Google
    
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▼レス(2) >>

素肌の素性

 ( 詩投稿城(感想版) )
- アクセス(177) - いいね!(3)

クレア @whitehorse ★Android=vsq2PViunu



冬なのに肌が熱い。

首筋から流れ出る汗。

震える背筋。

歪む掌(てのひら)


真っ赤な舌で氷を溶かす。

目眩がして熱く塩分を帯びた涙を流す。

それでも、また行かなければならない。

厭な場所へ。


洗面所で背中を見れば赤い斑点が増えていた。

シャワーを浴びながら爪を立てて血が出るまで引っ掻いて自分の血で心身を洗い流す。

罪悪感に苛まれ日々を後、どれくらい過ごせばいいのだろうか。

相手を悦ばす表情、格好、行為を何度もする。

相手によって演出を変えて違う自分になりきらなければならない。

でも、後ろは使わせない。
汚い部分が見えてしまうから。


ん、下半身から何かが出てきた。

な、何これ、、、。

それは白透明でどろどろとして次第に赤く染まる。

そして独特な臭いがしてきた。


あ、嫌だ。
それと同時に腰から射し込む痛みが走った。
い、痛い、た、助けて、、、。

辺り一面が真っ黒に染まっていった。



ん、んん。
あ、ここは、、、。
病室のベッド。

昨日の激しい痛みで気を失ったのだと後から感知した。でも、どうやって?誰かが救急車を呼んでくれたのか、自分で読んだのか記憶にない。


看護師が病室にはいってきて昨日のことを話してくれた。どうやら携帯電話から呼んだ後にそのまま洗面所で倒れていたようだ。

痛みの原因を聞くと看護師は戸惑いながら静かに応えた。

心身が凍てつくものだった。
と、それだけではなく背中に赤い斑点だけではなく黒い点が幾つかできていた。

余りの苦痛さで涙も声もでない。
思いきって病室の螺旋階段から身を投じた。
最後の姿を見た者がどう思おうが時分は解りもしない。分かりたくもない。このままおやすみなさい。

関連リンク: 物事をみつめよう 白い道 
ページ: 1

 
 

てたく @nikawateta ★cnc8MaZhsV_iGf

シャワーを浴びながら爪を立てて血が出るまで引っ掻いて自分の血で心身を洗い流す。

自傷行為は衝撃的ですね。この詩では後半部分の背中の痛みの方がメインかもしれませんが、自傷行為とその後始末見たいな、内容が印象的でした。

1ヶ月前 No.1

クレア @whitehorse ★Android=vsq2PViunu



てたくさん、こんにちは。

この自傷行為を出したことで主人公の何ともいえない罪悪感という感情を強く出したくて書きました。

伝わってほっとしました。

この詩は女性の厭な特有の仕事の内容で、主人公にはしなければならない理由がありますがあえて書きませんでした。

背中の斑点が痛みに見えたのですね。

読んで御感想を残していただきましてありがとうございます。

1ヶ月前 No.2
ページ: 1

 
 
<< TOPページ 掲示板TOP 記事データ お知らせメール ▲ページ上 >>
★必ず ローカルルールメビウスリングのルール をご覧ください。
 ▼スタンプ▲スタンプ
※スタンプはいちどに 3個 まで使えます  ×閉じる