Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(5) >>

火は放たれた

 ( 詩投稿城(感想版) )
- アクセス(259) - いいね!(2)

ネン @kunowo☆vAz5SO/pyf3w ★t9rY8hHbug_keJ

救命信号を出したヘリが
満月の周りを旋回する
幼心のカタルシス
本当はいつも願っていた

投げ捨てた希望を
わざわざ拾ってくる
優しさは甘さと紙一重
雑談に紛れ込んだ愛

崖っぷちの進退
誰が死んでも続く
裸足の籠城戦
そして火は放たれた

出がらしの麦茶片手に
サンダルで海へ行く
懐中電灯で照らした世界は
不器用に微笑んだ

ページ: 1


 
 

歯キャラ @357wda10 ★Android=cVzdNNG58Z

人生の荒波に戦う覚悟を挑んで進んでいく強い意思。
誰が死んでも人の世界は続く。細い線を太い線の様に握りながら向かう詩の主人公に、敬意の念を覚えました。
ありがとうございます。

3ヶ月前 No.1

ネン @kunowo☆vAz5SO/pyf3w ★t9rY8hHbug_keJ

歯キャラさん

感想有難うございます。

人の世界では、正しく生きようとする限り、前を向く事しか出来ない。
どんなに強く蹴飛ばされ、打たれていても。
その姿に感情を覚える事が出来る歯キャラさんの心の中にも、
主人公に似た何かがあるのかも知れない、と感想頂いて思いました。

3ヶ月前 No.2

赤い苺 ★48w4c4viKy_keJ

出がらしの麦茶片手に
サンダルで海へ行く
懐中電灯で照らした世界は
不器用に微笑んだ


>この上の詩連、良いなあと思いました。

 わたしもこのような詩が描きたいなあと思いました。
 詠んでて気持ちが良いなあと思ったんです。
 (*^_^*)

1ヶ月前 No.3

クレア @whitehorse ★Android=vsq2PViunu



こんばんは。

悲しみに暮れる戦場の夜を連想してしまいました。

救命信号を出したヘリが月の周りを旋回するって胸の奥を突き破られる躍動性に心を揺さぶられました。

戦時中の映像をみているようです。


火に覆われて人が死んでいく中で主人公は恐怖の中逃げてやっと安全な場所を見つけてほっとした場所(海)にたどり着いて懐中電灯で照らされて映った表情が緊迫感から少し開放できたほっとした表情に思えました。

海はウミホタルが繊細な光を放って静かな感じに見えました。

1ヶ月前 No.4

ネン @kunowo☆vAz5SO/pyf3w ★t9rY8hHbug_keJ

赤い苺さん

いつも感想有難うございます。_(._.)_

気に入って頂いた辺りは自分のいつもの生活の一部なので、
何かしら現実感があるのかも知れませんね。
夜の散歩、何とはなしに好きです。


クレアさん

感想頂けて、クレアさんの抱いたイメージを、追体験出来たように思います。
何事もなく生きる事自体が戦場だという認識は常にありますね。
この思いは、皆が手を取り合う幸福な世界に対する、
アンチテーゼである部分も大きいかも知れません。

有難うございました。

21日前 No.5
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる