Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(4) >>

枯渇の行方

 ( 詩投稿城(感想版) )
- アクセス(122) - いいね!(1)

ひよ @hiyojirou ★iPhone=fPMZgbqNi5

乾かない河川敷
犬とひとり。

渇かない憂愁
笑むことで 放つ。


放つ先
に、
蜻蛉の羽音。

渇いてる吾

ページ: 1


 
 

くら @goburin ★SavZ0HjCRh_keJ

こんばんは

まとまりが良いと感じました。
ふつう僕は、熟語のパワーが怖いので
憂愁を使わないのですが、
ひとつの詩文のなかでの対比として、
ごりごりの二文字をかぶせるのは面白そうだと思いつきました。
上の二連と下の二連をつなぐ、
放つ、と渇き、

乾かない河川敷 犬とひとり。
渇かない憂愁 笑むことで放つ。
放つ先に、蜻蛉の羽音。
渇いてる吾

短いので組み換えまくったら
たくさん楽しめますね。

乾い て  る 吾

とかあざといですけど面白くないですか。


乾 か な  い 河川

敷 犬 と ひ  と り。

渇 か な  い  憂愁

笑 む  ことで  放  つ。

放 つ 先  に、 蜻

蛉   の    羽音。

渇 いて    る    吾。


みたいな。
いや、面白くなかったらすみません。
では。

14日前 No.1

赤い苺 ★48w4c4viKy_keJ

こんばんは。(*^_^*)

孤独に流されるのではなく。
抗っていくことの美しさ。

渇いてる吾


>吾←自分ってことだと思いましたが、違ってますか?すみません。
 それでも、渇いている吾。
 やっぱり、与えられる愛は必要だとわたしも思うんです。

 そんなわたしも、与えられてるときあったので、
 現在は無くても、想い出のなかの良い愛を思い出して
 潤ってゆこうかなあなどと思います。

 この詩は、与えられることの愛の
 偉大さを説いてるように思えました。

13日前 No.2

ひよ @hiyojirou ★iPhone=fPMZgbqNi5

くらさん

感想を残していって下さりありがとうございます。

ふふふ♪
色々いじってもらって嬉しいです。
くらさんの中で詩がぴょんぴょんと飛び跳ねて楽しんでる感じが凄く伝わって来て、読んでて面白かったです。
私の書いた詩が他者に読んで貰えて、誰かのものになっていくのは、やはり凄く興味があって楽しいです。

熟語って怖いですよね、存在感が半端なく迫ってくるので。
でも私は逆に使うのが好きです(笑)
詩を構成していく時、私は思いつく熟語をメモにたくさん書いてどれを用いるか、熟語と会話する様に作る事が多くて…。
時々、「どう?使いこなせる?」と高飛車に詰め寄られたりします…くそっ!と喧嘩腰に張り合ったり(苦笑)

特に今回の詩は、張合いになり最初長かったものが短詩になりました。
なので、まとまりが良いと言って下さって本当に嬉しかったです。
「憂愁」に一矢報いた感が湧きました♪

ありがとうございました。

13日前 No.3

ひよ @hiyojirou ★iPhone=fPMZgbqNi5

赤い苺さん

いつも素敵な感想を残していって下さり、本当にありがとうございます。嬉しいです♪


そう吾は、自分という意味で用いました。

私は、孤独と出来れば仲良く付き合って行きたいと思ってるのです。
なので枯渇の行方と言うタイトルにしました。

孤独感って自分の中の枯渇する気持ちをどの様に潤そうとするかに寄って、変わっていくものだと思っています。
なので赤い苺さんの感じてくれた感想は、的を得ていて凄く嬉しかったです。
けれども私の場合、与えているのは他者ではなくてあくまでも吾、自分自身なのです。

自分を愛して赦してあげることが、孤独を潤す一番のものだと…なので孤独とどれだけ仲良く付き合っていけるのかが人生楽しむ鍵だなぁと、ある時気付いたある日の自分がこの詩の中に居ます(笑)

13日前 No.4
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる