Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(4) >>

商館

 ( 詩投稿城(感想版) )
- アクセス(56) - いいね!(2)

てたく @nikawateta ★cnc8MaZhsV_iGf

二人の女流詩人を前に
「君たちは亀だが頑張ってほしい」と
訓辞を垂れて
私はトイレに消えた
思考が淀む
ヒラヒラとヒラヒラとバッターが
飛蝗と共に飛来して
夜盗者も消えた
トータルで私は勝っていたのに
ばしばしと攻め寄せられて
俊敏に逃げられない
ついでにだが
私は胡瓜のキューちゃんを食べて
商館を出て行く

5日前 No.0
関連リンク: 詩人の本名 
ページ: 1


 
 

クレア @whitehorse ★Android=vsq2PViunu


厳しい競争世界を心身で感じました。

女流詩人に訓辞をし、トイレに駆け込んだ主人公が思考から回想に耽り、ライバルに勝っていたのに攻められて焦っているシーンを想像しました。

胡瓜のキューちゃん食べて商館を出ていったところで慌ただしくもアナログ世代の映画シーンである部分が懐かしいです。

主人公は売れっ子の画家に思えました。

4日前 No.1

初心 @syosin ★Android=s7aE6l7P0h

こんばんは。

火花散る戦いですね。
余裕をかましていた彼が、亀に追いやられていくという、ウサギとカメとを上手く重ねたなと思いました。

最後のきゅうりのきゅうちゃんという所が何だか可愛らしく感じました。

4日前 No.2

てたく @nikawateta ★cnc8MaZhsV_iGf

クレアさんレスを有難う御座います。思考から回想にですか。そうですね、「淀む」と言うのはそう言う内容を含んでしまうのかもしれません。ああ、売れっ子の画家に見えると言うのは詩作の要諦を示唆した言い方なのかもしれません。

アナログ世代の映画シーンと言う評言は、胡瓜のキューちゃんや商館と言うヴォキャブラリーから来るのだろうかと思いました。

1日前 No.3

てたく @nikawateta ★cnc8MaZhsV_iGf

初心さんレスを有難う御座います。そうですね「亀」と言う断定が不味かったのかもしれませんが、ウサギと亀と言う説話。そこに含まれる芳醇な詩の源(みなもと)。

火花散る戦いは意図しなくても発生するかもしれませんが、ある程度は予感していた、そんな展開だったのだと思います。胡瓜のキューちゃんは最近CMをやりませんが、嘗て頻繁にTVでCMをやって居た名残でしょうね。思わず浮かんだヴォキャブラリー。

1日前 No.4
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる