きませんのでよろしくお願いします。
わたしは、あなたのことについて言及してあなたを傷つけてしまったように思えます。
わたしにも癒えない傷があり、今だに苦しんでいます。
誰にも触れられたくないです。
今も、自分を騙して過ごし、誰にも気づかれずに過ごしたいと思ってます。
苦しいから詩を描いて過ごしてまして、そういう気持ちに気づかずにごめんなさい。
謝ります。
これからは言及しません。
わたしも触れられたり中途半端に言及されたくないと思ってることあるんで。。。
ぶしつけで鈍感で本当にすみません。許してください。
お返事にもレスつけないので安心されてください。
これからもよろしくお願いします。

他の人からみれば、どうしてそんなに悩むのだろうかっていうことが
本人の宿命というか家族によって抗えない傷をわたしは持ってます。
失礼します。

1日前 No.4

ひよ @hiyojirou ★iPhone=rIwCZKXvvH

赤い苺さん

大丈夫です。大丈夫ですよ♪
私は、赤い苺さんの書いて下さったコメントで嫌な思いや傷ついた事など一度もありません。
それどころか、いつもいつもとても嬉しい気分にさせて頂いてます。

なので、これからも私の詩を読んで思った事をそのまま伝えてくださいね。

と…言うより、逆に私の詩で赤い苺さんにしんどい記憶を呼び起こさせてしまったのでは…と、こっちの方が恐縮してしまうくらいです。
そしてその事に関しては、もしそうなのだとしたら、大変申し訳ない気持ちになるのと同時に、それ程までに真剣に読んで下さっているのかと、不謹慎かも知れませんが、書き手としては嬉しく思ってもしまいます。
なので、ごめんなさい。

そして心から、ありがとうございます…と赤い苺さんには伝えたいです。

詩を通して、こんなに相手を思い遣れる赤い苺さんは、本当に素敵な方だなと思います。
こちらこそ、これからも宜しくお願いします♪

14時間前 No.5
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる