Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(2) >>

『太陽』『とき、おと』

 ( 詩投稿城(感想版) )
- アクセス(115) - いいね!(1)

沙織 ★mlevaqecul_keJ


 『太陽』



 不思議な太陽が、あたしの背をちぢませる
 あなたは、あたしの背をおもく 踏みつけて、そら へ
 大きく手を伸ばす

 じりじりと 照りつける太陽は
 ちっとも誇り高く見えないから
 必要とはしない

 必要なことは
 必要なものは
 どこかしら

 太陽は、いつだって 教えてくれないわ
 そっと 沈めようとしたあの泥の奥に
 縮こまった背のむこう に

 だから、太陽は見ないの

 身体にとりこもうとする養分に
 あたしを溶け込もう、なんて しません

 自然に溶けだしたものは、……捨てることにしているの
 要らないから
 不要なものしかないわ

 大事なものをさがしたくとも

 不要なものしかないわ

 息をするために それだけに




 『とき、おと』

 とき、おとあれ をわらう 、
 ふ、わらえ お わらえ


 と、染まり染まれ あれ、を 干して 星の 洗濯 に


 先導していく、ことばたち の、きらめき

 ふれあおうとする 一瞬のまたたきに

 傷ついて、捨てられていく、それ、に

 みてみぬふり 、しらない って


 横顔は平坦な壁を わすれたまま かたまってる

 忘れ去られて、置き去りにされた クレヨンは

 まるで でろっと とう、って 空に いった、わ


 どうして、っはね は、生えないの かしら

 あたし、 あれに のって

 空に いった
、あたしの クレヨンに

 あいに、いきたい わ

ページ: 1


 
 

くら @goburin ★SavZ0HjCRh_keJ

こんばんは。

大変良い調和があると思います。
特に太陽の1〜4連はとても勢いが乗っていると感じました。
きっと4連で終わってもいいのだけれど、
そこから言葉を続けるところに、
良い意味での挑戦心を感じました。

とき、おと
言葉から感じる印象を、
僕が再度、言葉にしようとしたとき、
それがすでに詩文のなかにあることに驚きました。
二連がすごく好きですね。

では。

14日前 No.1

沙織 @saorikuma ★Tablet=uyhBuRysH2

くら 様

お言葉、有難う御座います。嬉しかったです。返信、遅くなり、申し訳御座いません。

>『こんばんは。

大変良い調和があると思います。
特に太陽の1〜4連はとても勢いが乗っていると感じました。
きっと4連で終わってもいいのだけれど、
そこから言葉を続けるところに、
良い意味での挑戦心を感じました。

とき、おと
言葉から感じる印象を、
僕が再度、言葉にしようとしたとき、
それがすでに詩文のなかにあることに驚きました。
二連がすごく好きですね。

では』

何度も読み返しました。嬉しかったです。良い調和があると言って頂けて……。仰るように4連で終わっても良かった、終わらなかったのは説明をしなければならないと思っていたからなのだと思い返して……、それを挑戦と解釈して下さる くら 様は、やっぱり素敵な方だなって思いました!

とき、おと 言葉に対する印象を詩文にもう既にあった、とご指摘頂いた時、本当に嬉しかった。……言葉、いつもいつも語彙が行方不明でいつも言葉を詩におこす時、惑っている私ですが、いつかぴったりした言葉を表出することがいつか出来るように前向きに取り組みます。

二連を気に入って頂けて嬉しかったです!いつも、素敵なお言葉を有難う御座いました!
感謝しています。

1日前 No.2
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる